クレープのカロリーが気になるときのポイント|材料に含まれている栄養素も紹介

この記事では、クレープのカロリーが気になるときのポイントについて紹介しています。また、クレープの材料に含まれている栄養素やその働きについてもまとめています。クレープのカロリーが気になる方やクレープに含まれている栄養に興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

クレープのカロリーが気になるときのポイント|材料に含まれている栄養素も紹介

「クレープを食べたいけど、カロリーが気になって手を出せない」
「クレープには糖質や脂質以外に栄養ってあるの?」

クレープは子どもに人気があり、ときには大人でさえも魅了するスイーツです。しかし、その反面でカロリーの高さが気になって、自分や子どもの健康が不安になってしまうという方もいるのではないでしょうか。

本記事では、クレープのカロリーが気になるときの食べ方のポイントや、クレープに含まれている栄養素を紹介していきます。

この記事を読むことで、クレープを食べる際のちょっとした工夫やクレープに含まれる栄養が分かるため、カロリーを気にし過ぎることなく楽しみながら食べられるようになるでしょう。

クレープのカロリーが気になる方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

クレープのカロリーを知る必要性

クレープはデザート系や食事系など、様々なバリエーションがあります。

一般的には、生クリームやフルーツといった材料が使われますが、カロリーが気になってクレープに手を出しにくいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、クレープの中にはカロリーが低いものも存在します。

カロリーを気にし過ぎることなく、おいしくクレープを食べるためにも、クレープのカロリーを知っておきましょう。

クレープのカロリーは高い?

大手企業が販売するようなクレープであれば、1食分のカロリーは約400〜500kcalとなっています。

ただし、クレープ生地の材料や中身の具材によってカロリーは変動するため、食べる前に確認しておくと良いでしょう。

クレープのカロリーが気になるときのポイント4つ

ダイエットなどの理由でカロリーが気になり、クレープを食べないという方もいるでしょう。

しかし、クレープを食べるときに気にかけるべきポイントを知れば、カロリーの摂取を抑えながらクレープを食べることが可能です。

ここでは、クレープのカロリーが気になるときに役立つポイントを4つピックアップして紹介します。

  • 薄力粉ではなくそば粉を使う
  • 食事系クレープを優先して食べる
  • 朝や昼に食べる
  • 食べる量を考える

1:薄力粉ではなくそば粉を使う

クレープ生地には、薄力粉の代わりにそば粉を使うことをおすすめします。食事の際、糖質を多く摂取すると血糖値が上がり、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。しかし、インスリンが過剰にでると、肥満につながるため気をつけましょう。

クレープを作る際にそば粉を使えば、血糖値の上昇スピードを緩やかにしてくれる効果が期待できます。薄力粉ではなくそば粉を使うことで、健康的にクレープを食べることができます。

出典:血糖値スパイクを予防しよう ──糖尿病になる前に対策を! | 済生会
参照:https://www.saiseikai.or.jp/medical/column/blood_sugar_spike/

2:食事系クレープを優先して食べる

食事系クレープを優先して食べると良いでしょう。食事系クレープには野菜を挟んだものが多く、デザート系クレープと比較しても低カロリーとなっています。そのため、カロリーを気にしているときは、食事系クレープを選ぶと良いでしょう。

ただし、野菜がメインの食事クレープにはトッピングでマヨネーズを使うことがあるため、量には注意しましょう。マヨネーズはカロリーが高いため、カロリーを気にしている場合は、使う量を調節するようにしましょう。

3:朝や昼に食べる

クレープを食べるのであれば、朝や昼の時間帯に食べると良いでしょう。日中は活動量が多く、カロリーも消費しやすくなっています。反対に夕方以降は活動量が少なくなるため、カロリーの消費には不向きと言えるでしょう。

そのため、クレープを食べるのは夕方以降でなく、朝や昼の時間帯にするようにしてみましょう。

4:食べる量を考える

クレープを食べるときは、食べる量を考えてカロリーを抑えましょう。これは、クレープの中でも比較的カロリーが高いデザート系クレープでも使える方法です。

1食分のカロリーが多いデザート系クレープでも、「半分だけ食べる」など量を減らすことで、カロリーの摂取を抑えられるでしょう。

クレープの材料に含まれている栄養素5つ

ここまで見てきたように、クレープはカロリーが高い食べ物ではありますが、体に良い栄養素も含まれている食べ物です。

ここからは、クレープの材料に含まれている5つの栄養素を紹介します。クレープの栄養素に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

1:カルシウム

クレープの材料に使われている牛乳には、カルシウムが含まれています。

骨を丈夫にすると言われているカルシウムは、体の機能の維持や調節に関わるミネラルの1つでもあります。そのため、子どものうちに牛乳などを飲んでカルシウムを摂取し、骨を丈夫にしておけば、将来的な骨粗しょう症の予防にもなるでしょう。

また、カルシウムは骨を丈夫にするだけでなく、筋肉の収縮に対する手助けや神経を安定させる働きも持っています。

大豆製品や野菜などにもカルシウムが多く含まれているため、クレープに挟んで食べるのはおすすめの食べ方と言えるでしょう。

出典:みんなの食育|農林水産省
参照:https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/minna_navi/topics/topics1_05.html

2:ビタミンB12

クレープの材料に使われている卵には、ビタミンB12が含まれています。このビタミンB12は、赤血球の形成や神経機能、DNA合成に必要となるビタミンの1種です。

ビタミンB12は魚や肉、牛乳などの乳製品、そしてクレープに使われている卵にも含まれています。

出典:ビタミンB12|厚生労働省
参照:https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/14.html

3:たんぱく質

クレープの材料に使われている卵には、たんぱく質も含まれています。

たんぱく質は、アミノ酸によって作られています。しかし、必須アミノ酸と呼ばれる9種類のアミノ酸は体内では作ることができないため、食事で補うことが必要になります。

この必須アミノ酸がバランスよく含まれているのが卵です。卵は、乳製品や大豆製品などのたんぱく質を含む数ある食品の中でも、「良質なタンパク資源」とまで言われる食材です。

出典:12たんぱく質 | 厚生労働省
参照:https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042630.pdf&ved=2ahUKEwiCupbm-_H0AhUKBKYKHQJnBWUQFnoECAYQAQ&usg=AOvVaw39cU8zj8F1nBNotDLmAZ97

4:ビタミンK

クレープの材料に使われている牛乳には、ビタミンKも含まれています。たんぱく質の1種に、カルシウムを骨に沈着させる際の手助けとなる「オステオカルシン」というものがあります。

ビタミンKは、このオステオカルシンの合成に必要なビタミンであり、他にも血液凝固の促進と抑制のバランスを保つ役割を担っています。

そのような働きを持つビタミンKは、野菜や大豆製品、肉、そしてクレープの材料に使われている牛乳などの乳製品に含まれています。

出典:牛乳に多く含まれる脂溶性ビタミン|一般社団法人Jミルク
参照:https://www.j-milk.jp/findnew/chapter2/0410.html

5:脂質

クレープの材料によく使われている生クリームには、多くの脂質が含まれています。脂質は重要なエネルギー源です。それだけでなくホルモンや細胞膜の構成、皮下脂肪を作ることで臓器を守るといった働きもしています。

そのような働きを持つ脂質は、肉や調味料、そしてクレープの材料に使われている生クリームなどの油脂製品に含まれています。脂質は人の体に必要ですが、過剰に摂取すると健康に悪影響をもたらすことがあります。

脂質に含まれる飽和脂肪酸の摂り過ぎは、血液中のコレステロールや中性脂肪を増加させるため、心臓の病気につながるリスクもあります。

そのため、脂質の過剰摂取には十分注意しましょう。

出典:脂質による健康影響|厚生労働省
参照:https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_eikyou/fat_eikyou.html

クレープを食べるときはカロリーのことも考えましょう

クレープは、一見ただの甘い食べ物に思われがちですが、使われている材料をよく知ると様々な栄養が含まれていることが分かるでしょう。

しかし、どれも体に必要な栄養であっても、過剰な摂取は体に悪影響をもたらすため、消費しきれない程のカロリー摂取は控えた方が良いと言えるでしょう。

クレープを食べるときはカロリーのことも考え、健康に気をつけながらおいしく食べるようにしましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2022年01月05日

更新日:2022年01月05日

記載されている内容は2022年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
地域別の夏至の食べ物9選!概要やお風呂に入れる物についても紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

地域別の夏至の食べ物9選!概要やお風呂に入れる物についても紹介

ベーコンは生で食べられる?見分け方とそのまま食べる際のポイントも紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

ベーコンは生で食べられる?見分け方とそのまま食べる際のポイントも紹介

グラニュー糖の代用として使えるもの15選!代えたときの違いも紹介!
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

グラニュー糖の代用として使えるもの15選!代えたときの違いも紹介!

中濃ソースとは?ウスターソースやケチャップで代用する方法もあわせて紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

中濃ソースとは?ウスターソースやケチャップで代用する方法もあわせて紹介

タバスコの賞味期限とおすすめの保存方法|家で自作する方法も紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

タバスコの賞味期限とおすすめの保存方法|家で自作する方法も紹介

お食い初めの時の服装とは?基本情報から選ぶ際のポイントまで解説
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

お食い初めの時の服装とは?基本情報から選ぶ際のポイントまで解説

子供を怒りすぎると起こる影響とは?怒りすぎないようにする対処法について
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

子供を怒りすぎると起こる影響とは?怒りすぎないようにする対処法について

保育園に必要な入園準備品と準備するポイント|費用を節約する方法とは
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

保育園に必要な入園準備品と準備するポイント|費用を節約する方法とは

スコーンに使われる材料から見るカロリーとは?店舗別の比較もあわせて紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月06日

スコーンに使われる材料から見るカロリーとは?店舗別の比較もあわせて紹介

ドライアイスの処分の仕方とは?注意点や保存方法もあわせて紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

ドライアイスの処分の仕方とは?注意点や保存方法もあわせて紹介

冷蔵庫を安い時期に購入できるのはいつ?家電量販店で購入するメリット
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

冷蔵庫を安い時期に購入できるのはいつ?家電量販店で購入するメリット

100均のおすすめペットボトルカバー15選|おしゃれなデザインも豊富
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

100均のおすすめペットボトルカバー15選|おしゃれなデザインも豊富

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介

味の素に代用できるもの11選!調味料としての成分や役割も紹介
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

味の素に代用できるもの11選!調味料としての成分や役割も紹介

下処理におけるれんこんの皮の扱い方|残したときのメリットやデメリットは?
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

下処理におけるれんこんの皮の扱い方|残したときのメリットやデメリットは?

生クリームと植物性ホイップクリームの違いとは?泡立てるコツも解説
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

生クリームと植物性ホイップクリームの違いとは?泡立てるコツも解説

可動棚のDIYポイントを箇所別に解説|かかる費用や必要な材料は?
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

可動棚のDIYポイントを箇所別に解説|かかる費用や必要な材料は?

ダイソーのおすすめ調味料入れ18選|カテゴリ別にボトルなど多数紹介
炊事・洗濯・掃除
2021年12月14日

ダイソーのおすすめ調味料入れ18選|カテゴリ別にボトルなど多数紹介

収納に役立つダイソーのおすすめワイヤーバスケット7選|セリアとの違いも解説
炊事・洗濯・掃除
2021年12月14日

収納に役立つダイソーのおすすめワイヤーバスケット7選|セリアとの違いも解説