Search

検索したいワードを入力してください

ツインレイに対して「どうでもいい」と感じる理由とは?対処法もあわせて紹介

カテゴリ:ツインレイ

更新日:2023年07月24日

「ツインレイなのに「どうでもいい」と感じることがある…」
「ツインレイに対して「どうでもいい」と感じてしまう理由ってなに?」
「ツインレイを「どうでもいい」と感じた時の対処法が知りたい!」
ツインレイがいる方で上記のような疑問や不安を抱えてしまっている方もいるでしょう。

この記事ではツインレイに対して「どうでもいい」と感じる理由やツインレイを「どうでもいい」と感じやすくなる転機、ツインレイを「どうでもいい」と感じた時の対処法について詳しく紹介します。

この記事を読むことでツインレイに関してより理解が深まり、どうでもいいと感じてしまう原因が分かるでしょう。

ツインレイについて詳しく知りたい方は是非チェックしてみてください。

ツインレイなのに「どうでもいい」と感じることはあるの?

ツインレイと出会って愛おしいと気持ちを抱いても、ふとするとどうでもいいといった気持ちになることがあります。1つの魂を2つの肉体に分けたツインレイでも、出会ったときと同じ気持ちを維持することは難しいです。

ツインレイでも価値観や性格など合わない部分が出てきてしまうこともあります。そのようなとき相手のことをどうでもいいと思ってしまう場合があります。

それは決してマイナスのイメージではなく、相手や自分の成長に関するプラスのイメージに働いているということを考えていかなければなりません。

ツインレイに対して「どうでもいい」と感じる理由

ツインレイには出会い、テスト、危機、サイレント期間、手放し、覚醒、統合と7つのステージが存在します。出会ってからの間に相手のことをどうでもいいと感じることがあるようです。

相手ばかりに向けてしまっていた感情を自分に向けられるようになったり、今まで相手のことばかり考えてしまっていた悩みなどが解消されます。これらは執着や依存から自立へと促す1つの道筋です。

出会ってから一番の試練とされるサイレント期間、それを乗り越えた先にある2つの魂が1つになるまでの過程を紹介していきます。

魂が成長して自立したから

ひとつの理由としてあげられるのは魂の成長です。人は地球に魂を成長させるべく生まれ、様々なことを乗り越えて生きていきます。

相手との出会いから付き合い方まで様々な葛藤と試練が立ちふさがり、それらは全て魂を成長させるための出来事です。

成長した魂は相手に対する気持ちも落ち着いて、どうでもよいという感覚が芽生えてきます。

「ツインレイ」の形に捉われなくなった

ツインレイという言葉、形に捉われなくなった段階に到達したことでどうでもいいと感じる場合があります。

相手を神秘的なものではなく、魅力的な異性として純粋に捉えられるようになったステージのことを指します。

ツインレイという形に捉われず、前向きに進むことで魂の成長へとつながります。

相手がツインレイか否かが気にならなくなった

相手がツインレイか否か気にならなくなることも、どうでもいいと感じる理由のひとつです。ツインレイであろうとなかろうと構わないという心境にあります。

目前の相手をパートナーとして信頼しており、ツインレイか否かを判断する期間が過ぎ去っているとも言えます。

ツインレイとしての使命に目覚めた

ツインレイの相手をどうでもよいと感じる理由の中には、自分の使命をわかっているもしくは目覚めたことが挙げられます。

自分が成長するために取り組まなければならない課題をこなし、使命に向き合おうとしている姿は一旦相手のことを手放そうと考えていることを表しています。

自分自身を大切にできるようになった

相手のことをどうでもよくなるのは自分を大切にできるようになったことを表しています。

ツインレイのために自分のことを後回しにしていたことに気づいて、自分を大切にする必要性を見出し最優先に考えるようになります。

人生のステージに転機が訪れた

2人の人生のステージが変わり、転機が訪れたことが理由のひとつに挙げられます。人生のステージは何度も変わり、その都度人間関係や生活環境、価値観なども変化します。

そのため、ステージが変わるとツインレイと一緒にいる必要性がなくなって、どうでもいいとなる感覚が湧き起こります。

執着心から解き放たれた

相手への執着心を手放したことで、どうでもいいと思うことが理由の1つにあります。魂の覚醒に必要な執着心から解き放たれた状態は相手との関係が良好な位置にあります。

それは2つの魂が統合期を迎え、無条件の愛に目覚めることを意味します。執着心がなくなってどうでもいいと感じるときはその前兆であると言えます。

別れのタイミングが訪れた

初回公開日:2022年11月09日

記載されている内容は2022年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。