Search

検索したいワードを入力してください

添い遂げる夫婦の特徴・必要な覚悟・相手の人の特徴|生涯

カテゴリ:結婚

更新日:2024年05月25日

[PR]


恋愛専門アプリ「リスミィ」で、いつでも悩みを投稿・相談!



「彼のことを意識しちゃうけど、彼は私のことをどう思っている...?」
「こんな彼の行動が怪しいけど、この先大丈夫かな...。」

こんな悩みを一人で抱え込んでいませんか?

自分の気持ちだけでは整理がつかないことでも、「リスミィ」ならアプリで恋愛の悩みや彼の相談を投稿するだけで、恋愛に特化したプロの占い師から回答が返ってきます。
「リスミィ」が選ばれる3つの理由
  • 相談投稿機能やチャット鑑定、ビデオ鑑定など相談方法が充実
  • 24時間いつでも相談可能で、自分にあった時間帯でOK
  • 恋愛相談の実績を重ねた占い師・恋愛カウンセラーが在籍中

「リスミィ」では、アプリなので通勤中も家にいながらもスマホからサクッと相談できて、本格的な恋愛カウンセリングを受けることができます。

引用:リスミィ公式アプリ


今なら初めての方限定で、500pt(750円分相当)が特典でもらえます!
初回無料で投稿もできるので、気軽にあなたの悩みを相談・鑑定してみてはいかがでしょうか。

\\今すぐリスミィを始める!//

一般的な添い遂げる夫婦の特徴とは?

21世紀になり、雇用形態が安定しなかったり、少しでも価値観が違うとすぐに離婚しないといけなくなるのは世の常となりました。高度経済成長の時のように添い遂げる夫婦が少なくなっているのも時代の流れになってきています。

女性でも男性と同じく、仕事をしていくので女性が男性を頼る事はなくなり、結婚をしない人も増えて来ています。

添い遂げる夫婦の主な特徴とは、ただ仲が良いだけでなく、お互いを尊重し合って子供のためやお互いのためにどれだけ自己の欲求を捨てられるかにかかってきます。好きな事をしてばかりでは夫婦関係は成り立ちません。添い遂げる夫婦像というのはお互いに我慢をしている夫婦だとも言えるでしょう。

夫となる人の特徴

元々結婚に対して寛容な考えを持っている人で、仕事をきちんとやる人で性格も穏やかな人が一生添い遂げる夫になる可能性が高いです。

添い遂げる夫婦というのは、普段仲が悪くても夫婦でいることでお互いを尊重しています。また妻の方は子供を守るために離婚をしないことを決めている妻もいます。

添い遂げる夫婦の夫の主な特徴は、普段仕事に熱心でじぶんのことだけを考えてない人物でしょう。趣味でじぶんの給料を使ったり、家族を顧みないことはしません。今の時代、さまざまな欲求への誘惑があるのでなかなか家族のためにすべてを諦める夫は少ないでしょう。もし家族の事を第一に考える夫がいれば家族は感謝すべきでしょう。

妻となる人の特徴

子供や家や財産を守る覚悟があり、女性として生きるよりも母や妻として生きられる女性が添い遂げる夫婦の妻となる人が多いです。

添い遂げる夫婦は現代の若い夫婦ではなかなかいないことも確かです。妻となる人は家や家族や子供への愛情が深い人が添い遂げる夫婦として夫婦生活を送れるでしょう。

女性はもともと母性本能が強いので、子供や夫を守ろうとします。添い遂げる夫婦は夫と妻が本来持つべき役割をそのまま実行している夫婦でないと一生添い遂げる事は不可能でしょう。

添い遂げると一言で言っても、実際に実行するのは並大抵の気持ちでは添い遂げることはできません。

添い遂げるために必要な覚悟って何?

添い遂げるために必要な覚悟とは、夫や妻以外の異性に対して興味を持たない事や家族を養うために夫は仕事をコンスタントにしていく覚悟が必要です。

またじぶんの趣味なども諦める必要があります。どんなことがあってもお互いに協力していく覚悟が必要になります。毎月の食費や生活費、教育費を確保してやりくりしていかなければいけません。夫婦になるには家族を守る気持ちがなければ、夫婦生活は成り立たないでしょう。

結婚は人生の墓場だと言った人もいますが、結婚を墓場にするのも楽園にするのも本人次第です。お互いを尊重しながら、支え合っていく仲でないと長い人生を生き抜くのは難しいでしょう。

一生涯夫婦として過ごす場合

燃えるような恋愛をして夫婦になった場合は、その時の情熱を忘れなければ一生夫婦として過ごす事が出来ます。いつまでも新婚のように過ごす事で、添い遂げる夫婦になることも可能です。

子供がいれば夫婦生活も張り合いが出るでしょう。子供の成長を楽しみにして孫の顔を見たいを思えば、一生夫婦でいることに苦痛はなく、添い遂げる夫婦になることができます。

結婚自体が覚悟のある事で、結婚するためには色々なものを捨てる人もいます。それは物理的なものだけでなく、細かい感情を捨てたり、お互いを尊重して、いつまでも夫婦として過ごす事ができるのか、夫婦になる人は個人の感情を抑えないと夫婦として過ごす事は難しいと言えるでしょう。

結婚して添い遂げられると感じる相手の主な特徴とは?

結婚する前から、添い遂げる相手なのかを見極めることも必要になります。男性、女性でそれぞれ見極める箇所や性格も違ってきます。お互いに大恋愛をして一緒になっても、離婚する場合もあるので、好きと言う気持ちでは夫婦は成り立たない事を実感するでしょう。

添い遂げることのできる相手を探すため必要な事はありません。人の縁というのは分からないものなので、どの人と一緒になるのかも分かりません。夫の仕事や職場でどう過ごしているのでしょうか。また夫の家族や友人の夫の評価などを参考にして、添い遂げる事のできる相手か見極めるしかないでしょう。

妻の場合も同じです。実際に付き合ってから相手の性格を知ったり、元々その人の持っている価値観や仕事のないようでも、添い遂げる事のできる夫婦かが分かります。

結婚して添い遂げる夫の場合はどのような夫か

添い遂げる事のできる相手を探すのは簡単な事でないです。現代では価値観の多様化とともに結婚にも価値観の多様化が求められます。ある程度お互いの価値観が近い人を結婚相手として選ぶ事も添い遂げることのできる相手を探す手がかりになります。

添い遂げることのできる夫を探す場合は、まず仕事が安定していないと添い遂げようと考えていてもなかなか難しくなります。経済力は添い遂げる夫婦にとって必要な条件となります。

若いうちから結婚をしようと決めている男性と一緒になる場合は、そんなに心配をせずとも結婚生活が上手く行く事でしょう。ある程度年齢を重ねてからの結婚の方がその後の結婚生活を続けるには難しくなります。

結婚して添い遂げる妻はどのような妻か

見た目も派手でない女性で、考え方も偏ってない人を妻として迎い入れるべきです。一生添い遂げる妻を選ぶ場合の基準としては、女性の幸せよりも妻や母として過ごす事を望んでいるのかが問われます。

結婚前に付き合う段階で子供が好きなのか、男性に尽くすタイプなのかを知る事でも、添い遂げられる夫婦なのかが分かります。

また仕事をしている場合でも、同じ職場ならば後輩や同僚との仲を大切にするか、上司や取引先に信用を持ってもらえているのかでも、結婚相手として迎い入れるかが分かります。

添い遂げるための主な条件とは?

初回公開日:2018年03月17日

記載されている内容は2018年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。