Search

検索したいワードを入力してください

専業主夫になりたい人との割合・妻の年収|子なし/ニート

カテゴリ:結婚

更新日:2024年05月22日

[PR]


恋愛専門アプリ「リスミィ」で、いつでも悩みを投稿・相談!



「彼のことを意識しちゃうけど、彼は私のことをどう思っている...?」
「こんな彼の行動が怪しいけど、この先大丈夫かな...。」

こんな悩みを一人で抱え込んでいませんか?

自分の気持ちだけでは整理がつかないことでも、「リスミィ」ならアプリで恋愛の悩みや彼の相談を投稿するだけで、恋愛に特化したプロの占い師から回答が返ってきます。
「リスミィ」が選ばれる3つの理由
  • 相談投稿機能やチャット鑑定、ビデオ鑑定など相談方法が充実
  • 24時間いつでも相談可能で、自分にあった時間帯でOK
  • 恋愛相談の実績を重ねた占い師・恋愛カウンセラーが在籍中

「リスミィ」では、アプリなので通勤中も家にいながらもスマホからサクッと相談できて、本格的な恋愛カウンセリングを受けることができます。

引用:リスミィ公式アプリ


今なら初めての方限定で、500pt(750円分相当)が特典でもらえます!
初回無料で投稿もできるので、気軽にあなたの悩みを相談・鑑定してみてはいかがでしょうか。

\\今すぐリスミィを始める!//

専業主夫になりたい人の割合は?

現在、ドラマや映画の主人公に取り上げられる事も多い「専業主夫」は自ら希望する人も多いんです。現在、日本で「専業主夫」を希望してる男性は約3割に上ります。そして、その割合は増加傾向にあります。

「専業主夫」ということに、日本の世間の理解はまだまだで、偏見や妙な噂な噂をたてられそうといった不安要素はぬぐい切れないでしょう。

そんな中で「専業主夫」を理想の家庭とする男の人は増加傾向という統計結果は出ています。世界の常識というものが少しずつ入ってきて世の中の意識や価値観が変わるのは時代の流れ上当然の事なのでしょう。

専業主夫の理解度は?

専業主夫を希望している男性はまだしも、家庭の事情で専業主夫をしている男性はどうなのでしょうか。専業主夫は現在の日本にどれだけの理解があるでしょうか。今現在の世間では理解度は低いといえるでしょう。現在、専業主夫のかたは周囲の方の偏見や嫌味に耐えている方も少なくありません。

ですが、1990年代に使われ始めた「専業主夫」というという言葉が使われ始めて、「専業主夫」は年々増加し、「家庭は女がやるもの」というもの自体が古いという時代になっています。共働きは今や常識なので専業主夫が世間に認められる日も、そう遠い話ではないでしょう。

専業主夫とはどういう生活なのか?

専業主夫はどんな生活なのでしょうか。三食作って、掃除して、洗濯して、買い物して、地域の活動や行事も入ったり、「専業」とつくので共働きの家庭よりも家の事はしっかりやっていく必要があります。

子供のいる家庭では、朝はこども園や小学校の準備とご飯はしっかり食べさせて送り出し、帰って来るまでに家をことを済ませ、帰ってきてからはおやつにお風呂に、宿題や明日準備などあげればキリがない仕事が待っています。

習い事が始まれば送り迎えがありますし、もう夜には子供と一緒に寝てしまうほどヘトヘトになっている方も少なくないでしょう。

PTAや、町内行事、ご近所さんとの付き合いまでこなしてただけなければなりません。「週末には仕事終わりに居酒屋行って、次の日はお休みだー」という切り替えの日もないので、上手に切り替えていかないと毎日毎日同じことの繰り返しでストレスが溜まるということになりかねません。

専業主夫はニートなのか??

専業主婦・主夫がニートなのか、ということが巷で言われています。専業主婦・主夫になると「働く夫・嫁のお金で暮らしていける」「ランチや趣味の時間がある」「自分のペースで1日を過ごせる」といったイメージが今現在もあります。

専業主婦・主夫というのはなかなか世間や、時に家族にも理解されないお仕事ですが365日休みもボーナスもないボランティアです。その仕事量を年収にすると1200万円という統計もでていますので、家にいることが楽という残念なイメージはとても悲しいです。

ヒモとは?

「ヒモ」とは、「女性からお金をもらって生きている男性のこと」をいいます。これは結婚していない男女にも成立しますが「ヒモ」とは男性が望んでそれに同意した女性が仕事をし、家事をしようがしまいが生活が続く関係です。

家事をしなくても、帰りを待っていなくても、お小遣いをもらって遊んだり1日中ゴロゴロしている生活に魅力を感じます。そんな生活を許される男性も魅力的ということが条件でしょう。女性への尊重や配慮を忘れず、女性が求めているお金以外のものを与えるといった、持ちつ持たれつという関係の形です。

ジゴロとは??

「ジゴロ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。「ジゴロ」と意味は「ヒモ」と全く宇同じ意味です。「ジゴロ」はフランス語からきていますが、「ジゴロ」の場合は「若者の男性」に限定されています。

ヒモ女とは?

「ヒモ」とは男性のことをいいますが、「ヒモ女」という言葉があります。「ヒモ女」とは自ら男性に貢ぐ女性のことをいいます。男性に貢いでしまう、貢ぐことが幸せという女性は意外に大勢いらっしゃいます。

理由や原因はそれぞれですが、「ヒモ女」になってしまうと、お金がなくなるとともに関係もなくなってしまいます。価値観はそれぞれありますので、何が幸せかは本人次第ですが、自分も彼も上手く大事にしていい関係が築けていたら1番良い関係だと言えるでしょう。

子無し専業主夫は有りなのか?

ヒモとは、一般に女性のお金で暮らし何もしない男の人のことをいいます。それは、女性側にとっては「一緒にいたい」「あなたにしてあげることが幸せ」以外に女性側にメリットはありません。

専業主夫というのは、子供がいない家庭でも「家事をすべてする」「ご飯を作って待っている」など、女性が働く中で仕事に専念できる環境を作るのですから、お互いの理解があるのならば子供がいない専業主夫も、普通の家庭と同じですからありということになります。

妻の稼ぎで生きることに納得できるのか?

家事をこなす、育児をすることがいかに大変なこととはいえ、妻が仕事をして帰ってくるのをご飯を作って待つ立場になります。疲れて帰ってきた妻に「ここの掃除してないわよ」とか、「子供の教育できてないよ」と言われたとします。そのときに専業主夫だからと割り切れる覚悟も必要です。

妻が付き合いで飲みに言って遅くなるのを待つ日も少なくはありませんから、バリバリに働いてきた男性にはかなりの覚悟と理解が必要になるでしょう。

妻に「帰ってきて育児を代わってもらう(お風呂にいれてもらう、寝かせつけをしてもらう)」、「休みの日は子供と遊ぶ」というのも働く側からするとかなりのプラスαになる事もありますので、よく話し合いをして、納得し合えるようにする努力も必要です。

専業主夫の妻の年収は?

妻にどのくらいの年収があれば、専業主夫として成立するのでしょうか。正確な年収をストレートに公表する人はいませんが、一般的に300万円あれば専業主夫をすることが可能です。ただ、理想のように趣味をしたり習い事をしたりするとなれば、年収がもっと必要になります。

専業主夫ながら、家にいて株や投資をして自分の収入にあてている方もいらっしゃいます。子供がいない世帯は可能ですが、子供が複数居る場合や、高校・大学に進学の年頃となると、それなりの年収も必要になってきますから、妻の年収もグレードアップしていく必要があります。

専業主夫の保険は?

初回公開日:2018年03月23日

記載されている内容は2018年03月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。