【HUCRoW(フクロウ)とは】子どもの脳の特性を診断|接し方や発達のヒントが見つかる

HUCRoW(フクロウ)は子どものワーキングメモリの4つの構成要素をPCやタブレット端末で測定するアセスメントです。子どもの脳の特性を知れば効果的な接し方・学習方法を知ることができる為、子どもの可能性を伸ばしやすくなります。専門家2名にインタビューを行いました

【HUCRoW(フクロウ)とは】子どもの脳の特性を診断|接し方や発達のヒントが見つかる

子どもの発達に違和感「うちの子、もしかして…」

「わが子の行動や情緒に違和感を覚える。」
「何か発達に異常があるのではないかと不安になってしまう。」

近年、脳の発達の偏りが原因で学習や集団行動に支障が見られる「発達障害」という言葉を耳にする機会が多くなり、子どもの脳の特性に着目する保護者や教育者も増えています。


子どもの脳の特性を知ろうとすることは、子どもにとってプラスに繋がります。たとえ「発達障害」に該当しない子どもであっても脳の発達には人それぞれ違いがあり、その違いに応じて学習方法や接し方などを工夫することで、子どもの強みを活かしやすくなったり日常生活での困難を軽減することが可能になったりします。

今回は、「HUCRoW(フクロウ)」というアセスメント(評価・課題分析)を開発した広島大学の湯澤正通先生と、ワーキングメモリ教育推進協会理事・上級インストラクターの野瀬愛未さんに、子どもの脳の発達に重要なワーキングメモリや効果的な接し方について伺いました。

子どもの「できない、苦手」をどう解決すればよいかわからない大人たち

―今、小学校の現場ではどのようなことが起こっていますか?

湯澤先生:音読がスムーズでなかったり先生の板書を書き写せなかったり、読解問題が解けない、計算ができないという子どももいれば、落ち着いて先生の話が聞けなかったり授業中に教室から抜け出したりするような子どももいます。

授業がわからなければ学校に行ってもつまらないので、不登校になる子どももいます。

―学校の先生方はどのように指導されていますか?

湯澤先生:先生方も子どもの指導に悩んでいます。

「できない・苦手だ」ということはわかっても、それをどう解決すればいいのかがわかりません。

―親も小学校に入ってからの子どもの様子に驚かされますね

湯澤先生:そうですね。保育園・幼稚園とは異なり、小学校に入るとプリント学習や音読などを通じて「できる・できない」がはっきりしますから、「あれ、うちの子もしかして…」と違和感を覚える親御さんも多いです。

カギを握るのは、脳のワーキングメモリ

―子どもたちが抱える問題は脳の発達の影響でしょうか?

湯澤先生:認知心理学の観点から、脳の情報処理機能を表す「ワーキングメモリ」という考え方があります。

私たちは、何か見たり聞いたりすると、その情報が脳の中に入ります。情報は言葉や数などの音声を理解する「音声情報」と、形や位置などのイメージを認識する「視覚情報」に二分されます。
それぞれを脳の中で記憶したり整理したりすることで、人間の行動に繋がります。
黒板に書かれた言葉の文字を視覚情報として認識し、音の情報に変換して頭の中に記憶し、再度文字に戻して、ノートに書きます。

この情報を記憶し、処理する機能がワーキングメモリで、いわば「脳の黒板」や「脳の入口」のようなものです。

―「ワーキングメモリ」について詳しく教えてください

湯澤先生:脳の黒板が大きければ、いろいろな情報を書いたり消したりできますが、これが小さいと多くの情報が書けなかったり、黒板上が混乱したりしてしまいます。

また、情報の入口が小さいと多くの情報が脳に入りません。黒板や入口の大きさは、人それぞれ異なります。

ー学習や集団行動に難点がある子どもはワーキングメモリが小さいのでしょうか?

湯澤先生:そうですね。一般的にワーキングメモリが小さいと、先生の話を聞いても途中で頭の中がいっぱいになり、たくさんの話を聞けなかったり、最初に聞いたことを忘れたりします。

だから、読解問題が解けなかったり授業についていけなくなったりして、授業中もボーッとしがちです。ワーキングメモリは学習可能性の指標として位置付けられており、就学前にWISCを受検しワーキングメモリが基準を満たせば入学後に学力が伸びますが、ワーキングメモリが弱いと学習に躓きやすいことがわかっています。

―ワーキングメモリの大きさによる違いは、小学校に上がってから顕著になるのですか?

初回公開日:2022年06月17日

更新日:2022年06月17日

記載されている内容は2022年06月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
自由研究のまとめ方とは?スケッチブックを使うコツや小学生向けのポイントも紹介
教育
2022年04月01日

自由研究のまとめ方とは?スケッチブックを使うコツや小学生向けのポイントも紹介

トイレットペーパーの芯でできる!ピンホールカメラを作ってみよう
教育
2022年05月13日

トイレットペーパーの芯でできる!ピンホールカメラを作ってみよう

小学4年生が苦手な算数を克服するポイント|環境作りについても解説
教育
2022年07月29日

小学4年生が苦手な算数を克服するポイント|環境作りについても解説

小学4年生が理科を苦手にならないためのポイント|保護者が意識すべきこととは?
教育
2022年07月29日

小学4年生が理科を苦手にならないためのポイント|保護者が意識すべきこととは?

小学3年生が苦手な社会を克服するには?おすすめの勉強法を解説
教育
2022年07月29日

小学3年生が苦手な社会を克服するには?おすすめの勉強法を解説

小学5年生に苦手な社会を克服させる勉強方法|テスト対策もあわせて紹介
教育
2022年07月29日

小学5年生に苦手な社会を克服させる勉強方法|テスト対策もあわせて紹介

苦手な算数の文章問題を克服する7つの方法|原因もあわせて紹介
教育
2022年07月29日

苦手な算数の文章問題を克服する7つの方法|原因もあわせて紹介

苦手な7の段も克服できる九九の覚え方とは|保護者のサポートについても紹介
教育
2022年07月29日

苦手な7の段も克服できる九九の覚え方とは|保護者のサポートについても紹介

【算数】図形問題の苦手を克服させるコツとは?1年生から6年生まで解説
教育
2022年07月29日

【算数】図形問題の苦手を克服させるコツとは?1年生から6年生まで解説

文章が苦手な原因と克服する方法は?保護者が意識するべき点についても解説
教育
2022年07月29日

文章が苦手な原因と克服する方法は?保護者が意識するべき点についても解説

小学1年生の「国語が苦手」を克服するには?環境作りについても解説
教育
2022年07月29日

小学1年生の「国語が苦手」を克服するには?環境作りについても解説

小学2年生で国語を苦手に感じる原因は?克服するためのポイントも解説
教育
2022年07月29日

小学2年生で国語を苦手に感じる原因は?克服するためのポイントも解説

小学1年生が算数の苦手を克服する方法例|保護者の関わり方も紹介
教育
2022年07月29日

小学1年生が算数の苦手を克服する方法例|保護者の関わり方も紹介

小学3年生に苦手な算数を克服させるポイント|教材は子どものレベルにあわせよう
教育
2022年07月29日

小学3年生に苦手な算数を克服させるポイント|教材は子どものレベルにあわせよう

小学5年生が苦手な算数を克服する9つの方法|苦手のままにするリスクとは?
教育
2022年07月29日

小学5年生が苦手な算数を克服する9つの方法|苦手のままにするリスクとは?

小学1年生で算数の文章問題が苦手な子の対策方法|解くために必要な力も解説
教育
2022年07月29日

小学1年生で算数の文章問題が苦手な子の対策方法|解くために必要な力も解説

水に浮く果物・野菜と浮かないものがある?二つの違いについて調べよう!
教育
2022年07月01日

水に浮く果物・野菜と浮かないものがある?二つの違いについて調べよう!

ボールペンのプリズムで虹を見よう!
教育
2022年07月01日

ボールペンのプリズムで虹を見よう!

貝殻を使って写真たてを作ろう
教育
2022年07月01日

貝殻を使って写真たてを作ろう

合わせ鏡の見え方について実験してみよう!
教育
2022年07月01日

合わせ鏡の見え方について実験してみよう!