Search

検索したいワードを入力してください

いい人どまりな男性の特徴6つ・恋人を作る方法3つ

Author nopic iconk.mworks
カテゴリ:出会い

更新日:2020年08月21日

いい人どまりな男性の特徴6つ・恋人を作る方法3つ

いい人どまりとは

いい人どまりとは、残念ですが「恋愛対象に見られない」「男として見られない」ということです。しかし嫌われているという意味ではありません。あくまでも恋愛対象として見ることができないだけです。

女性はどのような男性のことを「いい人」として見てしまうのか、「いい人」から抜け出すにはどうすればいいのかを紹介します。

「良い友達」としてしか見られない

友人関係としてはOKだけど男としては見ることができない男性は「良い友達」として見られてしまいます。

女性にとって、「いい人」と「好きな人」は同じではありません。このタイプの男性は、女友達と同じ立ち位置であり恋愛感情が湧かないので、恋愛や男女の関係に発展させるのは難しいです。恋愛関係は友達関係とは繋がっていない、全く別の関係です。

恋愛対象にならない人

恋愛対象にならない人は「男として見られていない」、つまり「いい人どまり」ということです。

男としての魅力を感じることができず、女性からは異性として見られていません。あくまでも友達であり、恋愛に発展したり男女の関係になる対象には入っていません。恋愛対象にならなければ関係の発展も望めませんので、「いい人どまり」で終わってしまいます。

いい人どまりな男性の特徴6つ

「いい人どまりって何?」「いい人どまりで終わりたくない」という方も多いはずです。女性が言う「いい人」にはいくつか特徴があります。

「いい人どまり」を抜け出して女性に異性として見てもらうためにも、その特徴を知らなければなりません。ここからは「いい人どまり」な男性の特徴を6つ紹介していきます。

特徴1:誰にでも優しい

誰にでも優しい男性は恋愛対象として見られません。女性は、好きな男性には特別扱いしてもらいたい生き物です。誰にでも優しければ特別感を感じることができず、あなたのことを「特別な男性」と見ることができません。

会社の同僚や友達から優しくされても特別な感情を抱かないように、友達としての優しさは感じられるものの、異性としての優しさは感じられません。

特徴2:生真面目

生真面目な男性はそれはそれでモテますが、一緒にいて疲れる、つまらないと思われてしまいます。

女性は男性に刺激やサプライズを求めているので、一緒にいて退屈したり面白くなかったりと、女性に刺激を与えなければ飽きられます。ですが、決して不真面目がいいというわけではありません。

特徴3:協調性が高い

協調性が高いことは一見良いことのように思えます。しかし、協調性が高いということは自分の意思を強く押さないということでもあります。

女性はリードしてもらいたいものなので、意見や考えをはっきり伝えることができる男性に惹かれていきます。協調性も大切ですが、自分自身の意見や考えを持つことができないと「頼りない」と思われてしまいます。

特徴4:自分の意見を言う事がほとんどない

いわゆる草食系男子です。自分の意見を言う事がほとんどない男性は、「デートプランも任せっきりになるのではないか」という不安を相手に抱かせてしまいます。

自分の意見をはっきり言える男性はリード力や頼りがいがありそうに感じられ魅力的に見えます。また、自分の意見を言わなければ相手はあなたの意見を知ることができず、日頃から気遣いに疲れてしまいます。

特徴5:何を考えているのか分からない

相手に本心を伝えられないばかりでなく不信感を抱かせてしまうこともあります。女性からすると、何を考えているのか分かりやすい男性の方が付き合いやすく気を遣わなくていいので恋愛対象に見られやすいです。

また、何を考えているのか分からない男性の特徴として、コミュニケーションを取ることが得意でないということも挙げられます。

特徴6:一緒にいて刺激が足りないと思われがち

女性は刺激を求めているので、一緒にいて刺激が足りないと思われる男性に魅力を感じません。

刺激が足りないということは、女性の求めている期待に応えることができていないということです。女性はサプライズや非日常体験による刺激を求めているので、それらを与えれない男性は「付き合った後は楽しくなさそう」と思われがちです。

いい人どまりなあなたにアイテムはこちら

いい人どまりなあなたにアイテムです。「恋愛工学の教科書」を読んで、女性から魅力的に感じられる男性を目指しましょう。

知らなかった恋愛の方法を知ることで、自分自身に変化を与えることができます。「いい人どまり」だった過去の自分から抜け出しましょう。

初回公開日:2018年07月30日

記載されている内容は2018年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。