Search

検索したいワードを入力してください

前頭葉を鍛えて脳を活性化させる方法13コ|効果4つ

Author nopic iconはなふさ英
カテゴリ:自己啓発

更新日:2022年04月26日

前頭葉を鍛えて脳を活性化させる方法13コ|効果4つ

前頭葉とは

人の脳は、近年まで良く分からない構造であり、その役割も定かではありません。ですが、最近の研究では、脳には140億個の神経細胞があり、多くの事が解明されています。

私たちの前頭葉は、運動や知覚など多くの情報伝達の最上位中枢器官といわれています。また、感情・情緒・理性などの精神の活性や活動に重要な役割を持っています。

前頭葉とは、脳全体の機能の中枢、スポーツに例えれば監督の役割を担っています。

前頭葉のはたらき

前頭葉のはたらきは、思考や意思、創造力などを担った役割にあり、2つのはたらきに分けられます。

一つは、前方にある場所を指しこの範囲で行動を起こし、運動野という脳の場所で筋肉を動かす指令を最初に発します。脳の中心の溝より後方には周囲の状況を認知しています。

二つ目は、認知機能の前段階の全ての何かについての意欲や意思決定、行動に対する抑制など人間としてのはたらきをし、前頭葉に備わっています。

前頭葉が弱る原因

前頭葉が弱る原因は、複雑多岐であり、幼少期から中高生に至る脳の成長環境、成長後のストレスなどによる脳の耐性力および年齢を重ねる事による脳の衰えに因子があります。

前頭葉が弱る事を簡単いえば、成長過程で社会に巣立つための自己形成でのジレンマに悩む場合、社会人では人間関係の対処の苛立ち、高齢者では過去の後悔や死への不安です。

各年代に見合った鍛える環境の質より、前頭葉の弱る原因が左右されまます。

前頭葉が弱ると現れる症状

前頭葉は、社会性や理性を司っており、この働きに障害がある場合、ちょっとしたきっかけで反社会的な性格傾向に陥り気味になります。

そのような場合、周囲とのトラブルが絶えず、自分はなぜ周りとこれほどうまくいかないのかわからないと悩むことになります。

精神と行動の遂行障害の機能低下が現れます。前頭葉が弱ると現れる症状は、自分の位置の見積りができない、物を使用する工夫ができない、行動の先読みがでない事です。

前頭葉を効果的に鍛える方法

昔から、脳は鍛えれば鍛えるほど光り輝くと言われてきました。前頭葉を効果的に鍛える方法に、精神と運動活動を刺激し、訓練により脳の中枢が活性化されます。

ワーキングメモリと言われ、常に、「物事を記憶する能力」「考える能力」「行動や感情をコントロールする能力」「コミュニケーションする能力」などを鍛 えるのは、人としての形成に最重要な要になります。

前頭葉の鍛え方と活性化の理由について、以降にご紹介します。

鍛え方1:有酸素運動をする

有酸素運動をするには、ジョギングやウォーキングなどがあり、この運動により、新鮮な酸素を前頭葉に送り、前頭葉細胞を鍛える事で活性化します。

前頭葉を鍛える事は前頭葉の伝達機能や情報処理能力の速度に関係し、頭の回転が良くなると言われています。

走ることで記憶を司る前頭葉の集中力や思考力、感情といったことを鍛える事ができます。さらに多くの酸素が脳全体にも運ばれ、脳細胞が増え、全脳も鍛える事になります。

鍛え方2:掃除や雑用をする

掃除や雑用は簡単な作業と思われがちですが、意外と前頭葉を鍛える効果が高いと言われています。

掃除や雑用をする事は、決まった作業手順はありませんが、作業は一定の時間にやり終えたいという目的と時間の刺激が、強く前頭葉を刺激し鍛える事になります。

掃除や雑用も毎日、毎回、はじめと終わりは、定まっていますが、その作業の道中は、自然と創意工夫を刺激し、鍛える事で、前頭葉を強く刺激し盛んに活性している運動です。

鍛え方3:段取りを考えて料理する

料理は、人の五感をすべて使い、さらに、前後の段取りは多彩な手作業になります。前頭葉を鍛えるだけでなく、脳の各領域をまんべんなく刺激し、鍛える作業です。

昔から、料理は人を育て頭がよくなる、あるいは、料理が上手い人は、頭のいい人が多いと言われています。

料理は、段取りを考えて料理する作業で、「メニューを考える」「切る」「炒める」「盛りつける」など多彩に脳を刺激し、前頭葉鍛える事で活性化します。

鍛え方4:音読をする

音読による前頭葉の刺激は、文字識別、意味の理解および音声を出すなど多くの事があります。

音読をする事は、舌下神経に作用し前頭葉と直結し、声を出し舌を動かし話すことが前頭葉を鍛えています。

音読効果は、中高生の受験生の記憶力向上が高いと言われています。また、高齢者においても音読は、前頭葉を鍛える事が衰え防止に役立つ方法です。実際に、実践されていい結果になっていると言われています。

鍛え方5:漢字の書き取りをする

漢字の書き取りが前頭葉を活性化することは、過去の研究で明らかです。書くときは利き手を使い自然にその意味も考えます。

この場合、視覚野がある後頭葉や空間認知の頭頂葉および前頭葉の運動性領野や感覚性領野などが鍛える事で活性化します。漢字の書き取りをすることは、短時間行うだけで前頭葉を鍛えるていると言われています。

ですが、現在スマホの大普及で字を紙に書く事が少なくなり、日本文化の衰退が危ぶまれています。

初回公開日:2018年10月09日

記載されている内容は2018年10月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。