閉じる

占いを初めて受ける前にしておくこととは?|質問の内容や注意する点

「占ってもらいたいときって、衝動的に行っちゃって平気?」
「占いしてもらう前にやっておいた方がいいことってある?」
占いを利用してみたいけれど色々不安なことがある、そんな人が多いのではないでしょうか。

この記事では、占いの基本知識からどうして占いに人気があるのか、占ってもらうのに適したタイミングはあるのか紹介します。併せて、占いに行く前にやっておいた方がいいことも紹介しています。

この記事を読むことで占いに関する知識を深めて、良いタイミングで占いを受けられるようになるでしょう。占いを受ける際に持っていれば便利な物や心構えも紹介しているため、初めて占ってもらうという人も安心して占いを受けられます。

占いを受けたいけれど色々疑問や不安があるという人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

占いの基本知識を身につけよう

占いというと、どんなイメージがあるでしょうか。水晶玉やタロットカードを思い浮かべる人も少なくないかもしれません。

しかし占いと一口に言っても占術には多くの種類があり、占い形態も対面占いだけでなく電話占いやメール占いなどが増え、多くの選択肢から自分の悩みや相談したいスタイルに合わせて選べるようになっています。

また、占術によって適している相談内容が変わってきます。自分の相談内容についてより当たる確率の高い手法を事前に知っておくことは、重要でしょう。

主な占いの種類と相場

占いは大きく分けると、3種類に分かれます。星占いや四柱推命のように誕生日時や場所などの不変的情報から占う「命術」、タロットやルーンといった偶然の情報から占う「卜術」、手相や風水のようなものの形から占う「相術」の3種類です。

占いの相場については、占う時間によって決められていることがほとんどです。対面占いで30分5,000円~、電話占いの場合は1分ごとに相談料が決まっていることが多く、1分200円~が相場になるでしょう。

占術 得意とする相談内容
命術(星占い・数秘術・四柱推命・九星気学等) 生まれ持った才能や性質、相性や時期
卜術(タロット・ルーン・易等) 変化しやすい人の気持ちや近い未来
相術(手相・顔相・風水・姓名判断) 人に与える影響や吉凶

占い形態

昔は占いというと、対面占いがほとんどでした。インターネットや携帯電話が普及した現代では、対面占いの他にチャット占いやメール占い、電話占いといった様々な占い形態が生まれています。

対面占い以外はインターネットや電話を利用することから、場所や日時をあまり問わずに利用できるのが魅力でしょう。自宅にいながら、リラックスした格好で相談できます。中には24時間対応しているところもあり、深夜や早朝でさえ気軽に相談できる環境が整っています。

占い形態 メリット
対面占い 直接鑑定士と対面して占ってもらえる・鑑定士の様子が見えるので細かなニュアンスでも伝わりやすい
チャット占い 話すことが苦手でも文章で相談できる・料金が安価な傾向にある
メール占い 好きなタイミングで聞きたいことをまとめて文章で聞ける
電話占い 場所や日時を問わず占ってもらえる・リラックスした状況で相談できる

占えること

鑑定士に占ってもらえることは、たくさんあります。身近な人間関係や恋愛相談、進路や人生に関する相談、ペットや家、子どもの名前にいたるまで様々なことを相談できるでしょう。

ただし、鑑定士には占ってはいけないこともあります。人の生死にかかわること、病気や法律関係、賭博や犯罪に関わることは暗黙のルールで占えないため、相談しないようにしましょう。鑑定士によっては、失せもの探しや当てものを断っている場合も多いため注意してください。

占いはなぜ今も人気なの?

占いの人気は現代でもなお、衰えていません。むしろその人気は高まる傾向にあります。

起こることの全てを運命や宿命のように考え、占いが生活の一部であった昔の時代はともかく、現代でも占い人気が続いているのはなぜなのか、その理由に迫ってみました。

どうして占いしたがる人が絶えないのか、占いに頼る人が多いのか、不思議に感じている人はぜひこちらをチェックしてみてください。

気軽に挑戦できる

まず従来のように対面占いがほとんどだった時代が変わり、気軽に占ってもらえる環境が整っていることが理由に挙げられるでしょう。

テレビでも占いについてよく取り上げられていますし、占いを専門としたサイトが増えることで料金も安価になっています。インターネットが普及していることで占いの比較サイトも豊富にあり、どのサイトなら安心できるサイトかといった情報が得られやすくなっています。

占いに関する情報収集が楽になったこと、占いに挑戦するハードルが低くなったことが理由の1つでしょう。

自分を見つめる時間が増えた

近年世界で猛威をふるっている感染症、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響も見逃せません。

コロナ禍により外での活動を控え、自宅で過ごす人が増えました。その結果自由時間が増え、自分のことを振り返り、自分自身のことをより理解したいと考えるようになった人が増えたこと、そして趣味として手軽になった占いがそこにあったことが理由の1つと考えられています。

自分のことをもっと知りたいと考える人にとって、占いはもっとも手軽な手段の1つなのでしょう。

種類が豊富

鑑定士と対面しなくても占ってもらえる形態の占いが増え、自分の希望に沿った相談の仕方ができるようになったことも、占いが人気をたもつ理由の1つでしょう。

感染防止のため自宅にいながら、チャット占いや電話占いを利用して占ってもらえます。いつでも思い立った時や隙間時間に、すぐに占いに挑戦できることも魅力でしょう。

とくに電話占いは24時間受け付けているサイトもあり、いつでも時間を気にせずに相談できること、鑑定士の声を聞くことでよりアドバイスを受け止めやすくなること、安心できるメリットがあります。

占いに行くおすすめタイミング

占いに行くとき、いつ行こうか迷ってしまうということはないでしょうか。とくに初めての占いでは、今行った方がいいのか後の方がいいのかと悩んでしまうことがあるでしょう。

占いに行くおすすめタイミングは、基本的に「あなたが占って欲しいと考えたとき」です。

しかしたまにですが、占って欲しいときが占いのタイミングとしては微妙だったという場合があります。占い結果をしっかり活かすためにも、占いに最適なタイミングはいつなのかを知っておきましょう。

  • 占いに興味があるとき
  • 恋愛で悩んでいるとき
  • 復縁したい人がいるとき
  • 結婚できるか気になるとき
  • 相性の良い人を知りたいとき
  • 運命の人について知りたいとき
  • 転職を考えているとき
  • 新しいことに挑戦したいとき
  • 悩みも願望もないとき

占いに興味があるとき

占いに興味がでたとき、まさに今のように占いについて調べているようなときは、あなたが直感的に誰かのアドバイスを欲しているときなのでしょう。

あなたは無意識に占ってもらいたい、アドバイスをもらいたいと考えている可能性があります。占いに興味が向いたのは、根底にそういう気持ちがあるためでしょう。

どうして占いに興味が出たのか、どんな内容を占ってもらいたいのかよく考えて、占いに挑戦してみましょう。

恋愛で悩んでいるとき

好きな人がいるけれど相手も自分が好きなのか分からない、そんなことがあります。また付き合っている恋人がいるけれど最近関係が微妙だ、という悩みもあるでしょう。

恋愛で悩んでいるとき、今後の2人についてや自分や相手の行動、相手の気持ちが知りたいときには占いを利用してみましょう。

占いで恋愛に対するアドバイスとして、あなたがした方がいいことや止めた方がいいこと、相手の気持ちや告白が成功しやすいタイミングなどを相談できます。

復縁したい人がいるとき

昔の恋人やパートナーとよりを戻したい、復縁したいときは、普通の恋愛よりもタイミングが重要になってきます。

復縁したいからとすぐに行動してもすでに他の恋人がいたり、相手の気持ち次第で上手くいかなかったりします。結果、むしろ相手の気持ちが離れていってしまう可能性すらあるでしょう。

復縁したい人がいるときに占いで相談すれば、復縁できる可能性があるかどうか、復縁に適したタイミングがあるならいつなのかを教えてもらえます。

結婚できるか気になるとき

結婚は人生に大きな影響を与えます。そのため、恋人が結婚しようと考えているのかどうかを気にする人は多いでしょう。いつ結婚できるのか、恋人が自分と結婚しようと考えているのか知りたいときは、占いに向いたタイミングです。

もちろん、相手が結婚を考えていないという望まない結果がでる場合もあります。しかしどうしてそうなっているのかアドバイスをもらえば、これから変えていけることもあるでしょう。むしろ早めに占ってもらい、結婚に向けて占い結果を活かしていくことをおすすめします。

相性の良い人を知りたいとき

周囲の環境が変わって、新しく出会った人たちとの相性が知りたくなったときは、占いを受けるにちょうどいいタイミングでしょう。

相性の良い人が見つかれば、その人に積極的に接していけるようになります。逆に相性が微妙な人がいれば、問題を起こす前に適切な距離感で付き合っていけるようになるでしょう。

相性については命占が得意としている相談内容です。不変的な情報を元に占うため、相性を知りたい人ができたときが占うタイミングになるでしょう。

運命の人について知りたいとき

今の恋人が運命の人なのか知りたいときや、いつ運命の人に出会うのかといった運命の人について知りたいときは、占ってもらうのにおすすめのタイミングです。

今お付き合いしている人が運命の人だったなら、将来のことについて積極的に考えていけるでしょう。また運命の人にまだ出会えていないと考える場合、いつ出会えるのか自分の運命の人はどういう特徴をもっているのか知っておけば、いざ出会ったときにしっかり縁を繋げられるはずです。

転職を考えているとき

転職することは、なかなかハードルが高いことです。そのため転職したいけれど上手くいくか分からないと不安なときは、占いに行くといいでしょう。

あなたの考えている転職が上手くいく可能性があるのかどうか、また転職に適した時期はいつなのか、転職したい分野が決まっていない場合は分野についても相談できるでしょう。

占いの結果を全て受け入れる必要はありません。占いによって得た情報は、決断するための判断材料の1つにしてみましょう。

新しいことに挑戦したいとき

仕事で新しいことに挑戦するとき、大事な決断を迫られているときは、実行したときの結果が気になるものです。占いに行くことで挑戦や決断が上手くいくかどうか、また実行するのに適したタイミングはいつなのか把握できるようになるでしょう。

新しいことに挑戦したり、大事な決断を下すときには勇気が必要だという人が多いのではないでしょうか。その勇気を後押しするため、また未知の未来の情報を少しでも得るために、占いを活用してみましょう。

悩みも願望もないとき

何か悩みがあるから占ってもらう人が多いのですが、悩みや願望もないときも占いに行くおすすめのタイミングです。とくに初めて占いを利用するという人は、このタイミングで行くことをおすすめします。

どうしてこのタイミングがおすすめなのかというと、相談者が占い結果をフラットに受け止めやすいためです。

悩みや願望があると、その反対のことを言われると感情的になってしまいがちです。冷静に占い結果を受け止めるには、感情的になりにくいこのタイミングがおすすめなのです。

占いに行く前の準備

占いに行くときは、思い立ったが吉日とばかりにすぐさま行動しても問題はありません。何も用意しなくても、占いを受けることはできるためです。

しかし占い結果をより有意義に活かしたいなら、ある程度事前準備をしてから占ってもらうことをおすすめします。

占ってもらうのも、タダではありません。自分が占ってもらいたいことをしっかり占ってもらうために、当たる鑑定士に占ってもらうために、またその結果を忘れないように準備をしておきましょう。

鑑定士のことを調べる

占ってもらいたい鑑定士を見つけたら、軽くでも構いませんのでその鑑定士の得意な占術や相談内容、鑑定スタイルといった情報を調べておきましょう。

鑑定士によって得意な占術や相談内容、鑑定スタイルが変わってきます。また、占いに用いる占術によっても向いている相談と向いていない相談があります。あらかじめそれらの情報を得ておくことで、より具体的なアドバイスをもらえるようになるでしょう。

自分の情報をまとめる

あらかじめ、占いに必要になる自分の情報をメモにでもまとめておきましょう。誕生日や生まれた場所、時には生まれた時間を聞かれる場合もあります。分かる限りの情報をまとめておいてください。

自分以外の相手も登場する質問をしたいなら、占って欲しい相手や関係する家族、恋人の情報などをできるだけまとめておくことで、鑑定士に聞かれた際にスムーズに答えられるようになります。貴重な占い時間のタイムロスを防げるでしょう。

質問リストを作成する

占ってもらいたい内容が決まっている場合は、何を聞きたいのか質問リストを作ることや、台本を考えておくことをおすすめします。

あらかじめ鑑定を受ける際の台本を作成しておけば、本番で緊張してもスムーズに鑑定に入れるでしょう。また何を一番聞きたいのか優先順位をつけておけば、「一番聞きたかったことが聞けなかった」と後悔するようなことにはなりにくいはずです。

占いの時間は限られています。効率よく占ってもらうためにも、これらの工夫をしておくといいでしょう。

自分史を用意する

自分についての基本的な情報だけでなく、どこで育ったのかどんな仕事をしてきたのか、転職や引っ越しといった自分史を用意しておくことも大切です。

自分についてのことは聞かれればその場でも答えられますが、思い出すまでに時間がかかるような場合があります。鑑定中に考えたり思い出したりすると占い時間のタイムロスになってしまうため、それを防ぐためにも、ある程度の自分史を用意してくおくことをおすすめします。

占いでよく聞かれる質問内容3選

占いでは色々なことを質問できます。ここでは、多くの人がよく聞いている占いの質問内容3選を紹介しています。

こんなこと聞いていいのかと心配になっている人も、他の人たちもよく聞いているとなれば安心できるのではないでしょうか。

  • 恋愛
  • 仕事
  • 人間関係

1:恋愛

占いでもっともよく聞かれる質問内容は、恋愛関係の質問でしょう。

片思いで好きな人との関係や近づき方に悩んでいる人の相談から、両想いで付き合っているけれど不安や悩みがあるといった相談、別れてしまった元恋人と復縁したいといった相談などが代表的です。

またときには、公にはできない恋愛に悩んでいる人も相談に訪れます。不倫や浮気といった周囲に相談しにくい恋愛についても、鑑定士が真摯に対応してくれるため、人気があるのでしょう。

2:仕事

共働き家庭が増えたことから、相対的に仕事をもつ人の割合が増えていることもあり、仕事について占って欲しいという人も多くなっています。

自分に合っている仕事を知りたい、就活で希望の職種に就職できるか知りたいといった質問から、仕事をしている中で生じた仕事関係の悩みや職場の人間関係での悩み、転職や独立など今後の進路に関する質問などがあるでしょう。

3:人間関係

人は生活していく上で、何かしら他の人と関係をもっています。そのため人間関係で悩みをもつ人も少なくないでしょう。

自分の人間関係に対する相談や友人・知人との人間関係の相談、職場での人間関係や結婚相手の家族との人間関係など、相談の対象となる人間関係の質問の種類はかなり多くなっています。

人との付き合い方の悩みから、ときには縁切りについての質問まで、聞きにくいことでも気軽に相談できるのが占いの強みでしょう。

初めての占いの秘訣

占いを初めて利用する際は、ドキドキしたり緊張したりすることがあるでしょう。いざ占いに入っても、初めてでは思ったように質問できないといったことが起こりやすくなります。

ここでは、初めて占いを受ける際の秘訣について紹介します。

満足いく占いができるかどうかは、あなたがどういう風に占いに臨むかによっても変わってきます。ぜひこちらの項目に目を通して、上手に質問するための参考にしてみてください。

具体的な質問をする

初めて占いを利用するとき、質問は具体的にするようにしましょう。自分が何に悩んでいるのか、何を質問したいのかをはっきりと、具体的に鑑定士に伝えることが重要です。抽象的な質問では鑑定士の答えも当たり障りのないものになりがちで、占いの効果を得にくいでしょう。

鑑定士の中には、初めての人でも接しただけである程度情報を読み取ってしまう人もいます。しかし、聞かれないうちから勝手に答えるようなことはありません。

初めての占いを有意義にするために、あらかじめ具体的な質問を考えておきましょう。

相談内容を事前にまとめる

初めて占いをしてもらう前に自分の知りたいことをまとめておくことで、知りたいことをきちんと占ってもらえるようになります。

相談内容をまとめていないととりとめのない話をしてしまい、本来相談したかったことが後回しになって知りたいことが聞けなかった、と後悔する結果になりかねません。

初めて占いをする前に何を聞きたいのかをまとめておき、それを元に質問することで、占い時間を最大限有効に活用できるようになるでしょう。

占いの目的を明確にしておく

初めて占いをしてもらう前に、あらかじめどうして占ってもらいたいのか、占い結果をどうするのか明確にしておきましょう。

占いはあくまでもサポートの役割をはたすものであって、あなたの意思を決定するようなものではありません。あなたが自分の理想を明確にしたうえで、相談することが大切です。

ときには、あなたの理想に反するような結果が出ることもあるでしょう。そんなときは結果を変えるために何ができるのか、アドバイスを受けて参考にしてみることをおすすめします。

占いで役立つ持ち物

ここでは、占いを受ける際にあると役立つ持ち物を紹介しています。

これらの持ち物がなくても、占いを受けることは可能です。しかしより占い結果を役立てたいと考えている人や初めて占いを受けるという人は、これらの持ち物を揃えておくと便利でしょう。

  • 筆記用具
  • ボイスレコーダー
  • ハンカチ

筆記用具

占ってもらいたいことをまとめておくため、また聞いた占い結果を書き留めておくためにも、メモやノート、ペンなどの筆記用具を準備しておくことをおすすめします。

緊張して話すことを忘れてしまっても、メモやノートに占って欲しいことが書いてあれば、すぐに思い出せます。また聞いた占い結果を忘れないためにも、メモをとっておくと後から見直しやすくなります。

ボイスレコーダー

占ってもらうときは占いに集中したい、いちいちメモをとるのが面倒くさいという場合は、ボイスレコーダーを用意して録音し、後から聞き直すようにすることもおすすめです。

注意点として、ボイスレコーダーの録音を禁止されている場合があります。ボイスレコーダーを使いたい場合は、鑑定士の先生に許可を頂いてから使うようにしましょう。

ハンカチ

占いを受けるだけで泣くのかと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、鑑定士に長年の悩みを打ち明けたり、厳しい状況の中で優しい言葉をかけられたりすると、つい泣いてしまうことがあります。

ハンカチやハンドタオルを用意しておけば、いきなり泣いてしまっても慌てることなく対処できるでしょう。

占いを受ける心構え

ここからは、占いを受けるときの心構えについて紹介します。

そう難しい内容ではありませんが、占いを受けた結果をどう活かしていくのかなど、今後の占いとの付き合い方にも関わってくるため、あらかじめある程度の心構えをしておきましょう。

結果に振り回されない

どんなに信頼できる鑑定士の占い結果であっても、その結果をそのまま受け入れて、占い結果に振り回されるようなことはないようにしましょう。

占いはあくまでも、あなたが意思決定するためのきっかけやヒントにすぎません。占いは使うものであって、あなたを振り回すものではないのです。これからの行動を決めるための判断材料の1つであるという意識を忘れずに、占いを使っていきましょう。

結果を冷静に受け止める

占いでは、自分の望んだ結果が出ないことがあります。希望とは逆の結果を出されれば、感情的になってしまうこともあるでしょう。しかし占い結果は予定であって絶対ではないため、これから変えていける部分もあるはずです。

占い結果を素直に受け入れることと同時に、その結果をより自分の望みに近づけるにはどうすればいいのか、鑑定士にアドバイスを求めて行動していくことが大切です。

同じ内容の占いを繰り返さない

占い結果が望むものではなかったからといって、何度も同じ内容の占いを繰り返してはいけません。

確かに偶発的な情報から占う卜術の占いでは、何度も何度も繰り返せば望む結果に近づく場合があるでしょう。しかし、そうしたところで意味はあるのでしょうか。

大切なことは、占い結果を自分の望み通りになるまで繰り返すことではなく、受け取った結果に伴った行動や受けたアドバイスを元にした行動をとることで、未来を変えていくことでしょう。

占いを初めて利用するときはしっかり準備をしておこう

誰にも話せない悩みや長年抱えている悩み、将来への不安などはないでしょうか。占いは、あなたの人生を導く光です。ときにあなたの背中を押したり、あなたの進む道にアドバイスをくれたりするでしょう。

占いを初めて利用するときは、ハードルが高いと感じてしまうかもしれません。しかし電話占いやメール占いのように鑑定士と対面しない占いならば、より気軽に友だちに相談する感覚で利用できます。

とくに初めての占いでは、緊張してもいいようにしっかり準備をしてから利用してみましょう。

関連記事
Related Articles