【男女別】お金持ちの特徴・お金持ちになる方法・貧乏な人との違い | uranaru [ウラナル]

閉じる

【男女別】お金持ちの特徴・お金持ちになる方法・貧乏な人との違い

「みなさんはお金持ちですか?」

そう聞かれて、すぐにハイ!と言える方は少ないのではないでしょうか。
お金持ちという定義はとても曖昧で、年収1000あればもう想像もできないくらいお金持ち!と思う人もいれば、億単位まで行かなきゃただの小金持ちだろうという人もいるでしょう。では、実際のお金持ちの人達にはどんな特徴があるのか、男女別で見ていきたいと思います。

お金持ちになる人の特徴(男性編)

ここではお金持ちな男性の特徴を紹介します。

笑顔が魅力的

笑顔が素敵な人は男女問わず魅力的です。特に男性の場合、上司や取引先と取引をする際はビジネススキルやトークスキルももちろん大事ですが、まずは第一印象で決まる所もあるため、笑顔が素敵というのは大きな武器になります。

お金を計画的に管理できる

自らが周りを率先してビジネスをする場合、お金をきちんと管理できない人では周りからの信頼は得られず、その人についていこうとは思わないですよね。もちろん、ケチではいけません。お金をかけるべきタイミング・思い切りが必要な場面はあるため、ここぞという時は大きく出る必要があるます。ですので、どこでお金を使い、どこでセーブすべきかを的確に判断しながら運用していくという点で、お金の管理能力は重要になります。

常に「とりあえずやってみよう」のプラス思考

これは多くの人に言える事ですが、重要なのはいかに考えたかよりも、考えてから行動に移したかという事です。頭の中でいくらアイデアを捻っていてふと素晴らしい何かが降ってきたとしても、「どうせ無理だな…できるわけがない…」と言ってしまえばそこで終わってしまいます。そんなことでは、いつまでも人から指示された事をやるだけで、お金持ちにはなれません。ですから、「まずはとりあえずやってみよう」という精神の持ち主は、失敗にも成功のためのステップと捉える事ができ前向きなため、成功のための行動に出られます。これはとても重要な特徴ですね。

お金持ちになる人の特徴(女性編)

次は女性の特徴を見ていきましょう。

話し上手で褒め上手

話し上手で褒め上手な人はも男女に関係無くあらゆる場面で「モテ」ます。ビジネスをする上で、人脈作りは大切です。その際、その人の話をよく聞き相手のいい所を褒める事ができる人は相手から信用されます。女性の場合、自らがお金持ちになるだけでなく、お金持ちな男性との結婚するという事で自分もお金持ちになれます。そのどちらとしても、必須な特徴と言えるでしょう。

気持ちが満たされていて劣等感がない

容姿や能力に劣等感を抱いていると、それを埋めようと貪欲になり自己中心的になりがちです。そうすると、ビジネスの場合でも恋愛の場でも人から良い印象を持たれないがためにせっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。そうならないためには、自分自身を受け入れた上で、今の自分のどんな所が強みになって活かせるかという事が特徴のポイントになります。

お金持ちになる方法

では、実際にお金持ちになるにはどんな方法があるのでしょうか。それを紹介していきたいと思います。

起業する

会社で普通に働いていてお金持ちになる事はできません。よほど規模の大きい会社で有数に立つくらいの事をしなければ不可能です。企業の中ではポストを狙う人がごまんといるのです。いつかそこに立てたらいいなと思っていてはその日は来ないでしょう。
そんな時は、自分で事業を起こすのが1番の近道です。会社を設立した時から有数なのですから、最初からすべて自分の采配です。ただし、それでみんながお金持ちになれるなら苦労はありません。起業するからには、他の会社と差別化された強みが必要になります。周りはそこに価値を見出すので、むやみやたらに起業しては失敗して多くの負債を負うことになるだけですので、綿密な計画を練る必要があります。

発明する

「発明」と聞くと、ノーベル賞を受賞するような科学者を連想しがちで、そんなの一般人には関係ないと思っていませんか?全くそんなことはありません。普通の主婦ですら「発明」の可能性を秘めているのです。例えば、みなさん洗濯機を回す時、糸くずやゴミをとるためのネットを使うと思います。実はあれも一般の人の「発明」によって生まれたものなのです。その人は特許料で3億円も手にしました。このように、日常生活を送る上で不便だと感じた事や、あったら便利なのではと思ったことを素通りしてしまうのではなく、自ら解決策のアイデアを講じれば、それが莫大な富を生む可能性もあるのです。

株やFXを始める

会社に勤めながら、場合によっては大きく稼げる方法ですね。といってもいきなり大きなお金を投じるのは非常にリスクが高いです。まずは少額から始めて、徐々に増やしていくのがいいでしょう。また、株やFXの場合特別に口座を開設することになります。そこで様々な証券の中から選ぶことになりますが、ここでポイントなのがいかに手数料が安い所を選ぶかがポイントです。また、各社でキャンペーンをやっている場合があるので賢く利用しましょう。

Pages: 1 2

関連記事
Related Articles