人並みの生活の具体例・幸せの例・判断方法|人並みになりたい | uranaru [ウラナル]

閉じる

人並みの生活の具体例・幸せの例・判断方法|人並みになりたい

「人並みの生活がしたい」、そんな風に願う人も多いでしょう。しかし、そもそも「人並みの生活」とはどんな人生を指すのでしょうか。ここではまず人並みの生活の具体例をご紹介します。

支払いが滞りなくできる

「人並みの生活」の最低条件としては、まずは生活に困っていないことが挙げられます。公共料金の支払いや、家賃など生活に最低限必要な支払いがきちんとできているかが重要です。

また子どものいる人は学費や子どもの習い事、交際費などさらにお金がかかってきますが、それらを毎月問題なく全て賄えていることも「人並みの生活」の具体例だと言えるでしょう。

もちろん人の人生はいつでも順風満帆ではありません。時には一生懸命努力しても水道代さえ支払いが遅れてしまうような状況になることもあります。しかし人が「人並みの生活」という言葉を使うとき、生活は最低限保証されなければいけません。

月に1回は値段を気にせず外食ができる

毎日お弁当を作って持っていったり、自炊をして食費を抑えたりということは多くの人がしているでしょう。しかし月に1度ぐらいは思いきり美味しいものを値段を気にせずに食べてることができるのが理想です。

高級店での食事である必要はありません。お手頃価格の美味しい飲食店で月に1回でも食べたいものを食べたいだけ食べられるのは、人並みの生活の具体例の1つだと言えるでしょう。

2016年のインターネットサイトが行った調査によると、子どものいる家庭での1ヶ月の外食費は1万円〜3万円が35パーセントと最も多く1位でした。月に1回〜3回程度外食している家庭が多いことが分かります。

年に1回は旅行に行く

多くの人が「人並みの生活」という言葉を使うとき、年に1度は旅行に行くというのが共通の認識であると言えるでしょう。

旅行は国内でも海外でも構いません。国内旅行よりも安く行ける海外旅行もありますし、国内旅行でも良い宿をとって美味しいものを食べれば出費はかなり多くなります。

家族で1年に1回くらいは思い出作りに旅行に行けたら、ささやかな幸せと言えるのではないでしょうか。独身の人も年に1回ぐらいは節約を忘れてのんびりと息抜きに旅行に行けたら「人並みの生活」ができていると考えて良いでしょう。

人並みの幸せの例

では次は「人並みの幸せ」について考えていきましょう。人並みの幸せを手に入れるには、具体的に何を手に入れたら良いのか具体例とともにご紹介します。

健康状態に心配がない

今あなたが健康状態に何の心配もなければそれは人並みの幸せを手に入れていると言えるでしょう。

もちろん人は誰でも病気になります。風邪を引くこともありますし、精神的に健康的な状態でなくなることもあります。しかし、健康状態に心配がないというのは人間のこの上ない幸せです。

しかし「自分は病気になったから人並みの幸せも手に入れられない」と考えるのは間違っています。人並みの幸せはあくまでも「健康状態に心配がない」ことであり、病気になったとしても治療法があったり治る方向に向かっていてそこまで心配がないならば、人並みの幸せを手に入れていると言えるでしょう。

信頼できる家族や友達がいる

人の人生において信頼できる家族や友人は、時に人の心の支えとなってくれます。例えば先ほど人並みの幸せの具体例として「健康に心配のないこと」を挙げましたが、もしあなたが病気になって困難な状況に陥ったとしてもそばにいてくれる家族や友人がいて心が軽くなるのなら、あなたは「人並みの幸せ」を手に入れていると言えるでしょう。

もしかしたら家族と折り合いの悪い人や、友人があまりいない人もいるでしょう。そんなあなたは家族や友人に変わる心の支えとなるものを見つけるのも、「人並みの幸せ」を手に入れる助けとなります。

心を許せるパートナーがいる

生まれた時からそばにいた家族と違い、パートナーは自分の人生を歩む過程で見つけます。もちろんシングルを楽しみながら今は自分のことに集中している、という人生も素晴らしいですが、典型的な「人並みの幸せ」という概念にはやはりパートナーがいることが含まれています。

男女のカップルでも同性のカップルでも同じ年のカップルでも年の差カップルでも、お互いに側にいたいと思える相手がいるというのは、あなたの人生に充実感と幸福感を与えてくれるのではないでしょうか。

人並み以上・以下の判断方法

「人並み以上か以下か」という判断は非常に難しいですが、いくつかポイントとなる判断方法について考えていきます。

人の話に共感できているか

Pages: 1 2

関連記事
Related Articles