自信がない人が自信をつける方法|恋愛/仕事/子育て/習い事 | uranaru [ウラナル]

閉じる

自信がない人が自信をつける方法|恋愛/仕事/子育て/習い事

世の中には自分に自信が無い人がたくさんいます。子供だけでなく大人でも自分に自信が無い人は少なくありません。自分に自信が無い人はいつもオドオドとしているように見え、他人から下に見られてしまうこともよくあります。

自信が無い人は良く言えば人に対して控えめであり、優しい人と見られることもあります。無理強いをしたり嫌な事を言ったりしないため、人当りの良さには定評があるでしょう。しかし自信が無い人の中には人にいいように使われてしまったり、人に振り回されている自分に嫌気がさしてストレスを溜めこんでしまっている人も多いのではないでしょうか?

まずは自分に自信が無い人の5つの特徴をご紹介致します。自分に当てはまるものはないかチェックしてみましょう。

人の顔色が気になる

自信が無い人の大きな特徴は、人の顔色が気になってしまうという性格です。人の顔色を気にしてしまう性格の人は、自分の言動に自信が無いため、何を言っても何をしていてもいつも不安が伴います。

「こんなことを言って、相手が嫌な思いをしていたらどうしよう?」
「こんなことをして非常識な人だと思われたら恥ずかしい。」

他人と一緒にいてこんな気持ちになってしまうことはありませんか?自信が無い人は、他人がどう思うかが気になるあまり本当に自分が言いたい事や、やりたい事をなかなか思い切り表現できないことがよくあります。

自分は自分、相手は相手。自分に自信がある人は、人にどう思われようとそれほど気にはしていません。人の顔色がとても気になってしまう人は自信が無い人といえるでしょう。

言いたいことが言えない

自分に自信がない人は、言いたい事が言えないといういう特徴もあります。自分の気持ちを相手に伝えても、共感を得られなかったらツライと考えてしまい、言葉につまってしまうのです。

会話というのは自分に共感してもらうことが全てではありません。人それぞれ考え方には違いがあり、だからこそ人付き合いは面白いといえるのではないでしょうか?

自分と違う意見が返ってきても相手に必ずしも敵意があるわけではありません。会話を恐れて言いたい事も言えない状況は克服しなければならないと理解しましょう。

自分の考えで行動できない

自分に自信が無い人の特徴としては、自分の考えで行動できないということも挙げられます。

自分の考えで行動すると当然ですがその責任は全て自分に課せられます。自信が無い人にはその責任というのはとても重く感じられます。自信の無い人はその他大勢の他人の意見に同調することに安堵感を覚えるため、自分の考えで行動しようという気持ちが無くなってしまいます。周囲の人に合わせるのが上手いため人付き合いの上手な人だという印象を持たれがちですが、実際は逃げに入っているだけなのです。

自信の無い人が自信をつけるためには、まず自分の考えに責任を持つことから始めなくてはいけません。他人に頼ってばかりいるのは自立しているとはとても言えません。

周りの意見に左右される

自分に自信が無い人は周りの意見に左右されがちだという特徴もあります。周囲の人の意見と自分の意見が異なると、自信が無い人は途端に弱気になります。自分で絶対に正しいと思っていたことでも、同調してくれる人がいなければそれが本当に正しいのか自信が無くなってしまいます。

周りの意見に左右されてしまいがちな人は、一歩間違うと犯罪の片棒を担がされたり、嫌な役目を押し付けられたりしてしまう可能性があります。未成年であれば非行に走る原因にもなり、とても健全な心の状態とはいえません。

周りの意見に左右されていると自覚のある人は、少しずつでも自分に自信をつける方法を学び、自分を守る知識を身に着けるようにしましょう。

なんでもネガティブに考えてしまう

自分に自信が無い人の最後の特徴は、なんでもネガティブに考えてしまうということです。まだ悪いことが起こってもいないのに、ついつい嫌なことばかり思い浮かべて気持ちが沈んでしまった経験はありませんか?なんでもネガティブに考えてしまう人は、石橋を叩いて渡る慎重なタイプと考えることもできますが、それも度を超すとあれこれ考えすぎてしまい、精神的にしんどくなってしまいます。

自信が無い人は自分の能力を低く考えているため、なかなか自分が成功しているイメージを思い浮かべられなくなっています。悪い事を思い浮かべると言動には覇気がなくなり顔もうつむきがちになり、そのイメージが現実になってしまうことがあります。

なんでもネガティブに考えてしまう人は、自分に自信をつけることが幸せへの近道だと認識しましょう。

シーン別にご紹介!自信がない人が自信をつける方法とは?

上記で自分に自信が無い人の特徴を5つご紹介致しましたが、自分に当てはまるものはありましたか?中には全てが自分に当てはまり、落ち込んでいる人もいるのではないでしょうか。

しかし全てに当てはまったからといって落ち込む必要はありません。自信が無い人でも引っ込み思案な性格を克服したり、考え方を変えることで自分に自信をつけることは十分可能です。自分が情けないと落ち込んでしまう前に、まずはシーン別ごとの自分に自信をつける方法を試してみてはいかがでしょうか。

ここでは友人関係、恋愛、仕事、子育て、習い事の5つのシーンに応じて自信をつける方法をご紹介致します。自分の意識が変われば周囲の見方も大きく変わります。ぜひご覧ください。

友人関係に自信をつける方法

友人関係で自信が無いと悩んでいる人がいます。仲の良い友人を相手にどうして自信をもって接することができないのでしょうか。

友人関係で悩む人の多くが八方美人と言われている人達です。誰に対しても誠実で平等でありたいと考え、あちらこちらで良い顔ばかりしているため、逆に周囲の友人に不信感を持たれかねない状況になっていることがあります。自信が無い人は特定の誰かと深い仲になることを苦手と感じているため上辺だけの付き合いになることも多く、その関係が自然消滅してしまうことも少なくないのではないでしょうか。

友人関係で自信をつけるためには、まず相手と自分を対等な立場だと認識する必要があります。相手が偉く自分が劣っている訳ではないと理解し、何かトラブルが起きてもお互い様だと強い心を持つことが大切です。相手を大切に思っている時は自分も大切に思われているのだと自信をつけるようにしましょう。

恋愛に自信をつける方法

恋愛に自信をつける方法とはどのような不法があるのでしょうか?

恋愛で自信が無い人というのは自分のルックス、性格、収入などが平均よりも低いと思っている場合があります。確かに目を見張るような美人やイケメン、大金持ちと比べると自分が少し情けなく思ってしまうこともあるでしょうが、世の中は圧倒的に普通レベルの人の方が多いものです。上を見ればキリがなく、自分がみじめに思えてしまうだけです。

今の自分の現状は本当に平均よりも劣っていますか?自分に興味を持ってくれる異性は本当に一人もいないのでしょうか?いま一度冷静に自分の魅力を振り返り、必要以上に自分を過小評価する悪い癖は早々に修正して自分に自信をつけるようにしましょう。

仕事に自信をつける方法

仕事で自信が無い人は、多くの場合で経験不足が考えられます。新卒の新入社員であったり、転職したての人というのは圧倒的に仕事に対するスキルが低いため、なかなか自信が持てないというのは仕方がないことでしょう。

仕事に自信をつけるための最も効果的な方法は、頑張ってその仕事を自分のものにしてしまうことが一番の早道です。1つの作業をするのに何度も先輩や上司にお伺いを立てている状態では、とても仕事に自信をつけるという段階ではありません。まずは早く一人前になることを目標に、今は教えられることを全て吸収できるように全力を注ぎましょう。

後輩に教えられるまでになる頃には、仕事に対して大きな自信をつけることが出来ていることでしょう。

子育てに自信をつける方法

子育てに自信をつける方法は、やはり上記の仕事と同じで経験を積むことではないでしょうか。1人目の子供を育てている新米ママと何人もの子供を育てているベテランママでは、その自信は大きく違います。

何をするにも初めてで、果たしてその方法が正しいのか分からない新米ママとは違い、ベテランママはこれまでに培った経験から瞬時にどうするべきなのか判断できます。子供が泣いていると慌ててしまう新米ママに比べて、ベテランママが堂々と構えていられる違いはここにあります。

子育てに自信をつけるためには育児書で知識ばかり詰めんで頭でっかちになってしまうのではなく、子供の様子を観察した自分の考えも大事にしなければなりません。母親は誰でもいつかは子育てに自信を持てるようになります。自分を信じて子供との生活を楽しみましょう。

習い事などに自信をつける方法

Pages: 1 2 3

関連記事
Related Articles