聞き上手な人の特徴と性格・長所と短所・向いてる職業 | uranaru [ウラナル]

閉じる

聞き上手な人の特徴と性格・長所と短所・向いてる職業

あなたの周りで「聞き上手」だと思える人はいるでしょうか。聞き上手な人はどのような特徴があり、どのような性格なのかということを書いていきます。

あなた自身が聞き上手になりたいと感じている場合は、この記事が少し参考になるのではないでしょうか。周りの聞き上手な人のことを思い浮かべながらこの記事読んでいってください。「そういえば」と思うことが多いはずです。

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

男性

聞き上手な男性はどのような特徴なのかを見ていきます。まず、聞き上手な人は相手が話をしている途中で、自分の意見を挟むことはしません。聞き上手な男性は相手に話をさせる技術が高いということが言えます。

例えば、相手が1つのものについてしゃべっているときは、話を否定せず共感します。相槌やうなずきのタイミングが良いということや同じ相槌やうなずきでも一言加えるという工夫をしているケースが多いです。

もう1つの特徴は、相手の目をみているということが挙げられます。目を見るという行動は、相手から見ると無意識に「話を聞いてくれる」という感じを出しているということになります。

聞き上手な男性は、今挙げたことを意識している場合もあれば、無意識のうちに行っている場合があります。聞き上手な男性になりたいという場合は、少し意識して自分を変えてみましょう。

女性

聞き上手の女性はどのような特徴なのかをみていきましょう。男性と同じ部分がありますので、それ以外の特徴を挙げていくことにします。

1つ目は、相槌ですが、男性と違うところは女性は同じ相槌を使いません。なぜなら、相手に興味がないと思われてしまうからです。女性の場合は、器用に相槌を使い分けるということが言えます。

2つ目は、「笑う」ということです。女性は話しを聞くときにはよく笑う場合があります。話している相手が良く笑うと「もっと話をしたい」という感情になります。

男性と似たようなことでも所々異なる部分があります。聞き上手な女性は、今挙げた2つが大きな特徴と考えられます。

長所

どんな人にも長所と短所があります。聞き上手な人にも長所と短所は存在します。まずは聞き上手な人の長所を挙げていきます。

まずは、「親身に感じる」ということです。話をする人から見ると「私を理解してくれている」と感じるからではないでしょうか。

次に、相手から見ると「言いたいことが言える」ということです。これは、文句というわけではなく、愚痴や誰にも聞けないような質問を言えるということになります。何でも話をしてくる人は大抵話を聞いてくれる人を信用して話をしてますから、あなたになんでも話をしてくる方がいる場合、あなたは聞き上手だと思われている可能性があります。

3つ目は、「受け入れてくれる感じ」ということです。聞き上手の人は、温厚な性格の持ち主である可能性が高いので、どんな話をしても優しく聞いてくれるという感じを相手に与えているということになります。

短所

長所に続いて聞き上手な人の短所はどんなものが挙げられるのかを見ていきます。

「会話が続かない」「意見を聞きたいが何も言ってくれない」と思われてしまうことが短所です。ただ相手の話を聞くだけが聞き上手とは言えないということがここでわかります。控えめな性格や引っ込み思案な人などマイナスのイメージがつきまとってしまいがちですが、本物の聞き上手になることは十分できますので、下に書いてあることを参考に練習してみて下さい。

聞き上手と話し上手の違い

聞き上手と話し上手の違いはどこの部分なのでしょうか。

「話し上手は聞き上手」という言葉があります。話し上手な人は、自分のことばかり話そうとはせずに相手のことを考えることができるために自然と聞き上手になっています。

聞き上手の人は、相手の話を途中で切らずに最後まで話を聞き、適切なタイミングで質問を入れていき、そこからまた会話が盛り上がっていきますので、自然と話し上手になっていきます。

あまり大きな違いはなく、唯一違うところはスタート地点です。元々聞き上手だったのか、元々話し上手だったのかという所の違いです。最終的には大きな違いはないということが言えます。

どちらの方がいいのか

話し上手と聞き上手はどちらが良いのかという話になりますが、年代別に見ると話し上手と聞き上手は意見が分かれていて、20代は「話しするのが苦手だから話し上手が良い」、30代は「話すのが好きだから聞いてほしいので聞き上手の方が良い」という別々の意見が出ています。

上でも書いているように、話し上手の人は相手のことをきちんと考えていますし、聞き上手な人は会話を盛り上げる能力がありますので、甲乙をつけるのは難しいのでしょう。しかし、聞き上手の方が比較的早く身につけることができますから、聞き上手になるところから始めてみましょう。

聞き上手な人に向いている職業

聞き上手な人が向いている職業といえば何があるのかをみていきます。いくつか挙げられますが、今回は2つに絞って書いていきます。

まず1つめは、カウンセラーです。心理カウンセラーや就活カウンセラーなどカウンセラーというだけでも何種類もありますが、すべてに共通して言えることは、「その人の話を聞く・引き出す」というところです。似たような職業ではセラピストが該当します。

相手が話をしているのに自分の意見を述べるということは聞き上手とは言えません。相手が話をしているときは興味を持って聞くということができてカウンセラーの仕事が成り立ちます。

2つ目は、コンサルタントです。カウンセラーと同じく何種類もコンサルタントの仕事はあります。コンサルタントほど人の話を聞かないといけません。状況を聞いて良い方向に持っていくのがコンサルタントの仕事ですので、聞き上手な方であれば、あと少しの知識があればコンサルタントになることが可能ということになります。

聞き上手になるためには

聞き上手になり切れていない方や聞き上手になりたいという方に、簡単に聞き上手になれる方法を書いていきますので、ぜひ実践してみて下さい。

1つ目は「うなずき」です。これは会話の基本的な部分です。うなずきといってもただ単にうなずくだけではなく「うなずき方」にコツがあります。相手が楽しく話しているときは「うんうん」と2回うなずいたり、反対に悲しい話題の時は「うーん」といううなずき方をしてみましょう。共感していますよということが相手に伝わればOKです。

2つめは「オウム返し」です。オウム返しというのは、知っている方は意外と少ないのですが相手が気持ちよく話をするためにものすごく大きな効果を発揮します。

例えば、「そういえば、この間○○なことがあってね」「○○なことですか。どうしたんですか」というイメージです。これは、話を聞いてくれているという感覚を与えてくれますので、ぜひ身に付けてください。

3つめは、「あいづち」です。「へーっ」や「ふーん」というものではなく、「あぁ、なるほど」や「オオーッ。なるほど」のような形です。これができれば、相手から情報をもらいやすくなります。

簡単にできる聞き上手になれる方法を書いていきました。ぜひチャレンジしてみて下さい。

聞き上手話し上手になろう

上でも書いたように、聞き上手は会話を盛り上げ、話し上手は相手のことを考えながら話をしていきます。友達と話すときや恋人と話をするとき、ビジネスの面から見ても「聞き上手は話し上手」という言葉は重要です。「会話は言葉のキャッチボール」と言われるようにどちらかが一方的に話続けていたり、ずっとだまっていたりしては会話は成り立ちません。

最初は少し大変ですが、これが身につくと話し相手の反応が変わることが多いので、聞き上手であり話し上手になる練習をちょっとずつ始めていきましょう。

関連記事
Related Articles