適応力のある人の特徴と性格|メリットとデメリット/自己PRの方法 | uranaru [ウラナル]

閉じる

適応力のある人の特徴と性格|メリットとデメリット/自己PRの方法

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

適応力ってどんな力のこと?

しばしば、耳にし必要だと感じる力の一つですが、適応力とは一体どういうものなのでしょうか。どういう性格や特徴があることかを考え、適応力のメリットとデメリットについて紹介していきます。

適応力とは、あらゆる場面や環境において、自分の置かれた状況や環境を考慮して、自分が望まれていることに柔軟に対応し、目的を達成することができる力のことです。適応力と聞くとその場に上手く馴染むことのように思われがちですが、本当の適応力のポイントは「適応する」ことそのものではなく、適応することで「何かを成し遂げる」ことです。

適応力が高まることで課題や問題を解決できる力も高くなり、それに比例して自分自身の器も大きくなることで、人間的な成長にもつながっていきます。様々な物事が急速に大きく変わっていく現代において、高い適応力を持つことはビジネスの場だけでなく、日常生活でもとても重要です。

適応力のある人の特徴や性格って?

適応力が高い人は、落ち着きがあり、柔軟、コミュニケーション能力や問題解決能力の高い人のことです。会社や学校など組織、不特定多数が集まるグループ、家庭など、どんな場所でも集団の中で自然に人望が集まり、強い信頼を得ることが多いです。

適応力の高い人の特徴や性格は、「柔軟である」「コミュニケーション能力が高い」「経験や知識を役立てることができる」「先を読む知恵がある」「視野が広い」「ひらめきや直感力がある」「判断力・決断力がある」「場の空気を読める」「分析力がある」「人の意見を尊重できる」「相手の価値観や違いを受け入れられる」「人と気持ちよく接することができる」など、数多くあげられます。

適応力の高い人は、特徴や性格を上手に組みわせて道具として使い、目的を達成するためにはどうしたらいいかを常に冷静に優先順位をつけて実行します。自分自身の特徴や性格は、適応力のある人にとって自分らしい適応力を発揮するための大切な道具です。

自分から動いて社会のニーズを探すことができる

社会で求められる理想的な人物は、即戦力になる能力の高い人です。新しいことやあまり自信のないことにチャレンジする時にこそ、自分を助けてくれるのが「適応力」です。たとえできることが見つからない状況でも、場の空気を読んで自分にできそうなことを探したり、提案したり、実際に行動したりできます。また適応力があると、目的を示されなくても、指示を出されなくても、自分自身で「誰かの役に立つ」または「そうすることで全体の状況が良くなる」という視点から考えて、行動できます。

どんな人にも、どんな物事にも「初めての時」があります。経験が浅く、知識もない状態でできることはあまりありません。そんな時に「適応力」を発揮すれば、小さくともヒントや糸口を見つけ前に進むことができたり、小さな成功体験を作り出して少しずつ自信を重ねられたり、次のチャンスにつなげることができます。社会で求められるのは、どんな時も自分から動いて社会のニーズを探す「適応力の高い人」です。

どんな環境でもストレスフリーでいられる

「適応力」の高い人は、新しい場所、得意ではない環境でも、自分に快適な空間を作り出します。快適な空間に必要なのは、円滑な人間関係とスムーズな意思疎通です。コミュニケーション力を発揮して、自分とは違う価値観や意見を受け入れて相手と話すことができるため、トラブルを回避して上手に物事を進められます。人は自分をきちんと受け止めてくれる人に安心感を持ち、認めるので、自然に周りの人と信頼関係を築けるようになります。

結果的に、どんな場所にいても自分を中心に快適なゾーンを広げることができるので、ストレスフリーな環境に身を置くことができます。現代社会において人がストレスを持つ原因の1つは人間関係と言われています。

「適応力」を身につけることでどんな環境でもストレスフリーでいられますので、「適応力」はワクワクしながら自分自身のストレスケアにも役立つ素晴らしい力です。

世界の異なる文化の中でグローバルに活躍できる

世界でグローバルに活躍するために求められる力は、流暢な語学力よりも高い「適応力」です。この場合の「適応力」とは、どんな場所や環境でもきちんと相手を理解しようとし、柔軟な思考で相手の文化を受け入れ、共感する力です。異なる文化を持つ人に信頼してもらえる関係づくりに大切なのは、人としての「適応力」の高さです。「適応力」は、海外とどんどんつながっていくこの時代に求められている力です。

変化を恐れず新しいことにチャレンジできる

「適応力」が高い人は、自分自身が変化していくことに不安や抵抗を感じません。人は、たとえ心から変わりたいと望んでいても、慣れ親しんだ環境や習慣を変えることをストレスと感じる性質があるため、自ら望んでいるはずの変化にも抵抗を感じ、結果的に変わらない方向へ向かってしまう傾向があります。ところが、適応力が高い人は常に自分のまわりの状況の中で自分を活かすことを考えているため、習慣や環境に対して執着やこだわりを持ちません。そのため、変わることへの抵抗が生まれにくく、ストレスも感じにくいため、変化することに対しての心理的なハードルも低くなります。

新しいことにチャレンジしたいと思う人は多いものですが、実際に行動できる人はごくわずかな人です。適応力の高い人は、今ある自分自身という道具を使って物事に取り組むため、新しいことにも特別に意識したり決意したりする必要もなく、目的達成のために軽々と、その一歩を踏み出すことができます。新しいことにチャレンジしたいけれど自信がなかったり、勇気がなくて一歩を踏み出せない人は、適応力を意識して行動してみることが大きな前進につながります。

適応力があるとどんないいことがあるの?

「適応力」が高い人は、落ち着きがあり安定しているため、人に安心感を与えることがあります。相手を理解し、受け入れ、共感することで周りに人が集まるようになり、目的を達成し応えていくことで相手に認められ信頼を深めます。

場所を問わず、国籍さえも問わず、人と信頼関係を築いて何かを成し遂げることができる「適応力」があれば、後は必要な知識を学ぶことでどんなことにでも対応できます。「適応力」は、テキストや練習問題を解いて身につけるものではなく、実際の場面でトライ&エラーを繰り返しながら、実践で身につけるものです。

自分の持っている様々な特徴や性質を活かし、掛け合わせながら結果を出していくことのできるオリジナルの力です。「適応力」を高めることは、自分らしさを高めて、自分を成長させていくことにつながります。

適応力がある一番のメリットは?

「適応力」のある人になるメリットは数多くありますが、一番のメリットは「生きやすくなること」です。社会がどんなに複雑になっても、どんなに環境が変わっても、「適応力」があると様々な困難というハードルを下げて、自然に自分に快適な空間を作り出すことができます。多くの人が躊躇してためらったり、少し心が重くなったりしてしまうところで、適応力のある人はその影響を受けずに、ストレスフリーに軽々と、いつも通りに動くことができます。何かを始める時に、最初の一歩をスムーズに大きく踏み出すことができるかどうか。これはとても大きな差になります。

「適応力」が高まれば高まるほど、自分らしさが活かせるようになり、自分自身の器も大きくなり、人間的に大きく成長します。どんな場所も自分にとって居心地の良い空間にしていくことができ、常に快適に過ごしやすくなり、物事がスムーズに運び、その結果が自分に返ってきて、自分自身がとても生きやすくなります。「適応力」のある人は、世の中を味方にする力を持っている人です。

適応力があるデメリットってあるの?

「適応力」があることでのデメリットはありませんが、「適応力」を誤って理解したり、使い方を間違えるとデメリットになってしまうこともあります。日本には和を重んじる文化があり、日本人には和の関係性を大切にするルールや仕組みが自然に備わっていますが、「適応力」という言葉を、その文脈での狭い意味に捉えてしまわないように注意が必要です。

「適応力」という能力の範囲を、その場に上手く馴染むこと、相手の求めるものを叶えること、ということだけに留めてしまわないことです。「適応力」を、角が立たないように立ち回るとか、出る杭にならないようにするとか、相手の機嫌を取る、という意味にしてしまわないよう、「適応力」を何のために使うのかという、その先の目的を忘れないように強く意識することが大切です。

適応力を自己PRするおすすめの方法は?

「適応力」は日常的な日々の行動や言動の結果です。普段の自分自身の在り方そのものが「適応力」の自己PRにつながります。逆に言えば、「適応力」は本人が意識するしないに関わらず、にじみ出てしまうものなので、「適応力」があるように見せかけたり、装ったりするのはとても難しいことです。

ここぞという時に「適応力」を使って目的を達成するためには、普段から自分に備わっている道具を使って、意識して「適応力」という畑を耕し、種まきをしておくことです。つねに自分自身のモチベーションを上げながら、自分自身が気分よく快適な状態でいられるかどうかも重要な鍵になります。まずは自分がいい状態でいることで、自分の感覚も正しく働くようになり、自分自身の持つ能力を最大限に発揮することができるからです。

日々自分を整え、周りの人と良好な関係を築き、信頼されるような自分でいることを心がけます。いつも自分を観察し、こうありたいと思う方向へトライ&エラーを繰り返し、アップデートし続けていれば、その姿勢こそが「適応力」の強力な自己PRになっているはずです。

Pages: 1 2

関連記事
Related Articles