百花籠はどんな結婚式場?特徴9つ|ブライダルフェアと特典 | uranaru [ウラナル]

閉じる

百花籠はどんな結婚式場?特徴9つ|ブライダルフェアと特典

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

百花籠とは

皆さんは、結婚式場「百花籠」というステキな式場をご存知でしょうか。結婚式場「百花籠」は、名古屋でのある結婚式場です。

この記事では、結婚式場「百花籠」について詳しくご紹介していきます。今結婚を考えている方や、名古屋での挙式を考えている方は、結婚式場「百花籠」での結婚式をぜひご検討ください。

名古屋での結婚式場

結婚式場「百花籠」は、愛知県名古屋市東区にあるステキな結婚式場です。

結婚式場「百花籠」は他の結婚式場にはない、和と洋の融合された美しい造りの結婚式場です。名古屋のカップルからとてもがあります。結婚式場に迷っているカップルは、一度「百花籠」へ足を運び、式場見学をされることをします。

百花籠のの理由

結婚式場「百花籠」のといえば、「百花籠」の持つ歴史的な造りにあります。結婚式場「百花籠」は、外観だけでなく内装もステキです。

結婚式場「百花籠」は訪れた人を、「まさに和と洋の融合」と感じさせます。歴史的な趣の中に感じる現代の雰囲気は、とても美しいです。

気になった方は、インターネットのオフィシャルウェブサイトをぜひご覧ください。

百花籠の特徴9つ

ここでは、結婚式場「百花籠」の特徴を9つお伝えしていきます。結婚式場「百花籠」ではどんな特徴があるのか、他の結婚式場と何が違うのか、じっくりと見ていきましょう。

ドレスや結婚式のプラン、チャペルなど気になるところを詳しくご紹介していきます。

1:コンセプト

結婚式場「百花籠」の特徴、まず1つ目はコンセプトです。結婚式場「百花籠」のコンセプトは、百年の時を越えて花開く「和魂洋才」です。

結婚式場「百花籠」では、明治時代のかつての雰囲気を再現した外観、内装となっています。明治時代の華やいだ雰囲気の中での挙式は、忘れることができない一生に一度の素晴らしい思い出となります。

2:チャペル

結婚式場「百花籠」の特徴、2つ目はチャペルです。結婚式場「百花籠」のチャペルは、サンクタスチャペルというステンドグラスが印象的なチャペルです。

結婚式場「百花籠」のサンクタスチャペルにある素晴らしいステンドグラスは、英国の教会で実際に使われていたアンティークです。

ステンドグラスからサンクタスチャペルに日差しが差し込み、教会全体が幻想的な空間に包まれます。

3:披露宴会場

結婚式場「百花籠」の特徴、3つ目は披露宴会場です。結婚式場「百花籠」の披露宴会場は、収容人数が130人まで可能です。

披露宴会場も、明治時代を感じさせる造りになっており、和と洋が織りなす美しい空間で披露宴を行うことができます。

結婚式場「百花籠」の披露宴会場はアンティークや和風の照明などの、さまざまなインテリアで上品に披露宴を盛り上げてくれます。

4:付帯施設

結婚式場「百花籠」の特徴、4つ目は付属施設です。結婚式場「百花籠」の付属施設は、広々としたゲストルームやブライズルームの他に、予約制の美容院や人力車もあります。

ブライズルームやゲストルームは広くゆったりとした空間です。予約制の美容院は、当日結婚式場「百花籠」についてからのお着替えやヘアセットをする際にとても便利です。もちろん、ロッカールームや着付け室の準備もあります。

5:料理

結婚式場「百花籠」の特徴、5つ目は料理です。結婚式でのお料理は、ゲストのおもてなしには欠かせません。結婚式場「百花籠」のお料理は、数々のレストランで料理長を経験された水野幸成シェフが、素晴らしいフレンチに腕を振るいます。

男女問わず楽しめる目にも美味しいフレンチは、結婚式場「百花籠」での挙式の思い出の1つとして忘れられないものになります。

6:ドレス

結婚式場「百花籠」の特徴、6つ目はドレスです。結婚式場「百花籠」のウエディングドレスは、150着以上ある多彩なドレスから選ぶことができます。

結婚式場「百花籠」のウエディングドレスは純白の上品なデザインのものが多く、他にもカラードレスやブランドドレス、和装から選ぶことができます。

タキシードの種類も多く、新婦の装いに合わせて選ぶことができます。

Pages: 1 2 3

関連記事
Related Articles