新婚の生活費の内訳・目安・シミュレーション|共働き/管理 | uranaru [ウラナル]

閉じる

新婚の生活費の内訳・目安・シミュレーション|共働き/管理

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

新婚の生活費の内訳は?

結婚すれば新婚生活を楽しみにしている人は多く、甘い生活が始まると憧れを持っている人は多いです。新婚生活ではこれまでの生活とは一転して、新しい生活が始まりますし、楽しいことも多いですが、生活をするためにはお金が必要であることを忘れてはいけません。

新婚生活を送るためには生活費が必要になりますし、二人で生活をしていく以上、お互いを思いやりながらお金の使い方なども考える必要があります。

生活費をきちんと理解しておかなければ、生活を送ることが自体が難しくなってしまう場合もありますし、新婚生活が破綻してしまう可能性さえあります。新婚生活ではどれだけのお金が必要なのかを知り、生活費の内訳を正しく理解しておきましょう。

家賃

新婚生活の生活費としては、家賃が必要であり、家賃が生活費の大部分を占めることも少なくありません。

一人暮らしの部屋に二人で住むのは手狭に感じる場合も多いですし、契約によっては二人で暮らすことはできない場合もあります。新婚生活をスタートさせるとなれば、新たに家を借りる、あるいは買う場合も多く、家賃はこれまでよりも高くなると考えておかなければなりません。

二人で暮らすとなれば、それなりの広さも必要ですし、お互いの仕事の都合なども考えて、ある程度は立地の良い場所を選ぶ必要があります。また条件の良すぎる物件を選ぶと家賃が高くなり、生活費も上がってしまいますので、バランスを考えて決めることが大切です。

食費

新婚生活がどうかに関わらず、生活をするためにはご飯を食べなければなりませんし、食費は欠かすことはできません。

食費については一人暮らしのときよりも新婚生活の方が増えることは多いですが、二人になるからといって、必ずしも2倍になるとは限りません。食費は一人暮らしの方が割高になってしまうことが多く、二人で暮らした方が効率も良くなり、結果的に一人当たりの食費は安くなる場合も多いです。

二人であれば、食べられる量も増えますし、お徳用のパックなどを購入しても捨てずに使いきれる場合が多いです。もちろんお互いに努力は必要ですし、食費を抑えようと考えれば自炊は必須になりますが、工夫次第で安く抑えられることは覚えておきましょう。

水道光熱費

家賃と同じで生活をするためには、水や電気、ガスなどは絶対に必要ですので、水道光熱費も考えておかなければなりません。新婚生活でもお互いのライフスタイルによって生活費は変わってきますが、基本的には一人のときよりも水道光熱費は高くなると考えておく必要があります。単純に二人分で2倍とはなりませんが、少なからず上昇することは覚えておきましょう。

新婚生活であっても、お互いに仕事が忙しく、ほとんど家にいないという場合は、水道光熱費もそれほどかからない場合も多いです。また部屋の立地などによっては、昼間は日が入る、風とおしが良いなど、エアコンなどが不要な場合もありますし、部屋の条件次第でも生活費は抑えることができます。

交際費

新婚生活の生活費の内訳としては交際費は忘れられがちですが、これも大切な費用です。新婚生活での交際費は二人でどこかに出かけたりするためのお金でもありますが、それだけではなく、それぞれの付き合いでも必要な費用です。お互いに仕事をしているのであれば、仕事上の付き合いなどもありますし、飲みに出かけるなどの機会も少なからずあります。

また仕事の関係だけではなく、プライベートな付き合いもありますし、友人関係にお金が必要な場合も多いです。新婚生活だからといって、常に二人きりいるわけではありませんし、お互いに自由な時間を持つことも大切です。生活費を考える上では、交際費についても必ず考えておくようにしましょう。

新婚の生活費の目安は?

新婚の生活費の内訳を知れば、実際にどれくらいの金額がかかるのか、その目安を知っておく必要があります。新婚の生活費はお互いのライフスタイルによっても違っていますし、それぞれで必要な金額は違っています。もちろん生活費はあくまで目安ですので、お互いの努力次第で生活費の金額を上げることも下げることもできます。

生活費を抑えれば貯金に回せますし、自由なお金も増えますがその分生活の水準が下がってしまうことも多いです。反対に生活費をふんだんに使えば貯金は少ないですが、生活の水準を高めることはできます。どちらの生活を選ぶのかは自由ですので、生活費の目安を知った上で、理想とする新婚生活はどんなものなのかを考えていきましょう。

共働き

新婚生活では生活費がかかることも多いですが、共働きの場合はそれほど高い金額を要しません。お互いに仕事で忙しくしていれば家に居る時間は少ないですし、水道光熱費などはy安く抑えることができます。

もちろん仕事の都合上立地の良い場所を選んだり、仕事の付き合いなどで交際費が多くかかる場合もありますが、それらも節約しようと考えれば減らすことはできます。

夫婦共働きの場合は10~15万円前後で生活費を考えておけばいいでしょう。共働きであれば貯金もしやすいですし、生活費を高めることも可能です。少なくとも生活費に困るということはなく、お互いのすれ違いさえなければ新婚生活は問題なく進めることができます。

二人暮らし

単純に二人で暮らし、新婚生活をスタートさせるのであれば、家にこだわらなければ生活費を抑えることは可能です。狭い家でも立地の悪い場所でもいいのであれば、10万円前後で生活を始めることはできますし、場合によっては月々の生活費が10万円を切る可能性もあります。

お互いにどのようなライフスタイルを送っているかによっても必要な金額は異なりますが、それほど多くの金額は必要としません。

新婚の生活費のシミュレーションは?

新婚生活をスタートさせるためには、さまざまなお金が必要になりますし、事前にしっかりとシミュレーションをしておくことが大切です。何のシミュレーションもなしにいざ新婚生活を始めてみれば、思いの外生活費がかかり困ってしまうこともありますし、そこから生活を見直そうと考えても無理な場合も多いです。

新婚生活を始めてしまえば急な方向転換は難しいですし、始める前にしっかりとシミュレーションをしておくことが大切です。新婚の生活費のシミュレーションとしては、どのようなものを考えればいいのでしょうか。

初期費用など

新婚の生活費のシミュレーションでは、月々にかかる生活費を考えておくことが大切ですが、それだけではなく初期費用についても考えておかなければなりません。月々の生活費さえあれば、すぐに新婚生活が始められるとは限らず、新しく家を借りたり、家財道具などを揃えることを考えれば、多額の初期費用が必要になります。

家賃に関しても最初は1ヶ月分、あるいは2ヶ月分程度払わなければなりませんし、敷金や礼金などがある場合もあります。また家具や家電も揃える必要がありますし、引っ越し業者を利用するのであれば、その金額も必要です。新婚生活を始めるには、生活費以上に初期費用が多くかかりますので、まずはどれくらいの費用が必要なのかを計算しておきましょう。

Pages: 1 2 3

関連記事
Related Articles