年の差婚で後悔してしまう理由・離婚率|老後/子供/妊娠/年金 | uranaru [ウラナル]

閉じる

年の差婚で後悔してしまう理由・離婚率|老後/子供/妊娠/年金

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

目次

年の差婚で後悔してしまう理由

年の差婚ってしてみたいでしょうか?と言う問いに、「してみたい」と思う人や「したくない」、「わからない」など、様々な考えが出てくることでしょう。

統計はないですが、ここで「わからない」という答えはあながち少数意見ではないのかもしれません。なぜなら、結婚はお互いが惹かれあってするものであり、まず年齢ありきというものではないからです。もちろんそうでない場合もありますが、これから年の差婚についての現実や将来のこと、お金のこと、子供のことなど、その全体像をご紹介します。

年の差婚の老後は大変?

年を重ねてくると、誰しも老後の心配をするようになります。「老後の蓄え」という言葉もどこかで耳にしたことがあるでしょう。年の差婚においてもそうでなくても、老後の生活にお金の話は重要です。老後の資金と生活について、年の差婚では同世代婚と少し事情が変わってきます。

年の差婚の場合、老後はどうなるの?

夫が妻より一周り年齢が高い年の差婚を想定すると、一般的に、男性より女性の方が長生きです。男性の平均寿命は80歳であるのに対し、女性の平均寿命は86歳です。つまり、夫が80歳で先だったとすれば、一周り年齢が違う妻は68歳です。それから約20年、子供と同居ができれば、寂しさは紛れるかもしれませんが一人残されるということに関しては寂しい思いをしてしまうかもしれません。

このように年の差婚では、妻は夫と二人で過ごす時間が、同年代夫婦より少なく、一人残されてしまうことが多くあります。年の差婚で後悔してしまう理由の一つに挙げられます。

年の差婚の老後の蓄え

次に、年の差婚での老後の生活についてですが、現実的にどうしてもお金のことが問題になります。年の差婚の家庭でも、同年代夫婦の家庭でも老後の蓄えが必要であることは同じです。経済的になんの心配もない、お金は有り余っているという夫婦なら話は別ですが、一般的な家庭では計画的に資金を貯めておくことが、老後の生活に必要です。

老後の蓄えはいくら必要?

老後の生活費では諸説ありますが、最低1500万円という話もあります。これは、住居が確保してあり、貯金もそこそこしている、年金ももらえるといったように、老後に突入するまでにある程度準備ができていれば、最低1500万円ということです。

一般的には最低3000万円と言われていますが、老後ともなれば、出費も自然に減ってくるので、できるだけ貯金は多い方がいいと考えて貯蓄しましょう。

もし、子供がいる場合で夫の定年前までに子供が大学を卒業していないと、教育費も貯蓄しておくべきです。金額でいうと4年生大学の入学金と授業料でおそ500万円かかります。2人いれば1000万円です。子供にはできるだけのことをしてあげたいのが親心です。真面目に働いて教育資金を貯めておきましょう。

老後の蓄えはどうやって作る?

年の差婚の場合、同年代夫婦に比べると、夫の年齢が高い分収入が多くなります。しかし、定年までの年数も短くなるので、他夫婦に比べると早くに、収入がなくなってしまうということです。早くに収入がなくなってしまうのは、妻にとっても大問題です。早くに収入が無くなった時、年の差婚であることに後悔してしまうかもしれません。

この問題に対しては、妻は結婚しても夫が定年になっても働くということです。収入がなくなった時に焦っても急にお金は入ってきません。パートやアルバイトでしたら、高額な収入は期待できません。なので、妻はできるだけ自分の仕事を持ち、収入面で安心できるのが、いいでしょう。

このように、年の差婚でも同年代婚でも老後の蓄えが必要であることは同じですが、年の差婚では、収入の面で同年代夫婦とは少し違ってくるので、後悔しないためにも、計画的な経済計画を立てましょう。

年の差婚は生命保険で得する

最後に、もう一つ生命保険についてですが、年の差婚では夫が先立ってから妻の過ごす時間がどうしても長いので、終身タイプの生命保険に入っておくことです。終身タイプの生命保険というのは、満期日まで保険料を払えば、後は一生涯保障してくれるという生命保険です。

ズバリ、年の差婚の夫婦にとってお得です。かけた保険料より、もらうお金のほうが高くなる可能性がありますので、年の差婚の夫婦は必ずこのタイプの生命保険をかけましょう。

結果的に、年の差婚で後悔しないようにするためには、ひとつは金銭的に余裕があると勘違いせず、計画的にお金を使うこと、ひとつは大きく分けて子供の教育費と老後の資金は夫の定年までに貯めておくこと、そして最後は、妻は結婚しても夫が定年しても働き続け、収入を得ることがコツです。

年の差婚だけど子供は作る?作らない?

結婚をすれば、子供を作ろうと思うのが自然な流れでしょう。だけど、年の差婚の場合、子供のためを思うと、少し考えてしまうかもしれませんね。例えば、夫の年齢が高いと、子育ての協力や子供の教育資金や見た目などの不安要素がありますから。これから、年の差婚の場合、子供をも持つとどういった不安があるか、またその解消法についてお話しますね。

年の差婚の場合子供は作ったほうがいい?作らないほうがいい?

年の差婚でも子供が欲しくて作る、というのは自然なことです。結論から言いますと、作ったほうがいいとか作らないほうがいいというものではありません。しかし、年の差婚だとあとになって不平不満がでてきたり、後悔する場面があるでしょうから、そのあたりについてお話していきます。

年の差婚で子供をもつときに悩む理由

特に、男性が年上の場合の年の差婚において、子供を持とうかどうしようか悩む理由として

①子供が成人する頃には、旦那は60歳を超えてしまう、といった年齢の問題
②経済的な理由で、子供を多く持てない、という収入の問題
③もし子供がいなかったら、将来一人になったときに寂しい、という孤独問題

主にこのような問題が浮上してくるようです。

年の差婚の子供がいる!実際の声をまとめてみました

実際の口コミの中では、「結婚したときは良かったが、子供ができて、年の差婚をしたことに後悔している。子育てはしてくれないし、すでに夫はジジイで、男性としてみれない。他の同年代の男性が素敵にみえる。親戚や親にもバカにされる」といったい意見が見られることもしばしばあります。

こういう事態に陥うる事もあるので、注意しなければなりません。これは子供にとって良くない、というよりは妻の一方的は不満ですが、先のことを想定できずに結婚して、子供を作って初めて後悔した例です。結婚したときは先の事までは考えない人も多くいます。

しかし、結婚は現実だという言葉もあるように、結婚はとても現実的です。結婚したあとも、生活や人生がつづくのは皆同じです。あまりにも結婚に夢見がちな乙女でいては、将来間違った道を歩むことになるかもしれません。そうならないためにも、世間一般の意見を自分の都合よく捉えたり、人もしているから大丈夫などといった考えは禁物です。

子供のことについても、「子供は3人くらい欲しかったけど、夫の年齢を考えると結局一人で終わりかもしれない。でも、貧乏な環境で育てたくないから、一人でいい」という意見を耳にすることも少なくありません。

子供を持とうと思えば、自分たちの気持ちだけでなく、 生まれた子供を育てる養育費を出すことができなければ、難しいかもしれません。生まれてくる子供たちのためを考えることは大事です。

他にも「夫は親が40歳頃の子供で、経済的にも余裕はなかったが、親の愛情があったから、やさしい男性に育っている。結局は親の愛情が大事。」という意見もあります。親に子供に対する愛情がない場合、子供はなんといってもかわいそうです。子供に愛情をもって育てる気持ちがあることが一番重要なのかもしれません。

年の差婚の子供作りはあらかじめ覚悟を!

Pages: 1 2 3 4 5

関連記事
Related Articles