別れの言葉をメールで言うのはあり?彼氏・彼女に言われた別れの言葉 | uranaru [ウラナル]

閉じる

別れの言葉をメールで言うのはあり?彼氏・彼女に言われた別れの言葉

別れた後、それぞれお互いの道を歩んでいく人たちもいれば、もう一度お互いが気持ちを改めてやり直す、つまり復縁をするという人たちもいます。では、復縁を思わせるような別れの言葉とはどのようなものなのでしょうか。

「お互い成長して、夢を叶えて、また会おう」
—-互いに成長できない関係であるのなら、一度離れたほうが正解というパターンもあります。互いのことを想い合いながら、各々で夢を実現させ、成長した姿でまた会おう、という前向きな別れの言葉だといえます。

気持ちの整理を

「一度距離を置いて、もう一度お互いの気持ちを見つめ直そう」
—-なにかのきっかけでお互いが感情的になり、自分たちの気持ちがよくわからなくなる時もあります。その際に、別れという距離をおく選択をし、もう一度お互いの気持ちを見つめ直そうという別れの言葉です。お互いの気持ちを見つめ直した後の復縁の機会は大いにあります。

付き合っていると、どうしてもうまくいかないこと、気持ちのすれ違いが生じることはあります。そんな時に一旦冷静になって別れを選択することも大切な手段です。そこでもう一度やり直せるのであればやり直せばいいし、一度離れてみてもう無理だと思うのであれば、それはそれで仕方がないことです。大切に別れの言葉を選んで一度離れてみて、お互いがお互いの事を客観視してみましょう。

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

別れの言葉をメールで言うのはアリ?

今までたくさんの別れの言葉を見てきましたが、では、それらはどのようにして伝えればいいのでしょうか?メールで別れを告げるのはありなのでしょうか? ここでは直接会って伝える方法とメールで伝える方法のメリットデメリットを交えて説明します。

直接会って別れを告げるメリット・デメリット

<メリット>・相手の表情が見れる・自分の気持ちが相手に伝わりやすい・別れたあとの「最後にもう一度会っておけばよかった」というような後悔が少ない

<デメリット>・相手の表情が見れる故、情が出てくる・感情的になってしまう・気持ちを正確に伝えきれない可能性がある

⇒やはり、直接会ってお互いの顔を見ながら話し合うほうが気持ちは伝わりやすいし、文章ではなく自分の言葉で話しているため、誤解は招きにくいです。相手の表情もしっかりと確認できます。しかし、それが故に感情的になったり、相手への情が湧き出ることによって自分の気持ちや言葉をうまく伝えきれなかったりする可能性もあります。

メールで別れを告げるメリット・デメリット

<メリット>・感情的にならず、落ち着いて伝えられる・文章にするため正確に気持ちを伝えることができる・情があまり湧いてこない

<デメリット>・最後に会っていない後悔が出てくる可能性がある・表情が見えないため誤解を招いてしまう・相手が自分に対しての未練を持ちやすい

⇒メールでは、文章で表現するため、落ち着いて客観的に考えながら自分の気持ちを細かく伝えることができます。お互いに感情的にならず、情に左右されるということも少ないでしょう。しかし、メールでの会話を最後にもう会わないという形になってしまうと、あの時最後に会っていればよかったと後悔したり、相手が納得できず自分に対しての未練が残ってしまう可能性もあります。また、表情が見えないため、誤解を招いてしまうこともあります。

それぞれ、メリットデメリットはありますが、相手への思いやりを忘れなければ、メールを活用して別れの言葉を告げる方法も大いにありでしょう。また、「メールだけでは後悔が残りそうだ」「相手のためを思うとメールだけではどうかな」という場合は、まずはメールで自分の気持ちを伝え、その後もう一度きちんと会って話し合うという方法も取ることができるのではないでしょうか。

別れの言葉に関する恋愛の名言

世界中には様々な偉人が残した名言がたくさんありますが、今回は別れの言葉に関する恋愛の名言をピックアップしてお伝えします。

Blockquote firstBlockquote second

愛がなくなったのに、一緒にいることほど惨めなことはありません。

ココ・シャネル(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971)

シャネルの創業者、ココ・シャネルさんの言葉です。「もう君に恋愛感情がもてない」「もう好きじゃなくなった」という別れの言葉がありましたが、どちらか一方に愛があっても、もう片方に愛がなければ、一緒にいるだけで惨めな気持ちになります。もしそのような別れの言葉を告げられてしまったり、実際に相手に対しての恋愛感情がなくなってしまったら、自分や相手が惨めになる前に、別れという選択肢を選ぶ必要があるのかもしれません。

Blockquote firstBlockquote second

別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。

花は毎年必ず咲きます。

– 川端康成

有名な日本の小説家、川端康成さんの言葉です。別れる時に花の名を教えておくと毎年その花が咲くたびに自分のことを思い出す、ということでしょう。「桜」や「ひまわり」などふたりの思い出の中で馴染み深い花は少なからずあると思います。別れの言葉の中にさりげなく花の名前を入れ込んで話をするのもありです。

Blockquote firstBlockquote second

男は別れの言い方が分からない。女はそれを言うべき時が分からない。

ヘレン・ローランド(米国の女性ジャーナリスト、ユーモア作家 / 1875~1950)

アメリカの女性ジャーナリストのヘレン・ローランドさんの言葉です。男性と女性で別れるときにまで違いが出てくるようです。男性は別れの言葉がわからない、そして女性は別れの言葉はわかってもそれを言うべき時がわからない、ということは結局別れの言葉を相手に告げるということはお互いに相当の労力を使うということです。

最後まで思いやりをもち続けよう

いかがでしたか?今回は、別れの言葉に着目してみましたが、結局は相手のことをいかに最後まで思いやれるかどうかが大切なのではないでしょうか。別れの言葉というものは告げる方も告げられる方もどちらも辛いものです。しかし、一度は好きになった者同士、お互いが最後まで相手のことを思いやっていれば、互いの傷も最小限で済みます。人と人との別れは終わりではなく、次の第一歩の始まりなのです。相手のためにも、自分のためにも、思いやりを忘れず、後悔しない別れ方、別れの言葉を選んで、お互いすっきりした気持ちで次の恋に進んでいきましょう。

Pages: 1 2

関連記事
Related Articles