怒る夢が持つ心理的な意味とは?相手やシチュエーションなどパターン別に解説 | uranaru [ウラナル]

閉じる

怒る夢が持つ心理的な意味とは?相手やシチュエーションなどパターン別に解説

「怒る夢っておそろしい夢なの?」
「夢の中で怒っている人に対して何か悪いことをしたのかしら?」
「怒るようなことがないのにどうして夢の中で怒っているのだろう?」
このように、怒る夢を見て不安に感じている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、怒る夢の基本的な暗示と夢の心理的な意味をシチュエーション、怒っている人物、怒っている対象に分けて解説するとともに、怒る夢をできる限り見ないための対処法も取り上げています。

記事を読んで怒る夢の意味を理解しておくと、自分がどうすればよいのかが分かり職場の人や身近な人との関係改善などにも役立つでしょう。

怒る夢を見て気になっている人は、夢があなたに告げようとしている本当の意味にたどり着けるよう記事を利用してみてください。

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

怒る夢が暗示するものとは

夢占いにおける怒る夢の基本的な意味は、押さえつけられていたパワーの爆発や、心につっかえていた思いの解消です。

マイナスな感情ですので決して穏やかな夢とは言えませんが、必ずしも悪夢であるとは限りません。真のメッセージを受け取るには、夢の状況や怒る対象が重要です。

怒るという行為は案外エネルギーを必要とします。夢では現実で表に出せなかったエネルギーが怒りの感情としてこみ上げてくるのです。怒る夢は気づいていないエネルギーの存在に目を向けるきっかけにもなるでしょう。

【シチュエーション別】怒る夢が持つ心理的な意味

怒る夢はどのような状況で怒っているかによって、だいぶ意味合いが変わってきます。怒りのぶつけ方など怒っている最中の感情や態度、怒った後の気持ちを詳しく思い出してみましょう。

ここでは怒る夢が持つ心理的な意味をシチュエーション別に紹介していきます。

1:怒りながら説教している夢の意味

怒りながら話すように説教している夢には、マイナス部分を改めたいという気持ちが表れています。自分の弱い部分や考え方を変えなければいけないと心の奥で思っているのです。見つめ直す部分を具体的に知りたいときは、説教の内容を思い出してみましょう。

説教する夢をきっかけにして成長するとよい運気が巡ってきて、チャンスを引き寄せる力が強くなることから、結果的に吉夢となります。以前のままでは失敗していたことも、やり遂げられる可能性が高まっているため、自信を持ち思慮深く行動しましょう。

2:怒って疲れてしまう夢の意味

怒って疲れてしまう夢を見たときは、ストレスを上手にコントロールできておらず、気力や体力が失われつつあります。

怒った後に疲れるだけですっきり感を得られない場合、怒る対象になっている人物との関係がストレスの原因になっている可能性があるでしょう。吐き出せない気持ちを夢で怒りに変えていますが、ストレス解消には至っていません。

今のまま頑張り続けていたのでは、体調が崩れてしまいます。悩みを解決できるよい方法が思い浮かばないならば、信頼できる人に助けを求めてアドバイスしてもらいましょう。

3:怒ってパニックになっている夢の意味

怒ってパニックになっている夢は、悩みが膨れ上がり自分の手に負えない状態になっていることの暗示です。苦しい状況から逃げ出して楽になりたいと願う気持ちも含まれています。

夢で怒りをぶつけた人物と非力な自分の両方に苛立つもなす術がなく、不安や孤独を感じ精神的に追い込まれているギリギリの状態です。

芯の強い人は自分で何とかできると思ってしまいますが、既に心身ともにかなりダメージを受けています。直接問題に向き合おうとばかりせず、安心して話せる人に相談し、解決策を見つけてみましょう。

4:泣きながら怒っている夢の意味

泣きながら怒っている夢は、理不尽な目にあわされた相手に対する怒りや、その状況を覆せないでいること、相手を信じてしまった自分の不甲斐なさを嘆く気持ちを示しています。相手にないがしろにされるような出来事に耐え、ストレスが大きくなっているのでしょう。

けれども、現状を打破し気持ちを楽にしたいと願う気持ちも夢に表れています。夢で涙を流し泣く姿は洗い流す意味を持っているため、ストレスの種が消え心に余裕の出てくる日がやってくるでしょう。

5:怒ってすっきりした夢の意味

怒ってすっきりした夢は、内に秘めていた感情が解き放たれて気持ちが楽になり、抱えていた不安やストレスが消え去ることの暗示です。現時点で悩みが解決すると思えないほど状況が悪くても、よい兆しが見えていると夢は告げています。

心がほぐれてくると考え方が前向きになり、自分自身の力で悪い流れを修正できるようになっていきます。壁が立ちはだかっても乗り越えられるパワーを持っているため、気後れせずに前進しましょう。

もしも怒ってすっきりしなかった場合は、夢で浄化されずストレスが残っています。そのままにせず、状況を変える手立てを考えましょう。

6:怒って暴れている夢の意味

怒って暴れている夢は平常心を保とうと我慢を重ね、溜まりに溜まったマイナスの感情が今にも吹き出しそうになっていることを知らせています。

耐え続けるとセーブが利かなくなり、普段では考えられないような行動をして、築き上げてきた信用や周囲との関係を壊してしまい、立場が悪くなるおそれがあるでしょう。

これまでの努力を水の泡にしないためには、心のケアが大切です。何が自分の負担になっているのかじっくり理由を考えて、ストレスの回避方法を探してみましょう。

7:冷静に怒っている夢の意味

冷静に怒っている夢は他人との関係が良好になる兆しです。現実に怒るとき、ヒステリックに怒鳴ると相手には怖い印象ばかり強く残りますが、言葉を選び冷静に怒ると落ち着いて話の内容を受け止められます。

声を荒げず諭すよう静かに怒っている夢には、相手に対する思いやりや真剣さも表れているのです。現在気持ちのすれ違いから関係がしっくりいっていない場合も、怒られている人物へ真っすぐな気持ちが伝わり好転していくでしょう。

8:怒って誰かを殴っている夢の意味

怒って誰かを殴っている夢は、鬱積した怒りが抑えきれずキレる寸前になっていることを意味しています。放置しておくと自分の気持ちをコントロールできず、不満を感じている相手と険悪な関係になってしまうでしょう。

怒って殴るときに鬱憤をはらせるほど力が入らなかった場合には、ストレスで心も体も疲れています。

こじれた関係を何もせずに修復するのは困難です。これ以上ストレスを溜めないためにも、お互い理解し合える機会を持つよう努力してみましょう。

Pages: 1 2 3

関連記事
Related Articles