夢で泣いて目が覚めたら本当に泣いていた?パターン別の泣いてる夢についても解説 | uranaru [ウラナル]

閉じる

夢で泣いて目が覚めたら本当に泣いていた?パターン別の泣いてる夢についても解説

恋愛相談ならLINE占いがおすすめ!
このようなことを漠然とひとりで想ったりしていませんか?

「彼は私のことをどう思っているの?」 「私の運命の人はどこで出会うのかな...?」

「LINE占い」なら、高い的中率を誇る実力派占い師が業界最安値級であなたの恋愛の悩みを解決してもらえます。

▶︎LINEを開く

初回限定で10分間無料(チャット・電話のみ)の恋愛相談を受けられます。 占い師にアドバイスをもらって自分の未来を明るくしませんか?

\\今すぐLINE占いで相談する//

パターン別の泣く夢を解説

泣く夢と一言でいっても、泣くシチュエーションや泣き方に違いが生じるため、その内容は同一ではありません。

泣くまでの過程や泣いている理由などによっても、夢で暗示されている内容が異なります。また自分の身に将来的に起こる内容だけでなく、自分の心理状態を暗示しているパターンや、そもそも吉夢でないということもあり得ます。

号泣する夢

号泣する夢は、ストレスや悩みを抱えていることを意味しており、運気の上昇や開放などポジティブな意味合いもあります。

激しく夢で泣くというのは、それほどまでに大きな苦しみや心理的なプレッシャーを抱えて追い込まれているという事態によって起こる現象です。

ただ同時に、その苦しみやプレッシャーから近いうちに解放されるということでもあるため、深く悩まずに気楽に過ごしていくのが良いでしょう。

また自分が号泣する夢は吉夢で、友達が号泣している場合は、その友達との間に何らかのトラブルが生じていることを暗示しています。

悲しくてシクシク泣いている夢

悲しくてシクシク泣いている場合は、夢だけでなく本当にネガティブな感情に支配されていることを暗示しています。現実で何か辛いことがあり、その問題の解決策や解決への糸口が見えない時にこのような夢を見ることが多いです。

夢で泣いていても目が覚めた後にスッキリした気持ちになったり、本当に悲しい訳ではないのに夢で泣いていたりする場合は吉夢になりますが、夢で泣いていた後も悲しい気持ちになる場合は気持ちが消極的になっていることの証左になります。

嬉し泣きの夢

嬉し泣きはポジティブな感情から湧き出てくる行動ですが、この夢を見た後は本当にポジティブな気分になれる可能性が高いでしょう。嬉し泣きは運気が急上昇することを暗示する吉夢で、特に恋愛運が急上昇する可能性が高いといえます。

今まで悩んでいた問題や悩みがスッキリと解決されることやポジティブな方向に考え方が変化することも暗示されており、全体的に見て非常にポジティブな意味合いの夢になります。

嬉し泣きをしている人物が変わったとしても、幸運な出来事が本当に訪れる、という暗示の内容には変わりありません。

怒りながら泣く夢

怒るという行為そのものはネガティブな感情に起因し、それが怒りながら泣くのでしたらなおさらですが、このように夢で泣いている場合は吉夢です。

この夢は不安から解放されて、ストレスがなくなることの暗示であり、涙が様々な悪いものを流し去ってくれるということを意味しています。

夢で怒っているだけで泣いていない場合は、逆にストレスや不満が解消されていないことの証左であり、いき詰っていることを意味しています。

叱られて泣く夢

叱られて泣くというのは本当に起こった場合は良い気持ちがしない人が多いでしょうが、夢で起こった場合は吉夢です。

叱られて泣くという夢は、困難があったとしても様々な人の助けや協力によって、その困難を乗り越えることができる、ということを暗示しています。

もし叱られて夢で泣いていたとしてもネガティブな気分にならずに、難易度の高い事柄でもポジティブな気分でチャレンジしていくことで、さらに自分を成長させることができます。

怖くて泣く夢

怖くて泣く夢は、怖いというネガティブな感情とは裏腹に、不安が消えることを暗示している吉夢です。

怖くて夢で泣いている場合は、泣いてスッキリするように現実世界でも不安がいつの間にか消滅し、気楽に過ごせるようになるでしょう。

怖くて泣く夢を見た後には、現実世界でも怖くてそりが合わなかった上司が本当に突然異動になるなど、人間関係の悩みが急になくなる、などの事象が起こる可能性があります。

大声で泣き叫ぶ夢

泣く夢は基本的に激しく泣けば泣くほど、良い暗示である場合が多いため、大声で泣き叫ぶ夢は吉夢である場合が多いです。

大声で泣き叫ぶ夢は、長年自分を悩ませていた問題や悩みから解放され、状況が良い方向に大きく好転することの暗示になります。この夢を見た後は本当にすがすがしい気分になり、気楽に過ごせるようになるため、なるべくポジティブな気分でいると良いです。

現時点で多大なストレスがあったとしても、近いうちにそのストレスが解消される可能性が高くなります。

声を上げて泣けない夢

先述のように、泣く夢は基本的に泣き方が激しければ激しいほど吉夢になる可能性がありますが、声を上げて泣けない夢は良い意味ではありません。

声を上げて泣けない夢を見た場合、強いストレスを感じて苦しい状況に陥っていることを暗示されています。

従って、ストレスにより心身の調子を崩してしまう可能性が高いため、体調や心の健康に注意を払わなければなりません。場合によっては仕事を休んだり、病院にいったりといった対応策を取った方が良いこともあります。

自分を見て泣く夢

自分の姿を見て泣くという状況はネガティブな感情を想起させますが、困難や悩みを乗り越えられる、という良い暗示を意味しています。

自分の姿を見て泣くという夢は、自分自身に対して強いコンプレックスや負い目を感じていると同時に、いずれ自分自身でそのコンプレックスや負い目を乗り越えられることも意味しています。

自分の姿を見て夢で泣いていたとしても、コンプレックスや負い目の内容は外見だけとは限らず、自分の能力や性格である可能性も少なくありません。

泣いている時に励まされた夢

泣いている時に誰かから励まされた場合、とても嬉しい気分になり元気が出ますが、そのような感情と同期するように泣いている時に誰かから励まされた夢は吉夢になります。

暗示の具体的な内容としては、辛いことがあっても周囲からの手助けが得られるというものです。人間関係や仕事で辛いことが多かったとしても、思わぬ助っ人や助け舟が現れて状況が一気に好転する可能性が高いでしょう。

誰かの前で泣いている夢

誰かの前で泣いている夢は、その人に本当の自分の姿を見せられなかったり、上手くコミュニケーションが取れなかったりして、苦しんでいることを暗示している夢です。

泣いている姿を見せている人と一度腹を割って一対一で話したり、周囲の人にどうすれば良いかを相談したりすることで、事態を好転させられる可能性があります。

もし目が覚めても泣いていた場合は、泣いている姿を見せている人のコミュニケーションで多大なストレスを感じている可能性が高いです。

Pages: 1 2 3

関連記事
Related Articles