六星占術の火星人マイナスの人の特徴|年別の火星人マイナスの人の運勢 | uranaru [ウラナル]

閉じる

六星占術の火星人マイナスの人の特徴|年別の火星人マイナスの人の運勢

六星占術とは、中国古来からの易字や算命字、万物字などを元に行われたとされる占いのことです。その人が生まれ持った運命は生年月日によって計算され、運命数と星数によって6つの運命星に分けて占います。

運命星は土星・金星・火星・天王星・木星・水星とあり、それぞれ土星人・金星人・火星人・天王星人・木星人・水星人と呼ばれます。また、干支によってマイナスとプラスがあり、生まれ年の干支によっては特別な条件がそろった時に霊合星人になることもあります。

運命星の計算方法については、以下の「六星占術自動計算」から計算することができます。

六星占術の火星人マイナスの人の性格と特徴

計画的

火星人マイナスの人は、地に足が着いた性格をしており、計画通りにものごとを進めることを好みます。そのため、予定は早めに立てておかないと安心できません。急なお誘いもNGとなりますので、余裕を持って予定を組むと良いでしょう。たまに無茶をしてしまうと運気を下げてしまうことがありますので、注意しましょう。

基本的には人当たりの良い火星人マイナスですが、立てた予定を平気で崩されるとものすごく腹を立てます。もし予定変更が生じるのなら、わかった時点で連絡してあげると良いでしょう。

コミュニケーション上手

火星人マイナスの人は、人当たりがよく、一見すると付き合いやすい人が多いでしょう。しかし、本心はあまり表に出さないため、表面上と内心は異なることもあります。それでもそれを表には出さないので他者とは比較的上手にコミュニケーションを取ることができます。感受性豊かな性格をしているので、人にふりまわされやすい節もあります。

人に合わせすぎて自分を押さえつけ、気づかないところでストレスを抱えてしまうなんてこともあります。ときには、自分の感情を出してみるのも良いかもしれません。

プライドが高い

火星人マイナスの人は警戒心が強く、プライドも高いため、運命星の中でも人に誤解されやすい星だと言われています。

人に心を開かないことで有名ですが、一度信用すると最後まで信用する性質も持っています。そのため、心を許した恋人や友人にはあからさまに心を開きます。プライドが高いのは警戒心が強いからと言うもので、相手を信用するとそのプライドも次第に静まっていきます。

ミステリアス

火星人マイナスの人は警戒心が強く、心を開きにくい性質を持っているため、周りの人からは何を考えているのか分からない、ミステリアスな人に見られがちです。

ミステリアスな人は、ちょっと可笑しな人と思われることも多いですが、表情が読まれにくいポーカーフェイスが逆に異性を惹き付ける魅力とも言えます。

とにかくモテる

火星人マイナスの人は、自分をさらけ出さない独特な雰囲気からモテる人が多いです。人見知りの人が多いですが、不思議と異性が集まってくるのも理由のひとつです。

容姿に関わらず、モテるので恋愛に困ることは少ないでしょう。ただ、恋愛が絶えないので、“軽い人”と思われてしまうことがあるので、誤解を招かないように注意してください。

なにかにハマりやすい

火星人マイナスの人は、何か一つのことにハマると集中してやり続けてしまうことがあります。例えば面白いと思ったゲームがあれば、一日中プレイし続けることができます。気が付いたら朝になっていたということも少なくありません。

ただ、他の人と比べてもハマりやすい傾向にありますので、『オタク気質』と思われることも多いです。

センスに優れている

火星人マイナスの人は直観力に優れているため、デザイナーや芸術家などの芸術職になる人が多いです。映画監督や画家など、自分の感性がものを言う職種に就くとその才能を発揮し、上まで上り詰めることもできるでしょう。

また、人を惹きつける魅力的な部分も持っているので、水商売や芸能関係の仕事にも向いています。

結婚には向かない星

火星人マイナスは、コミュニケーション力があり、相手に合わせられるのですが、やや移り気な性格をしています。なので、恋人がいても他の人に誘われれば、ついていってしまうのです。

ただ、自分に好意を寄せてくれる人には誰であろうと心を開く傾向にあるので、痛い目を見ることも少なくありません。

また、火星人マイナスは才能もある星ですが、結婚すると子ども運があまりよくないのも特徴的で、子どもに恵まれたとしても子どもとの関係が上手くいかない可能性があります。

そのため、火星人マイナスの人は、結婚すること無く、独身で人生を謳歌する人が多いです。

フィーリングで行動する

火星人マイナスの人は、全く悪気はないのですが、その日の気分で発言したり行動したりしてしまう性質を持っています。よく言ってることと、やってることが全く違うと言われてしまうのはこの性質のせいなのです。

昨日と言っていることが違うと言われても、今はこの気分だからとフィーリングで行動や発言をしてしまうのは、頑固な人から見ると少し疑問に思う部分かもしれません。

1つのことにのめりこむ

Pages: 1 2 3 4

関連記事
Related Articles