薬剤師の仕事が辛い…辞めたい時はすぐに転職活動してはいけない3つの理由

辞めたい辛い薬剤師
※本ページはアフィリエイト広告が含まれています。   ※口コミ・評判に関しては調査会社への依頼や公式サイトから一部抜粋して掲載しています。

「仕事が辛すぎる」「辞めたい…。」そんな風に人間関係のトラブルや労働環境などが原因で、現職を辞めたいと感じていませんか?

現職に不満があるものの、転職には踏み切れず躊躇している方も多いです。

今回は、薬剤師にとって仕事が辛い・辞めたいと感じる7つの理由についてまとめています。

あわせて、辞めた後の流れから失業保険を受給する方法、転職活動の進め方まで徹底解説!

本ページを読めば、本当に辞めるべきなのか、今どのような行動をするべきかが明確になるはずです。

結論からいうと職場を変えても改善できない(体調が悪い)などの場合は無理せず転職せず休職、退職などの対応をした方が今後の予後を良好にします。

ただ、環境を変えることで改善するならできるだけ早く転職はするべきと考えます。

もし、あなたができるだけ早く転職を考えるなら薬剤師向けの転職サイト・エージェントなどを使い求人をバンバンま湧いてもらい転職活動をすすめていきましょう。

【当サイトでおすすめする転職サイト】 ※スライドできる表です
転職サイト 求人数 雇用形態 強み

マイナビ薬剤師

58,000 調剤、DSへの転職
  • 圧倒的求人数
  • 全国15の拠点でアフターフォローも◎
  • 評判も良い報告が多い
ファルマスタッフ 57,867 調剤、病院、派遣への転職
  • 正社員だけじゃなく派遣も案件も多い
  • もちろん求人数はトップクラス
  • 高収入も狙える求人多数
薬キャリAGENT 16,333 正社員、パート、派遣、全雇用形態の求人
  • 満足度95%
  • 登録者数No1※1
  • 常時60,000件以上の求人

※1 エムスリーキャリア調べ

上記は当サイトで評判の良かった薬剤師向けの転職サイト。他にもおすすめの薬剤師向けの転職サイトは数多くあるので気になる方は下記の記事もチェック。

あわせて読みたい
薬剤師の転職サイトおすすめを比較・ランキング付け!失敗しない転職先の選び方とは…? 薬剤師でも職場の悩みやライフスタイルの変化で転職を考え初めている。薬剤師の転職サイトを使うとしてもどのサイトを使えばいいかわからないという方も多いでしょう。 ...
目次

薬剤師は辛い!辞めたいと思う7つの理由

7つの理由

薬剤師が「辞めたい」「辛い」と感じるタイミングは、ある程度共通しており、下記の7つの原因があげられます。

  • 調剤過誤のプレッシャー
  • 同僚・部下|人間関係のトラブル
  • 上司|人間関係のトラブル
  • 給与が低い・昇給制度が曖昧
  • 残業や業務量が多く労働環境が悪い
  • 仕事内容のズレ・スキルアップができない環境
  • 経営方針の変化

上から順に解説します。

調剤過誤のプレッシャー

誰にでもミスはありますが、薬剤師は、人の命を預かる仕事ですので調剤過誤があってはなりません。

ミスは絶対に許されない」という職場の緊張感やプレッシャーがあるので、逃げたくなる薬剤師も。

下記のようなシーンに出くわした場合に、「辛すぎる」「辞めたい」という気持ちが高まるそうです。

  • 患者様に渡す薬を間違えた
  • 禁句の併用薬を見落としていた
  • 患者様を怒らせてしまった

致命的な調剤過誤であれば刑事的な処罰を受ける可能性もあるので、常に大きな不安と向き合いながら調剤業務をこなします。

ダブルチェックや調剤監査システムを導入している薬局なら万が一のミスが患者様へ影響を与えることがありません。

環境や設備の整った職場で働くことで、調剤過誤にまつわるストレスを減らせます。

同僚・部下|人間関係のトラブル

薬剤師として働くうえで、人間関係に悩む人は多くいます。とくに小規模な調剤薬局であれば、毎日同じ人と狭い空間で密に接するので、苦手な人が1人でもいればストレスになるでしょう。

人間関係のトラブルを解消するために苦手な人を避けるようにしても小さな世界ですので、逃げ切ることができません。

大きなストレスを感じているなら他店舗への配置転換を希望したり、転職したりする方が得策かと思います。

上司|人間関係のトラブル

下記のような上司に対して不満を抱く人も多いようです。

  • 理不尽なことを言われる
  • パワハラ・セクハラを受けている
  • 暴力的な言葉や発言をする
  • 方針のズレがある
  • 仕事をしない・できない

「共に働く仲間」としての認識が低く、ストレスを与えてくる上司も存在します。

ほかの悩みであれば、上司に相談して解決できる場合もあるかと思いますが、本人への不満は直接言いづらいものです。

会社に直訴しても改善されない場合は、転職を検討した方が良いかもしれません。

給与が低い・昇給制度が曖昧

業務や責任が増える一方で、給与が上がらない・年収が低いままだと退職を検討する薬剤師も多いです。

また、有給休暇制度や退職金制度がないため、将来に不安を感じて辞めてしまう人も。

昇給のチャンスがなかったり、昇給してもほとんど変わらない額だったりした場合は、『自社に貢献しよう』という意欲も薄れてしまうでしょう。

自分の努力で変えられない場合は、退職してほかの職場で意欲的に働いた方が良いかもしれません。

薬剤師は職場によって年収に大きな差がでます。もっとも高年収を目指せるのは、製薬会社勤めの薬剤師。年収アップを目指すならば検討してみてはいかがでしょうか?

残業や業務量が多く労働環境が悪い

残業や業務量が多く、労働環境が悪いことが原因で退職を検討する人もいます。

薬剤師の職場は、総じて人手不足の傾向にあります。そのため、残業時間が長くなったり、1人当たりの業務量が多くなり負担が大きくなるのです。

労働時間が長く、休日出勤がある場合には、疲労が蓄積して身体を壊してしまうかもしれません。

「薬剤師が1人しかいないから休めない」「自分が辞めると仕事がまわらないから辞められない」など休暇をとる・退職を検討する選択肢すらない職場も多いです。

労働環境や人員の確保について会社に相談しても改善の余地がないならば、ほかの職場を探してみた方が良いでしょう。

仕事内容のズレ・スキルアップができない環境

「自分がやりたい業務ではなかった」「将来を見据えて調剤業務も経験したい」といった理由で退職を検討する薬剤師もいます。

とくにドラッグストア勤務の薬剤師は、レジ打ちや販売業務がメインです。そのため、薬剤師としての仕事をしたいという気持ちが強ければ転職を検討した方が良いかもしれません。

スキルアップは前向きな理由ですので、積極的に行動に移して自分のキャリアを築きましょう。

経営方針の変化

経営方針が変わり働きにくくなったため、退職を決断する人もいます。

事業規模の縮小により、雇用が不安定になったため長期的に働ける安定感のある会社へ転職するケースも。

ドラッグストアの場合は、大手企業の経営統合によって運営方針が大きく変わることも珍しくありません。

これまでの働き方と一変して、残業が増えたり、業務内容が大きく変わったりと従業者の負担が大きくなることもあります。

できる限り経営方針の変更に対応してみて、どうしても納得できない場合は、ほかの職場を探した方が良いでしょう。

仕事が辛い!薬剤師が現職を辞めるべきタイミング

薬剤師がやめるべきタイミング

仕事が辛くてもせっかく入社できた会社を辞めることに躊躇している人も多いでしょう。

『2人に1人が転職する時代』と言われている現代では、それほど思い詰めることではありません。

下記の3つのなかで該当するものがあれば、現職を辞めて転職しましょう。

  • 体調を崩している
  • 職場に相談できる人がいない
  • 残業時間が月に40時間を超えている

上から順に解説します。

参考文献:総務省「労働力調査 転職者推移」

体調を崩している

ストレスで心身ともに不調な状態が続いているなら、すぐに辞めて休養をとりましょう。

心身の不調は、仕事が限界に達しているサインです。

たとえば、不眠や頭痛、慢性的な腹痛、動悸など思い当たるものがあれば、今の環境を変えてください。

また、疲労感や無気力、集中力の低下やイライラも身体に大きな負担がかかっている証拠です。

自分の努力ではどうにもならないことですので、早めに労働環境を変えましょう。

職場に相談できる人がいない

職場に相談できる相手が1人もいない場合は、退職を検討した方が良いかもしれません。

職場に気の許せる人がいれば、多少きつくても乗り越えられるものです。プライベートな話をするほど相性の合う同僚や部下、上司がいない職場からは離れた方がいいかと思います。

残業時間が月に40時間を超えている

サービス残業や長期労働が常態化している場合は、辞めた方が良いでしょう。

とくに上司に改善するように提案しても状況が変わらないならば、労働環境を変えてください。

残業が多く、労働時間が長い職場は、コンプライアンス意識が低いブラック企業だと言えます。

休暇を取りづらい場合は、心身ともにゆっくりと休められないので、身体を壊してしまう可能性も。

繁忙期(季節性インフルエンザの流行などによる患者の急増)などで一時的に残業が増えるのは仕方がないかもしれませんが、6ヶ月以上続くならほかの職場を探しましょう。

辞めたい時はすぐに転職活動してはいけない3つの理由

3つの理由

「仕事が辛すぎる」「体調を崩している」という場合は、早急に辞めた方が良いです。

しかし改善の余地があるなら、すぐに転職活動をスタートせず下記の3つを試してみてください。

  • 改善策を試してみる
  • 辞めたあとの流れを把握する
  • 辞められない時は労基法で解決する

辞める前に知っておくべき基礎知識ですので、しっかり把握しておきましょう。

改善策を試してみる

辞める前に下記の4つの改善策を実行してみてください。

  • 人材の採用を店舗責任者に掛け合う
  • 自動調剤システムの導入を提案
  • 調剤助手の採用を提案
  • 他店舗への配置転換を希望

上記の提案や希望を上司などに伝えることで、改善されて現職で働き続けられるかもしれません。

また、改善されない場合は転職を決断しやすくなるでしょう。

転職面接では、退職理由を必ずと言ってよいほど聞かれます。

そこで「このような改善アクションを起こしましたが、導入されず退職を検討しました。」と述べることで、採用担当者に好印象を与えられるメリットも。

『会社が良くするために行動に移せる貴重な人材』だと認識されるので、内定獲得率が向上する可能性もあります。

辞めたあとの流れを把握する

退職届を提出する前に、「辞めた後の流れ」を把握しておきましょう。

  1. 1~2ヵ月前に退職の手続きをする
  2. 失業保険を受給する
  3. 失業保険期間が切れて十分に休養がとれたら転職する

それでは上から順に解説します。退職の申し出は、引継ぎや退職手続きを考慮して辞める1~2ヶ月前までに行いましょう。円満に退職するためには、なるべく早く伝えることが大切です。

また、下記の2つに該当する方は、失業保険を受けられます。

  • 雇用保険に加入していること
  • ハローワークの定める「失業の状態」であること

失業保険は、次の就職先が決まっている場合は、受給できないことを知っておきましょう。給付額は、「基本手当日額×給付日数」で算出できます。失業保険をもらいながら積極的に転職活動を進めてくださいね

参考文献:「Q&A~労働者の皆様へ(基本手当、再就職手当)~」

辞められないときは労基法で解決する

薬剤師は、人手不足な環境で働いている場合が多いので、簡単に辞めさせてくれない可能性も。

「次の人員が確保できるまで働いてほしい」と言われる場合もあります。

しかし、体調を崩していたり、ストレスや負担が大きかったりする場合は、すぐに辞めるべきです。

民法627条では『解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する』と定められています。

つまり、会社側が認めなくても労働者が退職を申し出てから2週間経つと自動的に雇用が終了すると決まっているのです。

この場合は、円満退社は難しいですが、退職を引き止められるなら労基法で解決してください。

参考文献:「全国労働基準監督署の所在案内」

転職を成功するために薬剤師特化型の転職エージェントを活用しよう

転職を成功するために薬剤師特化型の転職エージェントを活用すべき

転職は、自分ひとりで進めると時間だけでなく労力を要します。

選択肢が多く過ぎて迷ってしまいますので、転職エージェントを活用してプロの支援を受けましょう。

転職エージェントを活用すべき理由は次の3つです。

  • 転職すべきか客観的な意見を聞ける・相談できる
  • 希望にあう職場を紹介してくれる
  • 内定獲得率が高まる

上から順に見ていきましょう。

転職すべきか客観的な意見を聞ける・相談できる

転職エージェントに登録すれば、プロのキャリアアドバイザーに無料で相談できます。

「本当に転職すべきなのか」「どのような職場が自分にあっているのか」など客観的な意見を聞ける点がメリットです。

あわせて、自分の市場価値や向いている職場など1人では把握しにくい部分まで、アドバイスをもらえます。

薬剤師に特化した転職エージェントには、薬剤師の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているので、的確な回答をもらい不安を払拭できるでしょう。

希望にある職場を紹介してくれる

転職エージェントには、豊富な求人情報を取り扱っています。一般で公開されると応募者が殺到してしまうような非公開求人を保有しているのも嬉しいポイント。

多くの求人情報のなかから、求職者の条件にピッタリあうものを厳選してくれます。

希望する条件を徹底的にヒアリングしてから求人のピックアップを行うので、「ここで働きたい」と思える職場を見つけられるはずです。

なお、転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、月に数回、求人先の企業を訪問して優良企業であるかを自身の目で確かめます。

求職者に自信を持って紹介できる企業のみ、厳選してくれるので、ブラック企業が省かれ、優良企業への転職成功が可能です。

内定獲得率が高まる

転職エージェントを活用すれば下記の手厚いサポートを受けられます。

  • 専任のキャリアアドバイザーに相談できる
  • 自分の条件にあう非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書・職務経歴書の添削・アドバイスをもらえる
  • 推薦状を送ってくれる
  • 面接のサポートが受けられる
  • 労働条件・年収交渉を代行してくれる

書類の添削や面接の練習をしてもらえるので、ほかの求職者より一歩リードできるのです。

内定獲得率が飛躍的に向上するため、転職エージェントを活用して転職活動を進めた方が良いでしょう。

まとめ|辛いなら勇気を持って新しい環境に一歩を踏み出そう

まとめ|辛いなら勇気を持って新しい環境に一歩を踏み出そう

現職のまま「辛い」「辞めたい」と思いながら働き続けると、身体を壊してしまう可能性も。

転職は今後の人生を大きく変えるので、不安がつきもの。しかし転職エージェントを利用すれば自分にピッタリな職場を見つけられるはずです。

まずは、改善策を試して労働環境や人間関係などに変化がない場合は、早めに転職を検討しましょう。

【当サイトでおすすめする転職サイト】 ※スライドできる表です
転職サイト 求人数 雇用形態 強み

マイナビ薬剤師

58,000 調剤、DSへの転職
  • 圧倒的求人数
  • 全国15の拠点でアフターフォローも◎
  • 評判も良い報告が多い
ファルマスタッフ 57,867 調剤、病院、派遣への転職
  • 正社員だけじゃなく派遣も案件も多い
  • もちろん求人数はトップクラス
  • 高収入も狙える求人多数
薬キャリAGENT 16,333 正社員、パート、派遣、全雇用形態の求人
  • 満足度95%
  • 登録者数No1※1
  • 常時60,000件以上の求人

※1 エムスリーキャリア調べ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる