公開日

2021/11/15

最終更新日

【新人看護師転職サイト】おすすめ5選!転職のポイントも徹底解説!

「看護師の仕事を始めて日が浅いけれど、転職ってできるのかな?」「経験が少ないから、転職先が見つかるか不安だ」「新人看護師が転職をする際の注意点やポイントが知りたい」看護師を始めたばかりで転職するのは、勇気がいりますよね。スキルが未熟だったり、経験不足だったり、不安になることは多いと思います。一方で、今の労働環境への不満や人間関係に問題があると仕事を続けるのは辛いですよね。知識も経験も未熟なのに、人手不足を原因に責任のある仕事をいきなり任せられるケースも医療現場では少なくありません。そのような環境では、看護師を続けられるのかと不安を感じてしまいます。本記事では、新人看護師が転職する際の注意点やポイント、おすすめの転職サイトを紹介していきます。

目次

新人看護師の離職率はどれくらいなのか?

まずは、新人看護師がどれくらい離職・転職をしているのか解説します。日本看護協会 広報部 2020 年 病院看護実態調査によると、新人看護師の離職率は7.5%~9.3%になっており、過去10年と比較しても、離職率はほとんど変わっていません。100人の中7人〜9人の新人看護師が、1年以内に離職しています。離職した新人看護師の多くは、違う病院に転職するのが多いですね。離職する主な理由は、労働環境と人間関係に問題があるからといわれています。新人看護師に限らず、看護業界の多くが人手不足に悩んでいるにも関わらず、具体的な解決施策も行われていません。人手不足に加えて、新型コロナウイルスの影響も合わさり、組織編成や教育体制の整備などに手が回らないのが、医療現場の現状です。新人看護師にとっては、労働環境は昔に比べてシビアになっていると考えられます。

新人看護師が転職する理由

それでは、他の新人看護師の方が転職する理由を解説します。主な理由は以下の3つです。

  • 労働環境に不満がある
  • 人間関係が辛い
  • 精神的に不安定になる

具体的な理由は上記の通りですが、共通しているのは、「看護師に対しての責任が重すぎる」ことです。病院で勤務したばかりで右も左もわからない状態で、仕事を丸投げされるなどの事例も少なくありません。詳しく解説していきます。

労働環境に不満がある

新人看護師が転職を考える理由の多くに、労働環境の問題があげられます。教育体制が整っていないのに、大きな責任のある業務を任せれるのが原因です。看護師として経験が浅いのにも関わらず、夜勤を一人で任せられたり、人手不足を原因に、受け持つ患者さんの人数が多くなったります。患者さんの観察ができず、自分の看護に不安を感じる人も多いでしょう。大きな病院では、患者さんを担当している医師からの指示が降りてこず、看護師が何をすれば良いかわからないなどの声も上がっています。経験の少ない新人看護師にとっては、かなり辛いですよね。人命を預かる仕事なので、勝手に自己判断もできません。スキルや知識、経験が圧倒的に不足している状態で、責任のある業務を任されるのは、新人看護師にとっては苦しい労働環境といえるでしょう。

人間関係が辛い

人間関係のトラブルは、看護師に限らず、多くの業種で転職を考える理由に挙げられます。しかし看護の業界では、人間関係の不満は、他の業界に比べると特殊といえるでしょう。特に新人看護師は、他部署と連絡に使われるケースが多いです。例えば、人事部に報告をしに行くと「なんでこんなに遅いの」など、医療現場に従事しない人からのクレーム対応も少なくありません。新人看護師が小さなミスをして、他部署からクレームが入った際も、庇ってくれる上司が少ないのも現実です。何をするべきかわからず、「どうして自分が怒られているのかわからない」などの声も多くあるみたいですね。従事する科によっても人間関係の安定度は変わるため、病院内での移動を志願する人もいるみたいですが、厳しいのが現実です。新人看護師は、自分の意見を発言できず、しがらみに巻き込まれやすいことから、違う病院への転職を検討するみたいですね。

精神的に不安定になる

解説した2つの理由を我慢して働き続けた結果、精神的に不安定になり、転職に踏み出す人も多くいます。「せっかく就職できたのだから、3年は頑張らないと…」と考える人も、少なくありません。「頑張って資格を取って、就職するために努力をしたのだから、簡単にやめるわけにはいかない」と、考えるのが原因といわれています。上記以外にも、先輩看護師に「どうせすぐ辞める」といわれ続けて、精神的に辛い思いをする人もいます。大きなストレスを感じている状態で病院勤務を続けた結果、精神疾患になる看護師は少なくありません。精神科に受診しながら、看護師を続けている人も、医療現場にはたくさんいます。上記のような状態になり、周囲から転職を勧められて、行動に移る人が半数以上といわれています。精神的に追い詰められる前に、転職の選択肢を考えるのが、最良の選択です。

新人の離職率が高い職場

新人看護師の離職率は、職場によって異なる傾向があります。給与や休暇の取りやすさ、待遇などで転職先を決めるのは問題ありません。しかし離職率の高い職場を知っておくと、転職する際の参考になります。結論としては、以下の通りです。離職率が高い職が

  • 個人病院 20.3%
  • その他公的医療機関 17.7%
  • 済生会 12.9%

転職率が低い職場

  • 公立病院 8.5%
  • 会社・企業 8.9%
  • 日本赤十字社 9.4%

日本看護師協会「病院看護実態調査」より引用

病床規模が小さいほど、離職率が高い

日本看護師協会「病院看護実態調査」によると、99床未満の小規模病院は、離職率が高い傾向にあります。理由としては、新人看護師に対する教育体制や研修制度が、国立病院など大規模医療機関に比べると整っていないからといわれています。人手不足により、業務がこなすだけで精一杯なので、大きな原因です。また、給与や待遇面でも不満を感じやすいなどの理由が、転職の理由に挙げられています。中でも個人病院の離職率は、極めて高い傾向にあります。主な理由は、給与査定の基準が曖昧だからです。全ての個人病院が該当するわけではありませんが、そのような傾向は強いみたいですね。実際に「院長に気に入られている子は、給与が高い」だったり、「経理の人に嫌われたら、給料が下がった」などの実例も少なくありません。とはいえ、家族経営の小規模病院で、アットホームな職場もあります。全ての小規模病院が該当するわけではありませんが、個人病院の離職率が高いのは、調査で立証されています。

国立病院より、民間病院の方が離職率が高い

国立病院より民間病院の転職が高い理由は、労働環境と給与、教育環境の違いです。国立病院機構は、厚生労働省管轄の国立病院であるため、国家公務員と同等の待遇で勤務できます。給与は毎年、確実に昇給して、長く働いた分しっかり評価されるため、離職率が低いです。教育体制も、国立病院機構独自の看護教育制度があり、最先端の指導を受けられます。キャリアップ制度も充実しており、5年目以降はマネジメント業務に従事でき、看護師としてステップアップしやすい環境です。一方で民間病院の場合、経営状態によって給与や賞与が決まります。病院の経営が傾くと、賞与がなかったり、給与が下がるケースも少なくありません。教育環境が充実している病院もありますが、人手不足が原因で、教育が行き届かない病院も多数あります。売上の少ない民間病院の場合、新人看護師に対する負担が大きく、給与が低いため、転職を検討する傾向が強いです。最先端の医療の導入も、経営状態によって変わります。国立病院は民間病院と違い、経営基盤が安定しており、最先端の医療が学べる観点から、離職率が低いと考えられます。

新人看護師でも転職は可能なのか?

結論、新人看護師でも転職は可能です。どの病院でも看護師は不足しています。そのため、新人看護師の転職は問題ありません。希望する病院に、必ず転職できるわけではないですが、しっかりと探せば、自分にあった病院を見つけられます。経験やスキルが未熟だからといって、不安に感じる必要はありません。転職が不安な方は、転職エージェントをやキャリアサポートを利用してみるのがおすすめです。自分が希望する条件にあったて就業先を、リストアップしてくれます。教育制度が充実している就業先を選べば、必要な知識やスキルは身につけられるので、新人だから転職はできないと考える必要はありません。

新人看護師が転職するメリット

新卒看護師が転職するメリットは、以下の通りです。

  • 第二新卒として扱われる
  • ストレスから解放される
  • 新しい職場に馴染みやすい

新人看護師の転職は難しいと考える人もいらっしゃいますが、新人だからこそのメリットもあります。経験を積んだ看護師じゃないと、転職できない職場もありますが、新人だからこその強みを活かせる職場も多数あるので、心配はありません。順番に解説していきます。

第二新卒として扱われる

入職後1~3年程度の若手看護師の転職では、第二新卒制度が利用できます。新人看護師と同様の教育を受けられる制度ですね。現場で正しい指導を受けられるのは、今後の看護師キャリアには重要といえます。研修制度が充実している病院に転職したり、先進医療現場に勤めたりなど、正しい教育を受けられると、看護師の道が大きく拓けます。そのため、新人看護師が転職する際は、教育環境が整っているか否かは、重要になりますね。教育制度が整っていないと、責任のある仕事をいきなり任せられる可能性があります。せっかく転職できたとしても、忙しいからと適切な指導が受けられない場合、ただ働く場所を変えただけで、根本的な問題解決になりません。新人看護師が転職するのは、正しい指導を受けられるチャンスです。転職先の教育環境は、しっかりと確認しておきましょう。具体的には、プリセリターシップ制度や研修制度、外部セミナーへの積極的な参加などが挙げられます。転職する際は、募集要項に記載されている情報を、しっかりチェックしましょう。

ストレスから解放される

現職での悩みの大半は、転職で改善されます。人間関係だったり、労働環境だったりなど、今勤めている病院を変えるだけ、ストレスから解放されるといえるでしょう。注意するべきは、「今勤めている病院と違う環境の職場に転職する」ことです。自分のワークスタイルや、人生設計によって就業先を変えられると、現状の問題解決に繋がります。一方で、現職と同じような現場に入ったり、給与だけで転職先を選ぶと、現職と大差ない環境に身を置くことになるでしょう。自分の悩みやストレスの原因をしっかりと考慮して、転職先を選べると、今の問題解決に繋がります。結果的に、ワークバランスを整えられて、プライベートも充実しやすくなるでしょう。

新しい職場に馴染みやすい

新人看護師は、経験を積んだ看護師に比べると、新し環境に馴染みやすく採用されやすい傾向にあります。経験の浅い人は、技術や知識が不足していることを懸念される人が多いです。しかし病院からすると「自分たちのやり方をちゃんと学んでくれる」と考えます。長年の経験がある看護師の場合「今まではこうしてきた」などの、自分の考えや経験に基づいて業務をする傾向があるからです。前職ではNGとされていたことが、転職先ではOKとされる場合もあります。そのような場合に、経験を積んだ看護師の方は、不満を感じることもあるでしょう。職場によって業務のやり方は異なるので、自分の考えや経験を重視する人は、新しい環境に馴染みにくく、ストレスになる可能性があります。一方で新人看護師の場合は、経験も少なく、先入観もないため、転職先に歓迎されやすいですね。

新人看護師が転職するデメリット

新卒看護師が転職するデメリットについても解説します。

  • 業務内容を1から覚える必要がある
  • すぐに辞めるのではないかと懸念される
  • 即戦力を求められる転職先は難しい

新人看護師の転職には、デメリットもあります。前述では、経験がないのがメリットにもなると解説しました。しかし見る側面を変えると、デメリットにもなりえます。経験の浅い状態で転職する際は、デメリットも理解しておきましょう。

業務内容を1から覚える必要がある

業種は同じでも、勤務先が変わると、業務内容はことなります。今まで覚えた仕事のやり方は通用しないと考えておきましょう。業種が同じだからでも、勤務先のマニュアルには違いがあります。病院の方向性やビジョンが異なるからです。新人看護師が転職する際は、「1から学ぶ姿勢」で、新しい業務に取り組む必要があります。

すぐに辞めるのではないかと懸念される可能性がある

新人看護師が転職する場合、転職先に「またすぐに辞めるのではないか」と疑念を持たられる可能性があります。理由としては、転職したい理由を具体的に伝えられていないからです。面接の際には、転職する理由を必ず聞かれます。その質問に対して「今の職場が働きにくい」「現職は自分に合っていない」のような、曖昧な回答をすると、相手は疑念を抱きます転職する理由は、素直に具体的に答えましょう。例えば、「現職では、看護師と他部署との板挟みされていて、全ての責任が自分になる」や「適切な教育を受けらない状態で、責任のある仕事を任されて不安を感じている」などのように、相手に具体的に伝えましょう。転職する理由を具体的に伝えると、相手はしっかりと考えた上で、採用判断をしてくれます。あえて現職の批判をするのは、よくありません。自分が不満に思う事実や、心配に感じている内容を伝えましょう。

即戦力を求められる転職先は難しい

新人看護師は、知識・経験・スキルが不足しているため、即戦力を求められる医療機関への転職は難しいです。専門医療を扱う病院は、ある程度のキャリアや経験を積んだ人しか、採用しない傾向にあります。新人で最先端の医療を学ぶなら、国立病院への転職を検討するのがおすすめです。しかし例外もあります。求人情報には、経験者のみと記載されていても、新人看護師を求めている病院もあります。経験を積んだ看護師を採用しすぎて、マニュアルが行き届かなかったり、病院の方向性と看護のやり方にズレが生じている病院も少なくありません。「即戦力も欲しいが、1から育てたい」と考える病院もありますが、求人情報には、経験者限定と記載しています。どうしても気になる場合は、一度連絡してみましょう。実際に、新人看護師で、先進医療機関で1から学びたいと思い、直接電話をして転職に成功した例もあります。とはいえ、新人看護師が即戦力を求めている医療機関に転職するのは厳しいのも現実です。求人の数が限られる可能性は、理解しておきましょう。

新人看護師が転職する際の準備

それでは、新人看護師の方が転職をする際の準備について解説します。

  • 自分が今後どのような人生を送りたか考える
  • ワークスタイルを考える
  • 相談できる人を作る

上記3点になります。転職する際の準備として大切なのは、どのような人生を送りたいかです。人生のプランを設計することは、転職先を選ぶ指針になります。自分に合った職場を見つけるためにも、転職の準備はしっかり整えましょう。

自分が今後どのような人生を送りたいか考える

プライベートを充実させるのは、看護師を長く続けるにも重要です。自分がどのような人生を送りたいか、しっかり考えましょう。どのような人生を送りたいかは、人それぞれですが、大きく分けて2つといわれています。

  • ライフスタイルに夢があるタイプ
  • 仕事に夢があるタイプ

自分がどちらのタイプなのか考えてみましょう。

ライフスタイルに夢があるタイプ

ライフスタイルに夢があるタイプの方は、プライベートを充実できる職場選びが重要になります。仕事とプライベートのバランスが崩れない職場を選びましょう。確認するべきは求人情報は、休暇の取りやすさです。旅行が好きな方で、将来はいろんな国に行ってみたいと考える方は、長期休暇が取れる職場などを条件に探してみるのがおすすめです。旅行以外にも、友人と遊びに行ったり、好きな人に合ったりしたい方は、週休2日取れて、シフトが守られる職場がおすすめ。給与は減りますが、日勤9時〜17時だけの働き方にシフトして、夜は友達とご飯を食べたり、遊びに行ったりして、人生が充実したという看護師の方も、多くいらっしゃいます。ライフスタイルに夢があるタイプの方は、どのようなプライベートを送りたいかを考えましょう。

仕事に夢があるタイプ

仕事に夢があるタイプの方は、看護師の仕事にやりがいや、使命感を感じられる人です。教育環境やスキルアップができる職場選びが、重要になります。自分がどのような看護師でありたいかを、しっかり考えましょう。多くの経験を積んで、たくさんの人の悩みを、看護師としてサポートしたいなどで構いません。仕事に夢があるタイプの方は、自分がどのような看護師でありたいかを、しっかり考えるのがおすすめです。とはいえ、仕事を詰め込みすぎて、ストレスが溜まりやすい環境にならないように、プライベートの充実や休暇についても考慮しておきましょう。

ワークスタイルを設計する

新人看護師は、ワークスタイルをしっかり設計する必要があります。理由は、若いから体力があると思われて、ハードな業務も任せられる可能性があるからです。先輩に残業を手伝って欲しいと言われて、善意で受けてしまった結果、自分がするべきではない業務が増えてしまった経験がある方は多いのではないでしょか。ワークスタイルを設計するのは、適切なパフォーマンスで仕事ができる指針になります。今の職場でストレスを感じたり、疲労が溜まったりしている方は、仕事のスタイルを見直す必要があります。こなせる仕事量は、人によって違います。どれくらい働くと自分の限界に達するのか、最適な休暇のペースなど、ワークスタイルを見直しておきましょう。人間関係や労働環境に不満を感じる方は、悩みを具体的に洗い出すのがおすすめです。例えば人間関係の場合、「他部署との板挟みなるのが辛い」と具体的な理由がある場合、そのような問題がない病院選びをすることができます。自分に合ったワークスタイルを作るために、現職での不満や、ストレスに感じる出来事を具体的にしておきましょう。

相談できる人を作っておく

転職をする際は、相談できる人を作っておくのがおすすめです。客観的な意見を聞けるので、転職で成功する確率が上がります。新人看護師の場合、専門学校時代や看護大学時代の同僚や講師に相談してみるといいでしょう。看護師の仕事をしていない人にも相談するのも、意見をもらえるので、転職の参考になります。自分のやりたいことや、人生設計、ワークスタイルの相談をしてみるのもおすすめです。理由は、ワークスタイルなどは、客観的な観点の方が正しい場合があるからです。自分の得意・不得意は他人からの観点が参考になります。例えば、同僚に対して「あの人は〇〇の方が向いてる思う」と感じた経験がありませんか?他人から見る自分の意見は、ライフワークバランスを決める際に、大いに役立ちます。転職先についても、積極的に相談しましょう。悩みを話すだけでも、精神的に楽になります。ただし、今の職場の人に相談するのは注意が必要です。人手不足の現場などでは、いい顔はあまりされません。人間関係のトラブルにつながるリスクがあります。慕っている先輩がいるなら、内密に相談するのがおすすめです。

相談できるがいない場合

どうしても相談できる人がいない場合は、転職エージェントや、キャリアサポートを活用するのがおすすめです。多くの看護師の転職をサポートしてきた人が、悩みや不満、今後の活動方法の相談に乗ってくれます。自分の希望を提示すると、条件にあった候補を紹介してくれるので、効率的に転職が可能です。転職に不安を感じる人は、検討してみましょう。

新人看護師の転職先の選び方

続いて、新人看護師の転職先の選び方いついて解説します。

結論は以下の通りです。

  • 働き方で転職先を決める
  • 給与で転職先を決める
  • スキルアップで転職先を決める
  • 他業種への転職も検討する

自分の人生設計、ワークスタイルを参考に、転職先を選びましょう。

働き方で転職先を決める

休暇の取りやすさや、就業時間で転職先を決める方法です。夜勤が苦手な人や、残業をしたくない人は、労働環境を確認しましょう。働き方は、プライベートを充実させるためにも重要です。どれだけ給与が高くても、休みがなく、残業が多い現場では、精神的に疲弊します。働き方で転職先を決める際は、どのような人生を送りたかが、選定基準なります。友人や好きな人と食事に行きたい方などは、残業なし、日勤のみで働ける職場を探すなどがおすすめです。

給与で転職先を決める

給与だけで職場を決めるのはリスクがありますが、収入は大切ですよね。給与で転職先を決める場合は、転職先の労働環境をしっかり調査しましょう。給与は高いけど、ハードワークになる場合があります。結果的に、収入に見合った給与ではない可能性があります。給与で転職先を決める際は、「どれくらいの収入が必要なのか」を算出しましょう。月々の支出はもちろん、貯金がしたいなら、月どれくらい貯めたいかなど、必要な金額を明確にします。とにかく稼げる職場で働きたいと考え、転職先を選んでも、激務に追われる可能性が高いです。給与はいいけど、ストレスがたまり、結果的に散財する事例も少なくありません。給与で転職先を選ぶ際は、どれくらいの金額が必要なのかを計算しておきましょう。

スキルアップで転職先を決める

現職の教育環境に不満がある方は、スキルアップができる医療機関に転職するのがおすすめ。キャリアップ支援を実施している病院などが、転職の基準になります。求人情報に「教育制度が充実していると」と記載がありながら、教育が行き届いていない事例もあるので、事前に確認しておきましょう。転職サイトの口コミなども参考になります。どうしてもわからない場合は、転職サービスのキャリアコンサルタントを利用しましょう。キャリアコンサルタントは、病院の内部事情に精通しているケースが多いです。労働環境や教育環境が疎かな医療機関に、新人看護を紹介するのは、転職サポートを仕事にしているキャリアコンサルタントにとっては信用問題に関わります。そのため、転生サービスを利用するのがおすすめです。スキルアップを目的に転職するなら、病院の実態調査は必要不可欠ですね。

他職種への転職もあり

新人看護師の全員が、看護師として転職しているわけではありません。看護師の資格使える企業に転職する事例も、増えてきています。人気なのが、保育園や幼稚園の常駐看護師です。看護師の方は、子供が好きな方が多いのが、人気の理由みたいですね。看護師転職サイトには、看護師の資格が使える医療機関以外の転職先も明記されているので、興味のある方はチェックしてみるのがおすすめです。

新人看護師が転職する際の注意事項

新人看護師が転職する際の注意点は、以下の3つです。

  • 病院見学は必須
  • 周囲の評判や口コミを確認する
  • 常に求人が出ている病院は、注意が必要

新人看護師が転職で失敗する理由の多くが、「焦って転職先を決めること」です。急いで次の職場を決めたい気持ちはわかりますが、転職先は冷静に判断しましょう。

病院見学は必須

気になる勤務地が見つかった場合、必ず病院見学をしましょう。病院の雰囲気、人間関係が把握しやすいからです。面接の際に病院に出向くだけででは、院内の状況は理解できません。転職で失敗した人の多くが、「病院見学は絶対にするべき」といっています。面接で聞いた話と実際の現場は、全く別物だった事例も少なくありません。転職をする際は、病院見学は必ず行くようにしましょう。

周囲の評判や口コミを確認する

希望の転職先を見つけたら、評判や口コミを確認しましょう。看護師の友達に評判を聞いたり、転職サイトの口コミを参考にするのがおすすめです。求人情報に書かれている内容と、実際の環境に違いがある場合は、口コミに記載されている場合があります。情報が入手できない方は、病院見学をして、従事している看護師を観察したり、キャリアコンサルタントに相談するのがおすすめです。

求人が常に出ている病院には注意が必要

転生サイトをいつ見ても求人が出ている病院は、注意が必要です。労働環境に問題があり、離職率が高い可能性があります。給与や待遇が良いのに、常に求人が出ている病院に転職すると、激務に追われる可能性があるので、注意が必要です。気になる場合は、周囲に相談してみたり、キャリアコンサルタントに聞くのがおすすめです。全ての病院が該当するわけではありませんが、常に求人が出ている場合は注意しましょう。

求人情報の正しく見る方法

求人情報は、転職を考える人に魅力を感じてもらえるように作られています。経験の浅い新人看護師にとっては、ほとんどの病院に魅力を感じるかもしれません。しかし求人情報を正しく理解できないと、今よりも厳しい環境で勤務することになります。求人情報は、正しく理解できるようになりましょう。

給与の確認方法

求人情報に記載されている給与は、手当を含んだ仮の金額であるケースがあります。月収30万円以上可能と記載されていても、手当が適用されない場合、求人情報に記載されている金額以下の収入になります。給与を確認する際は、基本給と手当の項目を確認しましょう、基本給〇〇円、住宅手当〇〇円、その他手当の項目を確認すると、転職した際の給与がわかります。月収30万円以上可能と記載されていても、実際の給与は低い可能性があるので、しっかりと確認しましょう。

週休2日には注意が必要

週休2日は、「毎週2日休みが取れる」意味ではありません。求人情報の作り方のルールとして、1週間に2日休みが、月に1回でもあれば、週休2日と記載できるからです。毎週2日休みがもらえると勘違いして転職しても、休暇が取れないケースは多々あります。面接でも、週休2日は可能ですかと質問して、「可能です」といわれてたのに、休みが全く取れない事例もあります。「完全週休2日は可能ですか」と質問するのがおすすめです。しっかりと休暇を取りたい人は、面接の際に、休暇の制度を確認しましょう。

おすすめの新人看護師転職サイト5選

それでは、おすすめの新人看護師転職サイトを紹介していきます。それぞれの転職サイトに特徴があるので、自分に合ったサービスを利用するのがおすすめです。

看護roo!

看護roo!は、多くの看護師から選ばれている、人気の高い転職サイトです。公開されている求人数は、5万3,000件以上あり、細かい条件で求人検索ができます。看護roo!に登録すしている人だけが応募できる、非公開求人も多数あるのが特徴です。希望の求人が見つかりやすく、満足度も96.3%と、多くの看護師に支持されている転職サイトになります。転職に不安な方は、プロのキャリアコンサルタントに相談ができるので、新人看護師にはおすすめです。

看護のお仕事

看護のお仕事は、求人数が12万件と、求人数の多さが特徴です。看護のお仕事に在籍するキャリアコンサルタントは、求人先の病院に直接取材をしています。そのため、内部事情や現場の様子の情報を、詳しく把握しています。人間関係や病院の雰囲気などを重視する方には、おすすめの転職サイトです。LINEで求人情報を受け取れたり、担当のキャリアコンサルタントに相談ができたりするので、気軽に転職活動ができるのも、看護のお仕事の魅力です。忙しくて転職活動の時間が作れない方にも、使い勝手の良いサービスになっています。

ナースではたらこ

ナースではたらこは、逆指名求人ができる転職サイトです。逆指名求人とは、転職先を探している方が、気になる病院を指名した際に、担当のアドバイザーが求人状況を確認してくれるサービスです。転職したい病院がある方におすすめの転職サイトになります。夜勤が続いたり、シフトが不規則で転職する時間がない方でも、24時間体制で問い合わせを受け付けているので、気軽に利用できます。

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、年間10万人以上の看護師が利用する、人気の転職サイトです。ナース人材バンクのキャリアコンサルタントは、地域専任の担当性で、担当エリアの求人情報や内部情報に精通しています。エリアごとに担当がいるので、詳しい情報を素早く入手したい方におすすめでの転職サイトです。病院の病床数や、施設携帯で求人情報で検索できるので、転職先を探しやすいサービスと定評があります。施設の特徴や、給与の内訳などが、詳しく記載されているので、より安全に転職してい方には、うってつけのサービスになっています。

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、大手企業のマイナビが運営する転職サイトです。マイナビ看護師には「スピード転職」「じっくり転職」などの、求職者に合わせたペースで転職をサポートしてくれます。自分のペースで転職をしたい方はもちろん、すぐ転職したい方にもおすすめの転職サイトです。現職に不満があるけど、様子を見ながら転職を考えたい新人看護師には、使い勝手の良いサービスですね。

看護師を続けるコツ

転職に成功しても、看護師を続けられなければ意味がありません。最後に、看護師を続けるコツについて解説してます。結論は以下の通りです。

  • 人間関係を円滑にする努力をする
  • プライベートを充実させる
  • 仕事は仕事と割り切る

順番に解説します。

人間関係を円滑にする努力をする

人間関係のトラブルは、看護業界に限らず、多くの職業で問題視されています。自分と性格が合う人、合わない人がいるのは当然ですよね。新人看護師に対して、強く当たってくる人もいるかもしれません。それでも、きつい口調で返事をせず、丁寧に対応しましょう。そして困った時に助けてもらうためにも、人間関係は円滑にする努力をして、すごしやすい環境を自分で作るを意識が必要です。合わない人に対しても、誠実に接していきましょう。

プライベートを充実させる

看護師の仕事は、ストレスが溜まりやすいです。精神的に疲弊する人も、少なくありません。人手不足が原因で、1人の業務が多く、残業もある。場合によっては、新人が責任のある仕事を多数任せれるケースあります。そのような状況で、プライベートを疎かにしては、ストレスが溜まる一方です。自分なりのストレス発散方法を見つけるには、プライベートの時間を確保する必要があります。看護師を続けるには、休みをしっかり取り、リフレッシュする時間も必要です。

仕事は仕事と割り切る

看護師は仕事だと割り切れる人は、長く続けられる傾向にあります。割り切ることで、多少のトラブルも、仕事だから仕方ないと考えられるからです。仕事と割り切れる人は、看護師はボランティアではないと意識しています。それもそのはずで、看護師はあくまで仕事です。患者さんに寄り添うのはとても重要ですが、自分を殺してまで無理をする必要はないと考える人は、看護師を長く続けています。実際に自分に非がないけど、頭を下げないといけない事態が、新人看護師には多いです。その度に、自分を責めたり、不安を感じたりする人が多い傾向にあります。しかし、仕事だから仕方ない考えられる人は、大きなストレスを感じません。自分のミスなら反省するのは大事ですが、それは勉強です。もちろんですが、仕事を適当にしてはいけません。ボランティアじゃないからといって、患者さんの観察はしないなど、仕事に手を抜くのはNGです。嫌なことがあっても、あくまで仕事であり、プライベートとは切り離すのが、看護師を長く続るコツといわれています。

まとめ : おすすめの新人看護師転職サイトを使って、理想の職場を探してみよう!

新人看護師が転職するのは難しいと考える人が多いですが、実際は違います。経験が浅いからこそのメリットもあります。「せっかく就職できたから、無理をしてでも頑張らないといけない….」などのように、あえて我慢する必要はありません。転職をしたら全ての悩みが消えるわけではありませんが、今より良い環境に身を置くのは大切です。これから看護師を続けて行くためには、適切な指導を受けて、スキル・キャリアアップをする必要があります。現場に不安や心配がある方は、自分の人生を素晴らしいものにするために行動してみましょう。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Photo by Zach Vessels on Unsplash