Menu
Menu
Close
Location
Location
Ichigo Shibuya Dogenzaka Building 5F,
28-3, Maruyamacho, Shibuya-ku, Tokyo
Google Map
Follow us
2015 / Sep.
18
10秒で書き終わるES?!三幸製菓の「日本一短いES」
01.
News

こんにちは。Branding Engineer広報部です。
企業の社内制度や福利厚生に関しユニークなものを取り入れた企業を紹介するこのコーナー。
今回は三幸製菓が取り入れた「日本一短いES」について取り上げます。

10秒で書き終えるESとは

「日本一短いES」をうたう三幸製菓のエントリーシート。その”短さ”とは、ESにかけるべき時間のことでした。
ref_l
参考:「日本一短いES」より)
「足切りに使われるだけのESの作成にあまりに時間をかけすぎている」と語る人事部担当者の発案で採用されたこの企画。まずESで最低限のことを聞き、その後必要なことを必要なタイミングで聞いていく、という姿勢をとっています。
長々とすばらしいESを書いたところで、最低条件を満たしていなければ向いていない、という斬新な考えは、新しい就活のスタイルを生み出すかもしれません。

「10秒ES」の特徴

日本一短いESでは一体どんなことを聞かれるのか。その特徴を3つあげました。

特徴1 おせんべいは好き?

10秒で終わるESを投稿する前に、こんな質問がでてきます。色んな種類のおせんべいを作っているこの会社では、最低限必要な条件として一番にこの質問があげらます。

特徴2 ニイガタで働ける?

初めに出されるこの2つの質問はYesかNoで答える形式になっています。社員の半数以上が新潟勤務になるため、新潟県で働く気のない人は初めから向いていないということです。

特徴3 連絡先を、心を込めて。

2つの質問に対し両方Yesと答えた人のみ、メールアドレスを記入する欄がでてきます。(どちらかひとつでもNoと答えるとそこで終わり)ここが日本一短いESにあたる、連絡先の入力です。
最近の就職活動ではエントリーシートを提出することを指定している企業は多数あります。しかし初めから多くの質問に答えるため、就活時期の大切な時間を消費するにも関わらず、結局最低条件を満たさず終わってしまうことも多いのです。
それらの非効率的な仕組みのアンチテーゼとして採用されたこの企画。はじめの2つの最低条件を満たすなら、まずは応募してみてもいいかもしれません。

「ふぐ採用」関連記事

日本一短いES、の前に。
10秒で終了する「日本一短いES」三幸製菓「エントリー時に志望動機を聞くのはナンセンス」
「重い課題」「日本一短いエントリーシート」「禁煙者のみ採用」採用方法の激変始まり就職戦線「異常あり」

 
【PR】
エンジニアの転職支援サービスβ版公開してます。
banner1
企業の方のエンジニア採用支援、人材コンサル事業も展開しておりますので、お問い合わせください。
お問い合せはこちら。
「お問い合わせ」

日時
2015年 09月18日
場所
Branding Engineer 本社
住所
<本社オフィス>
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
Google Map >
Back to all news
All Rights Reserved 2019 © Branding Engineer
facebook
twitter