2021年6月17日

無職でも作れた人がいるクレジットカード!無職になったらカードは作れないは嘘?

無職クレジットカード
無職でも発行できるおすすめのクレジットカードを知りたいです!
「とにかく無職におすすめのクレジットカードを知りたい!」という方には、三井住友カードリボスタイルがおすすめです。

三井住友カードリボスタイルのメリット

  • 年会費がかからない
  • 基本のポイント還元率が1.0%と高い(リボ払い手数料の請求がある月)
  • ポイントUPモール経由でネットショッピングをお得に楽しめる

ネットショッピングでもお得なリボ払いカード!

三井住友カードリボスタイル以外にもおすすめのクレジットカードを知りたいという方もいるでしょう。

この記事では以下のポイントを中心に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を最後まで読むと、無職でも作れる可能性のあるクレジットカードや審査に通るためのポイントがわかります。

無職になったらクレジットカードは作れない?

そもそも無職になったらクレジットカードは作成できませんか...?
実は無職やフリーターでもクレジットカードの審査に通る可能性があります。

無職やフリーターでもクレジットカードを発行できた方には、ある特徴があります。早速、無職やフリーターでもクレジットカードを作れた人の特徴を詳しく見ていきましょう。

無職・フリーターでもクレジットカードを作れた人の特徴

無職やフリーターでもクレジットカードを作れた人の特徴を以下にまとめました。

無職やフリーターでもクレジットカードを作れた人の特徴

上記のいずれかに当てはまる場合、クレジットカード会社の発行審査に通過できる可能性があります。

それでは、それぞれがどのような特徴を持っているかを詳しく見ていきましょう。

専業主婦の場合

はじめに、専業主婦はクレジットカードの審査に通過する可能性があります。

一般的にクレジットカードの審査は、安定した収入が申込者自身にあるかどうかを重要視します。一方で専業主婦は家族の扶養に入ることで、配偶者の収入が安定収入とみなされます。

専業主婦の方は「配偶者に扶養されており、配偶者に今後も安定した収入が見込めるか」が大切になってきます。

学生の場合

申込者が学生である場合も審査に通る可能性があります。

クレジットカードには、学生専用のカードが存在しています。学生専用のクレジットカードは、文字通り大学生などの学生であることが発行の条件です。

在学証明ができて、過去に金融事故を起こしていなければ審査に通る可能性が高いと言えるでしょう。

学生なら債務を抱えている場合も少ないですよね!
近年ではクレジットカード会社が学生を今後育てていきたい顧客として、学生向けのクレジットカードに注力している場合もあるようです。

収入がある場合

また無職ではあるものの、定期的な収入がある場合もクレジットカードの発行ができる場合があります。

無職でも収入がある方の例を以下にまとめました。

それではそれぞれの特徴を確認していきましょう。

年金受給者の方

年金受給者の方は、クレジットカードの審査に通る可能性があります。

クレジットカード審査での重要項目の中に「支払い能力」があり、受け取っている年金額によってはこの審査基準をクリアしている可能性があるためです。

またクレジットカード審査では収入の安定性が重視されるため、国から支給されている年金の場合は安定性も十分と言えるでしょう。

年金の中でも特に公的年金(国民年金や厚生年金)は国から支給されているため、安定性のある申込者と判断される場合が多いです。

個人投資家の方

個人投資家の方も、クレジットカードの審査に通る可能性があります。

個人投資家は会社員や公務員ではありませんが、投資により安定的な収入を確保している方もいます。

そのため確定申告の書類などで安定した収入の証明ができる場合は、クレジットカードの審査に通過できる可能性があります。

個人投資家として大きな収益をあげている場合はどうでしょうか?
そのような場合は不労所得が多く資産も潤沢にあることから、上位カードへのインビテーションが届くこともあります。

家賃収入がある方

不動産を所持していて、家賃収入がある方もクレジットカードの審査に通過する可能性があります。

家賃収入は一般的に安定した収入と考えられています。また、万が一の場合も所持している不動産を売却することでまとまったお金を用意することも可能です。

自身の所有不動産からの家賃収入がある場合は、定職に就いていない場合でも信用情報が十分と判断されクレジットカードを発行できるでしょう。

フリーター・パートの方

フリーターやパートとして一定の収入を得ている場合も、クレジットカードの審査に通過する可能性があります。

申し込みの際はショッピング利用可能枠を小さく設定すると、少しの収入でも十分に支払い能力があると判断され、審査に通過する可能性が高まります。

大きな支払いがある場合の収入不足は否めませんが、収入に見合った利用可能枠を設定すれば審査通過も可能です。

フリーターやパートでも審査に通るのですね!
設定する利用可能額や信用情報にもよりますが、フリーターやパートでも審査に通る可能性は十分にあります。

資産が十分にある場合

申込者自身に資産が十分にある場合も、クレジットカードの審査に通過する可能性があります。ただし、この場合は申し込み書類に収入以外の資産状況を記載する欄が設けられているケースに限ります。

一般的にクレジットカードの審査では、個人資産の詳細を尋ねることはありません。一方で、一部クレジットカードの審査項目には個人持ちの資産が参考資料として扱われています。

【無職・フリーターでも作れる可能性がある】お得なクレジットカード5選

無職やフリーターでも作れる可能性がある5種類のカードを厳選しました

上記のクレジットカードはそれぞれに特徴やおすすめの人が異なるため、詳しく見ていきましょう。

三井住友カードリボスタイル

三井住友カードリボスタイル

カード名 三井住友カードリボスタイル
ランク 一般カード
国際ブランド VISA
ポイント還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 最短翌営業日
付帯サービス ポイント特約店でお得に利用できる
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay
・Pay Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・楽天Edy
メリット ・年会費無料で1.0%と高いポイント還元率を受けられる
・ポイントUPモールでさらにポイントが貯まる
・ショッピング補償が付帯している
・ETCカードを無料で発行できる
デメリット ・リボ払いによる長期返済で手数料が高額になる場合がある
・旅行傷害保険の付帯がない
おすすめの人 ・審査に不安な方
・月間の利用金額を細かく把握して計画的に利用できる方

三井住友カードリボスタイルは、名称からわかる通りリボ払い専用のクレジットカードです。申し込み対象者は「高校生を除く満18歳以上の方」となっており、無職の方でもカードを持てる可能性があります。

クレジットカード利用がリボ払いになってしまうため、利用額には注意しながら使うと良いでしょう。

三井住友カードリボスタイルは、年会費が無料で基本のポイント還元率が1.0%と高い点がメリットとして挙げられます。

またショッピング補償が付帯しているため、購入した品物の破損や盗難にも対応することも可能です。

基本のポイント還元率が1.0%と高いクレジットカードですね!
リボ払いには注意が必要ですが、計画的に利用すればメリットの大きいクレジットカードと言えるでしょう。

ネットショッピングでもお得なリボ払いカード!

楽天カード

楽天カード

カード名 楽天カード
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
ポイント還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 通常1週間~10日
付帯サービス ・海外旅行傷害保険
・ETCカード
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercard、AMERICAN EXPRESSのみ)
・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・通常のポイント還元率が1.0%と高い
・ポイント付与が楽天市場で3倍、楽天トラベルで2倍になる
・海外旅行傷害保険や海外緊急サービスがついている
・カードのデザインが選べる
デメリット ・期間限定ポイントが多く失効しやすい
・配信メールが多い
おすすめの人 ・楽天市場をよく利用する方
・お得に楽天ポイントを貯めたい方
・年会費無料のカードがほしい方

楽天カードは、楽天カード株式会社が発行している年会費無料のクレジットカードです。申し込み条件に年収の指定がないため、無職の方でも発行できる可能性があります。

楽天カードは、年会費が永年無料で基本のポイント還元率が1.0%と高いため普段使いで活躍します。また、海外旅行傷害保険も充実しているためよく旅行する方にはおすすめです。

さらに楽天カードは、定期的にキャンペーンを開催しているためお得にポイントが貯まる機会が多いと言えるでしょう。

基本のポイント還元率が1.0%と高いため、楽天系列サービスではもちろん普段使いでも活躍します。

年会費無料で楽天系列サービスでお得!

ライフカード年会費無料

ライフカード年会費無料

カード名 ライフカード年会費無料
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
ポイント還元率 0.1%
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
付帯サービス 会員割引価格(最大8%OFF)で国内外のパッケージツアーを予約できる
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(VISA、Mastercardのみ)
・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・楽天Edy
・Suica
・nanaco
メリット ・Lモール経由のネットショッピングでポイントが貯まりやすい
・誕生日の月はポイントが3倍になる
・ETCカードの年会費がかからない
デメリット ・ポイント還元率が基本0.1%と低い
おすすめの人 ・年会費無料のカードがほしい方
・海外旅行にあまり行かない方

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。

申し込み対象者は「学生を除く日本国内にお住まいの18歳以上の方」となっており、無職の方でも持てる場合があります。

ライフカードのメリットは、誕生月の買い物は貯まるポイントが3倍になります。また、ETCカードの付帯に年会費や手数料がかからない点もメリットと言えるでしょう。

さらにLモール経由のネットショッピングを利用すると、最大25倍のポイントが貯まるためネットショッピングでもお得になります。

ネットショッピングでもお得に利用できるのですね!
ネットショッピング以外でも入会年や誕生月はポイント還元率が高いため、利用方法を工夫するとポイントをお得に貯められます。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

カード名 イオンカードセレクト
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
ポイント還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 1~2週間程度
付帯サービス ポイント特約店でポイントが2倍になる
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・WAON
メリット ・イオン系列店舗でお得に利用できる
・家族カードやETCカードも年会費がかからない
・電子マネーWAONに対応している
・ショッピング保険が付帯している
デメリット ・最低交換ポイント数が高い
・イオン銀行の口座のみ引き落としができる
おすすめの人 ・イオン系列のサービスをよく利用する方
・年会費無料のクレジットカードがほしい方

イオンカードセレクトは、イオン銀行が発行しているクレジットカードです。収入に関する指定が定められていないため、無職の方も発行できる可能性があります。

イオンカードセレクトは、イオン系列の店舗で利用すると常に2倍のポイント還元率を受けられます。また毎月2回開催される「お客様感謝デー」では、すべての商品を5%オフで購入可能です。

さらにショッピング補償も付帯しているため、安心して買い物を楽しめます。

イオン系列店舗をよく利用する方は必ずチェックしたいクレジットカードです。

イオン系列店舗でお得に利用できる!

ACマスターカード

ACマスターカード

出典:ACマスターカード 公式サイト

カード名 ACマスターカード
ランク 一般カード
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.25%(自動キャッシュバック)
年会費 無料
発行スピード 最短即日
付帯サービス なし
対応スマホ決済 なし
対応電子マネー なし
メリット ・比較的発行しやすい
・最短即日で発行できる
・利用金額の0.25%が自動でキャッシュバックされる
デメリット ・リボ払い専用のため手数料が高額になる
・自動キャッシュバックのためポイントや特典がない
おすすめの人 ・すぐにカードを発行したい方
・審査に不安がある方

ACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行するカードローン付きクレジットカードです。消費者金融系のクレジットカードのため、比較的審査に通りやすく無職の方もカードを持てる可能性があります。

ACマスターカードのデメリットは、利用者に便利なポイントや特典がほとんどない点です。また対応する電子マネーやスマホ決済もないため、クレジットカードの最低限の機能のみと言えるでしょう。

一方で、利用金額の0.25%が自動でキャッシュバックされるため、ほかのクレジットカードのようにポイントを管理する必要がありません。

また、最短即日で発行可能な点もすぐにクレジットカードが必要な方には大きなメリットと言えるでしょう。

最短即日で発行できるのは嬉しい特徴ですね!
審査は不安だけどすぐにクレジットカードを手に入れたい方にはおすすめの一枚です。

審査が不安な方でも発行しやすい!

無職で審査が不安な方におすすめのクレジットカード一覧

無職で審査が不安な方に、おすすめのクレジットカードを一覧でまとめました。実際にクレジットカードを選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。

カード名 発行会社 年会費 国際ブランド 特徴
三井住友カードリボスタイル 銀行系 無料 VISA 年会費無料で高いポイント還元率を受けられる
楽天カード 流通系 無料 ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICANEXPRESS
楽天系列サービスでお得に利用できる
ライフカード年会費無料 信販系 無料 ・VISA
・Mastercard
・JCB
ETCカードや家族カードも年会費無料で発行できる
イオンカードセレクト 流通系 無料 ・VISA
・Mastercard
・JCB
イオン系列店舗でお得に利用できる
ACマスターカード 消費者金融系 無料 Mastercard 最短即日で発行できる
AmazonMastercardクラシック 流通系 ・初年度無料
・2年目以降1,375円
Mastercard Amazonのネットショッピングでお得に利用できる
大丸松坂屋カード 流通系 2,200円 VISA 最短即日で発行できる
ライフカードデポジット型 信販系 5,500円 Mastercard 限度額によってETCカードを無料で発行できる
イオンカード(WAON一体型) 流通系 無料 ・VISA
・Mastercard
・JCB
イオン系列店舗でお得に利用できる
エポスカード 流通系 無料 VISA 全国の1万以上の特約店を利用できる
上表の中でも三井住友カードリボスタイルがおすすめです。年会費が無料で基本のポイント還元率が1.0%と高いため、リボ払いに注意すれば普段使いで活躍します。

ネットショッピングでもお得なリボ払いカード!

無職・ニートがクレジットカードの審査に通るためのポイント

無職やニートがクレジットカードの審査に通るためのポイントとして、以下の点が挙げられます。

上記のポイントを押さえることで信用度が上がり、希望するクレジットカードが発行しやすくなります。

ここからは、それぞれのポイントについて見ていきましょう。

クレヒスを積む

無職やニートの方がクレジットカードの審査を通過するためのポイントとして、クレヒスを積むことが挙げられます。

クレヒスとはクレジットヒストリーの略称で、分割払いなどのクレジット支払いの履歴を指します。

延滞や支払い漏れなく期日に支払い続けることで、「返済期日を守ることができる人」と判断され、審査に通過しやすくなります。

なおクレヒスはクレジットカードの利用以外にも、スマートフォンの分割払いで積むことが可能です。

少額の利用でもクレヒスを積めるため、延滞しないように注意しましょう。

収入を作る

審査に通るためのポイントとして、収入を作ることも挙げられます。

無職やニートの方がクレジットカードの審査に通過できない一番の原因は、無収入であることです。そのためアルバイト収入でも構わないので、定期的な収入を作ることが大切になります。

定期的な収入なしの場合は、クレジットカードを利用しても返済する見込みがないと判断され、審査の通過が難しいと言えるでしょう。

アルバイトやパートでも問題ないですか...?
はい。発行するクレジットカードにもよりますが、まずは収入を作ることを優先しましょう。

消費者金融系か流通系のクレジットカードを申し込む

審査に通るためのポイントとして、消費者金融系か流通系のクレジットカードを申し込む方法もあります。

消費者金融系や流通系のクレジットカードは、利用者を増やすことを主な目的としています。そのため、銀行系のクレジットカードと比較して審査に通りやすい傾向があります。

それぞれのカードについて下表にまとめたので参考にしてください。

項目 流通系 消費者金融系
発行会社 イオン銀行
・楽天カード株式会社
三菱UFJフィナンシャル・グループアコム
カード例 イオンカードセレクト
楽天カード
ACマスターカード
特徴 年会費が無料で利用しやすい場合が多い 審査には通りやすいがカードの特典がほとんどない

上記のカードを利用してクレヒスを積み上げていくことで、よりハイステータスなクレジットカードの審査も通過できる可能性が高まります。

なお、消費者金融系のクレジットカードはリボ払い方式のみ対応しているため注意が必要です。

申し込みで嘘をつかない

クレジットカードの審査に通過するためのポイントとして、申し込みで嘘をつかないことがあります。

クレジットカードは、個人の信用に基づいて発行されるカードです。そのため、嘘をつくような申込者には信用を持てず審査を通過させません。

もし嘘が発覚した場合は、信用情報機関に審査落ちした記録が一定期間登録され残ってしまいます。

キャッシング枠をなしにする

キャッシング枠をなしで申し込むことも、審査に通るためのポイントとして挙げられます。

キャッシング枠は、ATMなどからクレジットカードを利用して現金の借り入れができるサービスのことです。キャッシング枠は借入金額として扱われるため、収入条件などの審査基準が厳しくなります。

特にキャッシングを必要とする予定がない方は、無暗にキャッシング枠を申し込まないのが良いですね!
キャッシング枠はクレジットカードを手に入れた後でも申し込み可能なため、必要な方は利用実績を積んでから申し込むのも一つの手段です。

多重申し込みをしない

審査に通るためのポイントとして、多重申し込みをしないことも挙げられます。

クレジットカードに申し込むと、その記録が信用情報機関に登録されます。審査の際は、信用情報機関に登録されている借入状況や申し込み状況が参照され、審査の可否が判断される仕組みです。

そのため多くの申込を短期間でしている場合、審査の際にその情報が伝わり「お金に困っているのではないか」などの悪い印象を与えてしまう可能性があります。

多重申し込みをしても審査にプラスにはならないため、クレジットカード申し込み後は無暗にほかのカードの申し込みは控えましょう。

無職でも作れる!無審査のカードの作り方

無審査で作れるカードとして、以下のカードが挙げられます。

上記のカードを作ることで、クレジットカードのようなキャッシュレス決済を行うことができます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

プリペイドカードの場合

無審査で作れるカードに、プリペイドカードがあります。

プリペイドカードとは事前に任意の金額をチャージしたカードを用意し、その範囲内でキャッシュレスの買い物を行うという仕組みのものです。

現金を持ち歩くことなく、クレジットカードのように素早く決済できることが特徴です。

プリペイドカードの作り方は、以下の通りです。

プリペイドカードを作る手順

  1. 氏名や住所などの必要な個人情報を入力する
  2. プリペイドカードの送付先または受け取り方法を選択する
  3. カードが届いたらチャージをして利用を開始する

デビットカードの場合

無審査で作れるカードに、デビットカードもあります。

デビットカードとは、銀行口座と連動して口座残高を上限としたキャッシュレス決済を行う仕組みのカードです。

デビットカードで決済をすると即時に口座残高に反映されるため、使いすぎてしまう心配もありません。

注意点として預金口座のある銀行でのみ利用できるため、デビットカードのサービス自体がない場合は発行できません。

デビットカードの作り方は以下の通りです。

デビットカードを作る手順

  1. 氏名や住所などの必要な個人情報を入力する
  2. デビットカードの送付先または受け取り方法を選択する
  3. カードが届いたら口座残高を確認して利用を開始する

家族カードの場合

無審査で作れるカードとして、家族カードもあります。

家族カードは、クレジットカード契約者の家族が契約者の信用の下に利用を許可する仕組みのクレジットカードです。

利用限度額は、契約者の限度金額と合算で設定されています。基本的に家族は無審査ですが契約者が通常通り審査を受けるため、注意が必要です。

家族カードの作り方は以下の通りです。

家族カードを作る手順

  1. 契約者が家族の個人情報を入力する
  2. 発行したカードの送付先住所を選択する
  3. 契約者の居住する住所に送付され、契約者本人が受け取る

無職の方がクレジットカードを作る際によくある質問

誰でも作れるクレジットカードはある?

誰でも作ることができるクレジットカードは存在しません。

新たにクレジットカードを作ることができない人の例として、ブラックリストに掲載されている方などが挙げられます。

ブラックリストとは、過去に金融事故を起こし信用情報に問題がある方のことを指します。具体的には、支払いの延滞や自己破産などをした方が対象です。

またこの記録は、信用情報機関で最長10年間残り続けるため日ごろから支払い遅延などを起こさないように注意する必要があります。

信用情報機関の記録が消えるまでは、クレジットカードを発行するのは難しいでしょう。

無職だとクレジットカードは更新できない?

無職でもクレジットカードの更新は行えます。基本的にクレジットカードの更新は、自動更新です。そのため重大な金融事故がない限り、更新することが可能です。

更新の可否は利用した金額の返済状況に左右されますが、延滞などもなく良好であれば問題なく更新されることが一般的です。

無職でも更新はできるのですね!安心しました!
更新を滞りなく行うためにも、クレジットカードの支払いは丁寧に管理しましょう。

自営業でも審査に問題ない?

自営業でも収入の証明があれば、審査の際も問題ありません。例えば税務署に開業届を出している方は、収入の証明ができるため審査に通過する可能性が高いと言えるでしょう。

具体的には以下のような公的書類を用意しておくと、収入の証明ができます。

用意しておきたい公的書類

  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 所得証明書

一方で収入の証明ができない場合は、審査で不利になる可能性が高いです。収入が証明できる書類を準備する為に、税務署に開業届を提出することをおすすめします。

無職でもクレジットカードを即日発行できる?

無職でもクレジットカードの審査に通過すれば、即日発行できる場合もあります。

例えば消費者金融系クレジットカードのACマスターカードは、最短即日でカードを発行可能です。

先述の通り定職に就いていない場合でも、家賃や配当金などで定期的な収入がある方や年金受給者などは審査に通る可能性が高いと言えます。

まとめ

この記事では、無職でも発行できる可能性が高いおすすめのクレジットカードや、審査に通りやすくなるための具体的なポイントを見てきました。

記事を読んだうえでどのクレジットカードを発行するか迷っている方は、三井住友カードリボスタイルがおすすめです。

ネットショッピングでもお得なリボ払いカード!

年会費が無料で基本のポイント還元率が1.0%と高いため、普段使いで利用しやすいでしょう。リボ払い専用であることには注意が必要ですが、比較的発行しやすいクレジットカードです。

改めておすすめのクレジットカードを確認したい方は「【無職・フリーターでも作れる可能性がある】お得なクレジットカード5選」を参考にしてください。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用したものになります。