2021年7月6日

【クレジットカードおすすめ5選】人気なクレカを比較|便利なカードを作るならどこがいい?

クレジットカード おすすめ

 

クレジットカードを発行したいけれど、数が多すぎてどのカードを選べば良いかわからない...
「とにかくおすすめのカードを知りたい!」という方はJCB CARD Wをチェックしてみてください。

JCB CARD Wのメリット

  • 年会費がずっと無料である
  • 基本のポイント還元率が1.0%と高い
  • スターバックスやセブンイレブンなど身近な店舗でお得に利用できる

年会費無料で高還元率!

一方で、自身の目的に合ったおすすめのクレジットカードを知りたい方も多いでしょう。

この記事では、以下のポイントに注目しておすすめのクレジットカードを解説していきます。

記事を最後まで読むことで、自身に合ったクレジットカードがわかるでしょう。

【厳選】おすすめクレジットカード5選

数あるカードの中でもおすすめのクレジットカードとして、以下の5枚を厳選しました。

それぞれのカードについて詳しくチェックしていきましょう。

JCB CARD W

JCB CARD W

カード名 JCB CARD W
ランク 一般カード
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
付帯サービス ポイント優待店の利用でお得になる
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・ポイント還元率が常に2倍以上になる
・海外旅行傷害保険が利用付帯される
・スターバックスやセブンイレブンなどの身近な店舗でお得に利用できる
デメリット ・40歳以上は申し込めない
・発行できるブランドがJCBのみである
おすすめの人 ・初めてクレジットカードを作る方
・年会費無料でお得にポイントを貯めたい方

JCB CARD Wは、株式会社ジェーシービーが発行するプロパーカードです。カードの利用で貯まるOki Dokiポイントは、JCB一般カードの2倍のためポイントが貯まりやすいクレジットカードと言えます。

また通常のポイント還元率1.0%に加え、セブンイレブンでの利用やスターバックスカードへのチャージなど、さらにポイントが加算される特約店があることも特徴です。

身近な店舗が特約店に指定されているため、普段使いでも活躍するでしょう。

さらにJCB CARD Wには、最高2,000万円まで補償するかいがいりょこうしょうがいほけんが付帯しているため、よく旅行に行く方も安心できる一枚です。

年会費無料で普段使いで活躍する一枚ですね!
39歳までの方が申込対象のため、40歳を迎えるまでに申し込むようにしましょう。

年会費無料で高還元率!

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

ランク 一般カード
国際ブランド ・Mastercard
・JCB
ポイント還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 最短8営業日
付帯サービス ・海外サポートデスクを利用できる
・オリコパッケージツアー割引サービスを利用できる
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay(Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・ポイント還元率が1.0%と高い
・オリコモール経由のネットショッピングでポイントが1.5倍になる
・海外旅行先で利用できるサービスが豊富にある
デメリット ・ポイントの有効期限が短い
・付帯保険がない
おすすめの人 ・電子マネーをよく利用する方
・海外旅行によく行く方

Orico Card THE POINTは信販会社のオリコが発行するカードの中でも、ポイント獲得に特化した特徴を持ちます。

Orico Card THE POINTのメリットは、ポイント還元率が1.0%と高めに設定されている点です。

特にカードを作成してから6か月間のポイント還元率は、通常の2倍になります。また「オリコモール」という専用サイトを経由することで、ネット通販の還元率が1.5倍になる点も見逃せません。

さらに本カード以外にも、ETCカードを手数料や年会費無料で発行できる点も魅力です。

普段の買い物以外にも、ネットショッピングでお得に利用できます。
入会後半年間はポイントが2倍になるため、近いうちに金額の大きい商品を買う予定のある方はさらにお得になりますね!

年会費無料でネットショッピングでも活躍!

リクルートカード

リクルートカード

カード名 リクルートカード
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
ポイント還元率 1.2%
年会費 無料
発行スピード -
付帯サービス リクルート系列店舗でお得に利用できる
対応スマホ決済 ・Apple Pay(VISA、Mastercardのみ)
・Google Pay(JCBのみ)
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・楽天Edy
・Suica
メリット ・常に1.2%の高い還元率を受けられる
・じゃらんやホットペッパーなどのリクルート系列のサービスでお得に利用できる
・国内外の旅行傷害保険が付帯している
デメリット ・リクルートポイントの使い道が少ない
・保険が利用付帯である
おすすめの人 ・高還元率なクレジットカードがほしい方
・リクルート系列のサービスをよく利用する方

リクルートカードはじゃらんやホットペッパービューティーなど、リクルート系列のサービスに強みを持つカードです。

リクルートカードのポイント還元率は、常に1.2%と高い水準で年会費無料のクレジットカードの中でも群を抜いて高還元率と言えます。

また旅行保険は海外旅行のみでなく国内旅行にも対応しているため、旅行が好きな方にもおすすめです。

さらにリクルートカードは、貯めたポイントをPontaポイントに変換することでギフト券や買い物での支払いなどさまざまな用途に利用できます。

常にポイント還元率が高いカードとして利用できるため、お得な使い方を意識しなくてもどんどんポイントを貯められます。

年会費無料で1.2%の高還元率!

dカード

dカード

カード名 dカード
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
ポイント還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 通常1~3週間
付帯サービス ポイント特約店の利用でお得になる
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー iD
メリット ・常に1.0%以上の高還元率を受けられる
・マツモトキヨシや高島屋などのdカードの特約店でポイントがお得に貯まる
・ポイントの使い道が豊富にある
デメリット ・旅行傷害保険が付帯していない
・国際ブランドが2種類のみ
おすすめの人 ・ドコモの携帯をお使いの方
・ポイント特約店でお得に買い物をしたい方

dカードは、NTTドコモが発行するクレジットカードです。

dカードのメリットは、基本のポイント還元率が1.0%である点です。特にdカードのポイント加盟店であるマツモトキヨシや高島屋では、お得に利用できます。

またENEOSやメルカリなど、追加の倍率が設定されている特約店もあります。

さらにドコモユーザーの方には、携帯端末の故障や盗難を補償してくれるサービスも付帯するため、利用中の携帯キャリアがドコモの方にもおすすめです。

dカードはポイント特約店を利用する機会が多い方は、特に効率的にポイントを貯められるでしょう。
基本の還元率も1.0%と高めなため、普段使いで現金の代わりに利用するのも良いですね!

身近なポイント特約店でお得!

楽天カード

楽天カード

カード名 楽天カード
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
ポイント還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 通常1週間~10日前後
付帯サービス 楽天系列サービスでお得になる
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercard、AMERICAN EXPRESSのみ)
・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・楽天市場や楽天トラベルなどの楽天系列サービスでお得になる
・カードのデザインが豊富にある
・海外旅行先で使える特典が豊富にある
デメリット ・有効期限があるポイントが多い
・配信されるメールの数が多い
おすすめの人 ・楽天系列サービスをよく利用する方
・年会費無料で高いポイント還元率を受けたい方

楽天カードは、楽天カード株式会社が発行するテレビCMでもお馴染みのクレジットカードです。

カードの利用で貯まる楽天ポイントは楽天市場などで手軽に利用できるため、普段から楽天のサービスを利用している方はお得さを実感できるでしょう。

また楽天カードは、楽天系列のサービスでボーナスポイントを獲得できます。楽天市場や楽天ブックスなどを普段から利用する方には、特におすすめです。

さらに海外旅行保険やレンタカーの優待など、海外旅行で便利な特典も充実しています。

楽天経済圏では定期的にキャンペーンが開催されるため、それらを利用するとさらにお得になります。

年会費無料で楽天系列サービスでお得!

【性能別比較】便利なクレジットカード

カードに求める機能をある程度想定できていれば、性能別に選ぶこともできます。以下の性能別におすすめのカードをまとめました。

各カテゴリーについて情報を得ることで、自身の使い道に合ったカードを選ぶ時の手助けとなるはずです。ここからは、それぞれの性能別におすすめのカードを詳しくチェックしていきましょう。

ポイントが高還元率なカードなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
常に1.2%の高いポイント還元率をもらえる
JCB CARD W 無料 1.0% JCB ポイント特約店でお得になる
dカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
ポイント特約店でお得になる

上表の中でもリクルートカードは、特におすすめの一枚です。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%で、ほかのクレジットカードと比較して高めに設定されています。利用金額が増えてくると、0.2%の違いが大きな差になるでしょう。

またじゃらんでの宿泊予約で3.2%、ポンパレモールでの買い物で4.2%など特約店の利用で還元率はさらに高くなります。

貯めたポイントは、Pontaポイントと交換可能なため利用用途も幅広く自身がほしいものと交換可能です。

基本の還元率が高く倍率アップの事前登録なども必要ないため、カード決済を選ぶのみで効率的にポイントを貯められるでしょう。

年会費無料で1.2%の高還元率!

ほかにも高還元率なカードを詳しく知りたい方は「【クレジットカード還元率比較】お得にポイントが貯まる高還元率カードはどれ?」も参考にしてください。

年会費無料のカードなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
Orico Card THE POINT 無料 1.0% ・Mastercard
・JCB
ネットショッピングをお得に利用できる
JCB CARD W 無料 1.0% JCB 常に1.0%以上のポイント還元率を受けられる
dカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
ドコモユーザーはお得に利用できる

上表の年会費無料のカードの中でも、Orico Card THE POINTは特におすすめの一枚です。

Orico Card THE POINTは基本のポイント還元率が1.0%と高く、入会後半年は2倍に上昇します。入会キャンペーンを受けられる利用額は50万円までという条件はあるものの、利用場所を問わず貯められる点は優秀です。

またオリコモールを経由することで、店舗ごとのボーナスに加えて0.5%の還元率アップを受けられます。年会費が永年無料なため、メインカードとしてもサブカードとしても活躍するでしょう。

年会費無料でネットショッピングでも活躍!

すぐに利用できるカードなら

カード名 発行日数 受取日 年会費 国際ブランド
セゾンカードインターナショナル 最短即日発行 当日受け取り 無料 ・VISA
・Mastercard
・JCB
JCB一般カード 最短即日発行 翌日受け取り ・初年度無料(オンライン入会のみ)
・2年目以降1,375円(年間のショッピング利用50万円以上の方は無料)
JCB
MICARD+(エムアイカードプラス) 最短即日発行 当日受け取り ・初年度無料
・2年目以降2,200円
・VISA
・AMERICAN EXPRESS

すぐに利用できるカードの中でもセゾンカードインターナショナルは、特におすすめできます。

セゾンカードインターナショナルをセゾンカウンターで受け取る形式の場合、最短で申し込み当日のうちにカードを手に入れられます。

そのためすぐにカード決済が必要な場面でも、問題なく対応できるでしょう。ナンバーレスを選択し、デジタルカードを即日発行することも可能です。

また全国の西友やリヴィンで5%割引で買い物ができるため、普段の買い物でも活躍すると言えます。

セゾンカードインターナショナルは「できる限り迅速にカードを発行したい方」に、おすすめのクレジットカードです。

ほかにも即日で発行できるカードを詳しく知りたい方は「即日発行できるクレジットカード5選!すぐに作れる最短即時発行カードや審査が早いおすすめカードを紹介!」も参考にしてください。

【属性別比較】人気なクレジットカード

自身に適したカードを見つけたいなら、属性に合わせたカード選びも大切です。以下のような属性ごとにおすすめのカードをまとめました。

属性別でおすすめのカードの情報を把握することで、自身が申し込むべきカードが選びやすくなります。それぞれのカードを詳しくチェックしていきましょう。

初めて作成する方にはこれ

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
JCB CARD W 無料 1.0% JCB JCB一般カードと比べてポイントが常に2倍以上もらえる
Orico Card THE POINT 無料 1.0% ・Mastercard
・JCB
入会後半年間はポイント還元率が2倍になる
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
ポイント還元率が常に1.2%と高い

上表の中でも、特にJCB CARD Wはカード初心者におすすめしたい一枚です。

JCB CARD Wは獲得できるポイントが常にJCB一般カードの2倍以上になるため、初心者でもポイントを貯めやすい環境が整っています。

セブンイレブンやスターバックス、Amazonなど還元率がアップする優待店によく利用する身近な店舗が多いこともメリットです。

現金での支払いをJCB CARD Wに変更するだけで、ポイントプログラムの恩恵を実感できるでしょう。

JCB CARD Wは年会費も永年無料で使いやすいため、初めて作るにはぴったりのクレジットカードと言えます。

年会費無料で高還元率!

学生の方にはこれ

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
ライフカード(学生専用) 無料 0.5% ・VISA
・Mastercard
・JCB
学生特有の審査が実施される
三井住友カード デビュープラス ・初年度無料
・2年目以降1,375円(年に1回以上の利用で無料)
1.0% VISA 学生・新社会人向けのクレジットカードである
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
リクルート系列のサービスでお得に利用できる

上表の中でもライフカード(学生専用)は名称の通り学生向けのカードで、特におすすめできます。

還元率は0.5%と標準的ですが、L-Mall利用のネットショッピングで最大12.5%まで上昇するため利用方法次第でお得に利用することが可能です。

またライフカード(学生専用)は、学生であることを前提にした審査が実施されます。そのため、学生の方でも比較的審査に通りやすいと言えるでしょう。

さらにスマホ料金の支払いに指定することで、毎月500円のAmazonギフト券が当たる権利を得られます。当選確率は10人に1人と高く、在学中に複数回恩恵を受けることも不可能ではありません。

さらに在学中に支払いの延滞なく利用することでクレヒスを積めるため、社会人になった際のクレジットカードの審査でも有利になる可能性があります。

学生独自の審査で比較的審査に通りやすい!

ほかにも学生におすすめのカードを詳しく知りたい方は「学生におすすめのクレジットカード5選|大学生でも作れる学生向けカードを紹介!」も参考にしてください。

新社会人の方にはこれ

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
三井住友カードデビュープラス ・初年度無料
・2年目以降1,375円(年に1回以上の利用で無料)
1.0% VISA 学生・新社会人向けのクレジットカードである
dカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
ドコモユーザーはお得になる
JCB CARD W 無料 1.0% JCB 年会費無料で使いやすい

新社会人の方におすすめのカードの中でも特におすすめなのは、三井住友カードデビュープラスです。18~25歳限定のカードで、申込対象者からも新社会人の方に適していると言えます。

また26歳以降は三井住友カード プライムゴールドにアップグレード可能です。また年1回の利用で年会費が無料になるため、年会費を気にする必要はないでしょう。

三井住友カードデビュープラスは、一般の三井住友カードと比べて常にポイントが2倍貯まるため、効率的にポイントを貯めることが可能です。

大手コンビニ3社やマクドナルドで3倍の還元率になる特典もあり、普段の生活の中でポイントを貯めやすいカードと言えるでしょう。

また対象店舗を3店舗まで選択し、追加のポイントを得られる仕組みもお得です。新社会人になってクレジットカードを利用する機会が増える方でも、よく利用する店舗の利用でお得になります。

学生・新社会人がお得に使える一枚!

女性の方にはこれ

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
JCB CARD W plus L 無料 1.0% JCB 女性向けの付帯特典が充実している
Orico Card THE POINT 無料 1.0% ・Mastercard
・JCB
対応する電子マネーが豊富にある
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
ホットペッパービューティーをお得に利用できる

上表の中でもJCB CARD W plus Lは、女性向けの特典を備えたおすすめの一枚です。

JCB CARD W plus Lのメリットは、女性特有の疾病に備える保険に任意で加入できる点です。また美容やファッションなどに関する優待や抽選キャンペーンなど、協賛企業によるさまざまな女性向け特典も利用できます。

さらに、JCB CARD Wと同様に常に獲得ポイントは2倍になります。そのためJCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wのメリットを享受しつつ、女性向けの特典も活用できるお得なカードと言えるでしょう。

年会費無料で女性向け特典が豊富!

ほかにも女性におすすめのカードを詳しく知りたい方は「【2021年最新】女性向けのおすすめ人気クレジットカードはこれ!大人女子も嬉しいお得な特典が多いカードも紹介」も参考にしてください。

主婦の方にはこれ

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
dカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
スタバやマツモトキヨシでお得に利用できる
イオンカードセレクト 無料 0.5% ・VISA
・Mastercard
・JCB
イオン系列店舗でお得に利用できる
エポスカード 無料 0.5% VISA 海外旅行先での特典が豊富にある

主婦の方には、上表の中でもdカードを特におすすめします。

dカードは基本のポイント還元率が1.0%と高めであり、食品や日用品の購入に利用するだけでお得にポイントを貯められます。

またスターバックスカードへのチャージやマツモトキヨシでの買い物など、主婦の方がよく利用する店舗で追加のポイントを得られる点もメリットです。

ドコモの携帯端末を補償するサービスもあるため、ドコモユーザーにもおすすめと言えます。

なお貯めたdポイントはポイント特約店をはじめとした身近な店舗での支払いでお得に利用できます。

身近なポイント特約店でお得!

ほかにも専業主婦におすすめのカードを詳しく知りたい方は「専業主婦におすすめのクレジットカード5選!主婦でも作れる人気カードや審査について解説!」も参考にしてください。

同棲している方・夫婦にはこれ

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
エポスカード 無料 0.5% VISA テーマパークやカラオケ、美容院などで割引を受けられる
楽天カード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
楽天系列サービスをお得に利用できる
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
ポイント還元率が常に1.2%以上と高い

同棲している方や夫婦におすすめのカードの中でも、エポスカードは特におすすめの一枚です。

エポスカードはカラオケやボウリングなど2人で楽しめる施設が優待店に指定されていて、利用料金の割引や1ゲーム無料などの特典を利用可能です。

また年4回マルイのセールに参加することができるため、カテゴリーを問わずさまざまな商品の購入に役立ちます。さらに全国の1万か所以上のレジャー施設で優待サービスを受けられるため、2人の旅行などでも活躍します。

上記からわかる通り、エポスカードは2人で暮らしている方が嬉しい特典が豊富な一枚です。

全国1万店舗以上の優待店でお得に利用できる!

無職の方にはこれ

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
三井住友カード リボスタイル 無料 1.0% VISA ポイントUPモール経由でお得にネットショッピングできる
楽天カード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
年会費無料で高いポイント還元率を受けられる
ライフカード年会費無料 無料 0.5% ・VISA
・Mastercard
・JCB
ポイントプログラムが充実している

上表の中でも三井住友カードリボスタイルは、申し込み対象が18歳以上と無職の方にもおすすめです。

三井住友カードリボスタイルは審査難易度がやや甘めという評判があり、ほかのカードを発行できない方でも作れる可能性があります。

またポイントアップモールを経由することで最大20倍のポイントが貯まるなど、還元率が上がる仕組みも豊富です。

リボ払い限定ではあるものの、クレジットカードを一枚持っておきたいなら発行を検討する価値があるでしょう。

ネットショッピングでもお得なリボ払いカード!

ほかにも無職におすすめのカードを詳しく知りたい方は「無職でも作れた人がいるクレジットカード!無職になったらカードは作れないは嘘?」も参考にしてください。

【目的別比較】おすすめクレジットカード

カードの使い道があらかじめ分かっているなら、目的別に選ぶのも良いでしょう。以下の目的ごとにおすすめのカードをまとめました。

確かにどの目的でクレジットカードを発行するかは大切なポイントですよね!
利用目的に合ったカードを知ることで、より目的に合った適切なカードを選びやすくなります。それぞれのカードについて詳しくチェックしていきましょう。

普段使い・ネットショッピングで使いたいなら

カード名 お得になる店舗・通販サイト ポイント還元率 年会費 国際ブランド
Orico Card THE POINT ・amazon
・Yahoo!ショッピング
1.0% 無料 ・Mastercard
・JCB
JCB CARD W ・スターバックス
・セブンイレブン
1.0% 無料 JCB
ルミネカード ルミネ 0.5% ・初年度無料
・2年目以降1,048円
・VISA
・Mastercard
・JCB
タカシマヤカード 高島屋 0.5% ・初年度無料
・2年目以降2,200円
・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS

上表の中でも特におすすめなのは、Orico Card THE POINTです。

Orico Card THE POINTは還元率が1.0%であることに加えて、入会後6か月間は還元率が2倍になるクレジットカードです。高還元率を受けるための特殊な条件はないため、普段使い・ネットショッピングでも効率的にポイントが貯まります。

またオリコモールを経由することでポイント還元率が上がるシステムがあるため、ネットショッピングは特にポイントが貯まりやすいです。

Orico Card THE POINTを利用することで、ネットショッピングを含めた普段の買い物をよりお得にできます。

年会費無料でネットショッピングでも活躍!

公共料金をお得に支払いたいなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
公共料金の支払いで1.2%の還元率を受けられる
JCB CARD W 無料 1.0% JCB 年会費無料で基本のポイント還元率が高い
dカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
常に1.0%以上のポイント還元率を受けられる

公共料金をお得に支払うなら、リクルートカードがおすすめです。

リクルートカードは1.2%という高い還元率を活かして、公共料金の支払いでポイントを貯めやすいカードです。電話料金や新聞購読料の支払いにも対応しているため、毎月固定でかかる費用をカード決済に切り替えるとお得になります。

また公共料金の支払い以外でも1.2%の高還元率は適用されるため、普段使いとしても活躍する一枚です。

公共料金を引き落としや口座振込で支払っているなら、リクルートカードを作成することで手軽にお得さを実感できるでしょう。

年会費無料で1.2%の高還元率!

マイルをお得に貯めたいなら

カード名 マイル交換率 年会費 国際ブランド 特徴
ANA To Meソラチカカード 1マイル200円 ・初年度無料
・2年目以降2,200円
JCB ANAマイルがお得に貯まる
ANA JCB カード 1マイル200円 ・初年度無料
・2年目以降2,200円
JCB 基本のポイント還元率が1.0%と高い
JAL普通カード 1マイル200円 ・初年度無料

・2年目以降2,200円

・VISA
・Mastercard
・JCB
ショッピングでもマイルを貯められる

上表の中でもANA To Meソラチカカードは、ANAマイルを貯めたい方に特におすすめしたい一枚です。

ANA To MeソラチカカードはPASMOと一体型のカードであり、オートチャージや定期券の購入でANAマイルへ移行可能なメトロポイントが貯まる仕組みです。

また入会、継続や搭乗の際にボーナスマイルが付与されるシステムが存在するため、マイルを得るチャンスが多くあります。

2年目以降2,200円の年会費がかかりますが、積極的に利用することでマイルを稼ぎ年会費の元をとることは難しくないでしょう。

ANA To Meソラチカカードを作成することで、航空機を頻繁に利用しない方でもマイルを貯められるようになるでしょう。

ほかにもマイルが貯まるおすすめのカードを詳しく知りたい方は「マイルが貯まるクレジットカード比較|マイレージを貯めるのにおすすめの高還元率カードやマイルの貯め方を紹介」も参考にしてください。

海外旅行で役に立つカードなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
JCB CARD W 無料 1.0% JCB 旅行先のサポート内容が充実している
楽天カード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
ハワイにカード会員専用のラウンジがある
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
海外旅行傷害保険が利用付帯している

海外旅行で役に立つ上表のクレジットカードの中でも、JCB CARD Wは特におすすめです。

JCB CARD Wは海外に設置されているJCBプラザで、観光地の紹介などさまざまなサポートを日本語で受けることが可能なクレジットカードです。

最高2,000万円の海外旅行保険も付帯するため、現地でのトラブルに備えたい方にもおすすめです。海外旅行へ出かける際にJCB CARD Wを用意することで、旅の安心感が増します。

メインで使う一枚目としてのみでなく、旅行先でのサポートをプラスする目的のサブカードとしても価値があります。

年会費無料で高還元率!

ガソリンスタンドでお得に使いたいなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
apollostation card 無料 0.5% ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
出光の利用で値引きサービスを受けられる
楽天カード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
常に1.0%以上のポイント還元率を受けられる
dカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
ENEOSでお得に利用できる

ガソリンスタンドでお得に使いたい方には、apollostation cardは特におすすめです。

apollostation cardは出光SSで給油する際に、ガソリン・軽油が1Lあたり2円、灯油が1Lあたり1円値引きされます。また利用明細をWeb形式にすることで、約1か月間ガソリン・軽油の値引き額が1Lあたり3円にアップします。

このカードは、基本のポイント還元率が0.5%と標準的ですが、ガソリンスタンドでの利用を前提にするなら割引特典のお得さでカバーできるでしょう。

出光SSで給油する機会の多い方なら、値引き用と割り切っても持つ価値のあるカードです。

出光でお得に利用できる!

オプションカード(ETCカード、家族カード)がほしいなら

カード名 年会費 ポイント還元率 オプションカード年会費 国際ブランド
Orico Card THE POINT 無料 1.0% ・ETCカード:無料
・家族カード:無料
・Mastercard
・JCB
JCB CARD W 無料 1.0% ・ETCカード:無料
・家族カード:無料
JCB
dカード 無料 1.0% ・ETCカード:無料
※年1回以上の利用で翌年も無料
・家族カード:無料
・VISA
・Mastercard

オプションカードが必要な方におすすめのカードは、上表の中でもOrico Card THE POINTです。

Orico Card THE POINTは家族カードを3枚まで無料で発行できます。ETCカードも無料で追加できるため、家族での外出でも活躍します。

またこのカードは、家族で利用金額を合算してオンラインギフト券や商品券への交換基準を比較的簡単に満たすことが可能です。

ポイント還元率は高速料金の支払いでも同様なため、お得さを実感しやすいでしょう。上記からわかる通りOrico Card THE POINTを発行することで、家族カード・ETCカードのどちらもコストをかけずに追加できます。

年会費無料でネットショッピングでも活躍!

ハイステータスカードに育てたいなら

カード名 年会費 ポイント還元率 ランクアップ後カード 国際ブランド
三井住友カードデビュープラス ・初年度無料
・2年目以降1,375円
1.0% 三井住友カードプライムゴールド VISA
JCB一般カード ・初年度無料
・2年目以降1,375円
0.5% JCBゴールド JCB
アメリカン・エキスプレス・カード 13,200円 0.5~1.0% アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード AMERICAN EXPRESS

ハイステータスカードに育てたい方には、上表の中でも三井住友カードデビュープラスはおすすめの一枚です。

三井住友カードデビュープラスは、26歳以降にプライムゴールドに切り替わる仕組みです。プライムゴールドは30歳以降に三井住友カードゴールドとなるため、ステータスの階段を1つずつ上がっていけます。

またポイント還元率が1.0%と高いため、積極的に利用するとお得にポイントを貯めながらクレヒスを積み重ねることも可能です。

上記からわかる通り三井住友カードデビュープラスは、インビテーションの条件を深く考えずにハイステータスカードを目指せます。

学生・新社会人がお得に使える一枚!

会社で利用したいなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
NTT ファイナンスBizレギュラーカード 無料 1.0% VISA Web明細編集サービスで経理処理が簡単になる
JCB法人カード ・初年度無料
・2年目以降1,375円
0.5% JCB 従業員カードを発行できる
三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカード ・初年度無料
・2年目以降1,375円
0.5% ・VISA
・Mastercard
審査に登記簿謄本や決算書は必要ない

会社で利用したい方には、上表の中でもNTT ファイナンスBizレギュラーカードを特におすすめします。

NTTファイナンスBizレギュラーカードはWeb明細編集機能が付いていて、経理処理の手間を短縮できます。費用科目を自由に設定できるため、会社の経理に合わせた編集も可能です。

また還元率が1.0%と高めに設定されていて、ポイント獲得の面でもメリットのあるカードと言えます。さらに年会費も永年無料なため、カードの維持コストを気にすることなく利用できるでしょう。

上記からわかる通り、NTTファイナンスBizカードは会社で利用するために発行することで、カード決済に関する会計を簡単にしつつポイントもお得に貯められます。

ほかにも法人におすすめのカードを詳しく知りたい方は「【法人クレジットカードおすすめ5選】ポイント還元率やビジネスでお得な決済サービスを比較」も参考にしてください。

ゴールドカードがほしいなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
dカードGOLD 11,000円 1.0% ・VISA
・Mastercard
国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料で利用できる
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 31,900円 0.5~1.0% AMERICAN EXPRESS 高級レストランの優待特典を受けられる
MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド) 11,000円 1.0% ・VISA
・AMERICAN EXPRESS
三越伊勢丹グループ百貨店でお得に利用できる

ゴールドカードがほしい方には、上表の中でもdカードGOLDが特におすすめです。

dカードGOLDは国内やハワイの主要空港ラウンジを無料で利用できるため、搭乗までの待ち時間をリラックスしながら過ごせます。

またドコモのスマホ料金を10%割引、携帯電話の紛失・盗難に対する補償など、ドコモならではの特典が多いこともメリットです。

さらにdポイント加盟店のローソンやマツモトキヨシでは、通常の還元率に加えてdポイントが加算される仕組みもあります。

ドコモユーザーの方ならdカードGOLDを申し込むことで、充実した特典をお得に利用できるでしょう。

ポイントがお得なゴールドカード!

かわいいデザインがほしいなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
JCB LINDA 無料 0.5% JCB 8種類のかわいいデザインのカードから選べる
ディズニーJCB ・初年度無料
・2年目以降2,200円
0.5% JCB ディズニーストアでお得に利用できる
楽天PINKカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
乳がんなど女性特定疾病の保険に加入できる

上表の中でもJCB LINDAは、デザインにこだわる方に特におすすめしたいカードと言えます。

JCB LINDAはデータ維持料がかかりますが、スマホ料金の支払いもしくは月1万円以上の利用で無料となります。

JCB LINDAのカードデザインは無機質でビジネスライクなものではなく、かわいさやおしゃれさを感じられるものとなっています。複数の選択肢があるため、好みに合ったデザインを見つけられることでしょう。

また女性向けの保険を追加できる点も、JCB一般カードにはない魅力です。JCB LINDAを選ぶことで、自身の好みのデザインのカードを手に入れられます。

8種類のおしゃれなデザインから選べる!

ほかにもデザインがかわいいカードを詳しく知りたい方は「デザイン重視のクレジットカード5選|券面・図柄がディズニーデザインのカードも紹介」も参考にしてください。

【国際ブランド別比較】おすすめクレジットカード

国際ブランドもカード選びで無視できない項目です。特に2枚目以降は一枚目と異なるブランドを選ぶと、より便利になるでしょう。

国際ブランド別でおすすめのカードを、以下のようにまとめました。

それぞれのカードを詳しくチェックしていきましょう。

JCBで選ぶなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
JCB CARD W 無料 1.0% JCB 年会費無料で基本のポイント還元率が高い
JCB CARD W plus L 無料 1.0% JCB 女性向けの付帯特典が充実している
ファミマTカード 無料 0.5% JCB ポイント特約店でお得に利用できる

JCBで発行できるカードの中でも、JCB CARD Wは特におすすめです。

JCB CARD WはJCB一般カードの2倍以上のポイントが還元されるため、使い方を工夫しない場合でも効率的にポイントを貯められます。

豊富な優待店をうまく活用すると、さらにポイントを貯めるスピードを上げられるでしょう。また前提条件なしで年会費が永年無料なため、作成後に維持コストを心配する必要がありません。

JCBのカードを発行したい方は、40歳になる前に一度チェックしてみることをおすすめします。

年会費無料で高還元率!

VISAで選ぶなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
リクルートカード 無料 1.2% ・VISA
・Mastercard
・JCB
リクルート系列のサービスでお得に利用できる
楽天カード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
年会費無料で高いポイント還元率を受けられる
dカード 無料 1.0% ・VISA
・Mastercard
ドコモユーザーはお得に利用できる

VISAで発行できるおすすめのクレジットカードはリクルートカードです。

リクルートカードは、基本のポイント還元率が1.2%と高く設定されており、ポイントを貯めやすい特徴があります。VISAの加盟店数の多さを考慮すると、ポイントを貯められる場面は数多く見つかるでしょう。

さらにリクルート系列のサービスでお得になるため、じゃらんやホットペッパーグルメを利用する方はお得さを感じやすいです。

リクルートカードをVISAで発行することで、カード払いできる場所を増やしつつ積極的なポイント獲得も実現できます。

年会費無料で1.2%の高還元率!

AMERICAN EXPRESSで選ぶなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
アメリカン・エキスプレス・カード 13,200円 0.5~1.0% AMERICAN EXPRESS 無料空港ラウンジサービスを利用できる
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 31,900円 0.5~1.0% AMERICAN EXPRESS 高級レストランの優待特典を受けられる
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 34,100円 1.0% AMERICAN EXPRESS マイルをお得に貯められる

AMERICAN EXPRESSで発行できるクレジットカードの中でもアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)は、特におすすめの一枚となります。

年会費が13,200円と高額ですが、用意されている特典が他会社のゴールドカード並のため年会費を支払う価値は十分にあるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードは国内主要空港のラウンジを無料で利用できることに加え、世界各国のラウンジを利用できるプライオリティ・パスに無料で登録できます。

またトラベルデスクや手荷物無料宅配サービスなど、海外旅行のサポートも充実しているカードです。そのため、頻繁に海外に行く方もアメリカン・エキスプレス・カードを保有することで安心して旅行を楽しめます。

アメリカン・エキスプレス・カードを作成することで、ワンランク上のサービスを利用できます。

一般カードながら豪華な優待特典を受けられる!

Mastercardで選ぶなら

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
Orico Card THE POINT 無料 1.0% ・Mastercard
・JCB
入会後半年間はポイント還元率が2倍になる
Amazon Mastercard ・初年度無料
・2年目以降1,375円(年に1回以上の利用で無料)
1.0% Mastercard Amazonの利用でポイント還元率が1.5倍になる
VIASOカード 無料 0.5% Mastercard ポイントが自動で還元される

Mastercardで発行できるクレジットカードの中でも、Orico Card THE POINTは特におすすめしたいカードです。

Orico Card THE POINTは基本のポイント還元率が1.0%で、入会後半年間は2.0%にアップする仕組みです。また年会費無料で発行できるため、ほかのカードとも併用しやすいメリットがあります。

さらに、オリコモールを経由してネットショッピングをするとAmazonや楽天市場で還元率がアップします。

Orico Card THE POINTを持つことで、効率的にポイントを貯められる環境を構築可能です。上手に利用すれば、メイン・サブのどちらの用途でも活躍してくれるでしょう。

年会費無料でネットショッピングでも活躍!

おすすめのクレジットカードを選ぶ際によくある質問

ポイント還元率の意味は?

ポイント還元率とは、カードの利用金額に対する得られるポイントの割合を示す数字です。

例えば還元率1.0%の場合、通常の買い物を5,000円分すると50円相当のポイントが得られます。利用場所によって還元率がアップする場合もあることも覚えておきましょう。

例えば楽天カードは通常1.0%還元ですが、楽天市場なら3.0%還元されます。5,000円分購入すると150円相当のポイントが付与される仕組みです。

還元率が高いカードを選ぶことで、同じ利用金額でもより多くのポイントを獲得できます。ポイントはキャッシュバックやギフト券などに活用できるため、還元率が高い方がお得と言えます。

ただし商品ごとに交換レートが異なる場合もあるため、注意してください。

どのようにクレジットカードを選べば良い?

クレジットカードを選ぶ際は以下の3つの項目をチェックしておくと良いでしょう。

クレジットカードを選ぶときのポイント

  • 年会費は無料か
  • ポイントは高還元率か
  • 自身の利用用途とあっているか

年会費が無料のカードを選ぶことで、仮に将来利用しなくなったとしても無駄な費用を支払わずに済みます。使い勝手が想定とやや異なる場合も、解約など面倒な手間をかける必要がありません。

次に還元率が高いクレジットカードカードを選ぶと、ポイントが貯まりやすいです。交換条件を満たせずポイントの有効期限切れになるなどの心配もなくなるため、できる限り還元率が高めのカードを選びましょう。

さらに利用用途に合ったカードを選ぶことで、性能を存分に発揮させやすくなります。例えば海外旅行が趣味の方は、海外旅行保険や空港ラウンジサービスを活かしやすいでしょう。

上記すべての項目を満たす必要はありますか...?
必ずしもすべての項目を満たす必要はありません。複数のカードを組み合わせて弱点を補う方法もあるため、自身に合った使い方を見つけてみましょう。

発行手数料がかかるクレジットカードはある?

一般的にクレジットカードを発行する際に手数料はかかりません。一方で、一部のカードでは紛失した際に再発行手数料を請求される場合があります。

例えばセゾンカードインターナショナルなどを取り扱うクレディセゾンでは、以下のようなコストがかかる仕組みです。

2010年10月1日(金)以降、カードの紛失・破損時等において、お客様がカードの再発行をされる場合、再発行手数料として一枚につき1,050円(税込)をお客様にご負担いただきます(一部、対象外のカードがございます)。

契約前に再発行手数料やその他の費用がかからないか、よく確かめておくのが良いでしょう。

クレジットカードを持つとメリットはある?

クレジットカードのメリットとして、以下の3つが挙げられます。

クレジットカードを持つメリット

  • 支払に現金が必要ない
  • カードの利用でお得にポイントが貯まる
  • 付帯特典を受けられる

現金を持ち歩く必要性が低くなるため、小銭が入った重い財布を持ち歩く手間が省けます。また、カードの利用で貯めたポイントを商品券やグッズと交換することで、家計の節約につなげられる点もメリットです。

さらに空港ラウンジを利用して待ち時間を有意義に過ごすなど、カード所持者ならではのサービスを満喫できます。

クレジットカードをもつとさまざまなメリットがあるんですね!
ポイントプログラムや付帯特典の内容はカードごとに異なるため、事前に発行するクレジットカードのメリットについてよく調べましょう。

まとめ

今回の記事では特におすすめのカードに加えて、属性別や目的別などカテゴリごとにおすすめのカードを紹介しました。自身の状況に合致した項目をチェックすることで、カード選びのヒントが得られるはずです。

選択肢が多くどのカードを発行するべきか迷っているなら、JCB CARD Wを選ぶことをおすすめします。

年会費無料で高還元率!

JCB CARD Wを発行すると1.0%という高めの還元率でポイントを貯められます。さらにスターバックスでのドリンク注文やAmazonでのネット通販など、さまざまな場面で効率的にポイントを貯められます。

貯めたポイントはキャッシュバック・商品券・ディズニーグッズなどさまざま商品と交換できるため、生活をより豊かにできるでしょう。

改めておすすめのクレジットカードを確認したい方は「【厳選】おすすめクレジットカード5選」を参考にしてください。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用したものになります。