高校受験の面接で聞かれやすい質問例8選!解答例と合わせて解説

高校受験で初めて面接を受ける中学生は多いと思います。そして、疑問や不安に思っていることがたくさんあると思います。少しでも不安を解消するためにも、面接でよく聞かれる質問や、注意しないといけないことなどを理解しておきましょう。

高校受験の面接で聞かれやすい質問例8選!解答例と合わせて解説

なぜ高校受験の面接が不安になるのか

高校受験で、初めて面接を受ける中学生も多いと思います。どんな質問をされるのか、面接で上手く答えられるかなど疑問や不安に思っていることがたくさんあるかもしれません。

高校受験の面接を受ける中学生は不安に思っているため、安心して受験に臨むために保護者の方は心の支えになってあげることが大切です。

少しでも不安を解消するために、面接のポイントや、聞かれやすい質問事項、面接のマナーをこれから紹介していきます。

高校受験の面接におけるポイント4つ

高校受験で初めて面接を受ける中学生は、面接のポイントを理解してスムーズに回答ができるようにしっかりと準備しておくと良いでしょう。

これから、高校受験の面接におけるポイントを4つ紹介していきます。

高校受験の面接におけるポイント1:具体的なエピソードを交える

どんな質問にも、具体的なエピソードを交えながら話すようにしましょう。ただ質問に答えるだけではなく、今までの経験を合わせて話すことで具体性と説得力が増します。一貫性を持った内容にするためにも、闇雲に話すのは避けましょう。

高校受験の面接におけるポイント2:学校の求める生徒像を把握しよう

面接では、学校の求める生徒像と考えや性質が一致していることをきちんとアピールすると面接官に好印象を持ってもらえるでしょう。今までの経験や自分の長所を交えながら、受験する学校の特徴や教育理念と結びつけて話すようにしましょう。

高校受験の面接におけるポイント3:自分の言葉で話せるようにしよう

面接で大事なことは自分の言葉で話すことです。面接では、限られた時間の中で自分をアピールしなければいけません。たくさんの生徒を見てきた面接官ですので、他人の言葉を借りて話してもすぐに見破られてしまいます。

自己PRや志望動機は事前に考えておいた方が良いですが、丸暗記するのではなくポイントとなる箇所だけを覚えるようにしましょう。ポイントとなる箇所を覚えておけば、自分の言葉で話すことができるはずです。

高校受験の面接におけるポイント4:簡潔明瞭な受け答えを心掛ける

面接では回答時間も大事になってきます。1つの質問に時間をかけすぎてしまうと、用意してきた内容の質問をされた時に十分に話せなくなってしまいます。1つの質問に対して15~20秒程で答えられるように簡潔に話すようにしましょう。

また、時間制限が決められている質問もあります。時間を大幅に超えるのも、短かすぎるのも良くありません。事前に時間を計って練習すると良いでしょう。

高校受験の面接で聞かれやすい質問例8選

これから、高校受験の面接で聞かれやすい質問例8つと回答例を紹介します。

これから紹介する質問例の回答を自分で考えておくと、面接で焦らず答えることができます。また、上記に記載した面接のポイントの内容も併せて考えると良いでしょう。

面接で聞かれやすい質問例1:入学したらやりたいこと

入学したらやりたいことは、面接で質問されることが多い質問内容です。中学時代に悔いが残っていることや将来の夢などと結びつけると良いでしょう。自分が入学してからやりたいことを正直に話しましょう。

回答例は、「私は高校に入学したら英語の勉強を頑張りたいです。将来は海外の方と関わる国際的な仕事をしたいと思っています。中学時代は、英語は苦手だったので高校では毎日勉強して得意科目にできるようにしたいです。」などです。

面接で聞かれやすい質問例2:志望動機について

志望動機についての質問は必ず聞かれる質問なので、しっかりと考えておきましょう。具体的で積極性を感じさせるような回答を、簡潔に伝えるようにすると良いでしょう。理由も一緒に伝えることで説得力が出ます。

回答例は、「私は中学時代から野球部に所属していました。高校へ入学しても野球部に所属して野球を頑張りたいと思っているので、貴校で自分の全力を発揮したいと思い志望しました。」などです。

面接で聞かれやすい質問例3:趣味や特技について

面接で聞かれる趣味や特技の内容は、評価対象ではないことが多いです。どのような人柄なのか、相手にわかりやすく説明することができるかなどを見ています。

回答例は、「私の特技はクラリネットの演奏です。中学校では吹奏楽部に入部し、クラリネットを担当していました。好きな曲をクラリネットで演奏している時は気分転換になります。高校に入学しても吹奏楽部に入部し、勉強と両立しながら頑張りたいです。」などです。

面接で聞かれやすい質問例4:将来の夢について

将来の夢については、面接で質問されることが多いです。自分の将来の夢を正直に答えるようにしてください。また、将来の夢に向かって今頑張っていることを併せて言うとアピールすることができるでしょう。

回答例は、「私の将来の夢は、海外の方と関わる国際的な仕事に就くことです。そのために、英語の勉強に力を入れて頑張っています。高校に入学してからも英語の勉強に取り組んで、英会話力も身につけられたら、と思います。」などです。

面接で聞かれやすい質問例5:中学校で頑張った取り組み

中学校で頑張った取り組みについての質問は、努力して何を学んだのかを知りたいという目的があります。そのため、頑張った内容だけでなく、その経験から学んだことや、克服したことを伝えると良いでしょう。

回答例は、「私はバレーボール部に所属し3年間頑張りました。バレーボール部の主将をやっていて、部員をまとめるのが大変でしたが、皆できちんと話す時間をつくることを意識していました。

そのおかげで、同じ目標に向かって部員一丸となって練習することができました。」などです。

面接で聞かれやすい質問例6:長所

長所については、高校受験でよくされる質問です。ただ長所を述べるだけでなく、エピソードを加えて具体的に話すと良いでしょう。

回答例は、「私の長所は、最後まで諦めないことです。部活で最初はレギュラーではありませんでしたが、毎日自主練習を頑張りました。最後には、レギュラーとして試合に出ることができました。」などです。

面接で聞かれやすい質問例7:最近の時事問題やニュース

最近の時事問題やニュースについては、高校受験の面接で良く聞かれる質問です。この質問は、知識がないと答えることができません。普段から新聞やニュース番組を考えながら見る習慣をつけましょう。

回答例は、「私は地球温暖化について関心があります。北極のホッキョクグマが少なくなっているニュースを見て、自分にも何かできることはないか考えました。エアコンの温度やゴミの分別など、できる範囲で取り組んでいます。」などです。

面接で聞かれやすい質問例8:短所

短所についても高校受験で良く聞かれる質問です。否定的な答え方をせず、短所を改善するためにどのようなことをしているのかを具体的に話し、前向きな回答にするようにしましょう。

回答例は、「私の短所は、周りの人の意見に流されやすいことです。今までは自分の意見を言えずにいましたが、このままではいけないと思い、しっかりと自分で考えるようにして意見を言うようにしています。」などです。

高校受験の面接でのマナー

今まで、高校受験の面接のポイントや聞かれやすい質問を紹介してきましたが、面接でのマナーもとても重要になります。面接は緊張しますが、ポイントや聞かれやすい質問、マナーをしっかり押さえておけば落ち着いて高校受験の面接に臨めると思います。

良い第一印象を面接官に持ってもらうためにも、身だしなみや姿勢、立ち振る舞いについてこれから紹介していきます。

身だしなみを整える

面接官が最初に目に入るのは身だしなみです。面接中も向かい合うので、身だしなみはとても目につきます。身だしなみが整っていると好印象を持ってもらえます。

具体的には、髪を整える、髭を剃る、爪が伸びていない、髪を染めていないなど中学生らしい清潔さが大切です。

また、ワイシャツや制服にしわがないか、中学校の校則に従っているかが大事になります。保護者の方はワイシャツや制服にアイロンをかけてあげると良いでしょう。

姿勢や立ち振る舞いに注意

座る姿勢は背筋を真っ直ぐと伸ばし、背もたれに寄りかからず椅子に浅めに腰を掛けるようにしてください。背もたれに寄りかかってしまうと、だらしない印象になってしまいます。美しい姿勢だと面接官の第一印象は非常に良くなります。

また、面接中は笑顔を心掛けましょう。視線は面接官の目を直接見るのではなく、眉間あたりを見るようにすると緊張せず自然に話すことができます。緊張していても目線を逸らさないようにしましょう。

高校受験における面接の質問に答えられるようにしよう

ここまで、高校受験の面接のポイントや聞かれやすい質問、面接でのマナーについて紹介してきました。聞かれることが多い質問は、自分の言葉でエピソードを交えてどのように答えるかを考えてまとめておきましょう。

受験本番で緊張してしまっても大丈夫なように、家庭でも何度も模擬練習を行うと良いでしょう。何回も練習をして、自信をもって高校受験に臨んでください。

初回公開日:2020年12月04日

更新日:2021年12月14日

記載されている内容は2020年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
5教科の偏差値の求め方とは|持つ意味と見方の注意点についても解説
高校受験
2021年12月14日

5教科の偏差値の求め方とは|持つ意味と見方の注意点についても解説

中学生の勉強時間における目安|勉強をするときに押さえるポイント
高校受験
2021年12月14日

中学生の勉強時間における目安|勉強をするときに押さえるポイント

高校受験前の夏休みはどう過ごす?教科別勉強法とポイントも紹介
高校受験
2021年12月14日

高校受験前の夏休みはどう過ごす?教科別勉強法とポイントも紹介

受験生にインフルエンザの予防接種を受けさせるべき?受けさせた方がいい理由3つも紹介
高校受験
2021年12月14日

受験生にインフルエンザの予防接種を受けさせるべき?受けさせた方がいい理由3つも紹介

中学生らしい意見文の書き方とは?書き方例3つとおすすめのテーマ8つ
高校受験
2021年12月14日

中学生らしい意見文の書き方とは?書き方例3つとおすすめのテーマ8つ

不登校の子供が高校進学を考えたとき注意すべきこと5つ|おすすめの進学先も
高校受験
2021年12月14日

不登校の子供が高校進学を考えたとき注意すべきこと5つ|おすすめの進学先も

学力偏差値とは?把握するメリット4選や気を付けることを解説!
高校受験
2021年12月14日

学力偏差値とは?把握するメリット4選や気を付けることを解説!

分散学習とはどのような勉強法?取り入れる際に役立つアプリ4つもあわせて紹介
高校受験
2021年12月14日

分散学習とはどのような勉強法?取り入れる際に役立つアプリ4つもあわせて紹介

高校受験に失敗したら?その後の進路パターンや保護者ができることも紹介
高校受験
2021年12月21日

高校受験に失敗したら?その後の進路パターンや保護者ができることも紹介

高校受験で浪人するデメリット5選|合格に向けた効果的な勉強方法も紹介
高校受験
2021年12月14日

高校受験で浪人するデメリット5選|合格に向けた効果的な勉強方法も紹介

子供に教えてあげよう!高校受験の不安を解消する方法7選|体調を整える
高校受験
2021年12月14日

子供に教えてあげよう!高校受験の不安を解消する方法7選|体調を整える

公立高校の受験対策に使える問題集20選|教科ごとへの対策法も合わせてご紹介
高校受験
2021年12月14日

公立高校の受験対策に使える問題集20選|教科ごとへの対策法も合わせてご紹介

高校生におすすめの受験対策アプリ13選|自分に合ったアプリで受験を乗り切ろう
高校受験
2021年12月14日

高校生におすすめの受験対策アプリ13選|自分に合ったアプリで受験を乗り切ろう

高校受験の理科におすすめの参考書25選|それぞれの分野の対策法もご紹介
高校受験
2021年12月14日

高校受験の理科におすすめの参考書25選|それぞれの分野の対策法もご紹介

高校受験対策における国語の勉強方法5つ|高校受験の対策とは?
高校受験
2021年12月14日

高校受験対策における国語の勉強方法5つ|高校受験の対策とは?

保護者が子供の高校受験にできるサポート6つ|子供に接するときの注意点も解説
高校受験
2021年12月14日

保護者が子供の高校受験にできるサポート6つ|子供に接するときの注意点も解説