保護者が子供の高校受験にできるサポート6つ|子供に接するときの注意点も解説

子どもの進路を決める高校受験は、人生においても重要な分岐点です。保護者のサポートがあれば子どもの負担も軽減でき、勉強に集中できます。子どもが実力を発揮できるよう、人生の先輩として保護者がサポートしたい6つの点を整理します。

保護者が子供の高校受験にできるサポート6つ|子供に接するときの注意点も解説

高校受験の時期はいつ?

高校受験は、子どもの将来を左右するイベントでしょう。一般的な受験時期は、私立高校が1月中旬~2月中旬、公立高校が1月下旬~3月中旬です。ただし、地域などによって時期は異なりますので、目安として考えてください。

また、私立高校は推薦と一般入試で時期も変わります。子どもと一緒に高校受験の時期や流れを確認し、保護者にできるサポートを整理しておきましょう。

高校受験の流れ

中学3年生の2学期までに、学校説明会や三者面談などを経て受験校を決定していきます。2学期中に併願校を含めた志望校を決定後、願書を提出し、受験となります。以降は合格発表、入学手続きと進んでいくのが、大まかな高校受験の流れです。

高校受験をサポートする保護者の悩み

初めての高校受験に対しての悩みは、どちらかというと本人より保護者の悩みのほうが多くなります。

一般的に受験生は中学の夏休みに受験勉強をスタートさせますが、同時に家庭の中で受験生と接する時間の多い保護者の悩みは、合格に対する不安や塾へ入れたらいいのかなどの迷い、受験日までの健康面や食事などのサポート方法などたくさんあります。

ここでは合否の不安やサポート方法の2つの悩みをご紹介します。

高校受験を成功させるために、オンライン完結型の家庭学習サポートサービスを受けることもおすすめです。

スタディコーチは、インターネットを用いたオンライン完結型指導で在籍する教師は、厳しい中学受験・大学受験を乗り越えた現役東大生のみです。

そのため勉強ノウハウを知り尽くした学生による正しく効率的な学習指導を通して、スタディコーチ独自の指導ノウハウや教師の体験を元に、勉強だけでなく、受験に関する相談も可能です。

現在、無料体験受付中ですので、子供の高校受験についてお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

»「スタディコーチ」の詳細はこちら

子どもが合格できるか不安

高校受験に際しての保護者の悩みに、本当に子どもが合格できるかどうかとても不安だということがあります。

子どもが受験前なのにやる気を見せない、志望校がなかなか決まらない、公立に落ちて私立に行くことになったらお金はどうするのか、などの不安や悩みは保護者として共通の悩みでもあります。

大事なことはそれらの悩みを持ったうえで、保護者としてメンタル的に強くなり叱ったり励ましたりする冷静さも必要となります。

何をサポートすればよいのかわからない

高校受験に際しての保護者の悩みに、何をサポートすればよいのかわからないということがあります。

サポート方法がわからないということに、子どもの成績などから受験校をどのように決めさせたらよいか、子どもとどのように話し合ったらよいかなどがあります。

そのような時は担任の先生と相談することで必要なサポート内容や方法がわかりますので、先生や子どもと話し合い必要なサポート内容を理解し、愛情もって実行していくことです。

保護者が子どもの高校受験時期にできるサポート6つ

高校受験はちょうど子どもの多感な時期と重なるため、保護者に出来ることは可能な限り請け負ってあげたいものです。子どもが受験勉強に集中できるように、保護者が出来るサポート6つを整理します。

1:食事は栄養バランスのとれたものを

高校受験のサポート方法で大事なことに、食事はバランスのとれたものをおいしく食べさせるということがあります。

子どもが要求したおかずでバランスも考えて料理した食事でも、食事内容によってその後の体調に影響が出てきますので、注意する必要があります。

例えば、揚げ物など油分が多いものや糖分が多すぎる食事では食後眠くなる可能性があります。また、サラダを多くした食事は頭を活性化させますので、工夫することが必要です。

2:子どもが勉強しやすい環境を整える

高校受験のサポート方法で大事なことに、子どもが勉強しやすい環境を整える必要があることです。

子ども部屋があっても受験勉強に集中できるように、いつもとは違う家庭内の環境を整える必要があります。

勉強中に、他の兄弟たちのケンカや大きなテレビの音量などは集中の妨げになります。また、途中で欲しい飲み物などがないとイライラしたりする場合がますので、ストレスを感じさせない環境を整える配慮が大切です。

3:最終的な志望校の決定は子どもにさせる

高校受験のサポート方法で大事なことに、最終的な志望校の決定は子どもにさせるということがあります。

子どもがあまり乗り気ではない学校を、保護者が無理に薦めて入学させても本人が希望していない場合は、本人にとって非常につらい高校生活になり、学校にも友人にも馴染めず途中で退学したいというリスクさえ出てくることがあります。

そうならないようにするには、話し合いをしながらも最終的な志望校の決定は子どもにさせることです。

4:受験に対する不安を解消させる方法

高校受験のサポート方法で大事なことに、受験に対する子どもの不安を解消させる必要や方法があります。

子どもには受験に対し、先生や保護者になかなか相談できず一人で不安を抱える場合があるでしょう。そのような時こそ、保護者として早く気づいてやり、しっかりサポートし不安を解消させてやる必要があります。

無理に聞き出すのではなく、食事の時などにさりげなく聞き出しいろいろな提案や一緒に行動してやることが大事です。

志望校の高校へ一緒に行ってみる

子どもとの話し合いで、志望校に対する不安があることが分かった時には、志望校へ一緒に行ってみることです。

そのためには事前に、不安内容や志望校で確認したいことなどを考えさせ、アドバイスし整理させることが大事です。

例えば、志望校の雰囲気や部活動の内容、勉強内容や高校からの進路状況などのほか通学手段や通学時間などがあり、事前に準備しておけばチェックしやすくなりまた結果から一緒に検討することもできます。

5:勉強の休憩時間を子どもと共有しておく

気分転換にもなる休憩時間は、高校受験の勉強中も大切にしたい時間です。ですが、子どもだけで決めた休憩時間は、ダラダラと延長しがちです。

また保護者側も、休憩なのかサボっているのか判断できず、口うるさくなってしまうケースがあります。休憩を終えようと思っていた矢先に注意されるとやる気を失う、というのは、よくある失敗パターンです。

これを解消するために、休憩時間をいつどのくらい取るのか、子どもと共有しておくことをおすすめします。子どもも、後ろめたい思いをせずにリラックスできますし、保護者も口出しせずに見守ることが可能です。

6:コロナを気にしすぎない

コロナ禍の高校受験には不安もありますが、気にしすぎないことも大切です。保護者がコロナ対策に神経質になりすぎると、ピリピリしたムードが子どもに伝わってしまいます。勉強を頑張っている子どもに、必要以上のプレッシャーは出来るだけ与えたくないものです。

徹底的に感染予防対策していても、このコロナ禍、どこで感染してしまうかは分かりません。まずは、普段どおりの感染対策として、マスク、手洗い、うがい、人混みを避ける等の対応を続けましょう。

それでも不安な方は、2次募集や、3月に受験可能な私立高校を調べておくと安心材料になります。万が一、本人や家族が感染しても責めたりせず、調べておいた学校へ目標を切り替えましょう。日々の勉強で力をつけておけば、目標が変わっても焦ることなく対応可能です。

高校受験を控えている子どもに接するときの注意点

保護者が高校受験を控えている子どもに接するときの注意点で大事なことは「どの高校に入学させるかより、いかによい状態で高校生活を過ごさせるか」です。

偏差値の高い高校に合格しても、ついていけなければ自尊心が傷つき高校生活もつらくなり退学ということもありえます。

逆にフリースクールでも頑張れば有名大学に入れる可能性があります。大事なことは、子どもがいかに良い状態で高校生活を送れるかを考えながら接することです。

子どもに依存しないこと

高校受験を控えている子どもとの向き合い方は、子どもに依存しない保護者の自立です。

受験期の中学3年生は、何も考えていないように見えても不安を抱えながら過ごす多感な時期です。そのような時に保護者からの無神経なアドバイスは逆効果になります。

受験期の子どもを持つ保護者は子どもの不安に寄り添い子どもに依存せず、子どもがいかに良い状態で高校生活を送れるかをサポートすることが大切です。

子どもが無理なく高校受験に取り組めるよう保護者がサポートしよう

食事や環境づくりなど、保護者の工夫次第で、子どもも無理なく受験勉強に専念できます。

高校受験の時期は多感な思春期でもあるため、無神経にアドバイスしたり口出ししたりすることがないよう、注意も必要です。子どもがしっかり勉強に取り組めるよう、サポートを考えていきましょう。

初回公開日:2020年07月09日

更新日:2022年04月15日

記載されている内容は2020年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
高校受験前の夏休みはどう過ごす?教科別勉強法とポイントも紹介
受験
2022年04月15日

高校受験前の夏休みはどう過ごす?教科別勉強法とポイントも紹介

受験生にインフルエンザの予防接種を受けさせるべき?受けさせた方がいい理由3つも紹介
受験
2022年02月11日

受験生にインフルエンザの予防接種を受けさせるべき?受けさせた方がいい理由3つも紹介

不登校の子供が高校進学を考えたとき注意すべきこと5つ|おすすめの進学先も
受験
2022年04月18日

不登校の子供が高校進学を考えたとき注意すべきこと5つ|おすすめの進学先も

学力偏差値とは?把握するメリット4選や気を付けることを解説!
受験
2022年02月11日

学力偏差値とは?把握するメリット4選や気を付けることを解説!

内申点の上げ方9つや裏技も紹介|評定方法を知って子供の高校受験に備えよう
受験
2022年04月14日

内申点の上げ方9つや裏技も紹介|評定方法を知って子供の高校受験に備えよう

高校受験に失敗したら?その後の進路パターンや保護者ができることも紹介
受験
2022年02月11日

高校受験に失敗したら?その後の進路パターンや保護者ができることも紹介

高校受験で浪人するデメリット5選|合格に向けた効果的な勉強方法も紹介
受験
2022年04月18日

高校受験で浪人するデメリット5選|合格に向けた効果的な勉強方法も紹介

子供に教えてあげよう!高校受験の不安を解消する方法7選|体調を整える
受験
2022年02月11日

子供に教えてあげよう!高校受験の不安を解消する方法7選|体調を整える

高校受験の面接で聞かれやすい質問例8選!解答例と合わせて解説
受験
2022年02月11日

高校受験の面接で聞かれやすい質問例8選!解答例と合わせて解説

公立高校の受験対策に使える問題集20選|教科ごとへの対策法も合わせてご紹介
受験
2022年03月31日

公立高校の受験対策に使える問題集20選|教科ごとへの対策法も合わせてご紹介

【受験方法別】都立高校受験の受験日についての詳細4つ|受験のメリットは?
受験
2022年02月11日

【受験方法別】都立高校受験の受験日についての詳細4つ|受験のメリットは?

高校受験の理科におすすめの参考書25選|それぞれの分野の対策法もご紹介
受験
2022年03月31日

高校受験の理科におすすめの参考書25選|それぞれの分野の対策法もご紹介

高校受験対策における国語の勉強方法5つ|高校受験の対策とは?
受験
2022年04月15日

高校受験対策における国語の勉強方法5つ|高校受験の対策とは?

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
行事
2022年02月11日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説
育児
2022年05月24日

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介
育児
2022年02月11日

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介

ラン活はいつから始めるのがベスト?詳しい時期やポイントを解説
育児
2022年02月11日

ラン活はいつから始めるのがベスト?詳しい時期やポイントを解説

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
入学準備
2022年05月13日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

樹脂粘土の特徴6つ!基本情報や持っていると便利な道具についても紹介
育児
2022年02月11日

樹脂粘土の特徴6つ!基本情報や持っていると便利な道具についても紹介

おすすめの速く走れる靴9選|選び方や買い替え時期についても解説
育児
2022年05月25日

おすすめの速く走れる靴9選|選び方や買い替え時期についても解説