中学3年生で英語が苦手な場合の効果的な学習方法は?大切なポイントを解説 中学3年生で英語が苦手な場合の効果的な学習方法は?大切なポイントを解説 - chokomana
ホーム >

中学3年生で英語が苦手な場合の効果的な学習方法は?大切なポイントを解説

 

中学3年生で英語が苦手な場合の効果的な学習方法は?大切なポイントを解説

「中学3年生になると英語は何を学ぶの?」
「中学3年生になると英語が苦手になりやすい理由について知りたい!」
「英語嫌いを克服するためにはどうしたら良いの?」
このように、子どもの英語嫌いや苦手意識に悩んでいる保護者の方もいるでしょう。

 

本記事では、中学3年生という受験間近の時期に英語が苦手になってしまう理由についてご紹介していきます。また、英語への苦手意識を克服するための勉強方法についても知ることができます。

 

この記事を読むことで、英語の学習方法に悩んでいる子どもに適切なアドバイスができ、その結果中学校の定期テストや高校入試でも結果を残すことができるでしょう。子どもの英語学習に何かしらのアドバイスをしてあげたいという方は、是非ご覧ください。

 

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

 

中学3年生の英語学習の中身

中学3年生は、学生にとって受験を控える大切な時期でもあります。そして英語は多くの場合受験の必須科目であり、中学3年生で習う文法も入試には多数出題されます。

 

中学3年生の英語学習では、受け身や関係代名詞、現在完了形などを学びます。そしてこれらの文法は、今まで学んできた文法をしっかり理解していないと難しいと感じてしまうこともあるでしょう。

 

そのため英語が苦手という方は、まずは今まで学んできた基礎の文法を今一度見直してみると良いでしょう。

 

中学3年生が英語を苦手になりやすい理由

現在では小学生高学年から「外国語教育」として英語の授業がスタートします。しかし小学校で行われる英語の授業は「聞く力」と「話す力」を養うために行われます。そのため現在でも多くの子ども達は英語の文法に触れるのは中学生になってからです。

 

また、中学3年生という時期は英語を苦手と思い始める時期でもあると言われています。ここでは、なぜ中学3年生という時期に英語を苦手になりやすいのかについてご説明します。

日本語にはない「現在完了形」に混乱する

多くの子ども達がつまずく英語の文法として「現在完了形」が挙げられます。「現在完了形」は、過去形や未来形など今まで学んできた時制の1つです。しかしそれらの今まで学んできた時制の表現とは違い「現在完了形」は日本語にはない表現方法です。

 

そのため初めて学んだ際に理解できないと感じる方が多いのではないでしょうか。また現在完了形を学んだことで、一気に英語への興味がなくなり苦手だと感じる方が増えてしまうとも言われています。

 

分詞が理解できない

分詞には、現在分詞と過去分詞の2種類があります。またその2種類の使い方や文章の中での役割がよく理解できず、気付いたら英語が嫌いになっていたという方もいるでしょう。

 

分詞も現在完了形同様、その使い方の説明だけ読んでも理解できないこともあります。そのため現在完了形や分詞など中学3年生で習う文法でつまずいてしまった際はたくさんの英語を読むなどして、まずは英語独自の表現方法に慣れるよう努力してみることをおすすめします。

全般的に理解が曖昧になっている

英語の文法は、主語の後に動詞がくるなど日本語との違いが多いことが特徴です。そのため中学に入りなんとなく英語の学習を進めてきた場合、全体的に英語の文法への理解が曖昧になってしまい、中学3年生で英語が苦手になってしまうこともあります。

 

英語そのものが苦手

英語は、単語や文法など覚えなければならないことが多い科目でもあります。そのため中学1年生の頃から英語は嫌い、苦手と思っている方もいるでしょう。また、頑張ってもなかなかテストで点数が取れず嫌いになったというケースもあります。

中学3年生が苦手な英語を克服するには?

英語は苦手と言えども、なんとか克服させてあげたいと考えている方やアドバイスをしてあげたいと考えている保護者もいるでしょう。次は、苦手な英語を克服する方法についてご紹介します。

 

英語は、高校生になった際も多くの学校で必修科目として学んでいきます。また社会人になった際にはビジネスで使うという可能性もあるでしょう。

 

そのため、中学3年生という時期に苦手を克服するために努力するのは遅すぎることはありません。まずは、できそうなところからチャレンジしてみると良いでしょう。

 

 

関連記事一覧

関連記事一覧へ