中学生が苦手な英語を克服するための7つの勉強法|おすすめの参考書・問題集も紹介 中学生が苦手な英語を克服するための7つの勉強法|おすすめの参考書・問題集も紹介 - chokomana
ホーム >

中学生が苦手な英語を克服するための7つの勉強法|おすすめの参考書・問題集も紹介

 

中学生が苦手な英語を克服するための7つの勉強法|おすすめの参考書・問題集も紹介

「英語に苦手意識を持つ原因は?」
「苦手な英語を克服するために何をすればいいの?」
「英語嫌いな子どもにおすすめの参考書や問題集は?」
このように、子どもが英語が苦手で、どのような勉強をさせたらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、中学生がなぜ英語を苦手に感じてしまうのか、また、おすすめの勉強法を紹介します。

 

この記事を読むことで、どの部分でつまずき英語に苦手意識を持ってしまったのかを把握でき、最適な勉強法を確認できます。また、英語が苦手な中学生におすすめの参考書や問題集も紹介するため、実際に参考書を使用して苦手を克服させることも可能になるでしょう。

 

子どもの英語に対する苦手意識をなくしてあげたい方は、ぜひこの記事をチェックしてください。

 

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

 

中学生が英語が苦手な主な理由

中学生はなぜ英語に苦手意識を抱いてしまうのでしょうか。

 

以下では、中学生が英語を嫌いになる原因を3つ紹介します。自分の子どもがどの原因で英語を嫌いになってしまったのか確認し、適切な勉強方法を実施しましょう。

 

単語の暗記が苦手

英語は複数の単語で成り立っています。そのため、単語の意味やスペルを覚えなければ英語の問題を解くことはできません。

 

しかし、暗記が苦手な中学生の場合、単語が覚えられずそのまま英語自体を嫌いになってしまうパターンがあります。学校や塾で実施される単語の小テストでいい結果を出せないと、「英語は難しい科目である」という気持ちが根付いてしまうのです。

すらすら音読できない

英語の勉強では、書くのと同じくらい口に出して読むことも重視されます。そのため、学校や塾の先生は音読をさせるケースもあるでしょう。

 

しかし、クラスメートの前や誰かに聞かれている空間で音読するときに、すらすら英語を読めず、恥ずかしく感じてしまうと、英語の授業が嫌いな時間になってしまいます。

 

そもそも英語が好きではない

中学校での英語は、読んだり書いたり、テストで点数を取るためだけの勉強になりがちです。その結果、勉強しなければならないものと捉えてしまい、英語を理解できることに楽しさを感じられない子どももいるでしょう。

 

英語の学習が楽しいと感じることができれば、英語を好きになり、より意欲的に勉強して苦手意識を減らせるでしょう。

中学生が苦手な英語を克服するための7つの勉強法

上記では、英語が苦手になってしまう原因を説明しました。

 

では、苦手を克服するためにどのような勉強を行えばよいのでしょうか。以下では、具体的な勉強方法を7つ紹介します。

 

楽しみながら行える勉強方法なら、苦手意識を払拭できる可能性があるでしょう。

 

1:好きな洋楽の歌詞を翻訳する

音楽を聴くのが好きな人は多いでしょう。

 

洋楽の歌詞を翻訳することで、意味を理解しながら楽しく英語を勉強できます。もっと洋楽の歌詞を理解できるようになりたいと感じたら、それが英語を学習するモチベーションになるでしょう。

 

 

関連記事一覧

関連記事一覧へ