寝る前の読み聞かせにおすすめの本10選!お話を読む際に気をつけるポイントも

寝る前の読み聞かせには多くの嬉しい効果があることをご存知ですか。本記事では読み聞かせの効果や注意点と、寝かしつけにおすすめの絵本を紹介しています。ぜひ本記事の内容を参考に寝る前の読み聞かせを取り入れ、親子のコミュニケーションを楽しんでみてください。

寝る前の読み聞かせにおすすめの本10選!お話を読む際に気をつけるポイントも

「寝る前の読み聞かせがいいと聞くけど、実際はどのような効果があるの?」
「寝る前の読み聞かせはどんな本でもいいの?」
「読み聞かせにおすすめな本を知りたい」

寝る前に読み聞かせをしようと試みる家庭も多いのではないでしょうか。また、すでに日常生活で習慣として取り入れている方もいるでしょう。

寝る前の読み聞かせにはより効果的に働きかけられるようなコツがあり、適切でない読み聞かせは、本が嫌いになったりなかなか眠りに付けなかったりする可能性があります。

本記事では寝る前の読み聞かせの注意点や、おすすめの絵本を紹介しています。ぜひ本記事を参考に普段の読み聞かせ時間を見直したり、生活の中に寝る前の読み聞かせを取り入れてみましょう。毎日寝かしつける時間がより楽しいものになるでしょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

寝る前の読み聞かせの効果とは?

寝る前の読み聞かせには子どもの成長にとって多くのメリットがあります。

1つ目は絵本の世界に触れることで想像力が高まり、豊かな心を育む働きです。2つ目は、寝る前に頭に入った情報は脳にとって定着しやすいと言われています。そのため、記憶力アップが期待できます。

絵本を日常的に読むことで読解力が高まり、その後の学力にも良い影響を与えてくれるでしょう。

さらに寝る前に絵本を読むことで親子のコミュニケーションが生まれ、リラックス効果も期待できるでしょう。リラックスした状態で入眠できると睡眠の質も上がり、身体や脳の成長に欠かせない良質な睡眠につながります。

ただし夜寝る前の読み聞かせは、どのような絵本でも良いということではありません。選ぶ絵本や読み聞かせの環境によっては、かえって寝付きを悪くしてしまいます。寝る前の読み聞かせには、工夫と注意が必要です。

寝る前の読み聞かせの効果を発揮するためには?

このように寝る前の読み聞かせには多くの嬉しい効果があります。これらの効果を発揮するためには、工夫が必要です。ここでは3つのポイントを紹介していますので、下記を参考に、読み聞かせの環境を整えましょう。

読み聞かせた後すぐに寝られる環境であること

1つ目のポイントは、読み聞かせた後すぐに寝られる環境であることです。絵本を読み終えた後に電気を消してすぐに寝られるよう、環境を整えましょう。

絵本を読む際の照明は明るすぎないように調節することで、子どもが読み聞かせによって興奮することを避けられます。照明の色が変えられるようであれば、温かみのある色にしておくと良いでしょう。

寝る前の読み聞かせは、できる限り周りの刺激を排除しておくことが大切です。今日読む本を選び、読み終わったら寝ることを説明して習慣付けられると良いでしょう。

短く・ハッピーエンドな本を読む

2つ目のポイントは、短く・ハッピーエンドな本を読むことです。長いお話は子どもの集中力が持たず、寝かしつけの絵本としては適しません。

また、怖い絵本や悲しい結末の絵本は、かえって子どもが興奮してしまう可能性があります。短くハッピーエンドの本を読むことで、幸せな気分で眠りにつけるでしょう。

年齢によって読む本を変える

3つ目のポイントは、年齢によって読む本を変えることです。年齢と内容が合っていないと、理解できずに退屈したり、簡単すぎて飽きてしまったりする恐れがあります。年齢に合わせた内容の絵本を選ぶことで子どもは、絵本の世界に集中して入り込むことができます。

寝る前の読み聞かせにおすすめの本10選

ここからは寝る前の読み聞かせにおすすめの本を紹介していきます。先ほど挙げたポイントにもある、短くて明るい内容の絵本10冊の紹介です。子どもの年齢に合わせて参考にしてください。

1:岩崎書店『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』

1冊目は岩崎書店の『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』です。1日のいろいろな場面でお母さんが子どもをぎゅっと抱きしめる絵本です。同じようにぎゅっと抱きしめることでスキンシップが生まれ、あたたかい気持ちで眠りにつくことができるでしょう。

最後は夜、布団でぎゅっとするシーンで終わります。絵本と同じようにぎゅっとしておやすみと言い合うのも寝る前の習慣としておすすめです。

2:偕成社『ノンタンおやすみなさい』

2冊目は偕成社の『ノンタンおやすみなさい』です。ノンタンが夜遊ぼうとするもみんな寝てしまっているので遊べず、早く寝ることを学ぶストーリーになっています。

子どもたちに大人気のキャラクターが出てくる絵本は、ノンタンも寝たからもう寝ようと声掛けしやすく、1歳や2歳の比較的小さいころから楽しめる絵本です。

3:童心社『もうねんね』

3冊目は童心社の『もうねんね』です。イヌやネコなど、出てくる生き物や毛布までもが順番に寝ていくストーリーで、0歳の子でも楽しめるでしょう。

繰り返しの多い文章で穏やかな気分になれるのが特徴です。動物たちの優しい寝顔も、子どもの眠気を誘ってくれます。

4:福音館書店『おつきさまこんばんは』

4冊目は福音館書店の『おつきさまこんばんは』です。おつきさまと交わすこんばんはの挨拶や、おつきさまの表情の変化が楽しい本で、赤ちゃんのファーストブックとしてもおすすめです。

イラストの色使いも派手すぎず、寝かしつけ絵本に適しています。発売以来、多くの親子に楽しまれている絵本です。

5:評論社『おやすみなさいおつきさま』

5冊目は評論社の『おやすみなさいおつきさま』です。1947年にアメリカで発売され、世界中で愛されている絵本です。

絵本の中のみどりのおへやで、うさぎが部屋のひとつひとつにおやすみと声をかけていくストーリーで、読み進めていくにつれて部屋が暗くなっていく工夫がされています。だんだんと声を小さくするなどど、絵本の世界に合わせて読むことでリラックスして入眠できるでしょう。

6:福音館書店『ねないこだれだ』

6冊目は福音館書店の『ねないこだれだ』です。おばけが出てくるこの物語は、知っている方も多いのではないでしょうか。世代を超えて愛されている1冊で、何度も会いたくなるおばけが特徴の絵本です。

夜になっても起きている子どもを最後はおばけが連れて行ってしまうお話で、中には怖がってしまう子どももいるでしょう。特に4歳、5歳になりおばけを理解し始めると、結末が怖いと感じる子もいます。

子どもが怖がるようであれば、夜の読み聞かせには避けてください。

7:飛鳥新社『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』

7冊目は飛鳥新社の『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』です。この本は心理学に基づき、眠くなる仕掛けがされています。一般的な絵本とは違い、冒頭に読み方の手引きが用意されており、ルールに沿って読むおやすみ絵本です。

子どもが自分で読むのではなく、読み聞かせを想定した絵本ということも他の9冊にはない特徴です。絵本の言葉やゆっくり読む指示が読み手も聞き手もリラックスさせてくれます。

8:ひさかたチャイルド『おやすみ、はたらくくるまたち』

8冊目はひさかたチャイルドの『おやすみ、はたらくくるまたち』です。工事現場で働く車たちが日が沈むころに仕事を終え、それぞれおやすみの支度をして眠りにつくストーリーです。

クレーン車やダンプカー、ブルドーザーなどたくさんの働く車がキャラクターとして登場するため、車好きの子どもは楽しく眠りにつくことができるでしょう。優しいタッチのイラストも魅力的な1冊です。

9:偕成社『はらぺこあおむし』

9冊目は偕成社の『はらぺこあおむし』です。卵からかえった1匹の小さなあおむしが、りんごやすももなどの美味しい食べ物を食べながら蝶へと変化するお話で、色鮮やかなイラストが子どもの興味を引き付けます。

本と同じ内容が歌にもなっているため、音声で楽しむのもおすすめです。

10:くもん出版『おやすみ~』

10冊目はくもん出版の『おやすみ~』です。赤ちゃんが身の回りのものにおやすみと挨拶する様子が描かれた絵本です。

イラストが大きく描かれており、乳幼児も絵本の世界を楽しめるでしょう。おやすみという言葉がたくさん出てくるため、言葉覚えにもおすすめの1冊です。

寝る前の読み聞かせで気を付けるべきポイント

最後に、寝る前の読み聞かせで気を付けるポイントについて説明します。読み聞かせ方法を誤ると、子どもが絵本に苦手意識を持ってしまったり、スムーズな入眠につながらなかったりする可能性があります。

下記6つのポイントを気を付けたうえで、日常生活に読み聞かせを取り入れてみましょう。

  • 勉強のために読み聞かせをする
  • しつけのために読み聞かせる
  • 読み聞かせをした後に感想を聞く
  • 保護者のペースで本を読んでしまう
  • 話が長いものを読む
  • 面白くて興奮してしまうものを読む

1:勉強のために読み聞かせをする

1つ目は、勉強のために読み聞かせをすることです。子どもに絵本の読み聞かせをするときは、絵本の世界を楽しむことを優先しましょう。

学力向上に良い影響があると聞くとつい学習につなげたくなりますが、大人から進んで内容の解説をするのはやめましょう。また、子どもが理解できない難しい内容の絵本を選ぶのもおすすめできません。

純粋に絵本を楽しめなくなり、本嫌いにつながってしまう可能性があります。解説は子どもから質問があったときなど最小限にし、年齢に合った絵本を選ぶことが大切です。

2:しつけのために読み聞かせる

2つ目は、しつけのために読み聞かせることです。絵本によってはしつけをねらいとした絵本もありますが、しつけ絵本ばかりに偏らないようにしましょう。

子どもの中で絵本としつけが強く結びついてしまうことも、絵本嫌いになりかねません。子どもが自ら興味を持った絵本も取り入れるなど、全体のバランスが大切です。

3:読み聞かせをした後に感想を聞く

3つ目は、読み聞かせをした後に感想を聞くことです。

絵本を読み終えた後は、子どもにとって絵本の世界に浸る大切な時間です。そこで感想を聞いてしまうと、子どもの中で想像力や感受性が高まる貴重な時間が失われてしまいます。

特に幼いうちは気持ちを言葉にすることが苦手な子もいるでしょう。読み聞かせの後に感想を聞くのはやめましょう。

4:保護者のペースで本を読んでしまう

4つ目は、保護者のペースで本を読んでしまうことです。読み聞かせを早く終わらせたくて急いで読んでしまったり、1冊読み切ることに集中して早く読んでしまうのは良くない読み聞かせです。子どもにとって心地良いペースで絵本を読みましょう。

絵本の世界に入って考え事をしていたら少し待ってあげたり、お気に入りのページに戻りたがったら何度も反復してあげましょう。読み聞かせは保護者のペースではなく、子どものペースを優先することが大切です。

5:話が長いものを読む

5つ目は、話が長いものを読むことです。子どもの集中力や理解力には限界があり、長い話は理解できずに終わってしまう可能性があります。年齢に合わせて適度な長さの絵本を選びましょう。

どうしても長い絵本を選びたがる場合は、事前にその日に読むところを決めておくのも1つの方法ですが、子どもによっては続きが気になってスムーズに入眠できないこともあります。1回の読み聞かせで読み切れるものを選ぶことをおすすめします。

また読み聞かせ時間が長くなると、習慣にするのが負担に感じる方もいるでしょう。負担を軽くするためにも、話が長いものを読むのは避けましょう。

6:面白くて興奮してしまうものを読む

6つ目は、面白くて興奮してしまうものを読むことです。絵本を読んで興奮してしまうと、子どもの寝付きが悪くなる可能性があります。楽しい気持ちになるのも大切ですが、興奮してしまう絵本は避けましょう。

2冊以上読む場合は、面白い絵本を先に読むことをおすすめします。

正しい方法で寝る前の読み聞かせを効果的にしよう

読み聞かせの効果を知ると、つい学習効果を期待して気負いがちですが、寝る前の読み聞かせは、子どもも大人もリラックスした気持ちで読むことが大切です。

本記事で紹介した注意点を参考に寝る前の読み聞かせを日常に取り入れ、親子のコミュニケーションを楽しみましょう。子どものお気に入りの1冊が見つかり、寝る前の時間が待ち遠しくなります。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2022年01月05日

更新日:2022年01月05日

記載されている内容は2022年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
子育て
2022年01月05日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切
子育て
2022年01月05日

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介
子育て
2022年01月05日

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説
子育て
2022年01月05日

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介
子育て
2022年01月05日

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介
子育て
2022年01月05日

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介
子育て
2022年01月05日

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説
子育て
2022年01月05日

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
子育て
2022年01月05日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介
子育て
2022年01月05日

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!
子育て
2022年01月05日

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介
子育て
2022年01月05日

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
子育て
2022年01月05日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
子育て
2022年01月05日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説
子育て
2022年01月05日

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説