非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

最近では、入試の動向も変わり知識だけでなく、自分で考えて行動できる力を試す非認知能力が問われるようになってきました。ここでは、非認知能力の可能性や重要性、非認知能力を鍛える遊びや高めるためのコツをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてください。

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

「非認知能力って最近よく聞くけどつけた方がいいの?」
「非認知能力って遊びの中で鍛えることができるの?」

近年、雑誌や子育て本などに、非認知能力について取り上げられるようになりましたが、実態がよくわからず、身に付ける方法についてもわからないという方は多いのではないでしょうか。

ここでは、非認知能力の重要性について紹介していきます。また、非認知能力を鍛える遊びや能力を高めるコツについてもお伝えします。

この記事を読み終える頃には、何気ない遊びの重要性を考えたり、新しい遊びを取り入れたりするなど、自然な形で非認知能力を伸ばす活動ができるようになるでしょう。

大学入試や就職活動、さらに社会人としても、知識だけではない個人の思考力が問われる時代へ変化しつつあります。この機会に非認知能力について意識し、子どもの成長に生かせるようにしていきましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

非認知能力とはどのような能力?

「非認知能力」とは、協調性、行動力、自己肯定感、意欲、忍耐力、自主性、自制力、自立心などのことを指します。人間としての社会的な総合力とも言えるでしょう。

知能検査や学力テストなどのように具体的な数値としては表すことができないものの、人として生きる力の土台となる欠かせない大切な能力です。

認知能力との相違点

一般的に、「認知能力」とは、学力テストなどの知能検査で測定できる類の能力のことを指します。「IQ」という目に見える数値で表されるため、見聞きしたことがある方も多いでしょう。

一方、「非認知能力」とは、知識などのようにはっきり外に示すことができないものの、人間として社会的な行動をする上での総合力です。

人として欠かせない大切な能力ですが、具体的な数値としては表すことができないところが認知能力との違いとなります。

アクティブ・ラーニングとの共通点

「アクティブ・ラーニング」とは、ディスカッションやグループワークなどを取り入れた授業で、知識を応用し、問題解決ができる力を育てる教育方法です。

受け身で授業を受けるのではなく、能動的に授業に参加することで、知識だけではなく行動力、倫理観、社会的経験を積むことができます。

一方の非認知能力は、知識のように数値化できないものですが、様々な非認知能力を伸ばすことで自発的な問題解決力が身に付きます。

知識の習得だけにフォーカスするのではなく、問題解決へのアプローチの仕方を学ぶ力を身に付けることは、非認知能力とアクティブ・ラーニングの共通点と言えるでしょう。

非認知能力が注目される理由

非認知能力がなぜ注目されるのでしょうか。

近年では、社会の中で力強く生きていくためには、学力以外の知識を応用して活用できる能力も必要なことがわかってきました。そのため、近年の大学入試や就職試験なども、知識を応用した思考力が問われるスタイルへと変化してきています。

これも、学力以外の非認知能力が注目されるようになっていることの表れと言えるでしょう。

非認知能力を鍛える遊び9つ

ここでは、非認知能力を鍛える遊びを9つ紹介していきます。

どれも身近なものですが、子どもが非認知能力を身に付けながら成長するのに、とても大切な遊びとされています。あまりしたことがない遊びがあれば、ぜひ取り入れてみるとよいでしょう。

  • 積み木を使った遊び
  • おままごと遊び
  • 本の読み聞かせ
  • 鬼ごっこ遊び
  • 自然の中での遊び
  • 歌やリズム遊び
  • 公園の遊具で遊ぶ
  • 泥んこ遊び
  • 水を使った遊び

1:積み木を使った遊び

非認知能力を鍛える遊びの1つめは、積み木を使った遊びです。

積み木遊びでは、想像力を働かせて何かを作ることで自分の世界を表現したり、積み上げては壊したりなど、楽しみ方がたくさんあります。手元に集中して取り組むことで集中力や忍耐力がつき、さらには巧緻性が豊かになることも期待できるでしょう。

また、積み木遊びでは、物の位置や方向、形などを立体的にとらえる力が養われます。さらに、自分の目で確かめながら積み木を積み上げていくことで、無意識のうちに位置関係が把握できるようになれば、空間認知能力も上がるでしょう。

このように、積み木遊びは、夢中になって遊ぶことで集中力がつき、子ども同士で遊べば協調性などにもつながる遊びと言えるのではないでしょうか。

2:おままごと遊び

非認知能力を鍛える遊びの2つめは、おままごと遊びです。

なりたい人物になりきって行動したり、料理などの家庭生活をまねたりするおままごと遊びは、様々な非認知能力を鍛えてくれます。まねることで、保護者や友達などの様子を観察する力がつくでしょう。

また、想像を働かせて自分の世界観を表現するためには、表現力や相手とのコミュニケーション能力などが必要となります。時には相手と交渉したり、ルールを守ったりすることも必要になってくるでしょう。

このように、子どもにとってのおままごとは、自分の世界を広げ楽しみながら、色々な能力を身に付け、心の発達を促せる遊びと言えます。

3:本の読み聞かせ

非認知能力を鍛える遊びの3つめは、本の読み聞かせです。

本の読み聞かせをしてもらうことにより、子どもは話の内容に集中することができるため、登場人物や話の流れについて、想像力を膨らませながら読めるというメリットがあります。

読み聞かせでは、道徳観、倫理観、共感する力、リーダーシップなどを学ぶことができ、非認知能力が養われると言えるでしょう。

4:鬼ごっこ遊び

非認知能力を鍛えてくれる遊びの4つめは、鬼ごっこ遊びです。

鬼ごっこといっても様々な種類の遊びがあります。それぞれ鬼がいる遊びには、ルールがあり、ルールを守る規律性や友達と遊ぶために必要な協調性、コミュニケーション能力などが高められます。

また、鬼ごっこを通して追いかけっこをすることで体力もつきます。チームで行動した際には、勝ち負けが発生しますが、負けても気持ちをコントロールできる自制心なども身に付くでしょう。

5:自然の中での遊び

非認知能力を鍛える遊びの5つめは、自然の中での遊びです。

自然は季節によって常に変化します。五感を使って変化を感じながら、木、葉、花、土、虫などの自然の物に触れて遊ぶことで想像性が豊かになり、表現力が増すでしょう。

また、たくさん体を使って遊ぶこともできるため、よい睡眠がとれ心の安定が望めます。

6:歌やリズム遊び

非認知機能を育てる遊びの6つめは、歌やリズム遊びをすることです。

音楽を聴きながら歌を歌ったり体を動かしたりする活動は、単純に音楽的な能力や身体能力を上げてくれるだけではありません。先生や友達とコミュニケーションを取りながら、音楽に合わせる行動は協調性も身に付くと言われています。

7:公園の遊具で遊ぶ

非認知能力を鍛える遊びの7つめは、公園の遊具で遊ぶことです。

公園には様々な種類の遊具があります。初めて遊ぶ遊具であればチャレンジ精神が、鉄棒や雲梯などの遊具では努力を続ける忍耐力が、そしてブランコなど順番待ちを経験する遊具では協調性が養われるでしょう。

楽しみながらも色々と挑戦し、失敗するなどの経験を通して豊かな人間性を育むことができます。

8:泥んこ遊び

非認知能力を鍛えてくれる遊びの8つめは、泥んこ遊びです。泥んこは、水の量によって柔らかくもなり固くもなります。

泥んこ遊びには、色々工夫して自分好みの泥だんごを作るような実験的な要素もあります。また、水を流して道を作ったり、できた水たまりで泥んこになって遊ぶなど、自分の手や足で泥の感触を楽しむような遊びもできます。

このように、いろいろ試せることで想像性や好奇心が刺激され、自ら考えて遊ぶ力が育ちます。

9:水を使った遊び

非認知機能を育てる遊びの9つめは、水を使った遊びです。水を使った遊びは服が汚れることも多く敬遠されがちですが、遊びに幅をもたせてくれます。

例えば、雨の日に水たまりに入って遊ぶことだけでなく、お風呂や公園で色々な入れ物に水を入れたり、じょうろで遊んだり、色水遊びなどもできるでしょう。

冷たい水の感触が子どもの知的好奇心を刺激し、創造性を育んでくれます。

子どもが非認知能力を鍛える遊びを嫌がったときは?

子どもが非認知能力を鍛える遊びを嫌がったときは、様子を見ることが大切です。

非認知能力を鍛える遊びは子どもの成長にとても役立ちますが、子どもにも遊びに好き嫌いがあります。楽しいはずの遊びが、強制されることで苦痛になってしまっては本末転倒です。

遊びは楽しいことが前提のため、無理強いはせず、時期を見計らったり子どもの機嫌や様子を見たりしながら誘うようにしましょう。

遊び以外に非認知能力を高めるコツ7つ

ここでは、遊び以外の場面で非認知能力を高めるコツを紹介していきます。非認知能力を高めてくれるのは遊びだけではありません。

では、どんな場面で非認知能力を高められるのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

  • 子どもに考えて選ばせるようにする
  • できるだけスキンシップをとる
  • 集団行動をさせる
  • 自由な時間が確保できるようにする
  • 子どもが思い切り遊べるような環境を作る
  • お手伝いをさせる
  • 否定するような言葉をかけないようにする

1:子どもに考えて選ばせるようにする

衣食住など、子どもに必要なものを保護者がいつも与えていれば、子どもは安心するでしょう。しかし、そこに子どもの意思を尊重する姿勢がなければ、子どもの自主性や自立心は育ちません。

自分で考えて選ばせることで、行動が主体的になり、知的好奇心が刺激され、積極的に活動するようになります。また、自分で考えて選ぶことにより、自信が持て自己肯定感も上がるでしょう。

2:できるだけスキンシップをとる

スキンシップは子どもの気持ちを安定させ、自信をもたらします。周りから愛されていると感じる自己肯定力は、成長してからも自信をもって行動できる力につながります。

子どもを抱っこしたり膝に座らせたりなどのスキンシップや、本を読んだり話をしたりするなどのコミュニケーションを図るように心がけましょう。子どもの心が安定し、自己肯定感が高まることが期待できます。

3:集団行動をさせる

集団行動をしながら、TPOをわきまえる行動を学び、友達と関わることで協調性が芽生えます。

できるだけ集団行動をさせ、関わり方を学ぶことで、成長後に社会的な行動をとれるようになるでしょう。

4:自由な時間が確保できるようにする

自由な時間があることにより、主体的に遊ぶようになるため、自分で考えて行動できる力が付きやすいです。

大人から見て無駄に見える行動や遊びでも、夢中になって本人が考えて楽しんでいるのであれば、見守るようにしましょう。

5:子どもが思い切り遊べるような環境を作る

子どもが遊ぶ際に、たくさん制約があると、なかなか自由な発想が生まれず、子ども自身のストレスにつながってしまう可能性があります。

しかし、遊んでいる場所が危険であれば、子どもを自由に行動させるわけにはいかないため、注意や否定する言葉がけが多くなることもあるでしょう。

そのようなことを避けるために、安全を確保した上で、子どもが思い切り遊べるような環境作りを心がけましょう。

6:お手伝いをさせる

お手伝いの経験は、子どもが生活する上で必要なことを学べる貴重な機会になり、様々なシチュエーションでどのような行動を取るべきかなどの指針にもなります。

また、保護者から信頼され、お手伝いを任されて役に立ったという経験は、自己有用感を育むため、子どもの自信にもつながり自己肯定感の育成にもつながるでしょう。

7:否定するような言葉をかけないようにする

注意や子どもを否定する言葉が多くなってしまうと、自信喪失につながったり、子どもの自主性や行動力に制限がついたりすることになりかねません。

注意するときには、なるべく否定する言葉を避け、肯定的な言葉を使いながら、望ましい行動を促しましょう。

子ども時代に自己肯定感を下げないようにすることはとても大切です。

遊びながら子どもの非認知能力を鍛えよう

ここまで見てきたように、「非認知能力」は生きていくためにとても大切な能力ですが、特別なことをしなければ身に付かないものではありません。

遊びや色々な経験を通して鍛えることができるため、子どもの生活に意識的に取り入れながら、非認知能力を高めていきましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2022年01月05日

更新日:2022年01月05日

記載されている内容は2022年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
子育て
2022年01月05日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切
子育て
2022年01月05日

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介
子育て
2022年01月05日

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説
子育て
2022年01月05日

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介
子育て
2022年01月05日

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介
子育て
2022年01月05日

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介
子育て
2022年01月05日

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説
子育て
2022年01月05日

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
子育て
2022年01月05日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介
子育て
2022年01月05日

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!
子育て
2022年01月05日

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介
子育て
2022年01月05日

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
子育て
2022年01月05日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
子育て
2022年01月05日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説
子育て
2022年01月05日

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説

年の差兄弟は育てやすいの?子育てのメリットやデメリットもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

年の差兄弟は育てやすいの?子育てのメリットやデメリットもあわせて紹介