3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

3歳になると子どもが自己主張してくるようになって、時には保護者を困らせたり怒らせたりすることがあるでしょう。しかし、子どもの自己主張は成長には欠かせないものです。どのように対処したらよいのかおすすめの対処法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

「子どもがなんでもイヤと言って言うことを聞かない」
「イヤを繰り返されてもう疲れた」

子どもの3歳という時期は、「魔の3歳児」とも呼ばれています。0歳から2歳位までは保護者の言うことを大人しく素直に聞いていたのに対して、3歳になると子どもの自己主張が激しくなることが理由になっているのでしょう。

この記事では、魔のイヤイヤ期とも言われる3歳の子どもに対してどう対処すればよいのか、イヤイヤになってしまう理由や、そんな子どもに対してやってはいけない行動を紹介します。

イヤイヤを繰り返す子どもにイライラしてしまうのは仕方ありませんが、対応を間違えると逆効果になることもあります。この記事を読むことで、どう子どもに接していけばよいのかわかるため、ぜひ記事を参考にしてみてください。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

3歳の子どもが言うことを聞かないのは当たり前?

子どもが小さなうちはあまり実感できませんが、少し育ってきた子どもが保護者の言うことを聞かないのは当たり前のことです。

2歳くらいまでの小さな子どもは言うことをよく聞いて、素直な傾向があります。しかし3歳になった子どもが言うことを聞かないからといって、子育てに何か間違いがあったのでは、と心配する必要はあまりありません。

子どもが育つのにあわせて保護者の言うことをあまり聞かなくなるのは、子どもが健やかに成長していることを示しています。

3歳の子どもが言うことを聞かない3つの理由

子どもが小さなうちは保護者の言うことを素直に聞く傾向にありますが、3歳になった子どもが言うことを聞かないのはいくつか理由があります。

0歳から2歳までの子どもはまだ小さく、あまり自己主張してきません。保護者が用意した服を着て、用意したものを食べます。しかし3歳まで育ってくると子どもの心も成長し、これまで通りにはいかなくなるでしょう。

ここではどうして3歳の子どもが言うことを聞かないイヤイヤ期を迎えてしまうのか、3つの理由で説明します。

1:第一次反抗期のため

3歳の子どもが言うことを聞かないのは、まずこの時期が第一次反抗期と呼ばれる時期にあたるからという理由があります。

反抗期といえば思春期に迎える第二次反抗期が有名です。しかし子どもが小さいうちの、自我が芽生えたばかりの3歳時期にも反抗期があります。

小さかった子どもが育つことで自己主張するようになり、保護者に対して自分の意見を言って逆らうようになることから、第一次反抗期と呼ばれています。

2:自我が強くなるため

3歳の子どもは体が育つと共に心も成長し、それに伴って「これをしたい」「あれは嫌」といった自我が強くなっています。

これまでは素直に言うことを聞いていたのに、と思ってしまうこともあるでしょうが、これは子どもの精神が成長していることの証です。

子どもには子どもの意思があり、やりたいことがあればやりたくないこともあります。成長に伴って自我が強くなってきたことで、好悪の感情をより表しやすくなっています。

3:様々なことを試して保護者との関係を構築しているため

時には保護者の行動を真似してみたり、保護者に逆らったりすることで、3歳の子どもは保護者との関係を構築しようとしています。

子どもがイタズラしようとしている時に、保護者の方を気にするそぶりをしていることはないでしょうか。チラッとこちらを見てくるのは、保護者の反応が気になるためでしょう。

保護者が自分のことを受け入れてくれているのか、こんなことをしたらどんな風に反応してくれるのか、様子を見ながら無意識に様々な行動をしてしまいます。

子どもが言うことを聞かない場合にやってはいけないこと7つ

子どもが言うことを聞かない時に、保護者がとってはいけない行動があるので紹介します。

言うことを聞かない子どもは、こちらをイライラさせてくることがよくあります。子どもの態度に腹が立ってしまう、反抗してくる態度に困ってしまう保護者は少なくありませんが、ここで紹介するような行動をとってしまうと、逆効果になる可能性があります。

どのような行動がいけないのか、確認してみましょう。

1:気分で言うことを変えてしまう

大人の気分でコロコロ言うことや対応を変えてしまうのは、よくありません。

昨日は時間があったからイヤだと言う子どもを説得したけれど、今日は時間がないからもうそれでいいや、といったように対応を変えてしまうと、子どもは駄々をこねれば通ると勘違いしてしまいます。

また、保護者の発言に一貫性がないことで、保護者に対する信頼を失う可能性もあります。

子どもは意外に保護者のことを見ているものです。そのため、適当な対応はよくないでしょう。

2:不誠実な態度であしらう

自我の発達した3歳は様々なことに興味を持って質問してきますが、それに対して不誠実な態度で適当にあしらってしまうと、保護者との間に信頼関係を築くことが難しくなります。

子どもの真剣な質問に対して、「知らないけどそうなんじゃない」や「それでいいでしょ」といった態度であしらうのは、子どもが相手でも不誠実でしょう。

子どもは保護者がどのような対応をしたのか見ているため、保護者との信頼関係構築に支障をきたしてしまいます。

3:注意した言動を保護者もしている

気分で言うことを変えたり、適当な態度をとるのと同様に、子どもにダメだと言ったことを保護者がしてしまうのでは台無しでしょう。

「信号を渡る前は左右を確認して」と言った保護者が、左右確認なしで道路に飛び出せば、子どもも真似して飛び出す可能性があります。

保護者が自分に注意したことと逆のことをしていると、保護者に疑問をもつ可能性もあります。子どもに注意したことは、保護者もしないようにしましょう。

4:食べ物やおもちゃで釣る

子どもが言うことを聞かないからといって、食事や着替えをおもちゃやお菓子で釣ってやらせようとすると、おもちゃやお菓子をもらえるのが当たり前だという感覚になってしまいます。

何かの理由があってやらせていたことも、子どもは食べ物やおもちゃが欲しくてやるようになるため、どうしてそれをしなければならないのかといった理由がどうでもよくなってしまいます。

5:理由も聞かないまま叱る

子どもがやってはいけないことをしていたとしても、理由を聞かずに頭ごなしに叱ってしまうことはよくないため、理由を聞いてから叱るようにしましょう。

頭ごなしに叱ってしまうと、子どもは自分の言い分を無視された、聞いてもらえなかったという感情を抱いてしまいます。

やってはいけないことだったとしても子どもに理由を聞いて、「やってみたかったのね。でも〇〇だからダメだよ」と、何がダメなのか指摘して叱りましょう。

6:脅して言うことを聞かせる

子どもの行動にイライラしてしまうとついつい強い言葉を出してしまうことがありますが、脅して言うことを聞かせようとするのはやめましょう。

子どもは大きな声での脅しを怖がります。怖いため保護者の前では同じ行動をとろうとはしなくなるでしょうが、何がどう悪いのかは分かっていません。そのため保護者が見ていないところで、子どもが同じ行動をとってしまう可能性が高くなってしまいます。

脅して言うことを聞かせるのはその場限りで意味がなく、逆に子どもと信頼関係を築く際にマイナスな行動だと考えましょう。

7:人格を否定する言葉を投げつける

言うことを聞かないからといって、子どもの人格を否定するような言葉を言うと、子どもの自己肯定感に悪影響を与えてしまうので注意しましょう。

例えば「そんな子はいらない」といったような言葉です。子どもの人格や存在を否定するような言葉を保護者がかけてしまってはいけません。

保護者はイライラして言っただけでも子どもはその言葉を忘れず、自己肯定感が低く、自信をもてない子どもになってしまう可能性があります。

子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ

ここまで、言うことを聞かない子どもにやってはいけないことを紹介してきました。では、言うことを聞いてくれない子どもには、具体的にどう接していけばよいのでしょうか。

イヤイヤして言うことを聞いてくれない3歳の子どもへの、効果的な対処法を5つ紹介します。

1:子どもの気が済むまで見守る

言うことを聞かせようとしても、子どもが拗ねてしまうとさらにイヤイヤが長引く可能性があります。危険がないことなら、いったん子どもの気が済むまでやらせて、落ち着かせるという対処法があります。

もちろん、子どもに危険なことや周囲に迷惑なことならダメでしょう。危険ではないこと、保護者が近くで見守っていられることが条件になりますが、気が済むまでやらせることで子どもを落ち着かせられます。

2:常に一貫性のある行動をとる

子どもに対して、常に一貫性のある行動をとるようにしましょう。子どもは保護者のことをしっかり見ているため、一貫性がないことにすぐ気がつきます。

ダメなものはダメだという一貫性のある態度を取り続けることで、子どもはそれがやってはいけないことだと学びます。やってよいこと、いけないことの基準が出来ていくため、常に一貫性のある態度を心掛けましょう。

3:気持ちを代弁して寄り添う

3歳ではまだ自分の気持ちをしっかり言えないことでイヤイヤしている場合があるため、いったん子どもの言いたいことを察して代弁し、共感して寄り添って落ち着かせましょう。

「〇〇したかったんだね」と気持ちを代弁して寄り添ってあげることで、子どもは自分の気持ちが保護者に伝わったと感じます。そのあと「でも〇〇は危険だからしたらダメなんだよ」と、してはいけないことを教えましょう。

4:なぜ嫌なのか理由を聞く

どうしてイヤイヤするのか、嫌な理由を子どもに聞くのもよいでしょう。

保護者が子どもの気持ちを聞く姿勢をとることで、子どもは自分の話を聞いてもらえていると安心します。否定するばかりでなく、子どもの話を聞くことも大切です。

5:わかるまで根気強く説得する

3歳の子どもはまだ幼く、保護者の言うことでもなかなか伝わりません。子どもに対しては根気強く、言葉を変えながら、どうしてダメなのかをきちんと説明してあげましょう。

その際、イライラしても感情的になってはいけません。すぐに伝わる大人相手ではないことを頭に置いて、何度も繰り返し根気強く、思っていることを伝えるようにしてみてください。

常に時間に余裕を持って行動するようにしよう

子どもがいると忙しい毎日になりますが、3歳のイヤイヤ期を適切に乗り越えるには、なるべく余裕をもった行動を心掛けることが大切です。

時間に余裕がないと、ついつい「もうそれでいいから」と一貫性のない行動をとってしまうことがあります。言うことを聞かない子どもに対して、強い言葉がでやすくなる面もあります。

なかなか難しいことではありますが、なるべく時間的・精神的な余裕をもって、子どもに接するようにしましょう。

3歳の子どもが言うことを聞かない時は根気強く寄り添おう

今回の記事では魔の3歳児とも呼ばれる、子どもの最初の反抗期の対処法や、やってはいけない接し方について紹介してきました。

子どもがイヤイヤを始めると、保護者はイライラしてしまうことがあります。しかし子どもの反抗期は成長に欠かせないものなので、根気強く、子どもに寄り添う姿勢で接していくことが大切でしょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2022年01月05日

更新日:2022年01月05日

記載されている内容は2022年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
子育て
2022年01月05日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介
子育て
2022年01月05日

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説
子育て
2022年01月05日

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介
子育て
2022年01月05日

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介
子育て
2022年01月05日

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介
子育て
2022年01月05日

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説
子育て
2022年01月05日

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
子育て
2022年01月05日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介
子育て
2022年01月05日

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!
子育て
2022年01月05日

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介
子育て
2022年01月05日

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
子育て
2022年01月05日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
子育て
2022年01月05日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説
子育て
2022年01月05日

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説

年の差兄弟は育てやすいの?子育てのメリットやデメリットもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

年の差兄弟は育てやすいの?子育てのメリットやデメリットもあわせて紹介