ネントレはいつから始めたらいいの?やり方や成功させるポイントを解説

赤ちゃんの睡眠に悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。そのような場合におすすめなのがネントレです。この記事ではネントレの方法や成功させるポイント、注意点などをご紹介しています。記事を参考にネントレをして、赤ちゃんも保護者もぐっすり眠りましょう。

ネントレはいつから始めたらいいの?やり方や成功させるポイントを解説

赤ちゃんがなかなか寝てくれなかったり、夜泣きが激しかったり、抱っこしていないと寝なかったりするなど、赤ちゃんの睡眠に関してさまざまな悩みを抱えている保護者も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの睡眠に悩みを抱えていると、保護者もゆっくり休むことが難しくなります。このような悩みの解決策として知られているのが「ねんねトレーニング」である「ネントレ」です。

この記事では、ネントレの方法や成功させるポイント、また気を付けることについて解説しています。この記事を読むことで、いつからネントレを始めれば良いかなど、ネントレについての疑問やネントレの方法などを知ることができるでしょう。

記事の内容を参考に、赤ちゃんの睡眠の特徴を知ってネントレを始めてみてください。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

ねんねトレーニングであるネントレとは?

ネントレとは「ねんねトレーニング」の略で、赤ちゃんが自分で眠れるように習慣づけるトレーニングのことを言います。

赤ちゃんは成長すれば自然に1人で眠れるようになりますが、睡眠は赤ちゃんによって個性があるため、夜中に度々目を覚まして泣いたり、なかなか寝てくれなかったりといった悩みを抱える保護者も多く見られます。

ねんねトレーニングを行うことで、そのような赤ちゃんの睡眠に関する悩みを改善することができるでしょう。

ネントレをする前に知っておきたい睡眠の特徴4つ

人間の睡眠は年齢によって変化し、赤ちゃんも月齢によって睡眠が変わっていきます。どのように赤ちゃんの睡眠が変わっていくのか、ネントレをする前に知っておきましょう。

ここでは、ネントレをする前に知っておきたい睡眠の特徴を見ていきます。

  • 新生児の睡眠
  • 生後2か月の睡眠
  • 生後6か月の睡眠
  • 生後12か月の睡眠

1:新生児の睡眠

人の睡眠には浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠の2つがあり、この2つの睡眠を交互に繰り返しています。

新生児は成人と比較して睡眠時間が長く、浅い眠りであるレム睡眠が成人の約2倍長いというのが特徴です。

新生児は、1時間から4時間ほど眠っては、1時間から2時間ほど起きるというサイクルを昼夜を問わず繰り返します。

2:生後2か月の睡眠

生後2か月になると、およそ1/4の赤ちゃんが、午前0時から午前5時くらいまで途中で起きることなく眠り続けるようになります。

睡眠時間は新生児のときと比べて少し短くなり、1日で14時間から15時間ほどです。また、この時期には、原因の分からない大泣きをすることもあるでしょう。

3:生後6か月の睡眠

生後6か月になると、生後2か月の頃と比べて睡眠時間が少し短くなり、1日で13時間から14時間ほど眠るようになります。

急に目を覚ます場合もありますが、夜には6時間から9時間ほど起きずにまとまって眠れるようになります。

個人差はありますが、1回から3回のお昼寝をし、2時間から4時間ほど眠る赤ちゃんが多くなるでしょう。

4:生後12か月の睡眠

生後12か月になると、生後6か月と比べて睡眠時間がさらに短くなり、11時間から12時間ほど眠るようになります。成人と比較して長かったレム睡眠の時間も短くなります。

お昼寝の回数も減り、1.5時間から3.5時間くらいのお昼寝を1回する程度になるでしょう。多くの場合、この頃には昼夜のリズムがつくようになるため、夜にまとめて眠るようになります。

ネントレはいつから始めたらいいの?

ネントレを始めたいけれど、いつから始めればよいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

ネントレを始める時期に明確な目安はありませんが、赤ちゃんの睡眠リズムが一定になる、生後4か月から6か月頃に始めるのがおすすめでしょう。

この時期になると、ある程度まとまって眠れるようになり夜間に授乳することも減るため、ネントレを行いやすいと言えます。

ネントレのやり方7選

ネントレのやり方にはさまざまなものがあり、赤ちゃんによって適したやり方も違います。

ここでは、ネントレのやり方を7つ紹介します。いろいろなやり方の中から赤ちゃんに適した方法を見つけてみてください。

  • うとうとした時にベッドに入れる方法
  • できるだけ泣かせない方法
  • 泣かせっぱなしにする方法
  • 決めた時間ごとに様子を見る方法
  • フェードアウトの方法
  • 同じ部屋で寝る方法
  • 保護者と別の部屋で寝る方法

1:うとうとした時にベッドに入れる方法

赤ちゃんがうとうとした時に、ベッドに入れてみましょう。ただし、最初からうまくいくことはほとんどなく、赤ちゃんが激しく泣いてしまうこともあるでしょう。

そのような場合には、いったん抱っこして落ち着かせてあげましょう。うとうとしてきたら、またベッドに入れるようにします。この練習を繰り返すうち、自分で眠れるようになるでしょう。

ベビーベッドでは、硬いマットにぴったりフィットするシーツを使用し、毛布や枕、おもちゃなどを置かずに赤ちゃんが安全に眠れるようにしてください。

2:できるだけ泣かせない方法

赤ちゃんをなるべく泣かせないようにネントレを行いたい場合には、できるだけ泣かせない方法を試してみるのもおすすめです。

毎日同じ時間にお風呂に入り、ベッドで読み聞かせをして寝るなど、赤ちゃんがリラックスできる状態を作ると共に、寝る前の習慣を赤ちゃんに身につけさせるため、眠る時間を知らせる合図や合言葉を決めましょう。

この方法の場合は、もし赤ちゃんが泣いても、すぐに構わず様子を見ながら、空腹などお世話が必要な場合だけ対応するのがポイントです。

3:泣かせっぱなしにする方法

安全なベビーベッドに赤ちゃんを寝かせたら、保護者は別の部屋に移動します。このとき赤ちゃんが泣いても、見に行かないことが大切です。

「泣いても保護者が来ない」ということを赤ちゃんが分かれば、徐々に自分で眠るようになるでしょう。

この方法では、夜中に泣いても抱っこするために部屋に入らないようにします。赤ちゃんを泣かせっぱなしにしなければいけないのは辛いでしょうが、欧米では一般的な方法です。

安全を確保して行うようにし、心配な場合はベビーモニターを使用すると良いでしょう。

4:決めた時間ごとに様子を見る方法

赤ちゃんを安全なベビーベッドで寝かせたら、「おやすみ」と言って部屋を出ます。保護者が部屋を出ると、赤ちゃんが泣き出してしまうこともありますが、自然に泣き止むのを待ちましょう。

しばらく待っても泣き止まない場合は様子を見に行きますが、赤ちゃんを抱き上げずにやさしい言葉をかけたり、軽くなでたりするだけにして、少し様子を見たら部屋を出ます。これを決まった時間ごとに、部屋に戻る間隔を少しずつ長くするようにして繰り返しましょう。

この方法の場合は、赤ちゃんを部屋に1人にするため、危険がないか十分にチェックして行ってください。

5:フェードアウトの方法

赤ちゃんを泣かせっぱなしにしておくのが不安な方や、住宅の構造上同じ部屋で寝かせなくてはならない方におすすめなのが、同じ部屋に居ながら離れて見守るフェードアウトの方法です。

赤ちゃんが眠るまでは、決めた時間ごとに様子を見る方法と同様、なでたり声をかけたりしても構いませんが、抱っこをしたり授乳したりはしません。

日が経つにつれ、赤ちゃんとの距離を離していき、最終的には赤ちゃんから見えないところでそっと見守るようにすると良いでしょう。

6:同じ部屋で寝る方法

生後数か月程度の赤ちゃんは、保護者と同じ部屋で寝るのがおすすめです。同じ部屋で寝る方法では、赤ちゃんはベビーベッドで寝かすなど、寝る場所を別々にします。

この方法の場合、保護者がゆっくり眠れず寝不足になる可能性がありますが、同じ部屋にいるため安心することができるでしょう。

ただし、赤ちゃんと同じ時間に寝なければ赤ちゃんを起こしてしまう可能性があるため、なるべく同じ時間に寝るようにしましょう。

7:保護者と別の部屋で寝る方法

毎日の寝かしつけを負担に感じていたり、赤ちゃんのお世話が辛いと感じていたりする場合には、赤ちゃんと別の部屋で寝る方法を試してみるのがおすすめです。

最初は、赤ちゃんを泣きっぱなしにさせておくことが辛く感じることもあるでしょうが、数日から1週間ほどで自分で寝られるようになる可能性が高いでしょう。

保護者にとっても、赤ちゃんと別々の部屋で寝ることで赤ちゃんと同じ時間に寝る必要がなくなり、ゆっくり休むことができる方法と言えます。

ネントレを成功させるポイント4つ

ここまで、さまざまなネントレのやり方を紹介しましたが、ネントレを成功させるために押さえておきたいポイントがあります。

ここでは、ネントレを成功させる4つのポイントを見ていきましょう。

  • 1日のルーティンを決める
  • 日中に体を動かせるようにしてあげる
  • 着心地の良いパジャマや寝具を選ぶ
  • 寝室の環境を整える

1:1日のルーティンを決める

赤ちゃんが眠るまでの1日のルーティンを決めておきましょう。夕飯を食べたらお風呂に入り、絵本の読み聞かせをしてから寝るなど、毎日同じ時間に同じ行動をすることで生活リズムに慣れさせます。

ルーティンが身につくと、「これが終わったから寝る時間」だということを赤ちゃんが理解するようになり、心の準備もできるようになるでしょう。

睡眠へのリズムを整えることでネントレが成功しやすくなるため、ぜひ試してみてください。

2:日中に体を動かせるようにしてあげる

赤ちゃんが夜によく眠れるよう、日中に体を動かせるようにしてあげましょう。赤ちゃんは体力をたくさん使って遊ぶため、日中に目一杯体を動かして遊んだことで、すぐに寝てくれる可能性があります。

日中にたくさん体を動かしてうまく眠ることができた場合には、その日の行動をメモにしておくと、ネントレをする際の参考になるでしょう。

3:着心地の良いパジャマや寝具を選ぶ

赤ちゃんは、パジャマや寝具に不快感があると、それが気になって眠れなくなってしまうことがあります。

そのため、赤ちゃんには着心地の良いパジャマや寝具を選んであげましょう。素材が良くてもウエストのゴムが窮屈だったり、裾がすぐにめくれてしまったりして着心地の悪いものは避けてください。

着心地の良いものであれば、赤ちゃんのお気に入りのキャラクターや絵が描かれたパジャマを選ぶのもおすすめです。

4:寝室の環境を整える

ネントレを成功させるためには、赤ちゃんが眠りやすいように寝室の環境を整えてあげることも大切です。

快適な部屋の温度を保ち、赤ちゃんが怖がらなければ、豆電球などの部屋の明かりは消しておいた方が眠りやすくなるでしょう。

赤ちゃんが眠る寝室には物を置かない方が良いですが、物を置く場合でも、赤ちゃんが遊びたくなるようなものは置かないようにしてください。

ネントレを卒業する目安は?

では、どのような状態になれば赤ちゃんのネントレを卒業したと言えるのでしょうか。ネントレは1度成功しても、しばらくしてぶり返したり、風邪などのきっかけで元に戻ってしまったりすることがあります。

そのため、1度成功しても、しばらくは中断せずに様子を見ることが必要です。ネントレ成功後、しばらく様子を見ても安定して保護者の力を借りることなく、赤ちゃんが自分の力で眠れるようになれば、ネントレ卒業と言えるでしょう。

ネントレの参考になる本4選

ここでは、ネントレの方法について詳しく知りたいという方のために、ネントレの参考になる本を紹介します。

本を読むことで、ネントレについてより深く知ることができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

1:ダイヤモンド社「医者が教える赤ちゃん快眠メソッド 」

育児については精神論や個人の経験で語られる傾向があり、個人差がでてしまうことが多いですが、この本ではエビデンスをもとに多くの赤ちゃんに広く効果がある方法を紹介しています。

赤ちゃんが快適に眠るためのポイントや、寝ぐずり対策、ネントレ方法など、読んだその日から実践できる寝かしつけの方法を知ることが可能です。

2:日本実業出版社「赤ちゃんが夜早く、長く眠る かんたん ねんねトレーニングBOOK」

ネントレをしたいけれど、ネントレをする気力も体力もないという方や、赤ちゃんが寝てくれず体が辛いという方のために、著者が独自に開発した寝かしつけ方を紹介しています。

大変なスケジュール管理をしなくても、赤ちゃんが眠ってくれるようになる方法が書かれているため、忙しい方や赤ちゃんが眠らず悩んでいる方におすすめの1冊です。

3:かんき出版「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」

欧米で一般的なひとり寝をすすめるネントレではなく、日本の風習である添い寝で赤ちゃんの睡眠に関する悩みを改善する方法を紹介している本です。

この本を読めば、難しいことをしなくても、生活リズムや寝かしつけの方法を変えるだけで効果を実感できるでしょう。

夜泣きや寝ぐずりに悩む方におすすめの1冊です。

4:‎ 講談社「ママと赤ちゃんのぐっすり本 夜泣き・寝かしつけ・早朝起き 解決ガイド」

保護者を悩ませる赤ちゃんの睡眠トラブルを解決する、エビデンスに基づいた解決プログラムを紹介している本です。

ネントレを始める前に重要な睡眠の土台作りの方法やネントレの方法について、分かりやすく解説しています。

保護者と赤ちゃんがぐっすりと眠れるように、この本を読んで睡眠の土台をしっかり作りましょう。

ネントレをする時に気を付けること5つ

ここからは、ネントレをする際に気を付けたいポイントを紹介します。

ネントレをする時に、ついやってしまいがちなことがあるため、以下に紹介する5つに気を付けて取り組みましょう。

  • お昼寝の時間を少なくしない
  • ネガティブな声がけをしない
  • 保護者同士で赤ちゃんの対応を統一させておく
  • スマホやテレビを寝る前に見せない
  • 成功してもネントレを中断しない

1:お昼寝の時間を少なくしない

お昼寝の時間を少なくして夜眠くなるようにしようとすると、お昼寝で取れるはずの疲れが取れず、逆に夜眠りにくくなってしまうことがあります。

お昼寝の時間は少なくせず、いつも通り月齢に合ったお昼寝をさせましょう。

2:ネガティブな声がけをしない

ネントレ中は、赤ちゃんが泣いていても泣き止ませることができず、「ごめんね」などとネガティブな声掛けをしがちです。

しかし、赤ちゃんは「ごめんね」と言われると、悪いことをされていると思ってしまう可能性があります。ネントレは、赤ちゃんが夜中に何度も泣くことで、寝かしつけをお願いしなくても、1人で朝までぐっすり眠れるように行うものです。

赤ちゃんのことを思って行っているため、赤ちゃんに謝るのではなく、「今は大変だけど、練習してぐっすり眠れるようになろう」とポジティブな声掛けをするようにしましょう。

3:保護者同士で赤ちゃんの対応を統一させておく

ネントレを行う際は、保護者同士で赤ちゃんの対応を統一させておかなければ、トラブルの元になってしまうでしょう。

ネントレについてきちんと話し合っておかないと、泣いている赤ちゃんを見て「赤ちゃんをこんなに泣かせるなんてかわいそう」と、頑張っているのに追い詰めるような言葉をかけられる可能性もあります。

そうならないためにも、事前に保護者同士でネントレについて話し合い、赤ちゃんの対応を統一させておくことが大切です。

4:スマホやテレビを寝る前に見せない

スマホやテレビは、画面からブルーライトという強い光を発しています。スマホやテレビを見ると、眠くてもブルーライトの刺激で眠れなくなる場合があるため、寝る前にスマホやテレビを見せないようにしましょう。

寝る前には部屋の明かりを少し落として、静かなゆっくりとした時間を過ごすのがおすすめです。

5:成功してもネントレを中断しない

ネントレに1度成功しても、しばらく経ったらぶり返したり、風邪など何かのきっかけで眠れなくなってしまったりして、また元に戻る可能性もあります。

そのため、1度成功しても中断せずに、しばらく様子を見るようにしてください。もし、元に戻ってしまっても、1度身についたスキルがなくなるわけではないため、徐々に練習して戻していきましょう。

赤ちゃんの睡眠の特徴を確認してネントレを始めよう

ここまで、ネントレの方法や成功させるポイント、注意点などについて紹介しました。ネントレをして赤ちゃんが1人で寝ることができるようになれば、赤ちゃんがしっかり眠れるだけでなく、保護者も自分の時間を持ったり、ゆっくり休んだりできるようになります。

本記事で紹介した内容を参考に、赤ちゃんの睡眠の特徴を確認してネントレを始め、赤ちゃんに良い睡眠習慣を付けましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

削除してください

納品条件の規定文字数が不足する場合はこちらに任意の文字列を入力してください。ダミーテキストにつき参考URL欄の入力は不要です
いつからいつからいつからいつからいつからいつからいつからいつからいつから

初回公開日:2021年12月17日

更新日:2021年12月17日

記載されている内容は2021年12月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
子育て
2022年01月05日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切
子育て
2022年01月05日

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介
子育て
2022年01月05日

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説
子育て
2022年01月05日

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介
子育て
2022年01月05日

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介
子育て
2022年01月05日

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介
子育て
2022年01月05日

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説
子育て
2022年01月05日

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
子育て
2022年01月05日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介
子育て
2022年01月05日

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!
子育て
2022年01月05日

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介
子育て
2022年01月05日

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
子育て
2022年01月05日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
子育て
2022年01月05日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説
子育て
2022年01月05日

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説