早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介

ある特定のスキルを身に付けるために早い段階から子どもに教育を受けさせる、早期教育についてご存知でしょうか。本記事では、早期教育の目的や内容、そして保護者として注意すべき点などをご紹介します。早期教育について理解を深めたい方は、ぜひ参考にして下さい。

早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介

「早期教育と幼児教育はどう違うの?」
「早期教育のメリットとデメリットはなに?」
「早期教育を行う際に保護者が注意すべきことはなに?」

早期教育という言葉をよく耳にするものの、実際は早期教育の内容についてよく理解していないと言う方も多いのではないでしょうか。

本記事では、早期教育についてやそのメリットとデメリットについて紹介しています。また、早期教育をスタートする際に保護者として気を付けたいことも知ることができます。

この記事を読むことで、早期教育について理解を深めることができます。乳幼児への教育について疑問や不安がある方はぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

早期教育と幼児教育の違いとは?

早期教育と幼児教育はどちらも子どもに向けての教育という意味では同じですが、この2つは教育を行うそもそもの目的が異なります。

早期教育とは、一般的に学ぶべき年齢よりも早い段階で子どもに教育を受けさせることを指します。早期教育では英語や水泳など、ある特定のスキルを子どもに身に付けさせるために行われます。

一方で、幼児教育は小学校に入る前の子ども達に向けて行う教育全てを指します。たとえば、幼稚園や保育園そして家庭も幼児教育を行う場所です。幼児教育は子ども達が社会性を身に付け、生きるために必要な自立性や主体性などを学ぶために行われます。

早期教育の種類

早期教育では子ども達は様々なスキルを身に付けることができます。たとえば、音楽ではピアノやバイオリンなどの楽器の演奏から、リトミックなどもあります。

また、近年早期教育で人気が高いのが英語などの外国語の教育です。幼い頃から英語を学ばせることにより、英語を聞き分ける英語耳を身に付けることができると言われています。それ以外にも早期教育には、水泳などのスポーツを身に付けるものもあります。

子どもに早期教育を受けさせるメリット4つ

子どもに幼いうちから特定の分野の早期教育を受けさせることには、様々なメリットがあります。次は、早期教育を子どもに受けさせるメリットを4つ説明します。

  • 好奇心が生まれる
  • 得意分野が判断しやすくなる
  • 基礎学力が身に付く
  • 自身が持てるようなる

1:好奇心が生まれる

早期教育のメリット1つ目は、子どもの好奇心を生むための手伝いができるという点です。新しいことを経験することで、子どもは新しい世界を知ることができます。そしてこの経験が子どもの可能性を引き出すことにつながります。

早期教育を子どもに受けさせる際は、色々と体験させてみてから、子どもが興味を持ったことを続けさせてあげるのが良いでしょう。

2:得意分野が判断しやすくなる

子どもは保護者とは違う1人の人間です。想像していなかったことが得意な可能性もあります。

早期教育を受けさせ色々と経験させることで、子どもの得意なことを判断しやすくなります。そして、それは子どもの可能性を広げてあげることにつながるでしょう。

3:基礎学力が身に付く

早期教育では、基礎の学力を幼い頃に身に付けることができるというメリットがあります。もちろん教育の種類によって身に付けられるものは異なりますが、どのスキルを学んでいたとしても文章を読むことや数字の意味や数え方を小さな頃に身に付けられるでしょう。

早期教育で学んだことを続けることで、他の子どもに比べて高い基礎知識を持った状態で小学校に入学することができると言われています。

4:自信が持てるようになる

早期教育では子どもに自信を与えることができます。どの分野でも早期教育を受けていると、子ども達はなにかしらの達成感を得る経験をすることになります。

頑張ったことができるようになった、成功したという経験は、子どもの自信につながります。そして自信を持った子ども達はどんどん新しいことにチャレンジしていくでしょう。

子どもに早期教育を受けさせるデメリット3つ

子どもの成長に魅力的なメリットがある早期教育ですが、デメリットもあります。子どもへの早期教育を考える際は、必ずデメリットも理解したうえで行いましょう。次は、早期教育のデメリットを3つ紹介します。

  • やる気がなくなる
  • 自主性が身に付かない恐れがある
  • 精神的な負担がかかる恐れがある

1:やる気がなくなる

早期教育は保護者が子どもの受ける教育を選び、保護者が主体となって進めていくことが多いです。そのため実際に子どもが教育を受け始めると、子どものやる気がしだいになくなってしまう場合があります。

特に幼稚園に入る前の子ども達は、遊びが生活の中心です。遊ぶ時間を奪って早期教育ばかりに力を入れてしまうと、子どもが保護者の熱意に付いていけなくなってしまう可能性があります。

2:自主性が身に付かない恐れがある

早期教育のデメリットの1つに自主性が身に付かないと言う点があります。早期教育は子どもが小さい頃に行う教育なので、教える側が課題や学ぶことを一方的に与え続ける形になることが多いです。

そのため、その学び方に子どもが慣れてしまい全てにおいて受け身になってしまう可能性もあります。早期教育を行う際は、子どもが受け身になっていないかなど様子を常に確認すると良いでしょう。

3:精神的な負担がかかる恐れがある

早期教育を過度に行い過ぎると子どもに精神的な負担をかけてしまい、ストレスをためてしまう場合があります。子どもは自分の気持ちや機嫌で行動する傾向があります。遊びたいという気持ちを無理やりおさえて、新しい知識やスキルばかりを教えるのは良くないでしょう。

またこの時期にストレスをためすぎるのは、子どもの今後の性格に少なからず影響すると言われています。早期教育を子どもに受けさせる際は、様子を確認し子どもの負担になっていないかを判断するようにしましょう。

早期教育で気を付けること3つ

早期教育を行う際は、メリットとデメリットをしっかり理解し、子どもの様子を確認しながら続けてあげることが大切です。

次は、早期教育を子どもに受けさせる際に保護者が気を付けたいことについて紹介します。子どもへの早期教育を考えている人は、ぜひ参考にして下さい。

  • 子どもがが楽しんでいるか確認する
  • 子どもの自主性を尊重する
  • 友達と比較しないようにする

1:子どもがが楽しんでいるか確認する

この時期の子ども達にとって、世界は新しく見るものや体験するもので溢れています。そして子ども達は自分の心の思うままに色々とチャレンジしてみたいと思う時期でもあります。

そんな時期の子ども達だからこそ、今受けている教育に興味を持っているのか、楽しんでいるのかを保護者として見きわめてあげることが大切です。早期教育を受けている間、子どもが楽しそうに過ごしているようならばその教育は子どもの将来に役立つでしょう。

2:子どもの自主性を尊重する

先述のように、早期教育には子どもの自主性が育たないというデメリットがあります。このデメリットを補うために、早期教育ではなるべく子どもの自主性を尊重してあげるようにすると良いでしょう。

早期教育は与えるばかりではなく、子どもが自分で答えを出したり発言したりするような環境を作ってあげると効果的です。

3:友達と比較しないようにする

早期教育を行う際に注意をしたいのが、自分の子どもと他の子どもを比べないことです。この時期の子ども達はまだまだ成長段階であり、その成長のスピードは子どもによって異なります。

また過度の期待は、子どもにとってストレスになってしまう場合があります。子どもは保護者の言葉や視線に敏感であり、早期教育はまずは子どもが楽しんで学んでいるかが重要です。

子どもが楽しんでいれば良いというくらいの大きな気持ちで、早期教育をスタートすると良いでしょう。

早期教育を考えているならメリットとデメリットを知っておこう

早期教育のメリットとデメリットを理解し、保護者が子どもの様子を確認しながら行えば、早期教育は子どもの成長に良い効果を与えるでしょう。

また保護者も一緒になって楽しみながら子どもに早期教育を与えると、子どもとの絆も深まります。早期教育は、子どもが楽しみながらできることを一番に考えてあげながら検討しましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2021年12月03日

更新日:2021年12月14日

記載されている内容は2021年12月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
子育て
2022年01月05日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切
子育て
2022年01月05日

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介
子育て
2022年01月05日

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説
子育て
2022年01月05日

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介
子育て
2022年01月05日

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介
子育て
2022年01月05日

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介
子育て
2022年01月05日

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説
子育て
2022年01月05日

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
子育て
2022年01月05日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介
子育て
2022年01月05日

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!
子育て
2022年01月05日

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介
子育て
2022年01月05日

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
子育て
2022年01月05日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
子育て
2022年01月05日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説
子育て
2022年01月05日

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説