「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介

2000年以降、「蓮」を含んだ名前は人気の傾向にあります。「蓮」の字が持つ本来の意味をご存じでしょうか。この記事では「蓮」を含んだ名前の実例や、子どもに名付ける意義などを紹介しています。「蓮」が入っている名前に興味がある方は、是非読んでみてください。

「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介

「子どもの名前に蓮って入れていいの?」
「蓮を使った名前はどんな種類があるのかな?」
このように、子どもに名前を付ける際に、「蓮」の字を入れるにあたり疑問や不安を持つ方もいるのではないのでしょうか。

本記事では、「蓮」が持つ意味と由来、その名に込められた願いに加え、「蓮」を含んだ名前の実例155選を紹介しています。

この記事を読むことで、「蓮」の字が持つ本来の意味や人に与える印象、「蓮」の字が付くあらゆる名前のバリエーションを把握することができます。これらの知識をもとに子どもの名前を決定できるため、「蓮」を名前に入れたい方の悩みや不安を解決することができるでしょう。

「蓮」を含む名前を命名したい方は、是非この記事をチェックしてみてください。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

「蓮」の意味・由来とは?

「蓮」という字は、植物の「蓮(ハス)の花」が由来です。ハスの花が連なってたくさんの実をつけることから、「連(つら)なる」と、くさかんむりを合わせた「蓮」が生まれました。

画数は13画、部首はくさかんむりです。音読みで「レン」、訓読みでは「ハス」と読みますが、日本ではハスの実の断面がハチの巣に似ているとされ、ハチの巣を省略し「ハス」と呼ばれるようになったと言われています。

「蓮」を使った名前155選

画数の多い漢字と組み合わせる場合には、シンプルな文字を選ぶと全体のバランスがよくなると言われています。

「蓮」は比較的画数が多いため、名付けのセオリーが当てはまりますが、最近では概念にとらわれない自由な組み合わせが増えています。字の雰囲気や印象で選んでもいいでしょう。ここでは、「蓮」を使った155選の名前を紹介します。

1:「蓮」を使ったア行から始まる名前11選

「ア行」は母音であることから、濁音にならない発音から始まります。イメージとして、「おおらか」「安心する」と言った、包容力がある印象です。また、「ア行」から始まる名前には、ポジティブ思考でリーダーシップを発揮する人に多い傾向にあります。

名前
江蓮(えれん)
瑛蓮(えれん)
亜蓮(あれん)
雅蓮(あれん)
栄蓮(えれん)
詠蓮(えれん)
江蓮(えれん)
王蓮(おうれん)
央蓮(おうれん)
吾蓮(あれん)
優蓮(うれん)

2:「蓮」を使ったカ行から始まる名前13選

喉を絞って発声する「カ行」は、クールでドライ、カッコいいなどの印象を与えます。発声の特徴として息をつよく口の中にぶつけるため、スピード感があり目標に向かう瞬発力を持った子どもに育つでしょう。

名前
華蓮(かれん)
光蓮(こうれん)
香蓮(かれん)
快蓮(かいれん)
健蓮(けんれん)
空蓮(くうれん)
京蓮(きょうれん)
希蓮(きれん)
絵蓮(かいれん)
楓蓮(かれん)
勘蓮(かんれん)
剛蓮(ごうれん)
海蓮(かれん)

3:「蓮」を使ったサ行から始まる名前15選

「サ行」から始まる名前は、爽やかで清潔感がある印象を与えます。「サ行」の音は、息を舌の上に滑らせて発声します。それゆえ、音の響きがシャワーのように聴こえ、スマートさを持った子どもに成長するでしょう。

名前
佐蓮(されん)
秀蓮(しゅうれん)
志蓮(しれん)
侍蓮(じれん)
彗蓮(すいれん)
世蓮(せれん)
奏蓮(そうれん)
尊蓮(そんれん)
紗蓮(されん)
水蓮(すいれん)
翠蓮(すいれん)
純蓮(すみれ)
世蓮奈(せれな)
星蓮(せれん)
蒔蓮(じれん)

4:「蓮」を使ったタ行から始まる名前7選

パワフルで周りから頼られる存在に育ってほしいのなら、「タ行」から始まる名前をつけてあげるといいでしょう。

舌に息をため、上あごにぶつけて発音する「タ行」は、パワーだけではなく粘り強さも兼ね備えています。1歩ずつ着実に育ってくれるでしょう。

名前
泰蓮(たいれん)
大蓮(だいれん)
千蓮矢(ちはや)
知蓮(ちれん)
千蓮(ちれん)
都蓮未(どれみ)
瑞蓮(たまれ)

5:「蓮」を使ったナ行から始まる名前5選

誰からも愛される子どもには「ナ行」から始まる名前がいいでしょう。上あごを舌で優しくなでるように発する「ナ行」の音は、親密な感情が生まれやすく、人間関係が良好になりやすい子どもに育ちます。

名前
菜蓮(なれん)
仁蓮(にれ)
乃蓮(のれ)
野蓮美(のれみ)
奈蓮(なれん)

6:「蓮」を使ったハ行から始まる名前31選

ほんわかした印象を与える「ハ行」の音は、癒し系として人気です。冷たくかじかんだ手を温めるときや、熱いスープを冷ますときに使われる音で、喉をこすって発声します。つかず離れずの距離感で心地よい雰囲気をまとった子どもに育ってくれるでしょう。

名前
蓮久(はく)
蓮潮(はしお)
蓮雄(はすお)
蓮輝(はすき)
蓮仁郎(はすじろう)
蓮汰(はすた)
蓮丸(はすまる)
蓮也(はすや)
蓮朗(はすろう)
蓮世(はせ)
蓮智(はち)
蓮積(はつむ)
蓮帝(はてい)
蓮穏(はのん)
蓮耶人(はやと)
蓮李真(はりま)
蓮琉(はる)
蓮留(はる)
蓮瑠斗(はると)
白蓮(はくれん)
蓮藍(はすあ)
蓮葵(はすき)
蓮空(はすく)
蓮寅(はすと)
蓮之海(はすのうみ)
蓮之丞(はすのじょう)
蓮深(はすみ)
蓮來(はずき)
蓮騎(はずき)
羽蓮(はれん)
芭蓮(ばれん)

7:「蓮」を使ったマ行から始まる名前7選

「マ行」から始まる名前は、満たされた感覚と安心感をもたらします。ハミングのように息を鼻腔に響かせてから出す「マ行」の音は、周囲から信頼され、年下の子どもの面倒がしっかりと見られる子どもに育つでしょう。

名前
眞蓮人(まれと)
真蓮(まれん)
己蓮(みれ)
木蓮(もくれん)
万蓮(まれ)
美蓮(みれ)
麻蓮(まれん)

8:「蓮」を使ったヤ行から始まる名前3選

「ヤ行」から始まる名前をつけることで、人当りがやわらかく話を聞くことができる子に育ちます。

「ヤ行」を発するとき、母音の「イ」を変化させて音にします。やわらかく曖昧な響きは、周りの人を優しい気持ちにさせてくれるでしょう。

名前
悠蓮(ゆうれん)
勇蓮(ゆうれん)
優蓮(ゆれん)

9:「蓮」を使ったラ行から始まる名前63選

スタイリッシュな印象を持つ「ラ行」から始まる名前は、華やかさも兼ね備えています。舌をひるがえして発音する「ラ行」は、テクニカルな口の動きをするため、スタイリッシュさだけでなく知的さも併せ持ちます。

名前
蓮斗(れんと)
蓮人(れんと)
蓮翔(れんと)
蓮央(れお)
蓮都(れんと)
蓮士(れんと・れんじ)
蓮叶(れんと)
蓮大(れお・れんた)
蓮音(れおん・れお)
蓮桜(れお)
蓮也(れんや)
蓮弥(れんや)
蓮旺(れお)
蓮凰(れお)
蓮太郎(れんたろう)
蓮心(れんしん)
蓮生(れお)
蓮仁(れんと)
蓮真(れんま)
蓮樹(れんじゅ)
蓮太朗(れんたろう)
蓮恩(れおん)
蓮虎(れんと)
蓮珠(れんじゅ)
蓮太(れんた)
蓮唯(れい)
蓮介(れんすけ)
蓮之介(れんのすけ)
蓮司(れんじ)
蓮飛(れんと)
蓮大郎(れんたろう)
蓮汰郎(れんたろう)
蓮陽(れお)
蓮志(れんじ)
蓮輝(れんき)
蓮眞(れんま)
蓮乃(れの)
蓮晴(れんせい)
蓮弦(れんと)
蓮士郎(れんしろう)
蓮之助(れんのすけ)
蓮武(れん)
蓮馬(れんま)
蓮汰朗(れんたろう)
蓮哉(れんや)
蓮次(れんじ)
蓮大朗(れんたろう)
蓮穏(れおん)
蓮成(れんせい)
蓮和(れお)
蓮夢(れん)
蓮冬(れんと)
蓮星(れんせい)
蓮温(れおん)
蓮仁(れに)
蓮(れん)
蓮一(れんいち)
蓮牙(れんが)
蓮貴(れんき)
蓮伍(れんご)
蓮悟(れんご)
蓮祐(れんすけ)
蓮聖(れんせい)

「蓮」を使った名前に込める願い

蓮は、泥にまみれても美しくきれいな花を咲かせる、という性質があります。人間に例えるならば、「困難に打ち勝つ」「いまが辛くてもポジティブに生きてほしい」と言った、前向きな願いが込められるでしょう。

また、「清らかさ」という意味合いを併せ持つことから、「心が汚れることなく自分を信じていく」という解釈もできます。情報があふれる現代社会を、まっとうに生きていくためにぴったりな一字と言えるでしょう。

「蓮」という漢字が与える印象

蓮は、仏教やエジプト神話につながる花言葉を持っており、古代エジプトやインドでは象徴的な花とされています。

蓮の花言葉の1つとして「雄弁」が挙げられますが、弁舌がつよい神であるオシリスにささげた花が蓮だったことが由来です。

このことから蓮という字は、「周りに流されない意志を持っている人や本質をつかむ力がある人」という印象を与えると言えるでしょう。

「蓮」を使った素敵な名前をプレゼントしてあげよう

「蓮」は、平成半ばから人気となっている漢字の1つです。花の名前を表す漢字は女の子に多く見られる傾向にありますが、「蓮」は男の子にも命名しやすい漢字です。

字体がつよくもあり、しなやかさを思わせる構造をしているため、名前にしやすい漢字と言えるでしょう。

どのような環境でもたくましく生きてほしい、という願いが込められた「蓮」の字を、大切なお子さまに託してみてはいかがでしょうか。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2021年12月01日

更新日:2021年12月14日

記載されている内容は2021年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
子育て
2022年01月05日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切
子育て
2022年01月05日

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介
子育て
2022年01月05日

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説
子育て
2022年01月05日

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介
子育て
2022年01月05日

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介
子育て
2022年01月05日

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介
子育て
2022年01月05日

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説
子育て
2022年01月05日

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
子育て
2022年01月05日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介
子育て
2022年01月05日

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!
子育て
2022年01月05日

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介
子育て
2022年01月05日

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
子育て
2022年01月05日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
子育て
2022年01月05日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説
子育て
2022年01月05日

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説