小学生の痩せすぎの原因は?4つのリスクと健康的に体重を増やす6つの方法を紹介

小学生の子供が痩せすぎて悩む保護者がいます。子供の体重が増えないことにはいくつかの原因が考えられます。そのため、保護者は子供の体重を健康的に増やしてあげるためにも、その原因を把握して、適切に対処してあげられるようにしましょう。

小学生の痩せすぎの原因は?4つのリスクと健康的に体重を増やす6つの方法を紹介

小学生の平均体重はどれくらい?

保護者は子供の太り過ぎに注意してあげる必要もありますが、逆に痩せすぎにも注意してあげる必要があります。成長期となる小学生の時期は、特に注意が必要です。

小学生の体重平均値は、1年生(6歳)で男子が18.9kg、女子が20.9kgで、4年生(9歳)で男子が38.4kg、女子が39.1kg、6年生(12歳)で男子が44.0kg、女子が43.7kgです。

小学生では、まだ自分でうまく食事量や運動量をコントロールできない子供もいるため、保護者はこれらの平均体重を目安に、子供の体重を管理してあげましょう。

出典:令和元年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)の公表について|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/content/20200325-mxt_chousa01-20200325104819_1-1-1.pdf

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

痩せすぎかを調べる方法は?

太り過ぎや痩せすぎは、肥満度の数値が基準となります。数値が20%以上になると肥満傾向児、いわゆる太り過ぎの傾向があるということです。-20%以下になると痩身傾向児、痩せすぎとされます。

計算方法は[実測体重(kg)-身長別標準体重(kg)]/身長別標準体重(kg)×100(%)です。これらの数値はあくまでも基準となります。しかし、見た目では分からない数値を出すことが出来るので、ひとつの参考値となるでしょう。

小学生の痩せすぎの主な原因7つ

小学生の子供が痩せすぎてしまう場合には、いくつかの原因が考えられます。保護者は小学生の子供が痩せすぎないように注意してあげなければならないため、どのようなことが原因で子供が痩せてしまうのか把握しておきましょう。

1:摂取カロリーより消費カロリーが上回っている

小学生の子供は元気いっぱいに遊びます。また、学校では勉強をして、放課後には習い事に通うこともあります。そのため、小学生は多くのカロリーを消費しています。

もし、摂取カロリーよりも、その消費カロリーが上回っているのであれば、必要なカロリーが不足して、子供が痩せていってしまう可能性があります。

2:好き嫌いが多く偏食である

好き嫌いが多い子供は偏食となり、食事量が減る、栄養が偏るなどしてしまう場合があります。そのため、成長期である小学生が偏食となっていると、成長に必要な栄養が正しく摂ることができず、痩せてしまうこともあります。

3:1回に食べられる量が少ない

子供は体が小さいため1度の食事量が少なく、子供が少食であればさらにその食事量が減ってしまいます。

食事量が少なければ、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ってしまいます。また、必要な栄養が十分に摂れないこともあります。そのため、少食の子供は痩せてしまいやすいです。

4:食べ過ぎや刺激の多い物を食べている

小学生の子供は大人のように胃が丈夫ではありません。そのため、食べ過ぎてしまう、刺激の強い物を食べるなどすると、食べた物を正しく消化できなくなる場合があります。

消化不良になれば、体調を崩す、正しく栄養を吸収できないなどの状態になり、体重を落とす原因となってしまいます。

5:ストレスを溜め込んでいる

小学生でも、人間関係や成績、習い事などでいろいろなストレスを受けています。ストレスを溜めすぎると、体調不良の原因となり、痩せる原因にも繋がってしまいます。

そのため、小学生は悩みがなく、ストレスを溜めるようなこともないという先入観を保護者は持たないようにしなければいけません。

6:病気が原因で太れない

単純に、風邪のような病気になり、食欲が落ちる、下痢や便秘が続く、正しく食べ物が消化できないなどの状態になって、体重が落ちてしまうこともあります。

ただし、子供が元気で、食事量も少なくないにもかかわらず、体重が減っていくという場合には、素人では判断できない病気が原因の可能性があります。そのため、念のために医療機関に相談した方が良いでしょう。

7:体質的に太れない

子供の体はまだ未熟であるため、食べ物をうまく消化できないこともあります。そのため、十分な量を食べることができない、正しく食べ物を消化して栄養を吸収できないという場合もあります。

これらのことから、体質的に必要な栄養をうまく摂ることができず、太ることができないという子供もいます。

小学生の痩せすぎがもたらすリスク4つ

小学生の子供が痩せすぎてしまうと、様々なリスクを抱えることになります。子供の健康を守ってあげるためにも、そのリスクにはどのような物があるのか、保護者は把握しておくようにしましょう。

1:骨密度が低下する可能性がある

痩せすぎは骨密度に大きな影響をもたらします。骨密度と関係する骨量は、20歳前後で最大の量となります。最大の骨量をむかえたあとは徐々に減少し、骨粗しょう症になるかどうかの分かれ目が40歳前後です。

そのため、大人になった時に骨粗しょう症にならないためには、20歳前後までに骨量をどれだけ溜められているかが重要となります。痩せすぎは骨量の不足にも繋がるため、小学生の時から注意深く見守る必要があるでしょう。

2:精神的な悪影響がある

太り過ぎだけではなく、平均体重に対して痩せすぎの場合も精神面に悪影響を与えます。エネルギー不足による倦怠感や集中力の低下などが主な症状です。

ダイエットの低年齢化も問題となりつつあります。痩せていることが美しいという考えもあるため、そのリスクも保護者側から伝えていく必要があるでしょう。

3:無月経や低血圧などの健康被害を引き起こす

痩せすぎているということは、十分な栄養が摂れていないということです。栄養が不足しているにもかかわらず、それでも食事が正しく摂れないのは拒食症となってしまっている可能性もあります。

もし、拒食症になると、低血圧や徐脈、浮腫などの症状が出ることがあります。また、女子の場合は初潮の遅れや無月経など、将来の健康被害に繋がってしまう恐れもあります。

出典:摂食障害|なんば・ながたメンタルクリニック
参照:https://nanba-nagata.com/medical/seinenkiseishin/seinenkiseishin03/

4:無理なダイエットをした場合リバウンドしやすい

無理なダイエットは、小学生でもリバウンドしやすくなります。特にダイエットする際に「食べない」という選択肢をした際は、要注意です。

食べないダイエットを続けると筋肉量が減り、食べ物を摂取した際にエネルギーではなく脂肪分に回されてしまいます。また小学生の時からこのような生活習慣を続けてしまうと、大人になった時に太りやすい体質になるとも言われています。

小学生の痩せすぎを防いで健康的に体重を増やす6つの方法

小学生の子供が痩せすぎている場合、健康のためにも保護者は子供の体重を増やしてあげる必要があります。しかし、無理に食べさせるようなことは逆効果となってしまいます。そのため、子供の体重を増やすには、健康的な方法で行わなければいけません。

1:エネルギー源になる炭水化物をしっかり摂る

小学生が健康的に体重を増やすには、栄養バランスの良い食事を、しっかりと食べることが重要です。しかし、栄養バランスを意識しすぎて、カロリーの低い野菜だけを食べるようにしていると、子供がカロリー不足となってしまう可能性があります。

そのため、子供が元気に活動出来るように、ご飯やパン、芋類などでエネルギー源となる炭水化物もしっかりと摂ることも意識しましょう。

2:ビタミンやミネラルなどの栄養素もバランス良く摂る

子供の体重を健康的に増やすには、炭水化物をしっかりと摂ることが重要です。ただし、それは他の栄養は摂らなくても良いというわけではありません。

栄養バランスの良い食事をすることが前提となるため、子供が偏食とならないように保護者は注意してあげる必要があります。特に、ビタミンやミネラルは子供が不足しがちな栄養となるので注意してあげましょう。

3:食材の調理法を工夫してみる

子供は1回の食事量が多くありません。また、刺激の強い物も食べることができません。そのため、固い食材は加熱して柔らかくする、味付けを薄くするなど、子供が少しでも多くの量を食べ、体に負担がかからないように、調理法を工夫してあげましょう。

4:嫌いな食材は栄養が摂れる別の食材で代用する

嫌いな食べ物を克服させたいからと、子供の嫌いな食べ物を出すようにしていると、その食べ物を避けてしまい、食事量が減る、偏食になるなどの原因となります。

そのため、嫌いな食べ物の克服は別の課題として、子供の成長に必要な栄養を摂ることも重視した食事を意識してあげましょう。もし、嫌いな食材に子供の成長に必要な栄養が含まれている場合は、その栄養が他の食材から摂れないか調べて代用しましょう。

5:不足分はおやつで上手に取り入れる

子供は1回の食事量が多くありません。そのため、おやつをうまく活用して、子供に不足しているエネルギーや栄養を補うようにしましょう。

ただし、スナック菓子では健康的に体重を増やすことができないため、子供のおやつには、おにぎりやフルーツ入りのヨーグルトなどをあげるようにしましょう。

6:規則正しい生活を送る

子供が健康的に成長していくためには、規則正しい生活をして、正しい体作りを心がける必要があります。そのため、しっかりと睡眠を取り、1日3食の食事とおやつを食べ、しっかりと運動するようにしましょう。

また、生活リズムを整えることで、適切な時間に空腹となり、しっかりと食事を摂ることも出来るようになります。

痩せすぎの原因を知りうまく対処していこう

小学生の子供が痩せすぎてしまう場合には、いくつかの原因が考えられます。小学生は成長をするために重要な時期でもあるため、保護者はその原因を把握して、上手に対処してあげるようにしましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2020年12月04日

更新日:2021年12月14日

記載されている内容は2020年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説
子育て
2022年01月05日

保育園見学をする理由やチェックポイント|予約の際の注意点も併せて解説

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切
子育て
2022年01月05日

3歳の子どもが言うことを聞かない場合の対処法5つ|根気強く接することが大切

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介
子育て
2022年01月05日

ダイソーのおすすめの財布と小銭入れ10選!代わりアイテムも紹介

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

非認知能力を鍛える遊び9つ|注目される理由や高めるコツも紹介

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説
子育て
2022年01月05日

赤ちゃんのストロー練習におすすめのマグ11選|使い始める時期も解説

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介
子育て
2022年01月05日

一人っ子の子育てがデメリットしかないと言われる理由|メリットについても紹介

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介
子育て
2022年01月05日

子どもの遊び食べで見られる行動は?食べ物で遊ぶ理由や対処法も紹介

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介
子育て
2022年01月05日

入学式にはどんなアクセサリーをつけるべき?おすすめと選び方のポイントを紹介

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説
子育て
2022年01月05日

ひらがな学習におすすめのおもちゃ20選|選ぶ際のポイントも解説

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
子育て
2022年01月05日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介
子育て
2022年01月05日

2歳の誕生日ケーキはどんなものがいい?おすすめの手作りケーキも紹介

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!
子育て
2022年01月05日

子どもの名前の決め方って?基本的なルールやおすすめのアプリもあわせて紹介!

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介
子育て
2022年01月05日

離乳食に鮭を食べさせていいのはいつから?注意点や冷凍保存のポイントも紹介

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介
子育て
2022年01月05日

指しゃぶりをやめさせる方法|する理由や気になることもあわせて紹介

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介
子育て
2022年01月05日

ひらがなが読めるようになるのは何歳から?覚えるまでの過程や教えるコツも紹介

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介
子育て
2022年01月05日

子供への時計の教え方|読めるようにする際のポイントとメリットも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
子育て
2022年01月05日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
子育て
2022年01月05日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説
子育て
2022年01月05日

思春期で反抗期の女の子と親が接する際のポイント|子どもに起こる変化も解説