Amazonのポスト投函とは?商品配送方法に関する豆知識3つ

本記事は、Amazonのポスト投函について調べているという方を対象にしていて、Amazonのポスト投函に関する豆知識を3つとポスト投函にすることのメリットを2つとデメリットを3つ説明しています。また、ポスト投函にしないためにできることについても説明しています。

Amazonのポスト投函とは?商品配送方法に関する豆知識3つ

Amazonで注文した商品の配送方法は?

Amazonで注文した商品の配送方法は、通常配送というものがあり、ある条件を満たした場合は、無料で日本国内に商品を届けてくれます。

また、お急ぎ便という配送オプションがあり、通常配送よりも早く商品を届けてくれるサービスもあります。このサービスはAmazonプライム会員の場合は無料で利用することが可能です。

さらに、お届け日時の指定もすることができ、自分の都合に合わせて商品を受け取ることができます。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

不在でも受け取れるポスト投函

Amazonでは、注文した商品をポスト投函によって受け取ることができます。

商品を受け取る際に手渡しの場合は、家にいない時は受け取ることができず、再配達を依頼するなど面倒な作業が必要となります。

しかし、ポスト投函によって商品を受け取る場合は、家に不在の時でも商品を受け取ることが可能です。このようなポスト投函で商品を受け取る場合は、いくつかの条件があり、商品によってできるものとできないものがあります。

Amazonのポスト投函とは?商品配送方法に関する豆知識3つ

Amazonではポスト投函によって注文した商品を受け取ることができますが、本記事では、これからAmazonの商品配送方法に関する豆知識を3つご紹介していきます。

その豆知識とは、ポスト投函される商品はどのようなものかということや、Amazonの配送業者について、お急ぎ便の場合はポスト投函をすることができるのかという3つです。

この3つの豆知識について詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてください。

Amazonのポスト投函とは?配送方法豆知識1:ポスト投函される商品とは?

1つ目のAmazonの配送方法の豆知識は、ポスト投函される商品はどのようなものかということです。

家庭の郵便受けはそこまで大きくなく、入るものは限られてきます。そのため、大きいダンボールに入っているような大きい荷物はポスト投函によって受け取ることはできません。

ポスト投函される商品は、メール便のもので、郵便受けに入らないような荷物を除いたすべてのものとなっています。

ポストに入るもの

Amazonで商品を注文して、受取る際にポスト投函されるものは、ポストに入るサイズのものでなければなりません。

自宅のポストはそこまで大きくはないので、ダンボールで送られてくるような大きい荷物はポスト投函で受け取ることはできなく、1,2冊の本やCDなどが対象になります。

また、サイズが小さいからといって必ずしもポスト投函の対象になるとは限らないので事前に確認をする必要があります。

メール便の物

Amazonで注文した商品がメール便の場合もポスト投函によって商品を受け取ることになります。

メール便のものは、Amazonでサイズの規定があり、その包装サイズに該当するものが配送される際にメール便となります。

また、お届け日時に商品をポストに投函することができない場合は、通常の宅配便と同じように直接手渡しで商品を届けることになります。そして、不在の場合は再配達となります。

Amazonのポスト投函とは?配送方法豆知識2:Amazonの配送業者について

2つ目のAmazonの配送方法の豆知識は、Amazonの配送業者についてです。

Amazonの配送業者はたくさんあり、Amazonやヤマト運輸、佐川急便、日本郵便、カトーレック、ヤマトホームコンビニエンス、SGムービング、プラスカーゴサービスなどがあります。

このようにAmazonでは、多くの配送業者と連携をして商品の発送を行っています。また、他にも海外配送することができる配送業者とも連携しています。

デリバリープロバイダーとは

デリバリープロバイダーとは、ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便以外の配送業者の集合体と言われています。

Amazonが契約しているデリバリープロバイダーはTMG、SBS即配サポート、札幌運輸、九和運輸機関、若葉ネットワーク、ギオンデリバリーサービス、ヒップスタイル、遠州トラック、ロジネットジャパン西日本といったものがあります。

また、他にも海外発送向けのデリバリープロバイダーとも契約しています。

置き配指定

Amazonで注文した商品は、置き配指定によって商品を受け取ることができます。

置き配指定を利用すると、商品を受け取る際に自宅に在宅している、していないに関わらず、指定した日時に商品を受け取ることが可能となります。
また、置き配指定を利用することが可能な商品は、Amazonが発送し、ADPがお届けする商品が対象となっています。置き配指定を設定したが利用することができない場合もあるので確認が必要です。

Amazonのポスト投函とは?配送方法豆知識3:お急ぎ便の場合は?

3つ目のAmazonの配送方法の豆知識は、お急ぎ便の場合についてです。

お急ぎ便で商品を受け取る場合にも、Amazon規定のメール便の包装サイズに該当するものは、ポスト投函によって受け取ることが可能です。

また、通常配送と同じように、指定日時にポスト投函することができない場合は、直接手渡しをすることになり、不在の場合は再配達を依頼することになります。

Amazon商品がポスト投函になることのメリット2つとデメリット3つ

Amazonで注文した商品をポスト投函によって受け取ることにはいくつかのメリットとデメリットがあります。

本記事では、これからポスト投函になることのメリットを2つとデメリットを3つについて詳しく説明していきます。

今後ポスト投函を利用する可能性があるという方は、メリットとデメリットを把握して、確実に商品を受け取ることができるようにしましょう。

Amazon商品がポスト投函になることのメリット2つ

Amazonの商品がポスト投函になることのメリットは2つあります。

そのメリットとは、不在でも受け取ることができるということと、宅配業者の負担が軽減されるということがあります。

これらのメリットを理解しておくことで、より便利に、効率よく商品を受け取ることが可能になるので、しっかり把握しておきましょう。

1:不在でも受け取れる

Amazonの商品がポスト投函になることの1つ目のメリットは、不在でも商品を受け取ることができるということです。

通常は商品を受け取る際にサインをしてから受け取ることができるのですが、ポスト投函の場合は、配送業者の方はポストに商品を入れるだけであるため、サインなどをする必要がありません。そのため、自宅にいない場合でも商品を受け取ることができます。

2:宅配業者の負担軽減になる

Amazonの商品がポスト投函になることの2つ目のメリットは、宅配業者の負担が軽減されるということです。

通常は商品が自宅に届いたときに不在の場合は、商品を受け取ることができず、再配達を呼ばなければなりません。しかし、ポスト投函になることで自宅にいる、いないに関わらず商品を受け取ることができるので、宅配業者の負担を軽減することができます。

ポスト投函にすることで、多くの人にメリットがあります。

Amazon商品がポスト投函になることのデメリット3つ

Amazonの商品がポスト投函になることにはデメリットもあります。

そのデメリットとは、ポスト投函されていることに気づかないということや、ポスト以外の場所に商品が置かれる可能性があるということ、紛失する可能性があるという3つがあります。

これらのデメリットを把握しておくことで、ポスト投函によるリスクを下げることが可能になるので、しっかり理解しておく必要があります。

1:ポスト投函されていることに気づかない

Amazonの商品がポスト投函になることの1つ目のデメリットは、ポスト投函されていることに気づかない可能性があるということです。

Amazonのサイト上では配達が完了したことになっているが、商品が届いていないというケースがあります。

そのような場合は、ポスト投函されていることに気づいていないということがあるので、まずは自宅の郵便受けをチェックしてみましょう。気づかないうちに配送されていることがあります。

2:ポスト以外の場所に置かれる可能性もある

Amazonの商品がポスト投函になることの2つ目のデメリットは、ポスト以外の場所に商品が置かれている可能性もあるということです。

自宅によっては、ポストがなかったり、ポストの位置が確認しづらく、宅配業者がポストに投函することができないという場合があります。そのようなときは、ポスト以外の場所に商品が置かれている可能性があるので、自宅周りを注意して確認する必要があります。

3:紛失の可能性

Amazonの商品がポスト投函になることの3つ目のデメリットは、紛失の可能性があるということです。

Amazonのサイト上で配達完了のお知らせがあるに関わらず、ポストに商品が投函されていないことがあります。ポストの中やポスト以外の場所を探しても見つからないという場合は紛失したという可能性があります。

紛失した場合は、Amazonや配送業者に直接電話などで確認をする必要があります。

Amazonで注文した商品をなるべくポスト投函にしないためにできること4つ

次に本記事で説明することは、Amazonで注文した商品をなるべくポスト投函にしないためにできることについてです。

ポスト投函にしないためにできることとは、コンビニ受け取りにすることや、ヤマト運輸営業所で受け取ること、大きいものと一緒に注文すること、代金引換で注文するの4つがあります。

それぞれの方法について詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてください。

Amazon商品をポスト投函にしないために1:コンビニ受け取りにする

1つ目のAmazonの商品をポスト投函にしないためにできることは、コンビニ受け取りにするということです。

Amazonで注文した商品はコンビニで受け取ることが可能です。コンビニで商品を受け取る際に、商品が到着したことをお知らせするメールに記載されている認証キーが必要となります。

コンビニ受け取りにすることで、受取期間内に直接商品を受け取りに行くことになるので、さまざまなリスクを避けることができます。

Amazon商品をポスト投函にしないために2:ヤマト運輸営業所で受け取る

2つ目のAmazonの商品をポスト投函にしないためにできることは、ヤマト運輸営業所で受け取るということです。

Amazonで注文した商品は、ヤマト運輸の営業所で受け取ることが可能です。このような場合は、発送確認メールや注文履歴に記載されている番号と本人確認が必要となります。

ヤマト運輸営業所で受け取る場合も、商品を直接受け取ることになるため、紛失などのリスクを避けることができるようになります。

Amazon商品をポスト投函にしないために3:大きいものと一緒に注文する

3つ目のAmazonの商品をポスト投函にしないためにできることは、大きいものと一緒に注文するということです。

メール便など小さいものを単体で注文するとポスト投函になる可能性が高くなります。これを避けるために、大きいものを一緒に注文することによって、一緒に配送されるため、ポスト投函ではなく通常配送となります。

また、複数のものを一緒に配送してもらうためには、設定をする必要があります。

Amazon商品をポスト投函にしないために4:代金引換で注文する

4つ目のAmazonの商品をポスト投函にしないためにできることは、代金引換で注文するということです。

クレジットカード決済や事前に振り込んで決済を済ませているとポスト投函になる可能性が高くなります。商品を代金引換で注文することによって、直接商品を受け取ることになり、ポスト投函になることを避けることができます。

Amazon商品のポスト投函について知っておこう

本記事では、Amazonで注文した商品の配送方法について説明しました。その中でも、自宅にいない場合でも商品を受け取ることができるポスト投函について詳しく説明しました。

ポスト投函には、いくつかのメリットがありますが、一方でデメリットやリスクもあります。

ポスト投函を利用する場合は、これらについて理解をしておく必要があります。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2019年10月08日

更新日:2021年12月03日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
地域別の夏至の食べ物9選!概要やお風呂に入れる物についても紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

地域別の夏至の食べ物9選!概要やお風呂に入れる物についても紹介

ベーコンは生で食べられる?見分け方とそのまま食べる際のポイントも紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

ベーコンは生で食べられる?見分け方とそのまま食べる際のポイントも紹介

グラニュー糖の代用として使えるもの15選!代えたときの違いも紹介!
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

グラニュー糖の代用として使えるもの15選!代えたときの違いも紹介!

クレープのカロリーが気になるときのポイント|材料に含まれている栄養素も紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

クレープのカロリーが気になるときのポイント|材料に含まれている栄養素も紹介

中濃ソースとは?ウスターソースやケチャップで代用する方法もあわせて紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

中濃ソースとは?ウスターソースやケチャップで代用する方法もあわせて紹介

タバスコの賞味期限とおすすめの保存方法|家で自作する方法も紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

タバスコの賞味期限とおすすめの保存方法|家で自作する方法も紹介

お食い初めの時の服装とは?基本情報から選ぶ際のポイントまで解説
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

お食い初めの時の服装とは?基本情報から選ぶ際のポイントまで解説

子供を怒りすぎると起こる影響とは?怒りすぎないようにする対処法について
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

子供を怒りすぎると起こる影響とは?怒りすぎないようにする対処法について

保育園に必要な入園準備品と準備するポイント|費用を節約する方法とは
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

保育園に必要な入園準備品と準備するポイント|費用を節約する方法とは

スコーンに使われる材料から見るカロリーとは?店舗別の比較もあわせて紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月06日

スコーンに使われる材料から見るカロリーとは?店舗別の比較もあわせて紹介

ドライアイスの処分の仕方とは?注意点や保存方法もあわせて紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

ドライアイスの処分の仕方とは?注意点や保存方法もあわせて紹介

冷蔵庫を安い時期に購入できるのはいつ?家電量販店で購入するメリット
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

冷蔵庫を安い時期に購入できるのはいつ?家電量販店で購入するメリット

100均のおすすめペットボトルカバー15選|おしゃれなデザインも豊富
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

100均のおすすめペットボトルカバー15選|おしゃれなデザインも豊富

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介
炊事・洗濯・掃除
2022年01月05日

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介

味の素に代用できるもの11選!調味料としての成分や役割も紹介
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

味の素に代用できるもの11選!調味料としての成分や役割も紹介

下処理におけるれんこんの皮の扱い方|残したときのメリットやデメリットは?
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

下処理におけるれんこんの皮の扱い方|残したときのメリットやデメリットは?

生クリームと植物性ホイップクリームの違いとは?泡立てるコツも解説
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

生クリームと植物性ホイップクリームの違いとは?泡立てるコツも解説

可動棚のDIYポイントを箇所別に解説|かかる費用や必要な材料は?
炊事・洗濯・掃除
2021年12月17日

可動棚のDIYポイントを箇所別に解説|かかる費用や必要な材料は?

ダイソーのおすすめ調味料入れ18選|カテゴリ別にボトルなど多数紹介
炊事・洗濯・掃除
2021年12月14日

ダイソーのおすすめ調味料入れ18選|カテゴリ別にボトルなど多数紹介