高校2年生の理科が苦手な理由とは?克服するための勉教法も解説 高校2年生の理科が苦手な理由とは?克服するための勉教法も解説 - chokomana
ホーム >

高校2年生の理科が苦手な理由とは?克服するための勉教法も解説

 

高校2年生の理科が苦手な理由とは?克服するための勉教法も解説

「高校2年生の理科の内容とは?」
「高校2年生で理科が苦手な理由は?」
「理科の苦手を克服する勉強法は?」
高校2年生で理科の授業についていけなくなった、もしくは他の子に比べて理科のテストの点数が低いという思う方もいるのではないでしょうか。

 

本記事では、高校2年生の理科の内容や理科が苦手になってしまう原因、理科の苦手意識を克服する勉強法についてご紹介します。

 

この記事を読むことで、苦手な理科を克服する勉強法を知ることができます。無意識にやってはいけない勉強方法をしてしまっているかもしれません。

 

理科に苦手意識を持ってしまう理由は様々です。お子さんが理科の授業につまずいている方、理科で良い点数が取れない方はぜひ、チェックしてください。

 

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

 

高校2年生の理科の内容とは?

高校2年生の理科では、一般的に生物と物理は選択授業になっています。受験する大学によっては、「物理必須」や「生物必須」となっている大学もあるため注意が必要です。

 

高校2年生の理科で特徴的なのは、高校1年生で学んだ物理基礎、化学基礎、生物基礎から飛躍的に難易度が上がることです。特に物理では、物理基礎で学んだ公式を深堀して成り立ちを理解する力、論理的に考え応用する力が求められます。

 

高校2年生の理科に苦手意識を持つ理由

高校2年生の理科で苦手意識を感じている原因には何が考えられるでしょうか。

 

高校2年生の理科では特に物理に苦戦する方が多いです。また、高校1年生で「暗記」に力を入れていたお子さんは、高校2年生の理科で、難易度の違いに驚く方もいるのではないでしょうか。

 

以下で、苦手意識を持つ理由について解説します。

物理基礎の力学で苦戦している

物理学と言えば力学と言われるほど、力学は物理のすべての単元において基礎となるものです。力学は大学受験で必ず出題される分野でもあります。

 

しかし、初めての内容をいきなり勉強するとなると、足踏みしてしまう方も多いのではないでしょうか。6割ほどの理解で先に進むことで、他の理科の単元が分かりやすくなるということもありますので、一度、力学基礎の範囲をひと通り学習してしまうことをおすすめします。

 

子供が理科の勉強に苦戦している場合は、先に進むことを教えてあげても良いでしょう。

 

何度も触れていくうちに自然と覚えることができる基礎レベルです。苦戦しても、先に進むことを意識して学習させましょう。

 

化学の無機・有機の暗記部分で苦戦している

暗記が苦手な学生にとって難関なのが、化学分野の無機、有機の暗記です。「有機化学は暗記が基本」と言われているように他の分野の計算とは違い、暗記の範囲が広いのが特徴です。

 

暗記が苦手な方は、すべてを暗記に頼らず、「命名法」「異性体」「官能基」といった視点で、物質の成り立ちを学ぶことで、すべてを暗記する必要がなくなります。

 

次の単元に早く進みたいから早く覚えて次に進みたいと思っている方も、大学入試の試験に活かせる知識を今のうちに学んでおくことで、理科の理解も格段に上がり後でスムーズに勉強を進めることができます。

 

暗記で苦戦している子がいるのであれば、その物質の名前にどのような理由や成り立ちが隠されているのかを考えさせるのがおすすめです。

暗記中心の学習になっている

高校1年生の理科と高校2年生の理科の違いは、基礎であるか応用であるかです。

 

高校1年生の理科では、モノや現象、化学式などを暗記するだけで、テストで高得点を取れていた方も多いでしょう。

 

しかし、高校2年生では、暗記することもありますが、それに加えて覚えたことを応用する力が求められます。論理的に考え、暗記したことを活用しながら問題を解くのです。

 

2年生の理科でテストの点数が悪くなった方や、授業が理解できなくなったという方は、暗記をするという意識を変えて、論理的に考えることに意識を向けることが重要です。

 

選択科目が決まっていない

 

 

関連記事一覧

関連記事一覧へ