成績が悪い子供の9つの特徴とは?成績が悪い子供を持つ親の特徴も解説

成績が悪い子供には特徴があります。また成績が悪い子供を持つ親にも特徴があるのです。成績が悪い子供はそのままでいると将来困ることがあります。今回は成績が悪い子供の特徴や、そんな子供を持つ親の特徴と将来どのようなことに困るのかといったお話になります。

成績が悪い子供の9つの特徴とは?成績が悪い子供を持つ親の特徴も解説

子供の成績が悪い理由とは?

子供の成績が悪く悩んでいる親は多くいます。そんな子供を勉強させようと頑張っているご家庭もあるでしょう。

また、子供が勉強しているはずなのに成績が悪いということもあり、こうした場合はなぜ子供の成績が悪いのでしょう。

子供の成績が悪いのは子供が原因のこともあれば、実は親が原因のときもあります。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

成績が悪い子供の特徴9つ

成績が悪い子供には特徴があります。

子供の成績が悪いのは、子供が勉強しないことが全ての原因ではありません。勉強していても成績が悪いこともあります。

しかし成績が悪い子供には必ず理由があります。成績が悪い子供の特徴からなぜ子供の成績が上がらないのか理解していきましょう。

成績が悪い子供の特徴1:勉強する目的意識がない

何のために勉強するのか目的意識がない子供の成績は良くありません。

目的意識もなく勉強をすると、子供のモチベーションは上がらないため勉強をしなくなります。また目的が曖昧な場合でもモチベーションが下がり、結果同じように勉強をしなくなるのです。

勉強する目的を持つということは勉強するきっかけになります。テストで100点を取るなど高い目標ではなくていいので、勉強する目的を設けて勉強するようにしましょう。

成績が悪い子供の特徴2:勉強する時間が少ない

成績が悪い子供はそもそも勉強している時間が少ないため、成績が良くありません。

机に向かっている時間イコール勉強をしている時間ではありません。机に向かっていてもスマホをいじっているなど実際には勉強をしていないこともあります。

勉強をしているはずなのに成績が悪い場合は、実際にはどれくらいの時間勉強しているのか子供の勉強時間をチェックする必要があるでしょう。

成績が悪い子供の特徴3:問題集を反復していない

問題集を1回解いただけで満足している子供も、成績が悪い子供の特徴です。

勉強は繰り返しが大切です。そのため問題集などの問題は1回解いただけにせず、できるようになるまで繰り返し復習することが必要になります。

わからないことやできない問題を繰り返し解いていき、理解できるようになることが大切です。このように理解できるまで勉強を繰り返せば成績も良くなります。

成績が悪い子供の特徴4:整理整頓ができない

成績が悪い子供は勉強ができないだけでなく、整理整頓など身の回りのことができません。

成績の良い悪いは勉強しているかどうか以外にも、子供の性格や考え方などが関わっています。そのため成績の悪い子は「整理整頓ができない」「いつも数分遅刻をする」など生活に関して自己管理ができず、だらしがない部分があります。

このほかにも挨拶ができない子供や、プリントの管理ができない子供も成績が悪い子供の特徴と言えます。

成績が悪い子供の特徴5:勉強のやり方を知らない

成績が悪い子供の多くが勉強のやり方をわかっていないため、間違えた方法で勉強をしています。

この特徴の子供は勉強をしていないのではなく、せっかく勉強をしていても間違えた方法で勉強しているため、成績が悪いのです。

独自の勉強方法をやめて正しい勉強方法を身につけ、効率よく勉強するようになれば成績は良くなると言えます。

成績が悪い子供の特徴6:スマホやTVゲームばかりしている

成績が悪い子供は多くの時間をスマホやTVゲームに費やしています。

スマホやTVゲームは、やろうと思えば1日中できるため終わりがありません。そして、中学生になると多くの子供がスマホを持っていますが、スマホを持たせたとたんに成績が落ちたという話もあります。

スマホやTVゲームの利用には「1日2時間まで」や「夜8時まで」などのルールが必要です。またルールを作る時は持たせたその日に作るようにしましょう。

成績が悪い子供の特徴7:多くの参考書や問題集を持っている

実は成績が悪い子供ほど多くの参考書や問題集を持っています。

たくさんの問題集を持っていても、やりきれないことが多く、どの問題集も中途半端になってしまいます。そのため問題集を、1冊も最後まで終わらせられないこともあるようです。

勉強する問題集は1冊に絞り繰り返し同じ問題集を解くほうが、問題を理解できるようになるため成績は上がります。

成績が悪い子供の特徴8:わからないことを放置している

勉強についてわからないことを放置していることも、成績が悪い子供に当てはまります。

学年が上がれば、下の学年でやったことは理解しているものとして勉強は進みます。そのためわからない勉強をそのままにしておくと、新しく教わったことも理解できません。こうしてわからない勉強が増えていくのです。

理解できない勉強をそのままにしておくと、どんどんわからないことが増えていくため、勉強が嫌になり成績もどんどん悪くなります。

成績が悪い子供の特徴9:進学する学校の目標がない

成績が悪い子供は進学したいと思う学校がありません。そのため向上心に欠け、勉強をやる気にならず成績が良くないのです。勉強をするかしないかは気持ちの問題が大きく左右します。

子供のやる気がみられない時は前向きに頑張れるよう、親がやる気のでるように進学を進めるなどしてあげましょう。

成績が悪い子を持つ親の特徴6つ

成績が悪いと言われている子供には特徴がありました。実は成績の悪い子供の親にも特徴があります。

勉強をするのは親ではありませんが、子供に勉強するよう促すのは親でしょう。

また、多くの親は子供に良い成績を取って自分が希望する学校へ進学して欲しいものです。そう願っているはずなのに、どのような親の態度が子供を勉強から遠ざけてしまっているのでしょう。

成績が悪い子を持つ親の特徴1:子供に勉強を強要する

子供のためを思い子供に勉強するよう促すことが、子供にとっては強要となっている場合があります。

子供に勉強して欲しいあまりに対応を間違えてしまったり、場合によっては勉強するように言った時の言い方が厳しいものだと、子供には圧力と感じてしまうことがあります。

子供が萎縮してしまっては逆効果です。親の態度で子供のやる気は変わりますので、子供に勉強するよう促す時は態度に気をつけましょう。

成績が悪い子を持つ親の特徴2:子供に任せっぱなし

子供に任せっぱなしにしていても、勉強に対する意欲がなくなることがあります。

親が放任主義の場合、子供は親が自分に関心がないものと思い、やる気と自信を失くします。しかし多くの親が子供に愛情がないわけではありません。

自立を促そうとして子供のことを思い放任しているのです。しかし子供にとってこの対応は逆効果と言えます。理由があっても放任せず子供に関心を持つようにしましょう。

成績が悪い子を持つ親の特徴3:子供を怒り過ぎる

長々と子供を叱ることは子供にとって良くないことです。

親は子供のためを思い長時間でもお説教しますが、長時間のお説教は逆に子供のためになりません。また怒りに任せてお説教の最中に、人格を否定する言葉を浴びせるのはもっといけません。

子供にとって親の怒りとは良いものではなく、子供の行動や思考を止めてしまうことがあります。そのため子供を怒る時はなぜ怒っているのか要点だけを伝えて、短時間で済ませましょう。

成績が悪い子を持つ親の特徴4:子供の自主性を損ねる

親が子供に対して過保護に接しすぎていても子供の成績は悪くなります。

親が子供の代わりにあれこれしてしまうと子供は自主性をなくし、自分で考えることを放棄します。そのため頭を使わなくなり、頭を使わなければ勉強はできません。

こうなると勉強をしているように見えても、ただノートに字を書いているだけになります。勉強をしていても頭を使っていなければ、それは勉強していることにはならないのです。

成績が悪い子を持つ親の特徴5:子供を信用していない

子供を信用していない親を持つ子供も成績が悪くなります。

たとえば、子供が宿題を終えているにもかかわらず、しつこく親が疑ってかかるとします。今までは本当に宿題をしていた子供でも、だんだんと宿題をしなくなります。なぜならやってもやらなくても疑われるからです。

そしていかに宿題をしたことにするかと、頭を使うようになります。そのため本来使うべきところに頭を使わなくなるため、勉強がおろそかとなり成績が悪くなります。

成績が悪い子を持つ親の特徴6:子供を褒めない

きちんと褒めてもらっていない子供も勉強をしなくなります。

子供が勉強を頑張り良い点を取ってきた時に褒めてあげると、子供は自信を持ち次も頑張ろうと思い、勉強に対する意欲が生まれます。

努力してせっかく良い点数を取っても「もっと頑張れ」「次はもっと上の点数が取れる」といった言葉をかけると、逆に勉強する意欲をなくし勉強をしなくなります。

成績が悪いことで子供が将来的に困る3つのこと

小さいうちは成績が悪いというレッテルだけで済みますが、勉強ができないまま大きくなると将来子供が困ることになります。

成績が悪いままでは親として心配になり、なんとか勉強させようと思ってもなかなか勉強してくれない子供もいます。そんな成績が悪い子供がそのまま大きくなると、将来困ることになります。どのようなことに困るのでしょうか。

成績が悪いことで将来困ること1:志望する学校に進学できなくなる

成績が悪いままで過ごしてしまうと、将来行きたい学校が出てきた時に進学できないことがあります。

小学校で成績が悪いままにしてしまうと中学校へ行っても勉強が理解できません。これは高校へ行っても同じことです。何もしなければ中学校へ行っても高校へ行っても成績が悪いままです。

勉強とは長い年月の積み重ねになります。成績が悪いままでは高校へ行って行きたい大学が出てきても、進学できないこともあるでしょう。

成績が悪いことで将来困ること2:やりたいことができなくなる

成績が悪いとやりたいことができなくなります。

例えば、将来医者になりたくても成績が悪ければ医者にはなれません。また会社に入ってからも学歴により、就けるポストや配属部署が制限されることもあります。

そのため、せっかくやりたい仕事ができる会社に入ったとしても、やりたい仕事ができるかどうかはわかりません。このように成績が悪いとやりたいことがあっても、やれない場合も出てきます。

成績が悪いことで将来困ること3:経済的に厳しくなる

成績が悪いままで成長した子供は将来、収入が低くなり経済的に厳しくなります。

世の中は学歴重視社会です。成績が悪いと良い学校を卒業できませんし、何か資格を取ろうと思っても勉強の仕方がわからないため、資格を取ることもできません。

そのため、就ける仕事は誰でもできる賃金の安い仕事になるでしょう。

収入が高い人たちは、さまざまな分野で勉強を頑張って努力してきた結果とも言えます。

成績が悪い子供の特徴を知り改善していこう

成績の悪い子供には理由があります。その原因は子供自身の問題の場合もあれば、親が原因の場合もあります。

子供自身が原因の場合は、子供の性格や勉強の仕方の問題が多く、親が原因の場合は子供のことを思ってやっていることの多くが、裏目に出てしまっているのです。

子供の成績が悪い場合、どのような特徴に当てはまるのか原因を突き止め、将来子供が困らないよう前向きに勉強に取り組めるよう改善していきましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2020年09月01日

更新日:2021年12月14日

記載されている内容は2020年09月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
子供の読解力を高めていく6つの方法|テストへの影響についても解説
小学校の成績
2022年01月04日

子供の読解力を高めていく6つの方法|テストへの影響についても解説

勉強できない小学生の6つの特徴とは?対処法と勉強のコツについても紹介
小学校の成績
2021年12月14日

勉強できない小学生の6つの特徴とは?対処法と勉強のコツについても紹介

子供の読解力を鍛える5つの方法|読書時にできる方法とおすすめの本も紹介
小学校の成績
2021年12月14日

子供の読解力を鍛える5つの方法|読書時にできる方法とおすすめの本も紹介

子供の国語力を伸ばし読解力を高める方法11選|基礎の大切さについても解説
小学校の成績
2021年12月14日

子供の国語力を伸ばし読解力を高める方法11選|基礎の大切さについても解説

小学生の国語の読解力を高める無料プリント18選|読書の大切さについても解説
小学校の成績
2021年12月14日

小学生の国語の読解力を高める無料プリント18選|読書の大切さについても解説

小学生の読解力を鍛えるアプリ13選|おすすめの本と問題集も紹介!
小学校の成績
2021年12月14日

小学生の読解力を鍛えるアプリ13選|おすすめの本と問題集も紹介!

小学生の家庭学習の仕方とは?習慣にする方法や注意点もあわせて解説
小学校の成績
2021年12月14日

小学生の家庭学習の仕方とは?習慣にする方法や注意点もあわせて解説

3分間スピーチに活用できるネタ10選!テクニックをあわせて紹介
小学校の成績
2021年12月14日

3分間スピーチに活用できるネタ10選!テクニックをあわせて紹介

小学生の読解力を育てるおすすめの本10選|ポイントもあわせて紹介
小学校の成績
2021年12月14日

小学生の読解力を育てるおすすめの本10選|ポイントもあわせて紹介

小学二年生の算数はつまずきやすい!子供が苦手にならないようにする方法5選
小学校の成績
2021年12月14日

小学二年生の算数はつまずきやすい!子供が苦手にならないようにする方法5選

小学生の通知表の成績が悪い理由と改善策5つを紹介|成績は早めの対策が必要!
小学校の成績
2021年12月14日

小学生の通知表の成績が悪い理由と改善策5つを紹介|成績は早めの対策が必要!

子供に速読を学ばせるメリットとデメリット|読書以外で得られる効果も解説
小学校の成績
2021年12月28日

子供に速読を学ばせるメリットとデメリット|読書以外で得られる効果も解説

STEAM教育とは?おすすめ教材や関連スクール・海外での取り組みをご紹介!
小学校の成績
2021年12月14日

STEAM教育とは?おすすめ教材や関連スクール・海外での取り組みをご紹介!

プログラミング的思考を子どもに養うメリット6選|育てるポイントも紹介
小学校の成績
2021年12月14日

プログラミング的思考を子どもに養うメリット6選|育てるポイントも紹介

勉強がはかどらない原因と対処法総合25選|保護者の特徴も解説
小学校の成績
2021年12月14日

勉強がはかどらない原因と対処法総合25選|保護者の特徴も解説

夏休みの工作学年別アイデア合計12選|そのほかのアイデアも紹介
小学校の成績
2021年12月14日

夏休みの工作学年別アイデア合計12選|そのほかのアイデアも紹介

小学生におすすめの無料の勉強ゲームアプリ29 選|気を付けることも紹介
小学校の成績
2021年12月14日

小学生におすすめの無料の勉強ゲームアプリ29 選|気を付けることも紹介

野菜のDNAを取り出す自由研究の方法とまとめ方|ジュースでの実験も紹介
小学校の成績
2021年12月14日

野菜のDNAを取り出す自由研究の方法とまとめ方|ジュースでの実験も紹介

小学生に読解力を付ける方法5つ|国語の問題から見る読解力を伸ばすコツ
小学校の成績
2021年12月14日

小学生に読解力を付ける方法5つ|国語の問題から見る読解力を伸ばすコツ

小学生の自宅学習におすすめの教材14選!自宅学習をさせるときのコツとは?
小学校の成績
2021年12月14日

小学生の自宅学習におすすめの教材14選!自宅学習をさせるときのコツとは?