中学受験の面接で聞かれやすい質問回答例13選|気をつけたいことについても紹介

中学受験の面接で面接官は受験生のマナーや性格など受験生の態度をチェックしています。学科の点数が拮抗している場合面接の内容が合否に関わる場合があることを知っていますか。中学受験の面接でどんなことを聞かれ、どのような態度で臨めば良いか書かれている記事になります。

中学受験の面接で聞かれやすい質問回答例13選|気をつけたいことについても紹介

中学受験の面接とは何か

面接なしの学校も増えていますが中学受験では学校によっては面接があります。実は中学受験で面接はあまり重要視されません。中学受験の合否はほぼ筆記試験で決まります。

しかし点数が拮抗している受験生がいる場合にはどちらを合格させるのか、学校側が面接の対応から判断する時があります。そのため中学受験の面接はある程度準備をしておく必要があるのです。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

中学受験の面接で気をつけたいこと4つ

中学受験の面接では言葉遣いやマナーそして態度などが面接時のチェックポイントとなります。

これは受験生がどのような家庭環境で生活を送ってきたのか、受験生の生活態度そして性格をチェックするためです。

なぜこうした事柄を中学校側がチェックするのかというと、校風に合っているか入学後トラブルをおこすようなことはないかということを見るためになります。

中学受験の面接で気をつけたいこと1:マナーに気をつける

中学受験の面接ではマナーに気をつけましょう。面接をする部屋へ入室する時には「ドアをノックする」「声をかけられてから入室する」などの入室時のマナーがあります。

また部屋から退室する時にも同様に退室時のマナーがあります。

こうした面接における基本的なマナーだけでなく、礼儀や作法も面接中にはチェックされます。そのため日ごろからマナーを心がけて生活し受験日までにできるようにしておきましょう。

中学受験の面接で気をつけたいこと2:日常生活から意識する

言葉遣いやマナーなど面接を意識して日常生活を送るようにし、面接本番で自然にできるようにしましょう。

中学受験の面接では立派なことを回答する必要はありません。面接官は受験生の態度や言葉遣い、そしてマナーを見ています。

よって普段から言葉遣いや生活態度に気をつけて生活するようにしましょう。

中学受験の面接で気をつけたいこと3:言葉遣いに気をつける

中学受験の面接では聞かれたことに対してハキハキと答えるようにし、できるだけ正しい敬語を使うようにします。

返事をする時は大きな声で「はい」や「いいえ」と答えるようにします。分からない時も「分かりません」とはっきりと言いましょう。

回答する時は丁寧語かできれば敬語を使います。回答の最後には「です」や「ます」をつけ「お父さん」は「父」と「お母さん」は「母」と答えるようにしましょう。

中学受験の面接で気をつけたいこと4:服装に気をつける

面接の当日は小学校に制服があれば制服を着用し、制服がない場合は紺やグレーのブレザーと白いシャツなど落ち着きのある服を着用します。

男子ならパンツを女子ならスカートを着用します。それぞれシャツにネクタイやリボンがなくても問題ありません。

迷う場合はデパートなどで相談するという方法もあります。保護者の服装も落ち着きのあるグレーか紺または黒のスーツが一般的となっています。

中学受験の面接で聞かれやすい質問回答例13選

中学受験の面接で聞かれやすい質問と解答例をご紹介いたします。

子供が面接の時に面接官の質問に対しスムーズに回答できるよう面接を練習するかと思います。よろしければ練習の参考にしてみてください。

面接ではどんな質問を聞かれても回答する時には結論から述べるようにします。それから理由と具体的な例えを話すと簡潔でまとまった回答となります。

聞かれやすい質問1:学校生活について

学校生活について聞かれたら学校生活の思い出や学校生活で印象に残っていること、またその出来事を通して自分はどんなことを学んだのか回答します。

例「はい、私が小学校生活で印象に残っていることは、6年生の時のスポーツフェスティバルです。なぜなら1年生から6年生まで一丸となることで私の組が優勝したからです。特に組み対抗大玉リレーでは1位となり、より印象に残りました。」

聞かれやすい質問2:志望動機について

志望動機についての質問は中学受験の面接では必ずされる質問です。この質問では受験する学校の教育方針や校風をどう見ているのかを、自分の言葉で伝えることが重要になります。

例「はい、私が貴校を志望した理由は理科の教育に力を入れていることに魅力を感じたためです。私は4年生で初めて星座の授業を受けた時から宇宙に憧れるようになりました。そのため貴校で行われている天体観測ドームを使った授業に関心があります。」

聞かれやすい質問3:通学ルートについて

通学時間や経路を確認するため面接では通学ルートを聞かれることがあります。面接の時までに答えられるよう、きちんと把握しておきましょう。

例「はい、自宅から最寄りである横浜駅まで10分ほど歩きます。そこからJR京浜東北線に乗り鶴見駅で降ります。その後、鶴見駅からJR鶴見線へ乗り換えます。そして鶴見小野駅から2分ほど歩いて貴校に通学します。自宅からの所要時間は合計で35分ほどです。」

聞かれやすい質問4:併願校について

面接の時、第1志望の学校であるのか他にも受験をしている学校があるのかを聞いてくることがあります。この時はごまかしたりせず素直に回答しましょう。

第1志望の学校でなくとも「滑り止めです」という言葉は使ってはいけません。「考えます」や「分かりません」といった回答も印象を悪くするため避けた方が良いといえます。

例「はい、他にも受験をしている学校はあります。」

聞かれやすい質問5:家族について

面接では家族構成以外にも家の手伝いをしているのか、兄弟姉妹がいる時は兄弟姉妹の仲についてよく聞かれるようです。

それから中学受験の面接で家族構成を聞かれた時は、提出書類と違いがないように回答します。

例「はい、私には兄がいます。兄とは年が離れており兄は今年大学4年生になります。とても優しい兄で就職活動のため忙しいと言っていましたが、私が中学校受験をすると聞きわざわざお守りを買って届けてくれました。」

聞かれやすい質問6:友人について

面接では受験生の人柄を見るため小学校の友人について、聞かれることもあります。友人に対して素直に思ったことや感じたことなどを具体的に回答しましょう。

例「はい、私には素敵な友人がいます。その友人は将来看護師になりたいそうで誰に対しても優しく接しています。また私が理科の実験で失敗をしてしまい迷惑をかけた時にも嫌な顔をせずに笑って許してくれました。私も彼女のような優しい人になりたいと思いました。」

聞かれやすい質問7:長所と短所について

中学受験の面接では受験生の個性や人格も見ているため、長所と短所について聞かれることがあります。

面接の時、長所や短所を聞かれた場合は何かエピソードを交えて、前向きなことを答えると良い印象を与えられます。

例「はい、私の長所は前向きに努力するところです。小学校では苦手な漢字学習を毎日行っていました。また私の短所は短気なところです。熱しやすく冷めやすいため少しずつ治していきたいと思っています。」

聞かれやすい質問8:筆記試験の出来について

苦手な教科や得意な教科を聞くために筆記試験の出来について、面接で聞いてくることがあります。この質問には思ったことを素直に回答してかまいません。

しかし「いつもよりできなかった」や「難しかったので分からない」などといった回答ではなく、「全力を尽くしました」など前向きな言葉を選んで回答しましょう。

例「はい、筆記試験の出来についてですが全力を尽くすことができました。」

聞かれやすい質問9:特技や趣味について

中学受験の面接で趣味や特技について聞かれた場合は、良い印象を持ってもらおうと大げさに答える必要はありません。なぜ特技になったのか趣味となった経緯は何かを回答できるようにします。

例「はい、特技は3歳から習っているピアノです。習って間もない頃は楽譜を読むのも苦労しましたが、今では楽譜を1度見れば弾ける程度になりました。そして春にコンクールがあるため今はコンクールに向けて一層練習に励んでいます。」

聞かれやすい質問10:最近読んだ本について

最近読んだ本について面接で聞かれた時は、本の作者や内容についても答えられるようにします。

例「はい、最近読んだ本は星座と星座神話の本です。この本は星についてや星座の神話について書かれています。また春や夏など季節ごとの星座が分かりやすく載っているため、この本を読んでから夜に星を眺めるのが楽しくなりました。」

聞かれやすい質問11:得意科目と苦手科目について

なぜ得意科目なのか、なぜその科目が好きになったのかきっかけなどを理由も含めて答えられるようにしておきます。

例「はい、得意な科目は算数です。私は2年生の時、九九の計算大会でクラスで1位になり、それから算数が好きになりました。」

聞かれやすい質問12:中学で頑張りたいことについて

中学校で頑張りたいことについて面接で聞かれることがあります。

中学校で頑張りたいことと言えば、勉強やクラブ活動そして人間関係や学校外活動が考えられますが、この時、具体的に頑張りたいことが決まっていればそのことと理由について答えます。

例「はい、中学校生活ではクラブ活動を頑張りたいと思っています。貴校にある天文クラブに入り、星について勉強したいと思っています。」

聞かれやすい質問13:気になるニュースについて

面接で気になるニュースを聞かれた時は、ニュースの内容よりもなぜそのニュースが気になるのかなど自分の考えを答えることが大切になります。

例「はい、私が気になった最近のニュースはワクチン開発についてです。さまざまな国でコロナワクチンの開発が進められていますが完成するまでに、長い年月がかかることや何度も試験をくりかえさなければならないことを知り驚いています。」

中学受験の面接方法4つ

中学受験の面接方法は「親子面接」「グループ面接」「個人面接」「保護者面接」の4つとなります。

「グループ面接」「個人面接」は受験生のみが面接をするスタイルです。「保護者面接」は保護者のみが面接するスタイルとなります。

また学校によっては「保護者面接」と「個人面接」の両方の面接を行う時があります。

受験する学校によっては保護者も中学受験の面接を対策する必要があります。

中学受験の面接方法1:親子面接

親子面接というのは保護者と受験生の両方が面接を受ける方法です。

当然保護者も面接官から質問をされます。面接時間は数分で終わることもあれば30分かかることもあり、学校により違います。

親子面接の時、志望動機や家庭環境について聞かれることがあります。その時、志望動機で「大学に行くために受験した」や、「家庭環境があまり良くないのでは」と疑われるような回答をしないよう心がけましょう。

中学受験の面接方法2:グループ面接

グループ面接というのは数名の受験生を一度に面接する方法になります。

1グループの人数はだいたい5人ほどです。面接時間に20分程度かかる時もありますが、受験生1人あたりの質問時間は数分ほどになります。

グループ面接では質問方法が学校により違います。1人ずつ質問していく学校もあればグループで話し合った結果を答えるというスタイルの学校もあります。

中学受験の面接方法3:個人面接

個人面接は面接官1人から複数人に対して受験生1人で行われる面接です。一般的な面接時間は5分ほどですが学校によっては、20分ほどかかる場合もあります。

個人面接のおおよその流れは入室後、受験番号と氏名の本人確認をした後に面接が開始されます。面接官の質問に受け答えを終えたら退室となり面接はこれで終了です。

中学受験の面接方法4:保護者面接

保護者面接とは保護者が学校側と面接する方法です。

保護者面接で学校側が保護者に一番聞きたいことは「受験校の校風や教育方針を理解しているのか?」ということになります。

そのため保護者は学校案内をよく読み受験校の校風や教育方針をきちんと理解しておきましょう。

面接で同じことを聞かれた時に子供と保護者の回答で食い違いがないよう、子供と教育方針や家庭のことについて事前によく話し合っておくことも必要です。

中学受験の面接に強くなろう

中学受験の面接は学力試験のように重要視されません。しかし最終的に面接が合否を決めることがあります。

中学受験の面接では受験生のマナーや言葉遣い、そして態度をチェックされるため、普段から面接に向けてマナーや言葉遣いなどを心がけて生活する必要があります。

学校によっては親子面接や保護者面接など保護者も面接を受けることがあります。そのため親子で面接対策をして面接に強くなりましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2020年09月01日

更新日:2021年12月14日

記載されている内容は2020年09月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
勉強の仕方が分からない中学生がすべきこと8つ|英語や数学の勉強法も紹介
中学校の成績
2021年12月14日

勉強の仕方が分からない中学生がすべきこと8つ|英語や数学の勉強法も紹介

夏休みの勉強時間・勉強内容のポイント7つと注意点3個|中1・中2は遊びも必要
中学校の成績
2021年12月14日

夏休みの勉強時間・勉強内容のポイント7つと注意点3個|中1・中2は遊びも必要

中学生の作文の書き方とは?すらすら書けるようになる6つのステップ
中学校の成績
2021年12月14日

中学生の作文の書き方とは?すらすら書けるようになる6つのステップ

中学校の通知表の付け方とは?通知表の評価を上げる方法についても解説
中学校の成績
2021年12月14日

中学校の通知表の付け方とは?通知表の評価を上げる方法についても解説

中学生が読解力をつける方法6選!保護者がしてあげられることは?
中学校の成績
2021年12月14日

中学生が読解力をつける方法6選!保護者がしてあげられることは?

子どもに勉強を習慣づけるための方法8つ|メリットについても紹介
中学校の成績
2021年12月14日

子どもに勉強を習慣づけるための方法8つ|メリットについても紹介

中学生に家庭学習の習慣を付けさせる方法4つ|おすすめの通信教育は?
中学校の成績
2021年12月14日

中学生に家庭学習の習慣を付けさせる方法4つ|おすすめの通信教育は?

中学生が国語の読解力をつける方法7選|おすすめの書き写し教材も紹介
中学校の成績
2021年12月14日

中学生が国語の読解力をつける方法7選|おすすめの書き写し教材も紹介

国語が苦手な中学生に教えてあげてほしい勉強法6選|高校受験に長文読解が出題
中学校の成績
2021年12月14日

国語が苦手な中学生に教えてあげてほしい勉強法6選|高校受験に長文読解が出題

内申点の上げ方9つや裏技も紹介|評定方法を知って子供の高校受験に備えよう
中学校の成績
2021年12月03日

内申点の上げ方9つや裏技も紹介|評定方法を知って子供の高校受験に備えよう

中学生はいつから塾に通わせるべき?塾に通わせるメリット5つを紹介
中学校の成績
2021年12月14日

中学生はいつから塾に通わせるべき?塾に通わせるメリット5つを紹介

子どもが汚い字を書いてしまう6つの原因|綺麗な字を書くための方法とは?
中学校の成績
2021年12月14日

子どもが汚い字を書いてしまう6つの原因|綺麗な字を書くための方法とは?

小中学生におすすめのタブレット教材11選|選ぶときのポイントも解説
中学校の成績
2021年12月14日

小中学生におすすめのタブレット教材11選|選ぶときのポイントも解説

中学生が定期テストで伸び悩む要因は?|中間・期末テストのアドバイス方法4つ
中学校の成績
2021年12月14日

中学生が定期テストで伸び悩む要因は?|中間・期末テストのアドバイス方法4つ

国語が苦手な子どもの8つの特徴!国語が苦手な子どもがするべき勉強法も解説
中学校の成績
2021年12月14日

国語が苦手な子どもの8つの特徴!国語が苦手な子どもがするべき勉強法も解説

受験のモチベーションを向上させる方法15個!上がらないときってどんなとき
中学校の成績
2021年12月14日

受験のモチベーションを向上させる方法15個!上がらないときってどんなとき

中学生におすすめの自由研究テーマ総合46選!自由研究テーマの決め方は?
中学校の成績
2021年12月15日

中学生におすすめの自由研究テーマ総合46選!自由研究テーマの決め方は?

中学生の勉強のやる気を出すコツ8つ|環境の整え方や注意点についても解説
中学校の成績
2021年12月14日

中学生の勉強のやる気を出すコツ8つ|環境の整え方や注意点についても解説

東京都内のおすすめ英語塾14選!英語塾を選ぶときのポイントは?
中学校の成績
2021年12月14日

東京都内のおすすめ英語塾14選!英語塾を選ぶときのポイントは?

アルファベット表おすすめ13選!アルファベット表の使い方・選び方も紹介
中学校の成績
2021年12月14日

アルファベット表おすすめ13選!アルファベット表の使い方・選び方も紹介