1ポンドは何グラム?様々な重さの単位を知ってグラムに変換しよう

日本ではあまり使われない重さの単位に「ポンド」があります。世界的にはグラムやキログラムが主流ですが、今も日常的にポンドを使っている国があるのをご存じですか。この記事では、ポンドの重さの目安や、使われ方について解説します。海外旅行の買い物などに役立てて下さい。

1ポンドは何グラム?様々な重さの単位を知ってグラムに変換しよう

グラムを始めとした様々な重さを表す単位

重さの単位一つをとってみても、世界にはたくさんの単位が存在します。

日本ではメートル法の㎏(キログラム)やℊ(グラム)が一般的ですが、古くからある尺貫法の貫(かん)や匁(もんめ)も、一部では現在も使われています。

今回紹介するのは、欧米では今もメジャーな重さの単位として使われているポンドです。そのポンドについて、1ポンドの値から使われ方まで、詳しく見ていきましょう。

ポンドとはなにか

ポンドは、単位の体系の1つ「ヤード・ポンド法」における、重さの単位です。

起源は、古代のメソポタミア地方で、人が一日に食べる大麦の量から生まれた単位と言われています。大麦一粒の重さを1グレーンとし、一日に食べる量7000粒(7000グレーン)が1ポンドとされました。

重さの基準が、国際的に統一される以前は、国によって基準の1ポンドの重さはさまざまでしたが、現在は正確に1ポンドの値は規定されています。

ポンドとパウンドの違い

ポンドとよく似た発音のパウンドは、単なる発音の違いで、実は両者は同じものです。ボクサーの計量や、材料を1ポンドづつ入れたスイーツのパウンドケーキなど、「パウンド」も重さの単位として、しばしば耳にします。

ポンドは、英語でも「pound(パウンド)」と読み書きされますが、日本人には「パウンド」が発音しにくかったせいか、オランダ語などで使われる「pond(ポンド)」の呼び方が一般的になったようです。

1ポンドとは何グラムか

国際的な単位の取り決めによると、1ポンドは厳密に0.45359237kgと規定されています。

ポンドは、日本ではほとんど使われないため、1ポンドと言われても、イメージがつかみづらい単位です。日常生活でポンドを使う場合の目安としては、1ポンド=約450gと覚えておくとよいでしょう。

ポンドとキログラムの換算方法

1ポンド=約0.45㎏なので、1ポンドは1㎏のおよそ半分。つまり、㎏の値を2で割れば、おおよそのポンドの値が求められます。

暗算で、もっと細かく換算を行いたいときは、ポンドの値を2で割り、その値からさらに1割分を引くと、より正確なポンドの値が求められます。

例えば、8ポンドを2で割った4ポンドから、その1割の0.4を引くと3.6になります。これは8ポンドの換算値3.6287...㎏とほぼ合致します。

ポンドなどそれぞれの単位の表記の仕方

ポンドをはじめとする、主要な重さの単位の記号について解説します。

それぞれの重さが、普段よく目にするグラムに直すとどのくらいなのかや、単位の由来についても紹介していきます。

ポンドの表記の仕方

キログラムが「kilo gram」の頭文字から「㎏」になるのと違い、ポンドは「lb」という特殊な記号を使います。1ポンドは「1lb」と表記します。

古代では重さを計るのに「天秤」が使われていました。天秤はラテン語で「 libra(リーブラ)」、重量は「pondus」と言います。

重さの単位のポンドはこの「pondus」から、そして「 libra(リーブラ)」からは「lb」という記号がそれぞれ生まれました。

オンスの表記の仕方

オンス(ounce)はポンドの下位の単位で、記号は「oz」を使います。

1ポンドの16分の1が1オンス(1ポンド=0.0625オンス)で、グラム換算すると1オンスは28.349523125gになります。

「oz」の表記は、イタリア語のオンス「oncia」の古いつづり「onza」が起源と言われています。

グラムの表記の仕方

わたしたちにもおなじみの重さの単位「グラム」の記号は、「gram」の頭文字を取った「g」です。1000倍を表す「キロ」や、1000分の1を表す「ミリ」と組み合わせてもよく使われます。

単位名のグラムは、古いギリシア語で「小さなおもり石」を表す「gramma(グラマ )」 に由来しています。

日本国内でポンド単位を使い売られているもの

日本国内では、日常生活する上でほとんど見かけないポンド単位ですが、一部にはポンド単位を基準として販売されている商品カテゴリーもあります。

1ポンドあたりの重さがどのくらいか知らないと、イメージしにくい商品もあるので、商品と合わせて、グラム、キログラムに換算するとどうなるかについても参考として解説します。

ポンドで売られているもの<ボーリング玉>

重いボールを転がして10本のピンを倒す「ボーリング」のボールは、今でも重さを表すのにポンドが使われています。

初心者がマイボールを買う際や、ボーリング場で貸し出し用のボールを選ぶ際は、自分の体重の10分の1の重さが基準と言われています。

体重50㎏なら11ポンド(約4.9㎏)~12ポンド(約5.4㎏)が目安になります。それ以外の重さについても「2分の1にして1割分を引く」の換算式で簡単に計算できます。

ポンドで売られているもの<工具のハンマー>

金物の「ハンマー」は、ヘッド部分の重さをポンド表記して売られている場合があります。これらのハンマーは、総称して「ポンドハンマー」とも呼ばれています。

日本式の釘抜のついた金づちやゲンノウがポンド表記されることはなく、主に西洋式のハンマーの重さ表示に、伝統的にポンドが使われています。

ハンマーは、用途別にさまざまな種類があり、土木・解体作業用の大型のものだと10ポンド(約4.5㎏)の重いものもあります。

ポンドで売られているもの<フィッシングの釣り糸>

釣りで使う「釣り糸」は、ポンド(lb)を強度のスペックを表すのに用いています。

釣り糸にどのくらいの負荷がかかったら切れるかを表したもので、10lbの糸なら、10ポンド(約4.5㎏)までの負荷に耐えられるということを示します。

また、釣り竿(ロッド)のスペックにもポンドの数値が使われることがあります。その場合は、その竿で推奨される釣り糸の強度を示しています。

ポンド・グラム・オンスの使い分け

重さや長さの単位は、国際的にはグラムやメートルを用いた「メートル法」が完全に主流ですが、ポンドやヤード(長さ)を使う「ヤード・ポンド法」も、場面や国によっては使い続けられています。

これらのうち「ポンド・グラム・オンス」の重さの単位の、現在の使われ方についてみていきましょう。

ポンドを使う国や場合はどんな時か

ポンドは、今でもアメリカやイギリスでは根強く使われています。特にアメリカは、現在もグラムを用いるメートル法を公式には完全採用しておらず、ポンドが主流です。

アメリカ発のハンバーガーチェーン店のメニュー「クォーターパウンダー」は、4分の1ポンドのパティを使ったハンバーガーという意味です。

また、ポンドはボクシングの体重や釣り糸の強度など、一部のスポーツの世界では、世界的にまだまだ多く使われています。

グラムを使う国や場合はどんな時か

アメリカなどメートル法を公式採用していない国(アメリカのほかは、ミャンマー、イベリアなど)を除いては、重さを表すときはグラムを基準とした単位が、世界的に主流です。

重さの情報は、日常生活のいたるところで必要になります。料理の食材や調味料にグラム数は欠かせませんし、体重を表すのにもキログラムを使います。

アメリカでは、これらの重さにもポンドが使われるので、迷わないように注意しましょう。

オンスを使う国や場合はどんな時か

オンスはポンドと同様に、アメリカなど一部の国でのみ、いまだに重さの単位の主流になっています。

また、オンスはポンドの下位単位のため、それ以外の国では、ポンドが使われている分野で、ポンドとセットで使われることがあります。

釣り糸の強度の表示はポンドが使われますが、ルアーの重さにはグラムと合わせてオンスも多く使われます。釣り竿にオンスのスペック表記があった場合は、使用できるルアーの最大重量を表しています。

1ポンドのグラム数を理解し海外での買い物などに役立てましょう

日本ではなじみが薄い重さの単位「ポンド」について、1ポンドの詳細なグラム換算値から使われ方まで、解説しました。大国アメリカではいまだに、主流の重さの単位として使われているのは驚きでした。

ポンドは、欧米では今も日常的に使われています。1ポンドの値をしっかり把握して、海外旅行のお買い物の際、さっとグラムに換算して、重さをイメージできるようにしておきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

初回公開日:2019年10月08日

更新日:2021年12月14日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
勉強の仕方が分からない中学生がすべきこと8つ|英語や数学の勉強法も紹介
中学校の成績
2021年12月14日

勉強の仕方が分からない中学生がすべきこと8つ|英語や数学の勉強法も紹介

夏休みの勉強時間・勉強内容のポイント7つと注意点3個|中1・中2は遊びも必要
中学校の成績
2021年12月14日

夏休みの勉強時間・勉強内容のポイント7つと注意点3個|中1・中2は遊びも必要

中学生の作文の書き方とは?すらすら書けるようになる6つのステップ
中学校の成績
2021年12月14日

中学生の作文の書き方とは?すらすら書けるようになる6つのステップ

中学校の通知表の付け方とは?通知表の評価を上げる方法についても解説
中学校の成績
2021年12月14日

中学校の通知表の付け方とは?通知表の評価を上げる方法についても解説

中学生が読解力をつける方法6選!保護者がしてあげられることは?
中学校の成績
2021年12月14日

中学生が読解力をつける方法6選!保護者がしてあげられることは?

子どもに勉強を習慣づけるための方法8つ|メリットについても紹介
中学校の成績
2021年12月14日

子どもに勉強を習慣づけるための方法8つ|メリットについても紹介

中学生に家庭学習の習慣を付けさせる方法4つ|おすすめの通信教育は?
中学校の成績
2021年12月14日

中学生に家庭学習の習慣を付けさせる方法4つ|おすすめの通信教育は?

中学生が国語の読解力をつける方法7選|おすすめの書き写し教材も紹介
中学校の成績
2021年12月14日

中学生が国語の読解力をつける方法7選|おすすめの書き写し教材も紹介

国語が苦手な中学生に教えてあげてほしい勉強法6選|高校受験に長文読解が出題
中学校の成績
2021年12月14日

国語が苦手な中学生に教えてあげてほしい勉強法6選|高校受験に長文読解が出題

内申点の上げ方9つや裏技も紹介|評定方法を知って子供の高校受験に備えよう
中学校の成績
2021年12月03日

内申点の上げ方9つや裏技も紹介|評定方法を知って子供の高校受験に備えよう

中学生はいつから塾に通わせるべき?塾に通わせるメリット5つを紹介
中学校の成績
2021年12月14日

中学生はいつから塾に通わせるべき?塾に通わせるメリット5つを紹介

子どもが汚い字を書いてしまう6つの原因|綺麗な字を書くための方法とは?
中学校の成績
2021年12月14日

子どもが汚い字を書いてしまう6つの原因|綺麗な字を書くための方法とは?

小中学生におすすめのタブレット教材11選|選ぶときのポイントも解説
中学校の成績
2021年12月14日

小中学生におすすめのタブレット教材11選|選ぶときのポイントも解説

中学生が定期テストで伸び悩む要因は?|中間・期末テストのアドバイス方法4つ
中学校の成績
2021年12月14日

中学生が定期テストで伸び悩む要因は?|中間・期末テストのアドバイス方法4つ

国語が苦手な子どもの8つの特徴!国語が苦手な子どもがするべき勉強法も解説
中学校の成績
2021年12月14日

国語が苦手な子どもの8つの特徴!国語が苦手な子どもがするべき勉強法も解説

受験のモチベーションを向上させる方法15個!上がらないときってどんなとき
中学校の成績
2021年12月14日

受験のモチベーションを向上させる方法15個!上がらないときってどんなとき

中学生におすすめの自由研究テーマ総合46選!自由研究テーマの決め方は?
中学校の成績
2021年12月15日

中学生におすすめの自由研究テーマ総合46選!自由研究テーマの決め方は?

中学生の勉強のやる気を出すコツ8つ|環境の整え方や注意点についても解説
中学校の成績
2021年12月14日

中学生の勉強のやる気を出すコツ8つ|環境の整え方や注意点についても解説

中学受験の面接で聞かれやすい質問回答例13選|気をつけたいことについても紹介
中学校の成績
2021年12月14日

中学受験の面接で聞かれやすい質問回答例13選|気をつけたいことについても紹介

東京都内のおすすめ英語塾14選!英語塾を選ぶときのポイントは?
中学校の成績
2021年12月14日

東京都内のおすすめ英語塾14選!英語塾を選ぶときのポイントは?