国立中学校を受験するメリット3つとは?考えるべき2つのことと受験対策を紹介

国立中学校は、大学法人が運営している公立中学校です。国立中学校について知りたい保護者の方も多いのではないでしょうか。この記事では、国立中学校の特徴と受験対策について紹介します。子どもの国立中学校受験を検討している保護者の方は、ぜひ読んでみてください。

国立中学校を受験するメリット3つとは?考えるべき2つのことと受験対策を紹介

国立中学校とはどんな中学校?

国立中学校を受験するメリット3つとは?考えるべき2つのことと受験対策を紹介

「国立中学校」とは、国すなわち国立大学法人が設置している中学校です。

現存する国立中学校は70校あり、中には小中一貫校や中高一貫校もあります。国立中学校は国立の教育大学や教育学部の附属校が多いです。

私立・公立の中学校との違い

国立中学校は国立大学の附属校であり、教育に関する研究を行っているため先進的な教育を実施しています。そのため、国立中学校は公立中学校の一部であっても、学力が高い子どもが集まります。

一方、私立中学校は個人すなわち学校法人が運営し、国立中学校と同じく入試と独自の校風があります。

また、市町村などの地方公共団体が設立している一般的な公立中学校は、家庭環境や学力が異なる地元の子どもが多く集まります。

国立中学校を受験させるメリット・デメリット

一般的に、小学校を卒業した後は、市町村などの公共団体が設立している中学校に通う子供たちが大半を占めますが、その中で子どもの国立中学校への進学を選択する保護者の方も見られます。

国立中学校を受験する場合、受験や学校生活においてどのようなメリット・デメリットが発生するのでしょうか。

ここでは国立中学校受験のメリットとデメリットについてご紹介していきます。国立中学校に興味のある方は参考にして下さい。

国立中学受験を検討している方には、オンライン完結型の家庭学習サポートサービスを受けることもおすすめです。

スタディコーチは、インターネットを用いたオンライン完結型指導で在籍する教師は、厳しい中学受験・大学受験を乗り越えた現役東大生のみです。

そのため勉強ノウハウを知り尽くした学生による正しく効率的な学習指導を通して、スタディコーチ独自の指導ノウハウや教師の体験を元に、勉強だけでなく、受験に関する相談も可能です。

現在、無料体験受付中ですので、子供の中学受験を検討中の方は是非参考にしてみて下さい。

»「スタディコーチ」の詳細はこちら

国立中学校を受験させるメリット3つ

まず、国立中学校を受験させるメリットについて見ていきましょう。

国立中学校の受験には、「同級生と切磋琢磨できる環境」、「新しい教育の享受」、「学費の抑制」という3つのメリットがあります。

受験させるメリット1:同級生と高いレベルで切磋琢磨できる

国立中学校に入るメリットの1つ目は、子どもが同級生とともに成長していける点です。

国立中学校には、受験を乗り越えた優秀な生徒が集まります。また、附属の高校や大学を筆頭に進学へ向けた教育体制が整っています。

したがって、子どもは恵まれた学習環境のもと勉学に励むことができます。

受験させるメリット2:新しい教育が受けられる

国立中学校に入る2つ目のメリットは、大学における研究から生まれたハイレベルで新しい教育が受けられることです。

これは、ほとんどの国立中学校が大学の附属校であることに起因します。

教育の高みを目指す教員のもとフィールドワークやディベートが盛んに行われる国立中学校のほか、理数教育に特化したSSHや国際教育に特化したSGH指定校もあります。

そのような環境下で子どもたちは、個性を伸ばし柔軟な発想力を養います。

受験させるメリット3:授業料や費用を抑えられる

中学校で1年間にかかる学校教育費は、公立で13万8千円、私立で107万円程度です。

かかる費用は学校ごとに異なりますが、公立よりおよそ20万円程度高いと考えるとよいでしょう。これらに加え、制服代や交通費がかかり、給食がある学校では給食費が必要です。

国立中学校は授業料が無料です。国立中学校は受験料や入学金が必要なため公立中学校よりは出費が多くなりますが、私立中学校に比べれば経済的負担は軽いと言えます。

国立中学校を受験させるデメリット3つ

前項でご紹介したように、国立中学校には、公立や私立とは異なった特色によるメリットがありますが、その一方で国立中学校ならではのデメリットも存在します。

それは「教員の異動」「頻繁な実習生の受け入れ」「国立中学校のエリート化」の3点です。

それぞれのデメリットについて、以下に詳しく見て行きましょう。

定期的に教員の入れ替えがある

公立である国立中学校は、定期的に教員の異動を行います。そのため、校内には赴任したばかりの教員や校風と異なる考え方を持つ教員が混在します。

定期的な教員の入れ替えによって、その年によって教育の質が変動しやすいというのはデメリットになります。

場合によっては、国立中学校のメリットである高度な教育の恩恵が少なくなる可能性もあります。

大学の実習生を多く受け入れている

一般的に、国立中学校は教育大学や教育学部の付属校が多く、頻繁に実験や実習の場となります。

毎年母体の大学を中心とした多くの教育実習生を受け入れているため、実習生の授業ではどうしても授業の質が落ちてしまいます。

実習生ごとに授業の進め方や板書が変わるため、子どもが適応に苦労する場合も少なくありません。

エリート化が進んでいる

現在の国立中学校ではエリート化が進んでいるため、実際の教育課題の発見や対応方法の模索には向かないと問題視されています。

研究や実習の場として利用されることが多い国立中学校ですが、エリート化が止まらないような学校も少なくありません。

今後は、本来の設立目的に立ち返り、様々な子どもたちが先進的な教育を受けられるように、入試を抽選にしたり、学力以外の面を重視したりというような入試改革が検討されています。

国立中学校を受験させる前に親が考えるべき2つのこと

子どもに国立中学校を受験させようと考えたとき、保護者はどのようなことを検討しておけばよいのでしょうか。

受験は、子どもだけの問題ではありません。入試を受けるからには合格に向かって万全な準備をする必要があります。

まず初めに保護者が考えるべきことは、学習塾の選択と内部受験制度の把握でしょう。子どもが良い環境で受験できるよう、保護者がサポートできることを見て行きましょう。

受験に適した学習塾を選ぶ

国立中学校への受験勉強の手段として、多くの保護者は学習塾や家庭教師、通信教育を検討するでしょう。

塾なしで受験に臨むことも可能ですが、子どものモチベーションを上げるためには学習塾がおすすめです。

学習塾では、勉強方法や進学先について気軽に相談することができ、ライバルや勉強仲間となる学生と出会うことができます。国立中学校受験に適した学習塾やコースを選び、受験対策を効率よく進めていきましょう。

内部受験制度について把握する

国立中学校の中には、高校や大学へ内部進学できる学校もあります。

学校によって内部受験制度の仕組みが異なりますので、ホームページを閲覧したり、在校生あるいは卒業生の保護者から話を聞いたりするのも大切な準備です。

入学前から内部受験制度の仕組みや適用条件を把握しておきましょう。他にも、受験候補の国立中学校の口コミサイトで質問したり、投稿を確認したりすることも有効です。

国立中学校の受験対策5つ

続いて、国立中学校の受験対策5つをご紹介していきます。

国立中学校の受験対策には、多くの解法パターンの習得、過去問演習の活用、計画的な勉強、面接対策、調査書対策が不可欠です。

以下で、上記の対策方法について詳しく見ていきます。合格のために、しっかりと確認しておきましょう。

国立中学校の受験対策1:多くの解法パターンを身につける

国立中学校の試験では、小学校で習う内容やその応用問題が出題されます。

ただし、一般の小学校ではなじみのない解法を求められたり、より深い知識が必要とされる設問が多く見受けられます。

変わった問題でも落ち着いて対処できるように、学習塾での勉強や学習参考書などで、多くの解法パターンを身に付けておく必要があるでしょう。

国立中学校の受験対策2:過去問演習を活用する

大学受験の場合と同じように、国立中学校には過去問があり、過去問を練習することで出題傾向や受験科目も分かってきます。過去問演習を活用することで、目標の学校への受験対策を確実に行います。

過去問は書店やインターネット上で入手できます。解説を確認しながら、間違えた問題や分かりにくい問題などを繰り返し解いてみましょう。

国立中学校の受験対策3:計画的に勉強を進める

国立中学校の受験対策では、4年生あるいは5年生のうちから計画的に勉強を進めていく必要があります。試験範囲も広く、まだ小学校の授業で習っていない範囲も出題されます。習っていないところも予習をし、早めに取りかかりましょう。

受験対策や授業の予習復習に役立つ参考書も多く存在するため、子どもと一緒に書店で参考書を見比べるのも効果的です。

国立中学校の受験対策4:面接対策をする

国立中学校の入試では面接も実施されます。

面接を受けるのは子どもだけでなく、保護者に対する質問もあります。本格的な面接練習は入試が近づいた頃で構いませんが、事実と異なる受け答えやその場の思い付きは通用しません。事前に面接の質問を研究し、シミュレーションしておけば本番もスムーズに回答できます。

学校見学をし、願書のコピーや資料を読み込み、志望動機や中学校生活の目標について答えられるようにしましょう。

国立中学校の受験対策5:調査書対策を行う

受験の場合は、勉強だけでなく調査書対策も不可欠です。小学校から受験先に提出される調査書には、子どもの普段の様子や校内外における活動状況が記されています。

学級委員やクラブなどの部長経験、習い事の継続や大会の成績、授業態度や交友関係などから、受験先に好印象を与えられることが大切です。無理のない範囲で取り組ませましょう。

特技を活かすことや校内外の活動を充実させることは、子どもの強みにつながります。

国立中学校の受験対策におすすめの学習塾3選

学力が高い生徒が集まりやすい国立中学校の受験対策としては、学習塾に通うのも選択肢の一つです。

ここでは、国立中学校の受験対策におすすめの学習塾を3つ紹介していきます。

1:市進学院

市進学院は首都圏を中心に教室を展開する学習塾で、教育分野での歴史が長い株式会社市進が運営しています。

小学校4年生からは公立中高一貫受験コース、5年生からは難関高校ターゲットコースが設けられており、志望校を絞った学習が進められます。

2:明光義塾

明光義塾は全国各地に1,862の教室を展開する日本初の個別指導塾で、東証一部上場企業である株式会社明光ネットワークジャパンが運営しています。

個別指導塾ではあるものの、授業時間は講師が完全につきっきりではありません。生徒が問題を解く時間や考える時間をじっくりと与えるため、自ら学ぶ力を身につけることが可能です。

小学校1年生からは中学受験対策コースが設けられており、国立中学校を目指す生徒向けには私国立中学受験特訓コースがあります。

3:学研教室

学研教室は0歳から高校生まで幅広いステージに対応した学習塾で、学研グループの株式会社学研エデュケーショナルが運営しています。

国立中学校向けのコースは設けられていませんが、5年生から6年生にかけては個別指導の強化によって学力アップを図ることが可能です。

自ら進んで学習する能力や態度を育てる教育理念なので、苦手科目の克服や高い集中力を養えます。

国立中学校の受験を検討しよう

国立中学校には、母体の大学による高度な教育を真っ先に受けられるという特色があります。向上心の高い教師や生徒も多く、画期的な授業や学校行事が行われます。

国立中学校は、毎年学校説明会や見学可能な学校行事を開催しています。実際に足を運び、受験日や受験資格を確認し、中学校卒業後のことも見据えながら、子どもに合う国立中学校を探してみましょう。

初回公開日:2020年12月04日

更新日:2022年04月15日

記載されている内容は2020年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
中学受験に家庭教師は必要か?つけるメリット4個と選び方・おすすめの派遣業者
受験
2022年02月11日

中学受験に家庭教師は必要か?つけるメリット4個と選び方・おすすめの派遣業者

中学受験に失敗したときに考えられる原因|成功させるための対策は?
受験
2022年02月11日

中学受験に失敗したときに考えられる原因|成功させるための対策は?

中学受験に落ちた時に保護者ができるサポート10個|切り替えることが重要
受験
2022年04月18日

中学受験に落ちた時に保護者ができるサポート10個|切り替えることが重要

子供が中学受験でストレスを抱えてしまう理由|保護者ができることをご紹介
受験
2022年02月11日

子供が中学受験でストレスを抱えてしまう理由|保護者ができることをご紹介

子供が中学受験をやめると言い出すきっかけ5つ|やめることを検討すべきサイン
受験
2022年02月11日

子供が中学受験をやめると言い出すきっかけ5つ|やめることを検討すべきサイン

子供の中学受験に向けた過去問の活用法5つ|入手方法や保護者がやるべきこと
受験
2022年04月18日

子供の中学受験に向けた過去問の活用法5つ|入手方法や保護者がやるべきこと

中学受験における受験科目種類ごとの特徴|4・2・1科目受験それぞれ解説
受験
2022年04月15日

中学受験における受験科目種類ごとの特徴|4・2・1科目受験それぞれ解説

中学受験願書への志望動機を書く内容の基本8つ|書き方例文も紹介
受験
2022年02月11日

中学受験願書への志望動機を書く内容の基本8つ|書き方例文も紹介

中高一貫校に通うメリット10選!デメリットや選び方もあわせて紹介
受験
2022年02月11日

中高一貫校に通うメリット10選!デメリットや選び方もあわせて紹介

共働きで中学受験を乗り切る方法11選|共働きで中学受験に挑むメリット5つ
受験
2022年02月11日

共働きで中学受験を乗り切る方法11選|共働きで中学受験に挑むメリット5つ

中学受験の面接でよくある質問に対する回答例総合14選!子供と親子別に解説
受験
2022年02月11日

中学受験の面接でよくある質問に対する回答例総合14選!子供と親子別に解説

中学受験に必要な勉強時間とは?勉強のポイントやスケジュールの立て方も解説
受験
2022年04月15日

中学受験に必要な勉強時間とは?勉強のポイントやスケジュールの立て方も解説

中学受験対策における過去問をいつから使うかのポイント6つ!使い方も解説
受験
2022年04月15日

中学受験対策における過去問をいつから使うかのポイント6つ!使い方も解説

小学5年生は中学受験に大切な時期?子供のために親がすべきこと4つ
受験
2022年04月15日

小学5年生は中学受験に大切な時期?子供のために親がすべきこと4つ

中学受験を成功させるために公文式を上手に利用する方法3つ|入会時期と退会時期
受験
2022年02月11日

中学受験を成功させるために公文式を上手に利用する方法3つ|入会時期と退会時期

中学受験にスタディサプリを活用する利点8つ|中学受験に効果的?
受験
2022年02月11日

中学受験にスタディサプリを活用する利点8つ|中学受験に効果的?

中学受験の国語対策におすすめの本27選|中学受験の国語についても解説!
受験
2022年04月21日

中学受験の国語対策におすすめの本27選|中学受験の国語についても解説!

中学受験に向けた国語の勉強方法と教え方3つ!国語が苦手な小学生の特徴
受験
2022年04月15日

中学受験に向けた国語の勉強方法と教え方3つ!国語が苦手な小学生の特徴

中学受験と子供の反抗期が重なった場合の対処法6つ|反抗期に見られる特徴とは?
受験
2022年02月11日

中学受験と子供の反抗期が重なった場合の対処法6つ|反抗期に見られる特徴とは?

中学受験による7つの弊害|親ができる弊害を回避するための方法も紹介
受験
2022年02月11日

中学受験による7つの弊害|親ができる弊害を回避するための方法も紹介