小学校で読み聞かせをする時のコツ6つ|本の選び方や気をつけたいことについて

小学校に通う子どもに本を読み聞かせたい保護者の方へ、効果的な本の選び方と実際にどう読めば、子どもが引き込まれるかという方法を紹介します。正しい本の読み聞かせを行えば、子どもは本好きになり、学力やコミュニケーション能力が上がるでしょう。

小学校で読み聞かせをする時のコツ6つ|本の選び方や気をつけたいことについて

小学校で読み聞かせをする時の本選びのコツ5つ

小学校に通う子どもがいる保護者の方の中には、絵本の読み聞かせをしてあげたいけれど、どれを選ぶべきか悩むという方もいるでしょう。

読み聞かせによって、子どもは語彙力が増えたり、人の気持ちを汲み取るスキルや物事を判断する力を獲得出来たりし、自分の考えを発信出来るようにもなります。そのことによって、環境が変化しても柔軟な対応力を発揮出来るようになるでしょう。

保護者の方にとっても、読み聞かせは子どもとの大事なコミュニケーションの時間になります。小学校に入ると、幼い頃より話さなくなって、気持ちを理解しにくくなっていくためです。

普段から絵本を子どもに読むことで、子どもの感情の変化をよく目に出来るようになり、気持ちを理解する手助けになるでしょう。

また、子どもも普段から保護者と接していることで安心感が生まれ、保護者の方を頼りやすくなります。

ここでは、絵本を選ぶ際のコツについて説明します。

自由研究特集!学年別に選べる小学生向けテーマ選び

1:季節に合っている本

季節に合った内容の本を選ぶことで、子どもがその本の世界を擬似体験することが出来ます。春の季節に合わせた本を選ぶと、新学期が待ち遠しくなり、夏をテーマにした本を読むと、海や山で冒険したくなるようなワクワクする気持ちになることでしょう。

2:絵がはっきりしている本

絵だけで内容が伝わってくる本には、子どもの想像力を掻き立てる力があります。表現力が高ければ、絵本の中の世界により入った感覚になることが出来て、集中出来るでしょう。

子どもが好みそうな雰囲気のものを選んであげるとより効果があります。具体的な特徴を挙げると、芸術性の質が高いこと、子どもたちが理解しやすいものなどです。

3:ずっと読み継がれている名作

長く親しまれている本には、言葉では言い表せない魅力が詰まっているものです。

具体的に名作と呼ばれる本を選ぶ際に気をつけるコツを説明します。絵本の内容が、今の子どもたちにも通用するかということ、美しい言葉選びがされているもの、その話が世に出てから20年以上読まれているかどうか、という3つを押さえておきましょう。

小学校低学年の子どもは、好奇心が強いので、笑えるようなエンターテインメント性に溢れたものや、本の登場人物たちに親近感を抱くような共感性のあるストーリーもオススメです。

また、子どもであれば思い浮かぶような、夢物語が詰まっているストーリーを選ぶと、好奇心をくすぐることが出来るでしょう。

4:時間内に読み切れるもの

10分程で読めるものを選びましょう。本を読む保護者にとっても読み聞かせに割ける時間は限られています。短い時間でも子どもに読み聞かせをしてあげることで、保護者にとっても子どもにとっても楽しく、お互いに寄り添えることが出来ます。

5:1冊ではなく短い本を2冊選ぶ

保護者へのアンケートで、一度に何冊読ませるかというもので、1番は1冊の32.6%、続いて2冊が30.4%と、2冊本を読んでいる保護者の割合も多くなっています。

1冊3分程で読める短いものもあるため、ちょっとした時間に読み聞かせをしたいという場合は、2冊読むというのも子どもにとっても違うストーリーを2種類楽しめるのでおすすめです。

子どもによっては、同じ本を2回読んで欲しいと頼まれることもあるでしょう。もし読んで欲しいとお願いされたら、もう一度読み聞かせてみてはいかがでしょうか。

小学校で読み聞かせをする時の読み方のコツ6つ

小学校に上がってから読み聞かせをする場合、どのような点に気を付けて読み聞かせすれば良いのでしょうか。

ここからは、小学校で読み聞かせをする時の読み方のコツを6つ紹介します。

1:ハッキリと大きい声で読む

口を大きめに開き、ハッキリと伝わりやすい声量で話すと、子どもは集中して絵本の内容を聞くことが出来ます。

絵本のキャラクターが話す位置関係を強調したい場合は、声の大きさを調整することがコツです。遠くから話していることなどが分かり、よりリアルな世界観を作り出せるでしょう。

2:ゆっくり読む

ゆっくりと読むことで、子どもは、話していることを理解しやすくなり、絵本の内容が頭に入りやすくなります。コツは、一音ずつ区切ることを意識することで、ゆっくりと話すことが出来ます。

子どもが絵本に興味がなさそうにしていたら、内容を理解出来ていない可能性があるので、絵本を読むスピードを緩めてみてはいかがでしょうか。

3:声色を変えすぎない

キャラクターを声の違いで区別したり、感情表現をするために声色を変えたりしてしまうと、子どもの想像力の育成を阻んでしまいます。そのままの落ち着いた声で話せば、子どもが想像しながら話を聞くので、無理に声のトーンを変える必要はありません。

4:抑揚をつけすぎない

極端に抑揚をつけてしまうと、子どもの注意が、読み手に移ってしまいます。穏やかな様子でスラスラと読まれていくと、子どもは上手く読み聞かせに集中することが出来ます。お芝居のような抑揚にしてしまうと、読み手の印象を子どもに植え付けてしまう恐れがあります。

5:点や丸で間を開ける

句読点に間を置くことによって、聞き手の子どもの表情を見ることが出来ます。間の置き方のコツは、読点で少し息を止める程度にして、句点では、息を多めに吸い込むようにしましょう。そうしていくことで、話のテンポも伝わりやすくなります。

また、子どもが音読を小学校で行うようになった時に、句読点を意識しながら読むことが出来るようになります。先生からも褒められて子どもの自信にも繋がる可能性があるでしょう。

6:過剰な演技をしすぎない

子どもは、絵本の絵からの視覚情報と、聞こえてくる言葉の1つ1つの意味を頭に入れながら物語を聞いています。読み手である保護者は、絵本のキャラクター等に対する自分なりの印象を頭に思い浮かべながらも、淡々と話すことを意識することがコツです。参考にしてみてください。

小学校での読み聞かせで保護者が気をつけたいこと

本の選び方が分かったところで、今度は実際に子どもの前で本を読む時にどう読んでいいかが分からないという方もいるでしょう。

正しく子どもにあった読み方をしないと、本を読むことが嫌いな子どもになってしまいます。

本を好きになれば、子どもは自分で本を読むことも増え、色々な知識が広がっていきます。小学校での勉強での成績に良い影響もありますし、コミュニケーション能力の向上も期待出来るでしょう。

そこで、子どもが本の世界に引き込まれる読み聞かせのコツを紹介します。

読み手の感想は言わない

読み聞かせで重要なのは、本の内容を子どもがどう感じるかということです。

感想を話してしまうと、子どもたちの印象操作をしてしまい、自分なりの受け取り方をすることが阻害されてしまいます。読み手はあくまでも、読むことに徹底し、子どもの感受性を刺激する支援をすることに意識を向けましょう。

絵を指でささない

指差しをしてしまうと、子どもが絵をじっくり見て自分で探すことが出来なくなってしまいます。こうなってしまうと、子どもが読み聞かせを楽しむことが出来なくなってしまいますので、注意しましょう。

小学校に通っている年齢の子どもなら、大人も気づかないような絵の中にある細かい描写を自分で発見するので、保護者の方は、それを手助けすることを心がけるようにしていきましょう。

読み聞かせのコツを知って小学校で読み聞かせをしよう

ここまでで読み聞かせのコツを習得したら、今度は実際に小学生の子どもに読み聞かせを実践してみましょう。子どもに読書の習慣を身につけてもらうためのきっかけ作りとして、読み聞かせを行いましょう。

また、読む保護者側も、子どもとの接し方に困っている人がもしいれば、ぜひ読み聞かせをきっかけに子どもとの時間を増やしていってください。仕事で抱えているストレスなどが、絵本を読んで喜ぶ子どもの表情で和らいでいくでしょう。

初回公開日:2021年06月05日

更新日:2022年07月25日

記載されている内容は2021年06月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介
教育
2022年04月18日

子供におすすめのそろばんアプリ9選!メリットや学習のポイントも紹介

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介
教育
2022年02月11日

楽しい九九の覚え方7つ|つまずきやすい要因やサポート方法も紹介

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介
教育
2022年04月18日

小学生の平均勉強時間はどのくらい?目安や習慣づけるためのコツも紹介

そろばんを習うメリットとは|教室選びのポイントについても紹介
教育
2022年02月11日

そろばんを習うメリットとは|教室選びのポイントについても紹介

勉強が楽しくなる方法9つ|楽しめるメリットと実践のポイントもあわせて紹介
教育
2022年02月11日

勉強が楽しくなる方法9つ|楽しめるメリットと実践のポイントもあわせて紹介

効率のいい勉強法のおすすめ11選|教科別のコツや学習のポイントもあわせて紹介
教育
2022年04月18日

効率のいい勉強法のおすすめ11選|教科別のコツや学習のポイントもあわせて紹介

子供に伝えたい15個の勉強する意味|伝える時の注意点もあわせて紹介
教育
2022年02月11日

子供に伝えたい15個の勉強する意味|伝える時の注意点もあわせて紹介

子供の読解力を高めていく6つの方法|テストへの影響についても解説
教育
2022年07月25日

子供の読解力を高めていく6つの方法|テストへの影響についても解説

勉強できない小学生の6つの特徴とは?対処法と勉強のコツについても紹介
教育
2022年07月25日

勉強できない小学生の6つの特徴とは?対処法と勉強のコツについても紹介

子供の読解力を鍛える5つの方法|読書時にできる方法とおすすめの本も紹介
教育
2022年07月25日

子供の読解力を鍛える5つの方法|読書時にできる方法とおすすめの本も紹介

子供の国語力を伸ばし読解力を高める方法11選|基礎の大切さについても解説
教育
2022年07月25日

子供の国語力を伸ばし読解力を高める方法11選|基礎の大切さについても解説

小学生の国語の読解力を高める無料プリント18選|読書の大切さについても解説
教育
2022年07月25日

小学生の国語の読解力を高める無料プリント18選|読書の大切さについても解説

小学生の読解力を鍛えるアプリ13選|おすすめの本と問題集も紹介!
教育
2022年07月25日

小学生の読解力を鍛えるアプリ13選|おすすめの本と問題集も紹介!

小学生の家庭学習の仕方とは?習慣にする方法や注意点もあわせて解説
教育
2022年07月25日

小学生の家庭学習の仕方とは?習慣にする方法や注意点もあわせて解説

授業参観の目的とは?服装や見ておきたいポイントもあわせて紹介
教育
2022年07月25日

授業参観の目的とは?服装や見ておきたいポイントもあわせて紹介

英才教育をする利点とは?おすすめの習い事6選も合わせて紹介!
教育
2022年07月25日

英才教育をする利点とは?おすすめの習い事6選も合わせて紹介!

都道府県の効率のいい覚え方10選!簡単に覚えられるアプリもあわせて紹介
教育
2022年07月25日

都道府県の効率のいい覚え方10選!簡単に覚えられるアプリもあわせて紹介

情操教育とはなに?家庭で取り入れられる情操教育11例など詳しく紹介
教育
2022年07月25日

情操教育とはなに?家庭で取り入れられる情操教育11例など詳しく紹介

復習ノートの基本的な作り方やまとめ方7つ!暗記と演習それぞれの作り方も解説
教育
2022年07月25日

復習ノートの基本的な作り方やまとめ方7つ!暗記と演習それぞれの作り方も解説

小学生の読解力を育てるおすすめの本10選|ポイントもあわせて紹介
教育
2022年07月25日

小学生の読解力を育てるおすすめの本10選|ポイントもあわせて紹介