STEAM教育とは?おすすめ教材や関連スクール・海外での取り組みをご紹介!

AI(人工知能)技術革新や地球環境の持続可能性など、これまでに経験したことのない課題を抱える現代社会では、新たな視点から時代を創造する人材の育成が望まれます。この記事では、複雑な課題に向き合うための探究型教育法「STEAM教育」について解説します。

STEAM教育とは?おすすめ教材や関連スクール・海外での取り組みをご紹介!

STEAM教育とは?

STEAM教育についてご存知でしょうか。STEAM教育とは教育に対する新しい考え方であり、文部科学省が定義を定めています。

STEAM教育は、先進国を中心にその導入が進められています。

出典:新学習指導要領の趣旨の実現とSTEAM教育について ー「総合的な探究の時間」と「理数探究」を中心にー|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/content/1421972_2.pdf

自由研究特集!学年別に選べる小学生向けテーマ選び

STEM教育との違い

そもそもSTEAM教育という考え方が登場する前にSTEM教育という考え方がありました。

STEM教育は、現代社会の中心的なScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(算数・数学)の4分野を各科目と統合して、問題解決をすることができる人材の育成を目指した考え方です。

そしてSTEM教育の4分野に加えて、Arts(美術)を追加し、STEAM教育という考え方が広まり始めました。

しかし、美術の考え方を導入することだけでは、世の中の問題に十分に対処するだけの力がつきにくいということで、美術だけにこだわらずリベラルアーツ(一般教養)の考え方に基づいて学習を進める教育が、現代におけるSTEAM教育です。

日本ではSTEAM教育がなぜ注目されている?

これからの日本の学校現場における教育方針について、文部科学省は「Society5.0に向けた人材育成 ~社会が変わる、学びが変わる~」という報告書を2018年6月に公開しました。

そこでは求められる力として、従来型の「文章や情報を正確に読み解き、対話する力」や、「科学的に思考、吟味し活用する力」に加えて、新たに「価値を見つけ出す感性と力、好奇心・探求力」の重要性が記されました。

また、技術革新や価値創造の源となる「新たな社会を牽引する人材」の育成が強調されています。こういった新しい力を育むための教育方法として、STEAM教育に大きな注目が注がれています。

出典:Society 5.0に向けた人材育成|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/06/06/1405844_001.pdf

STEAM教育のおすすめ教材6選

STEAM教育の目的は、探究活動や体験学習を通して、自然科学や社会科学、人文科学、芸術、スポーツなど、幅広い項目を総合的に学び、複雑な要素が関係し合い、さまざまな問題と向き合わなければならない現代社会で、新しい発想を生み、生きるための力を育成することにあります。

新しい時代への力を育むために、プログラミング基礎体験から論理的思考の応用までを段階的に学べる、STEAM教育の最新の教材についてご紹介します。

1:教育版レゴ® マインドストーム® EV3 for home

まず1つ目にご紹介するのは教育版レゴ® マインドストーム® EV3 for homeです。

レゴというと、ブロックを組み合わせてさまざまなモノを作り出す玩具として広く知られています。そのレゴとプログラミングを合わせることで、創造力だけでなく論理的思考力や問題解決能力を高めることにもつながります。

また、教えてくれる先生がいない代わりにサポートガイドやワークブックが付随しているので、1人でも学習を進めることができます。

2:タミヤ楽しい工作シリーズ リモコンロボット制作セット

続いてご紹介するのは、タミヤ楽しい工作シリーズ リモコンロボット制作セットです。こちらもさまざまな組み合わせでロボットを作り、それを操作することでさまざまな力を育んでいくための玩具です。

教育版レゴ® と大きく異なる点は自分でプログラムするわけではなく、リモコンで操作するタイプであるところです。

いきなり、複雑なプログラムなどを扱うのではなく、ロボットに触れる最初の導入としては、かなり適しています。


3:プログラミングできるロボティックボール

3つ目にご紹介するのは、プログラミングできるロボティックボールです。

先ほどまでの2つの教材はロボットを組み立てて操作するモノでしたが、こちらの教材はボールをさまざまな方法を用いて操作できるようにするタイプのロボットです。

スマホを使って操作ができるほか、自分の表情で操作することもできます。さらに、JavaScriptと連動しておりボールの動き方をプログラミングで決めることもできるので、さまざまな使い方ができます。


4:エレキットフォロ

4つ目にご紹介するのは、エレキットフォロです。

こちらの教材は一見ただの工作ロボットに見えます。ただ、エレキットフォロは周りの環境の変化に応じて目の光や足の動きなどで感情を表に出すことができ、コミュニケーションをとるようにロボットに触れ合うことができます。

プログラミングなどの難しい技術は必要ないため、小さいお子さんがロボットと触れ合うのには非常に適している教材です。


5:ワンダーボックス

最後にご紹介する教材は、ワンダーボックスです。

こちらは今までの4つとは少し違い通信教材となります。通信教材とは進研ゼミを思い浮かべていただければわかりやすいと思いますが、毎月教材が送られてきてそれを進めていくというものです。

毎月キットが届き、それらを使っていくことで、思考力やプログラミングの力、戦略やアートなど、さまざまな力をつけていくことができます。

毎月新しい変化を生み常にワクワクするように設計されているので、まるで遊びのように使うことができる教材になっています。

6:ロボット・プログラミング学習キットKOOV

そしてもう1つ、最新のSTEAM教育用の教材として、プログラミング学習キット、KOOV(クーブ)についてご紹介します。

KOOV(クーブ)は、アプリでの学習に沿って、ブロックを組み立てロボットを作り、動きをプログラミングで与えて行く、プログラミング学習キットです。

子どもの理解度に合わせて、「まねをして覚える」、「体系的に学ぶ」、「自ら発明する」という3つのステップがあり、最終的には新たなロボット制作のアイデアを生み出すことを目指します。

まずは、アプリでの学習を家庭の中で1人で学びながら探求を深め、上達すると世界中のユーザー仲間とアイデアを共有したり競ったりすることもできる、理想的なSTEAM教育用の教材です。


STEAM教育関連のスクール5選

令和元年、文部科学省が新学習指導要領の一環としてSTEAM教育を取り上げました。以来、民間の教育企業でのSTEAM教育に関する研究や取り組みが加速しています。

プログラミング学習を中心とした、STEAM教育の学習支援を行うスクールも全国的に増えて来ています。今回は東京で開講しているスクールを中心に、学びやすい5つのスクールをご紹介します。

1:Crefus(クレファス)

1つ目にご紹介するのは、Crefus(クレファス)です。

こちらはSTEM教育に力を入れている教育サービスで、年長や小学生から高校生になるまでロボット制作やプログラミングとSTEM教育を掛け合わせて、最高の未来を描く力をつけていくことを目的にしています。

すでに全国各地に教室がありますので(一部都道府県のみ)、まずは無料体験に足を運んでみてください。

2:ヒューマンアカデミーロボット教室

2つ目にご紹介するのは、ヒューマンアカデミーロボット教室です。

先ほど紹介したCrefus同様、10年以上前から先駆けてSTEM教育に力を入れてきたサービスです。現在、類似したサービスの中では在籍数・教室数において高いシェアを誇っています。

具体的な内容としては、幼児から小学生を中心に月2回の授業でロボットの製作を行い、作ったロボットを改造したり進化させるというものです。

ロボットの製作で、学ぶことの楽しさや完成したときの達成感を感じることができるほか、改造や進化をさせることで課題解決能力や発想力を実践の中で育むことができます。

3:Tech Kids School(テックキッズスクール)

3つ目にご紹介するのは、Tech Kids School(テックキッズスクール)です。

小学生向けのプログラミングスクールであり、従来の教室で行う指導のほかに短期間でプログラミングの面白さを知ることができるキャンプや、コロナ禍の新しい生活様式に合わせてオンラインコースが正式開講するなど、幅広い層が使いやすいスクールになっています。

基礎的なプログラミングのやり方から本格的なプログラミング言語まで対応しており、さまざまなアプリやゲームを開発する体験をすることができます。

小学校でプログラミング教育が必修化されたことに伴い、学校だけでは不安だというご家庭には手助けになるスクールでしょう。

4:LITALICOワンダー

次にご紹介するスクールは、LITALICOワンダーです。

LITALICOワンダーは、ITとものづくりを合わせた学習を得意としていますが、プログラミングの技術などを学習しながらその技術だけを学ぶだけでなく、子どもたちが考えて何か形にするという経験に重きを置いており、まさにSTEAM教育の考えに根ざしたスクールになっています。

対象は年長から高校生と幅広く対応しており、学習内容もプログラミング等を中心としたコース、ロボット製作等を中心としたコースなど幅広く設定されています。

5:Gakken×ArTeC

Gakken×ArTeC は学習教材企業大手の学研が運営する小学生を対象とした、5年間のカリキュラムでプログラミングを学ぶスクールです。

ここでは、小学校低学年のための「しくみKids」と、小学3年生以上が学ぶ「もののしくみ研究室」とに教室が分かれ、それぞれの段階に沿った学習を進めます。

しくみKidsでは、発達段階に合わせて、楽しみながら無理なくプログラミングに取り組むためのカリキュラムに毎月2回各60分参加し、2年間で24テーマを学びます。

もののしくみ研究室では、「勉強が好きになる」、「社会や産業に興味を持つ」といったテーマで、STEAM教育の探究型カリキュラムに毎月2回各60分参加し、3年間で36テーマを学習します。

もののしくみ研究室は全国800教室に展開しており、子どもたちは「研究員」としてロボットコンテストに参加することも出来ます。

日本での主なSTEAM教育の取り組み5選

文部科学省が制定した新学習指導要領で、2020年に小学校で、2021年には中学校でプログラミング教育が必須カリキュラムとしてスタートし、日本全国でSTEAM教育に大きな注目が集まっています。

未来のより良い日本社会を創造するために、必要な人材を育てるSTEAM教育に関しての国内の主な動きについて、必ず押さえておくべき5つの取り組みをご紹介します。

出典:新学習指導要領のポイント(情報活用能力の育成・ICT活用)|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/05/21/1416331_001.pdf

1:スーパーサイエンスハイスクール

1つ目にご紹介するのは、スーパーサイエンスハイスクールです。スーパーサイエンスハイスクールでは、文部科学省などから指定を受けた高等学校などにおいて、先進的な理数教育のほかに高大共同研究、国際性を育む取り組みなどを行なっています。

スーパーサイエンスハイスクールには、全国の高等学校など217校が指定を受けています(令和2年度指定校数)。

具体的な取組みとしては、全国の加盟校の生徒を対象に、日頃の研究活動の成果を発表する機会を設けるなど、従来の中等教育より実践的に理数系の研究に重きを置いています。

出典:スーパーサイエンスハイスクール|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/gakkou/1309941.htm

2:STEM教育研究センター

続いて、STEM教育研究センターについてご紹介します。

埼玉大学を中心としてSTEM教育を指導できるように教員を研修し、STEM教育を意識したカリキュラムの作成などを行なっています。

さらに小さい頃からものづくりに触れる機会を増やすために、STEM教育に興味のある子どもたちと一緒に研究をしたり小学校や中学校での出張授業も行なっています。

3:科学の甲子園

3つ目にご紹介するのは、科学の甲子園です。

科学の甲子園とは、理科・数学・情報などの複数分野に関する競技を行う取り組みで、高校ごとにチームを組んで日本一を目指すというものです。

4:プログラミング教育

4つ目にご紹介するのは、プログラミング教育です。

現在小学校、中学校、高校の全てで新学習指導要領の切り替えが進んでおり、その全てにプログラミングに関する内容が含まれることになりました。

具体的には、小学校ではプログラミングを通して論理的思考力を養い、中学校では「技術・家庭科」の授業にプログラミングの内容を充実して加え、高校では共通必須科目として「情報Ⅰ」を新設するなどの動きが加速しています。

5:経済産業省ポータルサイト「未来の教室 ~learning innovation~」

最後にご紹介するのが、「未来の教室 ~learning innovation~」です。

こちらは経済産業省が運営しているポータルサイトですが、STEAM教育を進めるためのコンテンツの他に、EdTech(教育に関わるテクノロジー)を使って学びの自立化・個別最適化や新たな学習基盤の整備などを進めるための情報発信をしています。

昨今では新型コロナウイルスによる影響で対面授業ができないケースが出ていますが、そうした特殊事態にも対応できるようにEdTechの普及を進めています。

海外での主なSTEAM教育の取り組み5選

ここまで、日本におけるSTEAM教育についてご紹介して来ましたが、近年、STEAM教育は世界中で取り組まれています。

STEAM教育の事例としてドイツ・韓国・アメリカ・フィンランド・オーストラリアの5カ国の取り組みについてご紹介します。

1:ドイツでの取り組み

まず、ドイツについてご紹介します。ドイツでは、対面で行う一斉授業から個人に対応した授業を推奨しています。

個別で週単位の学習計画を決めたりプロジェクト方式の学習を取り入れたりすることで、能動的に考えながら学習ができる仕組みづくりを進めています。

2:韓国での取り組み

続いて韓国ですが、10年ほど前から小・中・高校で「創造的な体験活動」の時間を導入しているほか、中学校では「進路探索活動」などの能動的な学習を促す体験活動や「自由学期制」の導入を進めています。

「自由学期制」については、特に試験などは行わず討論や課題解決学習などを中心的に行うことで、学習の動機づけを促進する取り組みになっています。

3:アメリカでの取り組み

次に、アメリカについてもご紹介します。

まだ数は少ないですが、履修時間の長さに関わらず能力の習得状況によって単位を認定する学校が出てきています。

この取り組みは、パフォーマンスで評価が決まるので主体的・協働的な探究学習を促すねらいがあります。

4:フィンランド

世界で国民の幸福度がもっとも高い、と言われているフィンランドでは、独自の探究型教育方法が実践されています。

「現象ベース学習」と呼ばれる手法で、従来の教科学習に加えて、教科横断型の授業が義務教育に、2016年から取り組まれるようになりました。世界の複雑さや多様性をテーマに、子どもたちが自ら主導してテーマを探求し、教師はガイド役を務めます。

また、フィンランドでは成人後の社会人が学ぶ学校「フォルケホイスコーレ」も発展しています。そこでは、一般的な学校のような決められたカリキュラムがなく、学生同士が自由なテーマで探求型学習を行い、それぞれの能力や人間性を研鑽し合っています。

5:オーストラリア

オーストラリアでは、ジェンダーの平等実現にフォーカスした独自のSTEAM教育が進められています。

「女性のエンパワーメントSTEM戦略活動」や、「STEM 10ヵ年計画」など、政府主導でSTEM/STEAM分野で活躍する女性を支援し、女子学生が社会に出てからもSTEAM分野でのキャリア形成が実現できるようにサポートする政策を打ち出しています。

子どもの教育のためにSTEAM教育への理解を深めておこう

ここまで、STEAM教育に関するさまざまな情報をお伝えしてきました。これからの教育は私たち保護者の世代が受けてきた教育とは大きく変わっていきます。

その流れに乗り遅れないことが大切です。

教育は保護者の影響をかなり受けます。そのため、STEAM教育への理解を高めておきましょう。

初回公開日:2021年02月05日

更新日:2022年07月25日

記載されている内容は2021年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
シュタイナー教育の7つの特徴とは|メリットとデメリットも解説
教育
2022年02月11日

シュタイナー教育の7つの特徴とは|メリットとデメリットも解説

プログラミング教育の子供へのメリットは?必修化について知っておきたいこと
教育
2022年07月25日

プログラミング教育の子供へのメリットは?必修化について知っておきたいこと

英才教育をする利点とは?おすすめの習い事6選も合わせて紹介!
教育
2022年07月25日

英才教育をする利点とは?おすすめの習い事6選も合わせて紹介!

情操教育とはなに?家庭で取り入れられる情操教育11例など詳しく紹介
教育
2022年07月25日

情操教育とはなに?家庭で取り入れられる情操教育11例など詳しく紹介

子供におすすめの無料でできるタイピングゲーム8選|選ぶ時のポイントを紹介
教育
2022年07月25日

子供におすすめの無料でできるタイピングゲーム8選|選ぶ時のポイントを紹介

マインクラフトはプログラミングにおすすめ!学習に最適な理由やポイントを解説
教育
2022年07月25日

マインクラフトはプログラミングにおすすめ!学習に最適な理由やポイントを解説

プログラミング学習におすすめのおもちゃ27選|選ぶポイントもあわせて紹介
教育
2022年07月25日

プログラミング学習におすすめのおもちゃ27選|選ぶポイントもあわせて紹介

コーディネーショントレーニングとは何か?能力7つと鍛える遊び
教育
2022年07月25日

コーディネーショントレーニングとは何か?能力7つと鍛える遊び

小学生がマイクラで遊ぶメリットとは?学ぶことができるプログラミング言語も紹介
教育
2022年07月25日

小学生がマイクラで遊ぶメリットとは?学ぶことができるプログラミング言語も紹介

アダプティブラーニングを活用する子供へのメリット|学習ツールも紹介
教育
2022年07月25日

アダプティブラーニングを活用する子供へのメリット|学習ツールも紹介

ワーキングメモリを伸ばすにはピアノが一番?子供のうちから演奏するといい理由
教育
2022年07月25日

ワーキングメモリを伸ばすにはピアノが一番?子供のうちから演奏するといい理由

ワーキングメモリを鍛える遊び5つ|鍛えるためのポイントも紹介
教育
2022年07月25日

ワーキングメモリを鍛える遊び5つ|鍛えるためのポイントも紹介

AIを教育に活用するメリット3つ|子供向けのプログラムや学習ツール7選も紹介
教育
2022年07月25日

AIを教育に活用するメリット3つ|子供向けのプログラムや学習ツール7選も紹介

幼児からプログラミング教育は必要?メリットやおすすめのおもちゃ7選!
教育
2022年07月25日

幼児からプログラミング教育は必要?メリットやおすすめのおもちゃ7選!

アンプラグドプログラミングのメリット5つ|不安な点についても解説
教育
2022年07月25日

アンプラグドプログラミングのメリット5つ|不安な点についても解説

子供の発想力を鍛える方法9選を紹介!今後重要になる理由も解説
教育
2022年07月25日

子供の発想力を鍛える方法9選を紹介!今後重要になる理由も解説

子供の記憶力トレーニングを始める年齢はいつから?教育方法5選伝授
教育
2022年07月25日

子供の記憶力トレーニングを始める年齢はいつから?教育方法5選伝授

イエナプラン教育とは?イエナプラン教育の特徴10個と課題を解説
教育
2022年07月25日

イエナプラン教育とは?イエナプラン教育の特徴10個と課題を解説

小学校のプログラミング授業の現状とは?おすすめのプログラミング言語ツール7選
教育
2022年07月25日

小学校のプログラミング授業の現状とは?おすすめのプログラミング言語ツール7選

ICT教育とは?ICT教育が直面している3つの問題点とメリット・デメリット
教育
2022年07月25日

ICT教育とは?ICT教育が直面している3つの問題点とメリット・デメリット