用途別おすすめ子供用ジャングルジム16選|ジャングルジムの選び方とは?

ジャングルジムは、子供の発育・発達に欠かすことができない「体を動かす」ことができる遊具の1つです。今回は、天候に左右されずに使うことができる室内向けのジャングルジムを中心に、おすすめのジャングルジムを16個ご紹介していきますので、ぜひご一読ください。

用途別おすすめ子供用ジャングルジム16選|ジャングルジムの選び方とは?

子供用ジャングルジムにはどんな効果がある?

「ジャングルジム」は、公園などで見かける児童遊具の1つですが、子供の頃に夢中になって遊んだ経験がある人も多いのではないでしょうか。

このジャングルジムには、子供の心身の成長に効果的な要素がたくさんあります。この記事では、ジャングルジムが子供に与える3つの効果についてご紹介していきます。

屋外だけではなく、屋内でも遊べるジャングルジムも併せてご紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

全身を使って遊べる

子供がジャングルジムで遊ぶことで得られる効果の1つ目は、「筋肉が鍛えられること」です。

縦横に組み合わされたジャングルジムの骨組みを、一つ一つ登ったり降りたりする時に全身の筋力が養われます。

さらに、ジャングルジムという空間内で体を存分に動かすことで、身体感覚や柔軟性も育つため、バランスよく全身を使うことができます。

知育効果

子供がジャングルジムで遊ぶことで得られる効果の2つ目は、「想像する力や達成感が得られる」ということです。

子供たちが「ジャングルジム」で遊ぶ時、限られた狭い場所の中で「次はどこに手や足を置けばうまく移動できるか」という想像力を働かせることで、空間を把握する能力が身につくと考えられています。

また、その予想通りに体を移動できた時には、「達成感が得られる」という効果もあるとされています。

天候に関係なく遊べる

室内型ジャングルジムであれば、天候に関わらず子供がたっぷりと身体を使って遊ぶことができます。

一般的に、子供用のジャングルジムは、園庭や児童公園のように屋外に固定設置してある物が多いですが、最近では子供向けの室内遊び場に設置されることも増えてきました。

公園では遊べない雨の日でも、室内用ジャングルジムで運動不足を防ぐことができ、ストレス発散にもつながりますので、遊び場があればぜひ利用してみましょう。

子供用ジャングルジムの選び方5つ

ここからは、室内向けのジャングルジムを購入する時に気を付けたい点を5つご紹介します。

ここまでで、子供の発育・発達に効果があるジャングルジムを、自分の子供のために家に置いてあげたいと考えた方も多いのではないでしょうか。

これから先、室内ジャングルジムの購入を考えている方は、ぜひこの5つの選び方を参考に検討して下さい。

子供用ジャングルジムの選び方1:設置サイズで選ぶ

子供用の室内ジャングルジムを購入する際は、実際に設置した時のサイズに注意しましょう。

店頭で見て購入するにしても、ネットで選んで購入するにしても、出来上がりのサイズをしっかりと確認しましょう。その確認ができていないと、室内にジャングルジムを設置できないということが起こります。

設置する場所のサイズを測ると同時に、ジャングルジム本体の出来上がりサイズも知った上で購入するようにしましょう。

子供用ジャングルジムの選び方2:年齢で選ぶ

子供用ジャングルジムを選ぶ際は、子供の月齢・年齢に合ったものであるかどうかをチェックする必要があります。

子供の年齢によっては、ジャングルジムの耐荷重の範囲内でなかったり、月齢や年齢に対して大きすぎたりして、子供が遊ぶことができないということが起こります。

そのようなトラブルを防ぐため、ジャングルジムを購入する時は、子供用室内向けであること以外にも月齢・年齢を忘れずにチェックしましょう。

子供用ジャングルジムの選び方3:組み立て方で選ぶ

子供用ジャングルジムを選ぶ際は、組み立て方もしっかりと確認しておきましょう。

組み立てるための工具を別途用意する必要があったり、子供が使わない時に簡単にたたんでおけなかったりというタイプのジャングルジムは、どうしても邪魔になりがちです。

子供用ジャングルジムを購入する際には、一人でも簡単に組み立てることができて、さらに工具が不要なタイプのジャングルジムを選ぶとよいでしょう。

子供用ジャングルジムの選び方4:他の遊具の有無で選ぶ

子供用ジャングルジムを選ぶ際は、ジャングルジム単体のものを購入するか、その他の遊具がついた複合型にするかを決めて購入しましょう。

設置する場所にゆとりがある場合は、ジャングルジム以外に滑り台やブランコがついているジャングルジムなどもおすすめです。

年齢にもよりますが、ジャングルジムが難しくても滑り台やブランコなどで遊べますし、複合型遊具の場合は飽きがこないため、子供が遊べる期間が長くなります。

子供用ジャングルジムの選び方5:機能性で選ぶ

子供用のジャングルジムを選ぶ際は、機能性の良いものを選ぶようにしましょう。

この場合の「機能性」というのは、子供がジャングルジムを使わない時に簡単に折りたたんで収納できることなどです。

ジャングルジムは大型の遊具なので、部屋に出しっぱなしにできない場合は、簡単に折りたたんで収納ができるタイプの物を選ぶと、スペースを有効に利用できるでしょう。

子供用ジャングルジムおすすめ16選

ここからは、子供の発育・発達に効果があるジャングルジムを選りすぐって16個ご紹介します。

「折りたたみ式」「ブランコ・滑り台つき」「木製」「屋外用」の4つのカテゴリーに分けてご紹介していきますので、ジャングルジムを選ぶ際の参考にして下さい。

折りたたみ式ジャングルジムおすすめ4選

ここからは、おすすめの折りたたみ式ジャングルジムを4つご紹介します。

子供用ジャングルジムを部屋に設置したままにできない時や、子供が遊んでいない時は片付けたいという時に便利なのが、折りたたむことができるタイプです。

シンプルなものからキャラクターものまで、お子さんの好みに合うものを選んであげましょう。

子供用ジャングルジムおすすめ1:野中製作所 プレミアム おりたたみロングスロープ キッズパーク

野中製作所の「プレミアムおりたたみロングスロープキッズパーク」は、不要な時は折りたたんで収納できます。

2歳から5歳ごろまでの子供用のジャングルジムに、ブランコと滑り台がついた複合タイプで、体重20㎏までの子供なら問題なく遊ぶことができるでしょう。

ジャングルジムにつなげるブランコは左右逆でも設置が可能です。滑り台もジャングルジムのバーを利用しての設置なので、簡単に組み立てることができます。


子供用ジャングルジムおすすめ2:野中製作所 おりたたみキッズパークEX

同じく野中製作所の「おりたたみキッズパークEX」は、ジャングルジムのほかに、ブランコ、滑り台、鉄棒、直径90ミリのボールがついた複合型児童遊具です。

こちらの商品も、2歳~5歳、体重20㎏までの子供が室内で遊ぶのにおすすめの遊具です。

組み立てた時のサイズは高さ102cm、幅151cm、奥行き12cmですが、使わない時は折りたためるので、高さ95cm、奥行き104cm、幅43cmまで小さくできます。


子供用ジャングルジムおすすめ3:アガツマ アンパンマン うちの子天才 カンタン折りたたみブランコパークDX

子供が好きなアニメのキャラクターがついた折りたたみ式のジャングルジムです。

アンパンマンのキャラクターが好きな子供におすすめで、ドキンちゃん、ばいきんまんなどが描かれたジャングルジムに、ブランコ、滑り台、鉄棒がついた複合型の遊具です。

対象年齢は2歳〜5歳で、体重25㎏までの子供におすすめの室内用ジャングルジムです。


子供用ジャングルジムおすすめ4:野中製作所 くまのプーさん おりたたみキッズパーク EX

こちらも野中製作所から販売されている、折りたためるジャングルジムです。

人気のキッズーパークシリーズに、子供が好きなキャラクター「くまのプーさん」がついたジャングルジムで、鉄棒、滑り台、ブランコも付帯した複合型の遊具です。対象年齢は2歳~5歳で、体重20kgまでの子供におすすめです。

小さな子供でも遊べるように、滑り台には上りやすいステップもついているので、安心して使用できます。


ブランコ・滑り台付きジャングルジムおすすめ4選

ジャングルジムだけでは飽きてしまうのではないかと心配なご家庭には、複合型のジャングルジムがおすすめです。

ここからは、ブランコ、滑り台、その他の遊び要素がプラスされた選りすぐりのジャングルジムを4つご紹介します。

さまざまな遊びを通して、お子さんの知的好奇心を満たしてあげましょう。

子供用ジャングルジムおすすめ5:ヤトミ おりたたみわんぱくスライダージム ブランコ付きDX

ベビー用品を手掛けているヤトミから販売されている「おりたたみわんぱくスライダージムブランコ付きDX」は、ジャングルジムにブランコ、滑り台がついた複合型の遊具です。

ブランコ部分を外すことで鉄棒にも早変わりする遊具なので、子供の発育に合わせて使い方を変えられます。対象年齢は2歳~5歳で、体重20kgまで利用できます。

プラスチック素材のため丈夫で軽く、収納にも便利な折りたたみ式なので場所も取りません。

子供用ジャングルジムおすすめ6:アガツマ アンパンマン うちの子天才 手遊びいっぱいよくばりパーク

こちらのジャングルジムは、滑り台のほかに、ボタンを押すとおしゃべりができるタッチゲームパネルや、ダイヤル遊び、数字遊びなどができる手遊びパネルを取り付けられるのが特徴です。

アンパンマンのキャラクターがついているため、子供が興味を持って手遊びをします。

対象年齢は2~5歳で、体重25㎏まで利用できます。脳を動かしたり、身体を動かしたりと色々な遊びができるので、知育玩具としても重宝するでしょう。


子供用ジャングルジムおすすめ7:野中製作所 おりたたみロングスロープキッズパークSP

野中製作所のキッズパークシリーズジャングルジムから、「おりたたみロングスロープキッズパークSP」をご紹介します。

ジャングルジムとその他3つの遊具が付帯した遊具で、特徴は110cmという長めの滑り台がついているところです。

長いスロープがついていても、わずか2畳ほどのスペースに設置できる上、折りたたんで収納できるので場所を取りません。対象年齢は2歳~5歳までで、体重20㎏まで安全に遊ぶことができます。


子供用ジャングルジムおすすめ8:HAENIM TOY マイ ファースト アクティビティ スライド

HAENIM TOYの「マイファーストアクティビティスライド」は、3歳から遊べる滑り台付きジャングルジムです。韓国製の玩具で、パステルかホワイトの2色から選べます。

波型の緩やかな滑り台なので、小さな子供も安心です。また、滑り台の高さは成長に合わせて2段階の調節ができ、最大2人で50kgまで遊べます。

なお、輸入商品のため説明書は外国語表記ですが、Sサイズには日本語の説明書が付いてます。


木製ジャングルジムおすすめ3選

続いて、木製のジャングルジムの中から、おすすめの商品を3つご紹介します。木の持つ温もりを感じられる木製のジャングルジムからは、気持ちを落ち着ける効果が得られるでしょう。

それぞれのジャングルジムの特徴、対象年齢、耐荷重も記載していますので、購入する時の参考にして下さい。

子供用ジャングルジムおすすめ9:タンスのゲン 現役ママが考えた 木製 ジャングルジム

タンスのゲンから販売されている「現役ママが考えた木製ジャングルジム」は、ママの要望を叶えた形のジャングルジムです。

現役ママデザイナーということで、「プラスチック製だと強度が心配」「設置したままならデザインにもこだわりたい」などの声にも応えています。

対象年齢は2歳から6歳までで、耐荷重50kgの大型ジャングルジムです。安心のパイン無垢材で、仕上げも角丸になっていますので、子供が安全に遊べます。


供用ジャングルジムおすすめ10:コンポジット RiZKiZ 木製 ジャングルジム 滑り台付き

RiZKiZから販売されている木製のジャングルジムで、滑り台がついた複合遊具になっています。

対象年齢は2歳から6歳で、耐荷重50kgの安全設計です。木製で見た目もお洒落なうえ、しっかりとした造りで他のインテリアとも調和しやすいパイン無垢材を使用しています。

天気が悪い時や寒い冬でも、木のぬくもりを感じながら、室内でたっぷり身体を動かして遊ぶことができるので、子供の運動不足解消にもおすすめです。


子供用ジャングルジムおすすめ11:RiZKiZ 木製 ジャングルジム

上記のジャングルジムの、滑り台がついていないタイプの製品です。

ジャングルジムを設置したままにしておきたいけれど、滑り台まで置くスペースがないという家庭におすすめです。対象年齢は2歳から6歳ぐらいまでで、耐荷重50kgとなっています。

木製ということもあり、しっかりしているため、ぐらついたり滑ったりすることもなく安定しています。子供たちが安心して遊べるジャングルジムと言えるでしょう。


2歳未満も使えるジャングルジムおすすめ3選

ここからは、年齢が小さい子供でも使うことができるジャングルジムを3つご紹介します。お子さんの身体能力や体型などを考えて購入しましょう。

それぞれ、何歳ぐらいまで利用できるのか、荷重制限は何kgかなども記載していますので、購入の際の参考にして下さい。

子供用ジャングルジムおすすめ12:ピープル 白いわんぱくジム

Peopleから販売されている「白いわんぱくジム」は、月齢8ヶ月頃から利用できるジャングルジムです。

7通りの組み換えができるジャングルジムで、子供の成長に合わせてパーツを組み替えることで長い期間使用できます。

また、このジャングルジムは6歳ごろまで遊ぶことができ、鉄棒や滑り台、うんていとしても活用できます。また、「特殊強化紙管」という耐荷重25㎏までの紙パイプを使っているため持ち運びも楽にできます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピープル 白いわんぱくジム シロイワンパクジム
価格:15180円(税込、送料無料) (2022/4/6時点)


子供用ジャングルジムおすすめ13:野中製作所ワンワンとうーたん おりたたみロングスロープジムEX

1歳から5歳までの子供を対象としたジャングルジムで、子供の成長に合わせて滑り台の高さを2段階調整することができます。

耐荷重も20㎏までなので、子供も長い期間遊ぶことができます。また、こちらのジャングルジムは、折り畳み収納ができるので場所を取らず便利です。

こちらのジャングルジムには、特に月齢の小さい子供に人気のキャラクターがついていますので、楽しく遊んでくれるでしょう。

子供用ジャングルジムおすすめ14: ピープル 知育アスレチックプレミアム【トイザらス限定】

トイザらスから限定販売されている「頭と体の知育アスレチックプレミアム」は、35種類を超える知育と運動ができるように作られた遊具です。

対象年齢は8ヶ月から5歳ごろまでで、ジム、滑り台など身体を使って遊ぶほかに、時計パネル、ボール型はめボックス、回転ドア、など7つの知育遊具がついています。

耐荷重は25㎏までで、子供の成長に合わせて知育重視にしたり運動重視にしたりと、使い方を変えることができます。


屋外用ジャングルジムおすすめ2選

続いて、屋外にスペースがある場合におすすめの「屋外用ジャングルジム」を2つご紹介します。

雨天でも使うことができる室内型のジャングルジムですが、一般的にはそれほど大型のものは室内に置くことはできません。

それでも、「屋外であればスペースが取れる」という人にはおすすめの商品ですので、ぜひ参考にして下さい。

子供用ジャングルジムおすすめ15:Toy Monster モンキーバー ジャングルジム

トイモンスター 「モンキーバージャングルジムクライマー」は、3歳ごろの子供から使用できる屋外用のジャングルジムです。

幅178cm 高さ119cmで、耐荷重70㎏までなら遊べるように作られているため、大人と一緒に遊んだり、最大2人の子供が一緒に遊んだりすることも可能です。


子供用ジャングルジムおすすめ16:ライフタイム キッズドーム クライマー

ライフタイムから販売されている「ライフタイムキッズドームクライマー」は、大型のジャングルジムで、最大6名までの子供が遊べる遊具です。

ジム本体の総重量がおよそ62㎏、耐荷重は272㎏までで、3歳から10歳ぐらいまでの子供を対象としています。

広い庭があるご家庭や、家族ぐるみでお付き合いがある人同士のキャンプなどにおすすめです。


ジャングルジムの安全対策用アイテム3選

室内でジャングルジムを使って子どもを遊ばせる場合は、単に「ジムを設置して終わり」ではなく、さらに安全に使うための工夫が必要です。

なぜなら、子供は大人の予想外の行動をすることが多く、ちょっと目を離したすきにケガをしてしまうことも少なくないからです。

ここからは、安全対策のために便利なアイテムについてご紹介していきます。設置を考えている場所に合わせて、適したアイテムを選びましょう。

ジャングルジムの安全対策用アイテム1:ジョイントマット

ジャングルジムのように、室内で運動ができるタイプの遊具を設置するときは、ジョイントマットを敷くと安全対策になります。

万が一、子供がジャングルジムの上から足を滑らせてしまったとしても、むき出しのフローリングとは違い、ジョイントマットがクッション代わりになるので安全です。

また、アパートやマンションなどに住んでいる場合には、防音対策にもなるので二重の安心が得られるでしょう。

ジャングルジムの安全対策用アイテム2:コルクマット

コルクマットも安全対策としておすすめです。ジョイントマットと同じように、子供が万が一ジャングルジムから足を滑らせた時など、衝撃から子供の体を守ってくれます。

そのほか、防音や床の保護などにもコルクマットは適しています。室内でジャングルジムを使う際は、コルクマットの利用も検討してみましょう。

ジャングルジムの安全対策用アイテム3:塗るタイプの滑り止め

塗るタイプの滑り止めも安全対策に有効です。もちろん、ジャングルジム本体にも滑らないための工夫はされていますが、それでも子供たちがブランコに乗ったりジムをよじ登ったりしていれば滑ることはあります。

また、年齢が上がり活発になればなるほど、ジムもずれやすくなります。

マット類を使うのも良いですが、ジャングルジムやフローリングに直接塗布して滑らなくするための「塗るタイプの滑り止め」も活用してみましょう。

子供が思い切り遊べるジャングルジムを選ぼう

子供の発育発達の過程で、頭を使うことと同じように身体を使って筋肉を鍛えたりすることはとても重要です。天候に関係なく子供に運動をさせることができるジャングルジムは、子供の運動能力を鍛えるのにもぴったりな遊具です。

ジャングルジム単体のものから、複合型、折りたためるタイプなど、子供の体の発育のために、思い切り遊べるジャングルジムを購入してあげましょう。

初回公開日:2020年08月25日

更新日:2022年06月03日

記載されている内容は2020年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?

3歳の女の子におすすめの誕生日プレゼント!喜んでもらうための準備もご紹介
遊び・おもちゃ
2022年06月04日

3歳の女の子におすすめの誕生日プレゼント!喜んでもらうための準備もご紹介

3歳の男の子へ贈る誕生日プレゼントおすすめ23選!ジャンル別に紹介!
遊び・おもちゃ
2022年06月03日

3歳の男の子へ贈る誕生日プレゼントおすすめ23選!ジャンル別に紹介!

家庭で使えるおすすめの子供用トランポリン11選!選び方のコツや注意点も紹介
遊び・おもちゃ
2022年04月04日

家庭で使えるおすすめの子供用トランポリン11選!選び方のコツや注意点も紹介

雨の日に子供と遊べるおすすめの遊び16選!室内遊びのメリットは?
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

雨の日に子供と遊べるおすすめの遊び16選!室内遊びのメリットは?

子供におすすめのトランプ遊び総合14選|使用する際の注意点と発育効果も紹介
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

子供におすすめのトランプ遊び総合14選|使用する際の注意点と発育効果も紹介

雨の日の子供との遊び方総合51選|家の中や雨ならではのお出かけスポットも紹介
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

雨の日の子供との遊び方総合51選|家の中や雨ならではのお出かけスポットも紹介

親子で楽しめる夏休みのおすすめの遊び21選|人気のスポットと注意点も紹介
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

親子で楽しめる夏休みのおすすめの遊び21選|人気のスポットと注意点も紹介

子供が使うタブレットに制限をかける方法とは?iOSとAndroid両者で解説
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

子供が使うタブレットに制限をかける方法とは?iOSとAndroid両者で解説

子どもでも編み物ができる編み機グッズ10選!選び方や作り方もあわせてご紹介
遊び・おもちゃ
2022年06月03日

子どもでも編み物ができる編み機グッズ10選!選び方や作り方もあわせてご紹介

「あやとび」を練習するときのコツ12選|子供に教えるときのポイント
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

「あやとび」を練習するときのコツ12選|子供に教えるときのポイント

折り紙が子供に与える8つの効果とは?折り方がわからないときの参考サイトも紹介
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

折り紙が子供に与える8つの効果とは?折り方がわからないときの参考サイトも紹介

幼児の粘土遊びの効果とは?家庭で取り入れられる指導法も紹介
遊び・おもちゃ
2022年06月15日

幼児の粘土遊びの効果とは?家庭で取り入れられる指導法も紹介

子供におすすめの外遊び24選!遊ぶことによるメリットや室内遊びも紹介
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

子供におすすめの外遊び24選!遊ぶことによるメリットや室内遊びも紹介

子供と遊ぶ!おすすめの遊び方25選|子供と遊ぶときに最適なアイテムを紹介
遊び・おもちゃ
2022年04月04日

子供と遊ぶ!おすすめの遊び方25選|子供と遊ぶときに最適なアイテムを紹介

子連れでも大丈夫!赤ちゃんと一緒に映画を楽しむことが出来る映画館10選
遊び・おもちゃ
2022年06月15日

子連れでも大丈夫!赤ちゃんと一緒に映画を楽しむことが出来る映画館10選

すぐにできる割り箸工作15選!簡単なものから上級者向きまで紹介
遊び・おもちゃ
2022年02月11日

すぐにできる割り箸工作15選!簡単なものから上級者向きまで紹介

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介
行事
2022年02月11日

お宮参りの初穂料の相場とは?のし袋の書き方やお金の包み方も紹介

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説
育児
2022年05月24日

バーベキューで大活躍するコストコの商品24選|買い物するメリットも解説

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介
育児
2022年02月11日

冷蔵庫の収納は100均のグッズを活用しよう!実用例やポイントも紹介