エンジニア独立支援サービスMidworksが 福利厚生サービスNO.1のリロクラブと連携開始!

Pocket

「Break The Common Sense」を掲げITエンジニア向けのキャリアサービスを多数展開している株式会社Branding Engineer(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:河端保志 同COO:高原克弥)が展開するエンジニアの独立支援サービスMidworksはこの度、福利厚生アウトソーシングサービスのトップカンパニーである株式会社リロクラブ(東京都新宿区、代表取締役社長 河野 豪)と「福利厚生倶楽部」の利用契約をしたことをお知らせいたします。

近年、日本の労働力人口は毎年60万人のペースで減少している一方で、フリーランス人口は毎年150万人増加しており、今では労働者人口の17%を占め、総人口は1100万人を超えると言われております。
フリーランス人口増加の流れの中で、フリーランスの働き方の環境整備を求める声も高まっており、Midworksは、これまでてクラウド会計ソフト「freee」の無償提供、各種保険の半額負担、税理士の半額紹介、フリーランス協会の年会費の全額負担などのフリーランスのための様々な福利厚生パッケージを提供して参りました。

今回、導入実績No.1のリロクラブと連携することで、
Midworksの会員は飲食店、レジャー施設、ホテル、保育施設、人間ドック、資格取得、スポーツジムなどの優待特典がある福利厚生倶楽部のサービスを会費無料で利用することが可能となります。

また弊社は、今後、場所に縛られない働き方を選ぶ人が加速していくと見ており、地域密着型のサービスの提供が一番充実しているリロクラブとの連携は強みになると考えております。

今後も「エンジニアは自由であるべきだ」という考えのもと、より多くのエンジニアの方々が不安なくフリーランスとして独立するという働き方を支援していけるよう尽力をしてまいります。

 

<株式会社リロクラブによるコメント>
株式会社リロクラブは、1993年のサービス開始以来、業界のパイオニアとして市場創造に取り組んできました。
現在は、契約社数9,300社、会員数560万人という圧倒的な規模で、そのスケールメリットを活かして地域に密着したサービスを全国で展開しています。
福利厚生倶楽部は、今後もMidworks会員の働き方の環境整備と豊かな人生の実現に役立つ充実したサービスを提供して参ります。